628499 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

H5・平成5年度4967598圓。超宇宙の魂、超神霊教諭。

選手寿命

選手寿命

 選手寿命

 選手寿命。
 選手寿命のモチベーションの根底は、引退後も、生活出来るか否かの見通し。
 これが見えていないなら、まだ、登頂出来ていないから、勝つ為の努力を続けると。
 イヤらしいくらい、勝つ為の努力を続ける。
 勝つ事には、基本的な価値が有るから。
 プロサッカー選手なのだから。
 世の中の基本は、弱肉強食だから。
 スポーツの基本は勝つ。

 ※これが、落合博満の魅力と。勝てば、喰っていける。生きていける。

 自分が駄目に成ったら、コーチと致して、勝つ選手を育てる。
 何の為に勝つのか?。
 それは生き続ける為。
 だから、勝たなくても、生きていけると、精進努力が出来なく成る。
 だから、ハングリーで有り続けなければいけない。
 モチベーションを維持し続ける為に。
 私の場合は。
 贅沢は敵。

 ※私の場合は、贅沢ではない。背負うと。例えば、フェラーリ、ランボルギーニを所有したとしたら、背負う、学ばせていただく為に、所有する。フェラーリ、ランボルギーニの生きざまに成る為に。フェラーリ、ランボルギーニの文化文明を学んで、その生きざまに成る為に。成金ではない。飛車、角行、銀将、金将に成る為に、所有する。

 モチベーションを奪われるから。
 これ、タイガーマスク、あしたのジョーのやり方。
 何の為に、自分は生きているのかというヤツです。

 ※私の基本は、マスターかな?。宇宙の保護者かな?。宇宙の法則を維持し続ける為に生存しているのかな?。宇宙の法則が、破壊致される事は、有りませんが、宇宙の法則が、下の世界に、適用致されないように、左翼に占領致されてしまう事はよく有る事と。左翼に占領致されてしまった地域は、宇宙の法則が、適用致されない。左翼は、顔無しは、のっぺらぼうは、バベルの塔をつくって、ユーロ共同体をやって、英国連邦を破壊しようとし続けている。聖書の主なる神よりも高い存在に成って、聖書の主なる神・国之常立神・赤鬼・英国女王の統治を破壊しようとし続けている。勿論、無責任。これが、アベル、イエスキリスト、娘。だから、ローマ法王、法皇?が、娘をひたすら、封印致し続けている。これ、モーゼがやり続けている。このモーゼの説得力は、地獄の霊達への毎日の説得と。

 これが赤色光線の説得力、指導力の基本です。

ファミレスは生活、デートではない 三・一年三組協力担任YS楽天(平成五年度) - 楽天ブログ

http://plaza.rakuten.co.jp/kami369/diary/201304150003/

 モーゼ霊訓集 大川隆法著 幸福の科学出版 発売元=太陽出版 定価1200円 181頁からの引用

 毎日毎日地獄界というところへ行ってさまざまなる者たちと話をし、地獄を無くしていくというためにどうすればいいのか、日夜考えています。私の最大の仕事のひとつでもあります。こういうことをしておるのです。私自身がなぜその仕事をせねばならんのか。そういう事を深くは考えてはいません。

 新・モーゼ霊訓集 大川隆法著 幸福の科学出版 定価1000円 183頁からの引用

 毎日毎日地獄界というところへ行ってさまざまなる者たちと話をし、地獄を無くしていくというためにどうすればいいのか、日夜考えています。私の最大の仕事のひとつでもあります。こういうことをして『い』るのです。私自身がなぜその仕事をせねばなら『ない』のか。そういう事を深く『』考えてはいません。

 ※それが、赤光線・政治家・王・統治者の役割だからです。指導力を向上させ続ける為に、それをし続けているのです。私の言葉では、刑務所・軍隊。刑務所要らないだろ、何で、犯罪者を優遇するのだ。強制労働だけさせればいいのではないのか?。軍隊、要らないだろ。暴力革命家・テロリストは、全匹、死刑にして、鮫の餌にすればいいのではないのか?。しかし、それをしないで、服役(懲役・兵役)をさせているのは何故なのか?。

服役
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 服役(ふくえき)

 懲役につくこと →刑務所
 兵役につくこと。 →徴兵制度

カテゴリ: 曖昧さ回避

隠しカテゴリ: すべての曖昧さ回避

 最終更新 2010年10月20日 (水) 05:52 (日時は個人設定で未設定ならばUTC)。

 ※これが、水晶・宝石の摂理。婚前セックスを悔い改めなかった蛇は、数億年の地獄の精進努力を経て、水晶、さらに、十数億年の地獄の精進努力を経て、宝石に成っていく。これが、神の愛なのです。以上、全存在界の全存在方へ、報告致しました。以上、謹んで、核之超神霊様に、御報告致しました。以上、天命界の全ての超神霊様に、御報告致しました。

 ※勿論、アベル、イエスキリストが、西郷隆盛の考え方なら、ま、あたりまえ、普通の考え方。

教皇
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
(ローマ教皇から転送)
 この項目では、カトリック教会の最高指導者について記述しています。教皇のその他の用法については「教皇 (曖昧さ回避)」をご覧ください。

