6410668 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

鎌倉情報館★ブログ

全74件 (74件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 >

神社史跡

2006.08.15
XML
カテゴリ:神社史跡
鎌倉七切通しのひとつ

切りひらいたのは極楽寺開山の忍性と言われている。
京と鎌倉を結ぶ主要道であり、かつては成就院の山門の高さの所を通っていたが、現在は低く掘り下げて拡張されている。
鎌倉攻めの時、新田義貞軍と幕府北条軍がこの切通しで激しい攻防戦をくり広げましたが、新田軍はここを突破できず、引き潮を利用して稲村ガ崎から攻め込み鎌倉幕府を滅ぼしました。

★鎌倉七口切通し
  極楽寺坂切通し
  名越切通し
  朝比奈切通し
  仮粧坂切通し
  亀ヶ谷坂切通し
  巨福呂坂切通し
  大仏坂切通し

★鎌倉その他の切通し
  高野の切通し
  釈迦堂口切通し
  谷戸坂切通し

交通:江ノ電 極楽寺駅徒歩徒歩約3分
駐車:なし、近隣にもありませんので長谷駅前 コインパーキング利用
住所:極楽寺1丁目・2丁目
近隣:成就院極楽寺虚空蔵堂御霊神社

極楽寺切通地図


鎌倉情報検索はこちら 鎌倉なんでも検索リンク集










最終更新日  2008.06.23 08:48:12
2006.08.14
カテゴリ:神社史跡
鎌倉七切通しのひとつ

めずらしいこの名前の由来は、平家の武将の首を化粧して首実検したからという説や、このあたりに遊郭が多くあったからとか諸説ある。
この切通しは藤沢から武蔵方面に通じる重要な道で鎌倉防御の要であった為、新田義貞が鎌倉攻めの時ここに軍の主力を投入したため激戦地となった。
また坂上は商業地区としても栄えた場所らしい。
吾妻鏡には気和飛坂(けわひざか)という名で紹介されています。
坂を登った源氏山公園には源頼朝の像・葛原岡神社などがあり桜と紅葉の名所でもある。

★鎌倉七口切通し
  仮粧坂切通し
  名越切通し
  朝比奈切通し
  極楽寺坂切通し
  亀ヶ谷坂切通し
  巨福呂坂切通し
  大仏坂切通し

★鎌倉その他の切通し
  高野の切通し
  釈迦堂口切通し
  谷戸坂切通し

★お勧めルート(約2時間半、約4km)
鎌倉駅西口寿福寺海蔵寺ー仮粧坂切通ー源頼朝像葛原岡神社銭洗弁財天
佐助稲荷神社佐助トンネル鎌倉駅西口

交通:JR横須賀線・鎌倉駅徒歩約20分
駐車:なし、近隣には駐車場はありません
住所:扇ガ谷4丁目
近隣:源氏山公園葛原岡神社銭洗弁財天海蔵寺

仮粧坂切通地図


鎌倉情報検索はこちら 鎌倉なんでも検索リンク集










最終更新日  2008.06.23 08:50:29
2006.08.09
カテゴリ:神社史跡
鎌倉七切通しのひとつ

切通が何時頃からあったのか詳細は不明、国指定史跡
鎌倉から三浦半島へ抜ける道で鎌倉の東端逗子市との境の名越の山中にある。
北条氏が御家人の三浦氏を牽制する点で防御上重要な拠点であった。

鎌倉市側の登り口付近には五名水の『日蓮乞水』峠近くには史跡『曼荼羅堂跡』がある。

★鎌倉七口切通し
  名越切通し
  仮粧坂切通し
  朝比奈切通し
  極楽寺坂切通し
  亀ヶ谷坂切通し
  巨福呂坂切通し
  大仏坂切通し

★鎌倉その他の切通し
  高野の切通し
  釈迦堂口切通し
  谷戸坂切通し

徒歩:JR横須賀線・鎌倉駅徒歩約25分
バス:鎌倉駅バス3番乗場 鎌30・31 長勝寺下車徒歩約7分
   :JR横須賀線のトンネルの上が切通しですのでトンネルの横の細い道を上がってください
駐車:なし、近隣には駐車場はありません
住所:大町5丁目~逗子市小坪
近隣:まんだら堂、長勝寺、法性寺、安国論寺

名越切通地図


鎌倉情報検索はこちら 鎌倉なんでも検索リンク集










最終更新日  2008.06.23 08:52:05
2006.07.28
カテゴリ:神社史跡
鎌倉七切通しのひとつ(本来は朝夷奈切通しと呼ぶ)

