635303 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

H5・平成5年度4967598圓。超宇宙の魂、超神霊教諭。

両親の担任をされた

両親の担任をされた

 両親の担任をされた

 両親の担任をされた。
 下に成りました。
 TM先生の4年の担任の現実が支払いされました。

 ※もしかしたら、池永チャールストーマス容疑者(21)は、父で有る森喜朗に、雌・エホバ・聖書の主なる神・赤鬼・国之常立神の担任をされて合法的に殺された森祐喜に担任されたと。だから、殺される前に、殺したと。以上、全存在界の全存在方へ、報告致しました。以上、謹んで、核之超神霊様に、御報告致しました。以上、天命界の全ての超神霊様に、御報告致しました。以上、全衛星、全惑星、全恒星、全銀河、全星雲、全星団、…、全宇宙の方々に、御報告致しました。

 蛇の雌で有る女は全匹、極悪党だから、平気で、堕落アダムを殺す。子にする。しかし、蛇の場合、子にするのではなくて、身体障害者にする。蛇というのは、義理の父、婚前ファーストセックスの相手の父よりも上の地位・下の位に成ってしまう方々と。この場合、殺害するのは当然と。極悪党のアラー・義理の祖母を。

 藤沢市の教育長は、小学校教諭出身の女の方だった。即ち、女の子の担任をすると。女の子は、処女です。女子はカネ。小学生は女の子。現金に担任する。現金に担任するから、アラー・義理の祖母に、蛇が、殺される前に、必ず、アラー・義理の祖母を殺害すると考えられます。以上、全存在界の全存在方へ、報告致しました。以上、謹んで、核之超神霊様に、御報告致しました。以上、天命界の全ての超神霊様に、御報告致しました。以上、全衛星、全惑星、全恒星、全銀河、全星雲、全星団、…、全宇宙の方々に、御報告致しました。

 日本国は、ガブリエル菅直人が、義理の父・仙谷由人をクビにした。即ち、蛇。アラーは誰か?。取り敢えず、安藤優子が挙げられる。

安藤優子
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 出身校 上智大学国際学部比較文化学科(現:国際教養学部)

 安藤 優子(あんどう ゆうこ、1958年11月19日 - )は、日本のニュースキャスターで、ウェーブ産経代表幹事である。本名、堤 優子。旧姓、安藤。有限会社エイアンドアソシエイツ所属。千葉県市川市出身。身長164.5cm、血液型はA型。

私生活
 1989年12月23日に広告代理店勤務の男性と結婚したものの1993年3月離婚。2006年12月25日、11年交際していたフジテレビプロデューサーの堤康一と再婚した[4][5]。いずれも男性に妻子がいる状態で交際を始めており、不倫関係の末の再婚である。

 ※蛇橋本龍太郎も、銀座のマダムと不倫と。蛇の不倫相手が、アラーなのかもしれません。私の安藤優子アラーというのは、ダイレクトです。直観、直感ではない。ダイレクト。私はダイレクトなのです。阿吽の呼吸でもない。間が無い。直接でも無い。接するのではないから。私の現実と。私の現実だから、ダイレクト。私だから。

 中心光で有る私が、更なる中心光、もっと奥なる中心光に成る為に、生きているのかな?。これ、私の覚りかな?。私の覚りを一言で言えば、これかな?。これで、分かる人は、私の覚りが、分かるでしょう。今、初めて、私の覚りの事について書きました。以上、全存在界の全存在方へ、報告致しました。以上、謹んで、核之超神霊様に、御報告致しました。以上、天命界の全ての超神霊様に、御報告致しました。以上、全衛星、全惑星、全恒星、全銀河、全星雲、全星団、…、全宇宙の方々に、御報告致しました。

 ※私の中では、千葉県市川市と言えば、五井昌久と。

五井昌久
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
(白光真宏会から転送)

 五井 昌久(ごい まさひさ、1916年(大正5年)11月22日 - 1980年(昭和55年)8月17日)は、日本の宗教家。宗教法人白光真宏会(びゃっこうしんこうかい)の開祖。祈りによる世界平和運動を提唱した。

人脈
 合気道開祖・植芝盛平とは肝胆相照らす仲だった。五井は植芝を「神の化身」と讃え、植芝は五井を「祈りのご本尊」と敬った。また、東洋学者の安岡正篤や作曲家の古賀政男も五井を敬愛した。紅卍会とも交流があり、フーチによって「○修(いくしゅう)」(光を身に修めた者)という道名をもらった。会員であった琉球王家の血をひく尚悦子は、病気をきっかけに五井の養女となり、昌美と改名し、西園寺裕夫(西園寺公望の曾孫)と結婚、五井の死後、白光真宏会会長を継承した。

