000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

H5・平成5年度4967598圓。超宇宙の魂、超神霊教諭。

ステネロス

ステネロス

ステネロス
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
ペルセウスの子
 このステネロスは、ミュケーナイ王ペルセウスとアンドロメダーの子で、ペルセウス、アルカイオス、ヘレイオス、メーストール、エーレクトリュオーン、ゴルゴポネーと兄弟。ペロプスの娘ニーキッペーとの間にアルキュオネー、メドゥーサ、エウリュステウスをもうけた[1]。

 エーレクトリュオーンがミュケーナイ王のとき、アムピトリュオーンは誤ってエーレクトリュオーンを殺してしまったので、ステネロスはアムピクトリュオーンを追放してミュケーナイの王となり、ペロプスの子アトレウスとテュエステースを呼んでミデアを支配させた[2]。後にゼウスが次に生まれるペルセウスの子孫をミュケーナイの王にすると宣言したとき、嫉妬したヘーラーはアルクメーネーの出産を止め、ステネロスの子が早く生まれるようにした。この結果ヘーラクレースより早く生まれたエウリュステウスがミュケーナイの王となった[3]。一説にステネロスはヘーラクレースの子ヒュロスに殺されたという[4]。

ニーキッペー
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 ニーキッペーは、ギリシア神話の女性である。エーリスの王ペロプスとヒッポダメイアの娘で[2]、ピッテウス、アトレウス、テュエステース[3]、アステュダメイア、リューシディケーと兄弟。ミュケーナイの王ペルセウスの子ステネロスの妻となり、アルキュオネー、メドゥーサと、エウリュステウスを生んだ。

 ニーキッペーは、ヘーラクレースをミュケーナイの王にしたくないヘーラーの策略によって、アルクメーネーの出産が妨げられている間にわずか7カ月でエウリュステウスを出産した[2]。

メドゥーサ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 メドゥーサ(古希: )は、ギリシア神話に登場する怪物。ゴルゴーン三姉妹の一人である。姉はステンノー(「強い女」の意)、エウリュアレー(「遠くに飛ぶ女」の意)と呼ばれ、メドゥーサは三女に当たる。その名の語源はmedousa(女支配者、女王)である。

 日本語では長母音を省略してメドゥサ、あるいは英語などでの表記・発音の影響からか、メデューサとも書く。

 ※YMアナ。

ペーガソス
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 ペーガソス(古希: , ラテン語: Pegasus)は、ギリシア神話に登場する伝説の生物である。鳥の翼を持ち、空を飛ぶことがでる馬とされる。

 ラテン語ではペーガススといい、英語読みペガサス(Pegasus)でもよく知られる。日本語では長母音を省略してペガソス、ペガススと呼ばれたり、あるいは天馬(てんま)と訳されて呼ばれる。

クリューサーオール
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 クリューサーオール(古希: )は、ギリシア神話に登場する人物あるいは怪物である。その名は「黄金の剣を持てる者」の意。ポセイドーンとゴルゴーン三姉妹の一人メドゥーサの息子。長母音を省略してクリュサオルとも表記される。

 ペルセウスがメドゥーサの首をはねた際に、その流血が海(すなわちポセイドーン)にしたたり、ペーガソスと共に産まれた。つまり、ペーガソスとは双子となる。ただし、血が滴ったのは大地であるとも、傷口から飛び出したともいわれる。

 生まれた時から黄金の剣を持っており、その剣を振り回したという。オーケアノスの娘カリロエーとの間にゲーリュオーンとエキドナをもうけた。

カリロエー
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
オーケアノスの娘
 このカリロエーは、オーケアノスとテーテュースの3000人の娘たちオーケアニデスの1人で[1]、クリューサーオールとの間に3頭の怪物ゲーリュオーン[2]と、エキドナを生んだ[3]。エキドナはテューポーンとの間に多くの怪物を生んだ。

ゲーリュオーン
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 ヘーラクレースと闘うゲーリュオーン。E群のアンフォラ。紀元前540年ごろ。ルーヴル美術館蔵。

 ゲーリュオーン(古希: )は、ギリシア神話に登場する怪物である。クリューサーオールとカリロエーの子である[1]。

 ゲーリュオーン(ゲリュオン)はアイスキュロスおよびラテン語による表記で、叙事詩中ではゲーリュオネウス、イオニア・アッティカ散文作品やアリストパネース、ピンダロスなどではゲーリュオネース、ステシコロスの抒情詩では 、カルキディアの壺絵の表記では となっている。エトルリア語ではケルン(Cerun)。

