1171207 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

おいでやす。郡山ハルジ ウェブサイト。

PR

Profile


郡山ハルジ

Freepage List

Marathon/Triathlon


完走記-荒川マラソン(2003.3)


完走記-バンクーバーマラソン2003


北丹沢12時間耐久山岳レース


東日本国際親善マラソン


北海道マラソン2004


Traverse City Bayshore Marathon 2005


シカゴマラソン2005


IRONMAN 70.3 Steelhead 2007


アイアンマンへの道


アイアンマンへの道(後編)


Ironman USA Lake Placid 2010


Music


「殿様の生活」デビューまで 編


オイラがイイと思うLP 10撰


5人の歌姫 - My 5 Sirens


80年代 ハードコア伝説


80&90年代オルタナティブ10撰


初期 And Also The Trees ベスト5


Pixies の哲学


Travel


インドで死にかけた話 (1987)


ヒッチハイクで北欧へ(1992)その1


ヒッチハイクで北欧へ(1992)その2


異境の地① クレタ島のヌーディストビーチ


異境の地② ギリシャ・メテオラの修道院


キリマンジャロへの道(前半)


キリマンジャロへの道(後半)


マチュピチュとインカ・トレイル


ナスカの地上絵


アコンカグア、2011 冬


Canada/United States


オイラの部屋から見た景色


ナイアガラの滝 ウェブ・カム


Art Works


アメリカの大学時代の作品(おバカ系)


アメリカの大学時代の作品(ハードコア)


Joel-Peter Witkin ギャラリー


Book


モテない青少年に贈るコアな5冊


レベル別 ペーパーバック入門


Misc.


死んだ友人Jのこと


死んだ友人Hのこと


ネコの記憶


アメリカの大学の思い出(英文)


対談:ハルジ&歌子 「美」は地球を救う?


Movie


ボクの好きな映画5選


Milla & Me


.


Keyword Search

▼キーワード検索

aconcagua2
↑Aconcagua, around 6900m above sea level, December 2011

 
人生とか世の中とかいった深刻な話ばかり読みたい人はこちら
通翻訳や英語に関するマジな日記はこちら
トライアスロンやマラソン(ついでに山登り)の日記はこちら
アメリカやカナダに関する日記を読みたいヤツはこちら(ほかの国の旅行記こっち)
時事問題に関するオイラのマジな日記はこっち
オレが読んだ、聴いた音楽、観た映画etc.の話はこっち(オレがむかし描いた作品はこっち)
チンコクソや真面目なの話はこちらたわごとだの仕事のグチだのはこっち
free counters
2019.07.30
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
人間ドックのオプションで脳MRIを受けた。通常は脳梗塞やクモ膜下出血の危険察知のために受診するらしいのだが、私の場合脳ドックの追加オプションである認知症診断を受けるのが主目的である。脳ドックだけで計3万円。今月で53歳になるが、視力と記憶力の急激な低下は日常業務に支障を来たす域に到達している。何か気質的な異常があるのかはっきりさせたかったのである。
地下二階にあるMRIの検査室に入るとBGMがなっていた。ロックかラップか分からないが単調な4ビートである。嫌いなリズムではない。うるさくてすいませんね、と検査技師が言った。私はようやくそれがMRIの機械が発するノイズであることを理解した。聴いているうちに曲想が湧いてきそうな軽妙なリズムだ。
横たわると頭を固定され、パニックボタンを持たされた。中には閉所恐怖症の人がMRIの機械に入れられてパニックを起こしたりするらしい。私自身は極めてリラックスしていたつもりだったが、ボタンを渡されてすぐ、頭を動かせないことに改めて気づいた途端、不安感が鎌をもたげてきて少し焦った。
MRIの機械の中に入ると、まるで聴力検査のように右と左の耳に異なる波長、音量のノイズが浴びせられる。あるものは長く単調なリズムがあり、聴いていて身体が小刻みに動いてくる。あるものは耳孔内で不協ノイズを生じ、頭が軽くトリップした感じになる。
そうこうしているうちにリラックスしてきて半覚醒状態になり、自分が妄想しているのか、睡眠状態に入って夢を見ているのか、そんな他愛もないイメージの世界を出たり入ったりするような時間が続く。もうノイズはバックグラウンドに退いている。
突然ノイズが止まり、検査技師のはいこれで終わりですという声で、現実に引き戻される。これで20分くらいのはずなのだが、もっと長かったような感じもする。まあ記憶が途切れていることは確かだ。もうちょっと、あと10分くらい長くてもよかったかな、という中途半端な感じも少しある。
その後、技師の手前、極力平常のように振る舞ったものの、実は寝ボケた状態に近く、元の人間ドックの会場に戻るのにちょっと苦労した。







Last updated  2019.07.30 22:14:09
コメント(2) | コメントを書く

Category

Favorite Blog

セーシェルうーん、… New! トイモイさん

中国人が日本の坦々… シャルドネ。さん

7連休終わった 放浪の達人さん

あるマスコミ関係者… 心斎橋ワタルさん
鰻坂ヒカルのロンド… 鰻坂ヒカルさん
HEADING NOWHERE pinkoysterさん
走走走 歌唄歌 走る… MickeyKさん

Comments

 ハルジ@ Re[1]:脳スキャン(07/30) マジっすか!?アレだけイロイロ摂取して…
 放浪の達人@ Re:脳スキャン(07/30) うわあ!ハルジさんお久し振り! 俺も脳ス…
 VeryBerry@ Re:姉妹(02/11) 鬼畜と言われたハルジさんも、順調に父親…
 放浪の達人@ Re:姉妹(02/11) うわあ、ハルジさんお久し振り。 これは牧…
 本人です@ Re[1]:姉妹(02/11) エンジェル フェイスさん、ご無沙汰して…

Calendar


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.