1240年(仁治1)造営決定、翌年執権北条泰時が自らの監督で造営に着手、国指定史跡
鎌倉時代の商人が塩や海産物を運ぶ塩の道として往来していた六浦路(金沢街道)にある切通しで、かっての切通しの姿をよく残しており国指定史跡になっている。
和田義盛の三男・朝比奈三郎義秀が一夜で切り開いたという伝説からこの名前がついた。


太刀洗水
切通入口三郎の滝、左奥が切り通しの石碑 


★鎌倉七口切通し
  朝比奈切通し
  名越切通し
  仮粧坂切通し
  極楽寺坂切通し
  亀ヶ谷坂切通し
  巨福呂坂切通し
  大仏坂切通し

★鎌倉その他の切通し
  高野の切通し
  釈迦堂口切通し
  谷戸坂切通し

徒歩:JR横須賀線・鎌倉駅徒歩約65分
バス:鎌倉駅バス5番乗場鎌23・24・十二所神社下車徒歩約10分 
   :反対側の金沢区に抜けて県道まで出ると朝比奈バス停がある
駐車:なし、三郎の滝までは車で行けます(未舗装路)
住所:十二所
近隣:十二所神社、熊の神社、光触寺明王院

朝比奈切通地図


鎌倉情報検索はこちら 鎌倉なんでも検索リンク集










最終更新日  2008.06.23 08:53:18
2006.07.26
カテゴリ:神社史跡
鎌倉幕府が最後に移った所

若宮大路幕府 1236年(嘉禎2年)~1333年(元弘3年) 執権北条泰時 移設
親王屋敷とも呼ばれ4代将軍藤原頼経~9代将軍守邦親王の間、1333年の新田義貞の鎌倉攻めで幕府が滅ぼされるまで97年間存続。
若宮大路幕府の場所は鶴岡八幡宮側の横大路に面していたという説と、宇都宮辻子幕府と場所は同じで出入口が若宮大路に面していたという説がある。
北条時頼や北条時宗らもこの幕府で国政をとった。
写真石碑のある場所のすぐ左側が旧大佛次郎邸。

大倉幕府 1180年(治承4年)~1225年(嘉禄元年) 

宇津宮辻子幕府 1225年(嘉禄元年)~1236年(嘉禎2年) 

交通:JR横須賀線・鎌倉駅徒歩約10分
駐車:なし、清川病院横コインパーキング
住所:雪ノ下1-11
拝観:無料、終日
近隣:大佛次郎邸若宮大路妙隆寺鶴岡八幡宮

若宮大路幕府跡地図


鎌倉情報検索はこちら 鎌倉なんでも検索リンク集










最終更新日  2010.01.14 09:01:08
2006.07.25
カテゴリ:神社史跡
鎌倉幕府が2番目に移った所

鎌倉宇津宮辻子幕府 1225年(嘉禄元年)~1236年(嘉禎2年) 執権北条泰時 移設
北条政子が亡くなると源氏三代の政権は終わりをつげた。北条泰時は心機一転のために幕府を移転して、京都より藤原頼経を将軍に迎えこの宇都宮辻子幕府で元服式を行った。
辻子とは大路を結ぶ小道の意味で、宇都宮辻子は西の若宮大路とその東側の小町大路を結ぶ小路です。幕府はこの宇都宮辻子の北側にあったと考えられその範囲は東西南北約200mの敷地だったと推定されてる。
このあと移される3番目の若宮大路幕府は、現在では宇津宮辻子幕府が増改築されたものという見方が有力になっています。
石碑の隣にある宇津宮稲荷はかつては御所内にあったと伝えられています。
また北条泰時はこの御所の北側に隣接して屋敷をかまえています。

大倉幕府 1180年(治承4年)~1225年(嘉禄元年) 

若宮大路幕府 1236年(嘉禎2年)~1333年(元弘3年)

交通:JR横須賀線・鎌倉駅徒歩約8分
駐車:なし、ニの鳥居前コインパーキング
住所:小町2-15-19
拝観:無料、終日
近隣:妙隆寺若宮大路日蓮辻説法跡大巧寺

宇都宮辻子幕府跡地図


鎌倉情報検索はこちら 鎌倉なんでも検索リンク集










最終更新日  2010.01.14 09:00:23
2006.07.23
カテゴリ:神社史跡
鎌倉幕府が最初にできた所

大倉幕府1180年(治承4年)~1225年(嘉禄元年) 源頼朝 開設
源頼朝は1180年(治承4)鎌倉に入りこの地に屋敷を構え、侍所、公文所、門注所などを整備。
その後建久3年(1192年)源頼朝が征夷大将軍となり鎌倉幕府が正式のものとなった。
嘉禄元(1225)年7月宇都宮辻子に幕府を遷すまでの間、ここが武家政治の中心であった。
現在は清泉小学校前に石碑があるだけですがここを中心に東御門、西御門と金沢街道に囲まれた地域に幕府があったと考えられています。