西園寺昌美
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 西園寺昌美(さいおんじ まさみ、1941年(昭和16年) - )は、宗教家、白光真宏会第二代会長。旧姓名、尚 悦子。

 男爵・尚順(琉球王家分家)の次男尚誠の長女として生まれ、1971年(昭和46年)に五井昌久の養女となり、五井昌美と改名。さらに1974年(昭和49年)10月18日、西園寺不二男次男の西園寺裕夫との結婚に伴い、西園寺姓となる。五井昌久が1980年(昭和55年)に没すると、白光真宏会会長に就任。非政治・非宗教のニュートラルな平和活動を推進する目的で設立されたと称する“ワールドピースプレヤーソサエティ”代表として、世界平和運動を国内はもとより広く海外に展開している(自称)。1999年(平成11年)財団法人五井平和財団設立にともない会長に就任。

西園寺公望
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 西園寺 公望(さいおんじ きんもち、嘉永2年10月23日(1849年12月7日) - 昭和15年(1940年)11月24日)は、日本の公家、政治家。位階・勲等・爵位は贈従一位大勲位公爵。雅号は陶庵、不読、竹軒[1]。

 新潟府知事などを経て、貴族院議員(貴族院侯爵議員、のちに貴族院公爵議員)を務め、貴族院副議長に就任した。第2次伊藤内閣にて文部大臣として初入閣し外務大臣を兼任、その後成立した第2次松方内閣でも引き続き文部大臣と外務大臣を務めた。第3次伊藤内閣でも文部大臣として入閣した。第4次伊藤内閣では班列として入閣し、内閣総理大臣の伊藤博文の病気療養中は内閣総理大臣臨時代理を務め、のちに伊藤が単独辞任すると内閣総理大臣臨時兼任を務めた。

 その後、伊藤博文の後継として立憲政友会の総裁に就任した。桂太郎の後任として内閣総理大臣に任じられ、第1次西園寺内閣、第2次西園寺内閣を組閣した。なお、第1次西園寺内閣では、文部大臣臨時兼任や外務大臣臨時兼任なども務めている。西園寺と桂とが交互に政権を担当したことから、この時代は「桂園時代」と称された。大正13年(1924年)に松方正義が死去した後は、「最後の元老」として大正天皇、昭和天皇を輔弼した。

第二尚氏
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 第二尚氏(だいにしょうし)は尚円王を始祖とし、尚円王即位の1469年(成化6年)から1879年(光緒5年)までの410年間、沖縄の琉球王国を統治した王家およびその姓の通称。琉球最後の王朝。正式には尚氏だが、第一尚氏と区別するため、一般には第二尚氏と呼ばれる。第二尚氏は、初代・尚円王から最後の尚泰王まで、19代続き、廃藩置県後は日本の華族となった。

第一尚氏
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 第一尚氏(だいいちしょうし)は尚思紹王を始祖とし、7代63年間(1406年(永楽4年)- 1469年(成化5年))続いた琉球最初の統一王朝をつくりあげた王家およびその姓の通称。正式には尚氏だが、第二尚氏と区別するために、一般には第一尚氏と呼ばれる[2]。

植芝盛平
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 植芝 盛平(うえしば もりへい、1883年(明治16年)12月14日 - 1969年(昭和44年)4月26日)は、日本の武道家。合気道の創始者。合気道界では「開祖」(かいそ)と敬称される[5]。

 カシオペアの娘のアンドロメダ、桑田佳祐の上の人位に成った方が、殺される前に、殺したのかな?。茅ヶ崎市には、他に、宇宙飛行士の野口聡一と、あと、加山雄三がいる。桑田佳祐、野口聡一、加山雄三の担任に成る事をした方が、殺される前に、殺したと。義理の父を殺した蛇が、アラー・義理の祖母も、殺したと。蛇の能力不足ではなくて、アラーが悪いと、私は思う。極悪党どころではないアラーと。

 こんなに踏んでいる雌の神、極悪党だ、勿論。人間的解決をしないから。人間的解決とは、アラー・義理の祖母を殺そうとまでしている蛇に、貸しをつくる、取り敢えず、蹴飛ばす、殴る、ロケットパンチ、等の愛を施すという事だ。これすら、やらないアラー・義理の祖母を私は極悪党と思います。最悪の事態、殺人を避けないアラー・義理の祖母を。以上、全存在界の全存在方へ、報告致しました。以上、謹んで、核之超神霊様に、御報告致しました。以上、天命界の全ての超神霊様に、御報告致しました。以上、全衛星、全惑星、全恒星、全銀河、全星雲、全星団、…、全宇宙の方々に、御報告致しました。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.