 ゲーリュオーンの最大の特徴はその形態で、三頭[2]、または三頭三体[3]の怪物であるとされた。古注によると、ステシコロスはゲーリュオーンには6つの腕、6つの脚があり、そして翼が生えていた、と歌っていたらしい。アポロドーロスはさらに詳細に、「三人の男の身体が腹で一つになっていて、脇腹と太腿からは三つに分かれた身体を持っていた」と叙述している[4]。

 ステシコロスによるとゲーリュオーンは鎧兜をつけ、盾と槍でもって武装する古代ギリシア市民の重装歩兵の格好をしていた。対照的にヘーラクレースはライオンの皮一枚を身にまとい、武器は棍棒か弓矢、剣といういでたちだった。この対比は多くのギリシア美術に表現されている(ゲーリュオーンの牛獲りは古代ギリシアで非常に好まれたモチーフで、130ほどの事例が知られている)。

エキドナ
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 エキドナ(古希: , Echidna)は、ギリシア神話に登場する怪物である。上半身は美女で下半身は蛇で背中に翼が生えた姿をしている[1]。「蝮の女」がその名の意味。

 ヘーシオドスの『神統記』ではクリューサーオールとオーケアニデスのカリロエーの娘とされるが、出自については様々な異説がある。また、テューポーンの妻でケルベロスやヒュドラーなど多くの怪物達の母でもある。テュポーンがエトナ火山に封印された後、息子のオルトロスと再婚し、ネメアーの獅子やパイア(クロミュオーンの猪)、スピンクスを産んだとされる。『神統記』では不死の存在とされているが、ペロポネーソスで家畜を襲っていた際に、百眼の巨人アルゴスに殺害されたという説もある。

 元はスキタイ地方の女神だったと考えられている[1]。

 なお、英語のエキドナ(echidna)はハリモグラを指す。

エキドナの子供達
テューポーンとの間に生まれた子 
ケルベロス(♂)
オルトロス(♂)
ヒュドラー(♂)
ラードーン(♂)
金羊毛の番竜(♂)
エトン(♂)
クリュンヌ(♀)
デルピュネー(♀)
パイア(♀)
キマイラ(♀)
ケートス(♂)
スキュラ(♀)
オルトロスとの間に生まれた子
ネメアーの獅子(♂)
カルキノス(♂)
タゲス(♂)
スピンクス(♀)
ヘーラクレースとの間に生まれた子
アガテュルソス
ゲローノス
スキュテース

 ※私は、アンドロメダ銀河の担任しか出来ない。なのに、アンドロメダ、桑田佳祐の上の地位を、MNスポーツアナが、やったので、アンドロメダーの子孫の担任に成りました。非童貞の方々の世界と。
 童貞の私には、人位は無いので。
 地位しか無いので。
 天位は勿論、有りません。
 だから、大帝神。(聖勇。)。
 YSも大帝神にされた。(聖聖勇。)。
 この聖勇、聖聖勇というのは、勿論、非童貞の方々。
 私を大帝神にした方が、地獄魔界の地殻霊界の濁王、YSまで大帝神にした方も、地獄魔界の地殻霊界の濁王に成ったと。
 以上、全存在界の全存在方へ、報告致しました。以上、謹んで、核之超神霊様に、御報告致しました。以上、天命界の全ての超神霊様に、御報告致しました。以上、全衛星、全惑星、全恒星、全銀河、全星雲、全星団、…、全宇宙の方々に、御報告致しました。

 私は、平成十八年八月三十一日に、蛇天皇-蛇小泉純一郎-蛇松沢成文-蛇山本捷雄-蛇富永元&神奈川県立精神医療センター木村逸雄医師(その本体は森喜朗)&神奈川県精神保健福祉センター医師桑原寛医師(その本体は小泉純一郎)&神奈川県教育委員会指導主事&藤沢市教育委員会T課長&KN女校長によって、
 当時、四十四歳の
 童貞の
 昭和六十二年度神奈川県立Y高等学校臨時理科実習助手&
 昭和六十三年度神奈川県立A高等学校臨時理科実習助手&
 平成三年度神奈川県立Hろう学校臨時高等部英語科教諭&
 平成四年度~平成六年度三浦市立四中学校教諭&
 平成七年度~平成十四年度神奈川県立藤沢市立T中学校教諭&
 平成十五年度~平成十八年度日本国立神奈川県立藤沢市立F中学校教諭を、
 分限免職に等しい辞職で、社会的に葬られました。
 以上、全存在界の全存在方へ、報告致しました。
 以上、謹んで、核之超神霊様に、御報告致しました。
 以上、天命界の全ての超神霊様に、御報告致しました。
 以上、全衛星、全惑星、全恒星、全銀河、全星雲、全星団、…、全宇宙の方々に、御報告致しました。



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.