000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

鎌倉情報館★ブログ

2006.09.29
XML
カテゴリ:お寺
本尊は運慶作笑い閻魔

もとは由比ガ浜にあった荒井閻魔堂と呼ばれるお堂で、 元禄16年(1703年)の地震と津波でお堂が壊れてしまい現在の地へ移った。
運慶作と伝えられる閻魔大王像が正面に据えられた十王像が並ぶ。
鎌倉時代に流行った十王思想では、十王が死後の裁判を司るといわれている。

運慶が臨死体験をしたとき閻魔大王に会い「我が姿の彫刻をし、その姿を見たものが悪行を成さなくなるのであればおまえを元の人間界に戻してやろう」と言われ、生き返った運慶が笑いながら閻魔大王の像を彫ったため、閻魔大王の顔が笑って見えるので「笑い閻魔」とも言われている。

山号:新居山円応寺
宗派:臨済宗建長寺派
創建:建長二年(1250年)
開山:智覚禅師
本尊:閻魔大王(国重文)
寺宝:十王像(閻魔王、秦広王、初江王、宋帝王、五官王、変成王、太山王、平等王、都市王、五道転輪王)初江王は鎌倉国宝館に寄託
   :鎌倉二十四地蔵第8番(詫言地蔵)
祈願:子育て
行事:閻魔縁日(1月16日・8月16日)、大施餓鬼会(8月)
花見:きんもくせい、はぎ
写真:小さいお寺ですが十王像がみごと

徒歩:JR横須賀線・鎌倉駅東口徒歩約24分、北鎌倉駅徒歩約16分
バス:鎌倉駅東口バス2番乗場 上大岡駅,大船駅,本郷台駅 行き建長寺前下車徒歩約3分
駐車:なし、近隣の建長寺有料駐車場利用
住所:山ノ内1543
拝観:200円、9:00~16:00(3月~11月)9:00~15:30(12月~2月)
電話:0467ー25ー1095
近隣:建長寺巨福呂坂切通し第六天社、長寿寺

円応寺地図


鎌倉情報検索はこちら 鎌倉なんでも検索リンク集










最終更新日  2008.10.11 10:33:50

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.