003915 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

わたしのブログ

PR

キーワードサーチ

▼キーワード検索

プロフィール


カメダ6008

楽天カード

カレンダー

お気に入りブログ

まだ登録されていません

コメント新着

コメントに書き込みはありません。

フリーページ

ニューストピックス

2007.10.15
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
亀田大毅の出場資格停止、JBCが処分方針 ニコニコ動画



世界ボクシング評議会(WBC)フライ級タイトルマッチ(11日、東京・有明コロシアム)で挑戦者の亀田大毅選手(18)=協栄ジム=がチャンピオン、内藤大助選手(33)=宮田ジム=に反則を繰り返した問題で、日本ボクシングコミッション(JBC)は15日、倫理委員会を開き、所属する協栄ジムの金平桂一郎会長に3カ月のクラブオーナーライセンスの停止、亀田史郎氏にセコンドライセンス無期停止、亀田大毅選手にはボクサーライセンスの1年間停止との処分を決めた。セコンドについた兄・興毅選手には厳重戒告処分が下された。
 11日の試合では大毅選手は内藤選手に頭突きなどの反則を繰り返したうえ、最終12回には抱え上げて投げ飛ばすなどして計3点を減点された。また内藤陣営によると、大毅選手はグローブの親指部分で目を突く「サミング」や太ももを打つ反則「ローブロー」などを繰り返していた。
 また肉親がセコンドに就くことを禁じるWBCの規定に反し、亀田陣営は大毅選手の父、亀田史郎氏と長兄の興毅選手=協栄=がセコンド入りしたうえ、試合開始前のレフェリーチェックの際に史郎氏が内藤選手を威嚇する言動を行うなどしていた。

【動画】輪島氏 語る

15日にあった日本ボクシングコミッション(JBC)の倫理委員会で、協栄ジムの亀田大毅選手(18)に1年間の試合出場禁止、亀田史郎トレーナー(42)にセコンドライセンス無期限停止の処分が決定。11日の世界ボクシング評議会(WBC)フライ級王者、内藤大助選手(33)=宮田ジム=との世界タイトルマッチで反則行為を繰り返したツケは大きかった。
 倫理委は試合のビデオを1ラウンドごとに検証。大毅選手が十二回に相手を投げ飛ばすレスリング行為を繰り返したことや、十回終了後のインターバルで史郎氏が「タマ(急所)を打ってまえ」、兄興毅選手(20)が「ひじでええから目へ入れろ」と指示した様子も確認された。
 倫理委の斉藤慎一委員長は会見で「三十数年携わってきたが、世界戦でレスリング行為を繰り返す選手は初めて見た」。また、日本プロボクシング協会の原田政彦(ファイティング原田)会長は「試合後に内藤選手に寄って『ご苦労さん』と言えば全然違うのに、そのまま帰っちゃう。内藤選手は先輩でしょう。選手が帰ろうとしたら、セコンドが言わなくては」と亀田親子の礼儀のなさを非難した。
 この日、JBCに事情を説明した内藤選手は「処分を求めたわけではない。処分結果については何も言うことはない。この問題は今日で終わりにして心機一転、頑張りたい」とコメント。ロシアに出張中の金平桂一郎・協栄ジム会長は「監督責任を重く受け止めている。不適切な言動は決して許されるものではない。いかなる処分も受け入れさせていただく」と談話を出し、不服申し立てはしない意向を示した。
 また、倫理委の前に東日本ボクシング協会(大橋秀行会長)の理事会が開かれ、出席した16人の意見は史郎氏に対してはライセンスの「無期限停止」と「はく奪」に二分され、多数決で決めた。大橋会長によると、13日に史郎氏が横浜市内の大橋ジムを一人で訪ね、「反則を止められなかった自分が悪い。反省している。お騒がせした。亀田家は今後3カ月間、謹慎します」と述べたという

【動画】亀田大毅ライセンス停止か!
 
【動画】亀田親子インタビュ-


kamedaie.jpg







最終更新日  2007.10.16 11:00:25

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.