 教皇紋章

 教皇(きょうこう、ラテン語: P○pa[1]、ギリシア語: P○pas[2]、英語: Pope)は、キリスト教の高位聖職者の称号[3]。一般的にはカトリック教会のローマ司教にして全世界のカトリック教徒の精神的指導者であるローマ教皇を指す。教皇の地位は「教皇位」、あるいは「教皇座」と呼ばれる。また、教皇の権威のことを「聖座」、「使徒座」ということもある。

 日本語では「ローマ法王」と表記されることもあるが、日本のカトリック教会の中央団体であるカトリック中央協議会は「ローマ教皇」の表記を推奨している(後述)。なお、退位した教皇の称号は名誉教皇(名誉法王とも)という。

 本項では主にローマ教皇について記述する。その他の教皇については称号の変遷とその他の「教皇」の節を参照。

 カトリック教会内で大きな影響力を持つイエズス会の総長は、かつて「黒い教皇」と呼ばれることがあった。これはイエズス会士が質素な黒いスータンを着ていたことと、教皇は常に白い服を着ることに由来している。

 教皇庁の一機関である福音宣教省の長官(枢機卿)は「赤い教皇」と呼ばれることがある。この職にあるものはアジアとアフリカ全域の教会の責任者であるため、教皇に匹敵するほどの地位だという意味である。なお、「赤」は枢機卿の衣の色である。

日本語および各国語での呼称
 日本のカトリック教会の公式な表記では、「法王」でなく「教皇」が用いられている。信徒の間では、親しみを込めた敬称として「パパ様」という呼び方が使われることもある[8]。

 日本のカトリック教会の中央団体であるカトリック中央協議会は、1981年のヨハネ・パウロ2世の来日時に、それまで混用されてきた「教皇」と「法王」の呼称を統一するため、世俗の君主のイメージの強い「王」という字を含む「法王」でなく「教皇」への統一を定めた。このとき、東京にある「ローマ法王庁大使館」においてもこれにあわせて「法王庁」から「教皇庁」への名称変更を行おうとしたが、日本政府から「日本における各国公館の名称変更はクーデターなどによる国名変更時など、特別な場合以外は認められない」として認められず、「ローマ法王庁大使館」の名称のまま現在へ至っている[9]。(官報や外務省の文書でも「ローマ法王」の語を用いられているため、これが日本政府の用いる公式名称であるとみなされる。)

 また、NHKでは、「ローマ法王」「法王」が慣用的に使われ、一般に定着しているとして原則的には「法王」の呼称を用いるとしている[10]。現在においてマスメディアでは「法王」の呼称を主に用いている。これは、国外マスメディアの日本語に翻訳された記事でも変わらない傾向にある[11]。

 「教皇」に相当するその他の語として、明治期日本のカトリック教会では「教父」の訳語を用いた用例が見られる[12](なお、大正期以降の文献には「教皇」の語が見られる[13])。また、現在でも典礼の中では、現役の教皇を「私たちの教父」と呼ぶ慣習がある[14]。

 中国語圏では「教宗」という訳語が使われる。韓国語では「(○皇)」である。

その他
 教皇の公用車の一つメルセデス・ベンツGクラスを改造したものは「教皇車」(パパモビル)と呼ばれる。
 教皇名は自由に選ぶことはできるが、ペトロの名前を選んだものはいない。
 対立教皇を除き、最も多く選ばれた教皇名は「ヨハネス」の22人である。ついで「グレゴリウス」と「ベネディクトゥス」が16人づつとなっている。
 かつては、歴史の混乱で「17世」以降がひとつ多くカウントされていた。その後この過ちは修正されて「17世」から「20世」はそれぞれ代数が1つずつ若返って「16世」から「19世」となったが、21世以降の3名は修正されないまま残ってしまっている。よって「ヨハネス20世」が実在しないため、現時点で最後に「ヨハネス」を名乗った教皇はヨハネ23世(ヨハネスとしては22代目)となっている。
 「ヨハネス」を複合名に使用して名乗った教皇が2人いる(ヨハネ・パウロ1世と2世)ので、これをカウントに入れると「ヨハネス」を名乗った教皇は合計24人となる。
 完全なオリジナルの教皇名を名乗った最新の教皇は、2013年3月に選出された現教皇フランシスコである。それまでは長らくランドがその記録の保持者だった。
 もっとも若く教皇になったのは、18歳のヨハネス12世である。
 1295年以降でもっとも高齢で教皇に選出されたのは、79歳のクレメンス10世である。
 1295年以降でもっとも長寿だった教皇は、93歳で亡くなったレオ13世である。
 史実で確認される範囲で在任期間がもっとも長かったのは、31年7ヶ月のピウス9世(1846年6月16日 - 1878年2月7日)である。
 在位期間がもっとも短かったのは、12日間のウルバヌス7世(1590年9月15日 - 9月27日)である。

 ※皇は、白い王と。勿論、白い王ではないから、日本国内では駄目。

西郷隆盛
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

西南戦争
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
 西南戦争(せいなんせんそう)、または西南の役(せいなんのえき)は、1877年(明治10年)に現在の熊本県・宮崎県・大分県・鹿児島県において西郷隆盛を盟主にして起こった士族による武力反乱である。明治初期の一連の士族反乱のうち最大規模で日本最後の内戦となった。



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.