宇津宮辻子幕府跡 1225年(嘉禄元年)~1236年(嘉禎2年)

若宮大路幕府跡 1236年(嘉禎2年)~1333年(元弘3年)


交通:JR横須賀線・鎌倉駅徒歩約22分
バス:鎌倉駅バス4・5番乗場 鎌20・23・24・36・岐れ道下車徒歩約2分
駐車:なし、頼朝の墓近郊コインパーキング
住所:雪ノ下3丁目ー11
拝観:無料、終日
近隣:頼朝の墓荏柄天神社来迎寺鶴岡八幡宮

大倉幕府跡地図


鎌倉情報検索はこちら 鎌倉なんでも検索リンク集










最終更新日  2010.01.14 09:00:50
2006.07.05
カテゴリ:神社史跡
          06,12,08十二所神社いちょう
いちょうの紅葉がみごと

熊野十二所権現社と呼ばれ光触寺の境内に鎮守社として祀られていたが1838年(天保9年)村人によりこの地に移されたといわれている。社殿右側に小さい社が三つ並んでおり左側にも小さな社があります。
鳥居の右に百貫石といわれる岩が置かれていてその奥に神楽殿があります。
百貫石は28貫(112Kg)あり昔祭りの時にこれを持ち上げたりかついだりして力自慢したそうです。
軒下に珍しい2匹のうさぎの彫刻もあります。

祭神:天神七柱(あまつかみななはしら)
   :地神五柱(くにつかみいつはしら)  社名はこの十二柱に由来
祭礼:例大祭9月9日近い日曜日
花見:つつじ、あやめ、彼岸花、いちょう
写真:殆ど人が訪れない静かな神社ですがいちょうが大変みごとです

徒歩:JR横須賀線・鎌倉駅徒歩約55分
バス:鎌倉駅バス5番乗場鎌23・24 十二所神社下車徒歩約2分
駐車:なし、駐車スペースあり
住所:十二所285
電話:
拝観:無料、自由拝観
近隣:朝比奈切通し、熊の神社、光触寺明王院

参考HP:神奈川県神社庁 御由緒詳細はこちら

十二所神社地図


鎌倉情報検索はこちら 鎌倉なんでも検索リンク集











最終更新日  2008.10.17 08:17:46
2006.06.08
カテゴリ:神社史跡
鎌倉の都市造りの中心

源頼朝が1182年に京都の朱雀大路にならって作った、由比ガ浜から鶴岡八幡宮までを南北に結ぶ道が若宮大路で、長さは約1800mあります。
若宮大路の中央の一段高く作られた道は段葛といい頼朝が妻政子の安産をいのってつくったと言われています。遠近法を利用し参道を実際の距離より長く見せる為二の鳥居付近は幅約5mだが三の鳥居付近は約3mと狭くなっている。
若宮大路両側には豊島屋井上蒲鉾店鎌倉彫のお店など古くからある鎌倉の名店が並ぶ。


交通:JR横須賀線・鎌倉駅徒歩約3分
指定:日本の道100選(大巧寺前に石碑あり)
駐車:近隣に多数あり
花見:桜、つつじ
写真:段葛は桜とつつじの時が綺麗だがぼんぼり祭りの時の夜の風景も絵になる

若宮大路地図



05,04,28段葛28日つつじ.jpg


鎌倉情報検索はこちら 鎌倉なんでも検索リンク集










最終更新日  2008.06.23 08:59:10
2006.06.06
カテゴリ:神社史跡
日蓮が法華経の教えを説いた地

鎌倉時代屋敷町と商家町があり多くの人が行き来していた小町大路に面した一角に「日蓮大士辻説法霊跡」と書かれた石碑と「日蓮腰掛石」と呼ばれる石が並んでいる。
比叡山などで修行を積んだ日蓮上人は建長5年(1253年)鎌倉に入った。住んでいた松葉が谷の草庵から出てきてこの辻に立ち、当時地震、暴風雨、干ばつや疫病が続発したりして不安にかられていた人々を救おうと道行く民衆に法華経の教えを熱心に説いたという。

交通:JR横須賀線・鎌倉駅東口徒歩約8分
駐車:なし、日蓮辻説法前コインパーキング
住所:小町2-22
拝観:無料、終日
電話:0467-23-3000(鎌倉市観光課)
近隣:妙隆寺大巧寺本覚寺妙本寺

日蓮辻説法跡地図


鎌倉情報検索はこちら 鎌倉なんでも検索リンク集










最終更新日  2008.06.23 08:24:13

全74件 (74件中 51-60件目)

< 1 2 3 4 5 6 7 8 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.