635337 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

H5・平成5年度4967598圓。超宇宙の魂、超神霊教諭。

富士山との勝負

富士山との勝負

 聖書の主なる神との勝負という題名・タイトルでは、打ち込むのに、辛いので、富士山との勝負という題名・タイトルに致しました。

 雌・エホバ・国之常立神・赤鬼・英国女王・聖書の主なる神との勝負が、おそらく、死ぬまで続くと思われたので。

 聖書の主なる神は、聖書によると、善悪知るの木を食べるなと、アダムに言った。私は、五十一歳七ヶ月強の現在も童貞なので、善悪知るの木を食べてはいない。一応、私の簡単な解釈を書いて置きます。自分の雌という存在を得ると、そこには、善悪が生じる。童貞には、善悪は無い。何故か?。自分の雌という利益が無いから。自分の雌という利益が無いから、悪事をしない。得る物が無いのに、悪事するわけない。これが童貞の立場。しかし、非童貞の場合には、自分の雌という利益が有る。だから、必ず、悪事をする。悪事をしない事は有り得ない。だから、国之常立神は、富士山の火口に飛び込んで、自殺した。これが、赤鬼の苦悩と。それで、英国女王は、無。全額、悪事を返金した国之常立神。無・中立の状態で、おそらく、永遠に、精進努力を続けている国之常立神・カシオペア座首星神界の大国常立大御神様。この地点で、雄の悪事は、無に帰する。

 この程度は、私の常識。

 だから、下の地位を続けている。これ、日本人の普通かな?。普通の日本人は、交尾しかしないから。雄・サタン・阿修羅をやらない。人間失格しない。妻の雄をやらないから、利益、何にも無い。これが、普通の日本人。

人格
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
人間関係と健康なパーソナリティ
 パーソナリティの概念規定は様々ありはするが、人間関係の問題にかかわる場面に限定するなら、実際的に活用できる概念規定としては「パーソナリティとは、人間に特徴的な行動と考えとを決定する精神身体的体系の力動的組織」とするゴードン・オルポートの定義であろう[2][3]。そしてさらに「性格、気質、興味、態度、価値観などを含む、個人の統合体である」としておくとよい[4]。

 マズローは、自己実現の原動力となる欲求として<生理的欲求・安全欲求・所属および愛情欲求・尊重欲求・自己実現欲求>を挙げた上で、左側の下位の欲求から上位の欲求へと満たしてゆき、最終的に高次の動機(メタモティベーション)に達するとした。つまり、下位の欲求から充足され最終的に最も高次の欲求に至る人が、より健康的なパーソナリティの人だ、としているわけである[5]。

 ゴードン・オールポートは健康なパーソナリティの規準として、次の6つを挙げた[6]。

1)  自己意識の拡大。自己自身だけに集中的に向けられていた関心が、家族・異性・趣味・政治・宗教・仕事へと広がり、これにどれだけ積極的に参加し、自己をどれだけ拡大してゆくか。いわば、他人の幸福を自分の幸福と同一視できるほど重要視し、拡大視できるか。
2) 他人との暖かい人間関係の確立。家族や友人に対して、どれほど深い愛情を伴う親密さと、全ての人の人間的状態に敬意を払い理解するという、共感性を持つことができるか。
3) 情緒的安定。欲求不満の状況でもそれを受容するとともに、これをどれほど適切冷静に処理し、安定した精神状態を保つことができるか。
4) 現実的知覚、技能および課題。歪曲されない正確な現実認識と、真実性への認知の構えをどれほどもっているか。基本的知的能力だけでは不十分で、むしろ高い知的能力をもちながら、情緒的均衡を欠くために、健康なパーソナリティとなれない人も多数存在する。
5) 自己客観化、洞察とユーモア。自分自身とは何か、自分自身が持っているものは何か、他人は自分が何を持っていると思っているのか、といったことを客観的に知り、洞察しているか。この洞察とユーモア感覚は強く関連している[7]。
6) 人生を統一する人生哲学。人生をいかに生きてゆくか、という目標への指向性をどれほど明確にもっているか。そして、人生に統一を与えてくれる哲学、すなわち価値への指向をどれだけもっているか。[8]
「人間関係」も参照

 ※これ、普通の人間の基本軸と。普通の人間は、この基本軸がブレない。この普通の基本軸を持てなかった方々は、成長過程に何らかの問題が有ったと。人間失格して、阿修羅・サタン・雄、天・エホバ・雌に成った理由が有ったと。両親の責任かな?。子の人格形成に対する。親子のカルマ・業。子を阿修羅・サタン・雄、天・エホバ・雌にした親には、何らかの人格上の問題点が有る。親子のカルマ・業と致して、括って置きます。

 市立中学校教諭は、勿論、集団活動に於いて、この欠点が露呈した生徒には、厳重に、指導をする。君の考え・思いは、許せないと。学級の生徒全員マイナス1対君の勝負だ。これが、市立中学校教諭の基本的な毎時間の生徒指導。ここを破られると、授業が成り立たないから。生徒とのラポール、信頼関係が破られてしまうから。



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.