634394 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

H5・平成5年度4967598圓。超宇宙の魂、超神霊教諭。

修行成果H20.5.20から2

 天命界に戻っていくだけしか、幸せの道は無いのです。隈本確氏を師として仰ぎ続ける事と、性エネルギー昇華の修行を致し続けて、物欲を越え続けていく事で、一本の救われの道を拓いていくのが私の天命と思っております。この世に幸せは無い。現実を見れば、即、認識できる事です。しかも、未来創造 徳間書店 によると、「十一 神界には「二千億年の神霊史は宇宙の中心部にある地球と生宮(※人間の事です)に厳しく背負わせる」という神規があるため、人間は神界戦争の型を地上で現出すべく無意識のうちに有史以来争い続け、地球は乱れに乱れ疲れ果て窒息寸前の状況へと追い込まれる。」とある。聖書の神の摂理どころではなかったのです。これ程、女の肉体に触れる事の支払いは高いのだという事です。以上、私の上司の方々に、謹んで、御報告致します。H20.6.3.火 15:53。

http://ameblo.jp/sunsuntaiyo/entry-10102708299.html
女装!たい陽子!!☆|杉浦太陽オフィシャルブログ『太陽のメッサ○○食べ太陽』 powered by Ameba

 確か、彼には娘=第一子がいたような。テレビで、さんま、キムタクの女装姿も見た事がある。さんまにも娘=第一子がいたような。

木村拓哉
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
2000年11月23日、工藤静香との婚約会見を行い、12月5日に結婚。
2001年5月1日、長女が誕生。美しい心に育つようにと願いを込めて『心美(ココミ)』と命名
2003年2月5日、次女が誕生。『光希(ミツキ)』と命名
2004年、映画『2046』でカンヌ国際映画祭に出席。この時、平服のスーツ姿で現れ、それまでの「男性はタキシードで出席する」という不文律を打ち破り、話題となった。

 私の現実感覚では、娘の父親の境地は、九次元大如来の境地である。絶対に有り得ないと思っていたその境地に致されて、私はその境地を得る為にどれだけの支払いを致さなければならないか解っていると。ちなみに、今はもっと上。娘が二人いる父親の境地に致されています。妹が再就職致させられて、(妹の長男は一浪で明大一年、長女は高三なのですが、もう働けと近くに住んでいる姑から、プレッシャーをかけられて、再就職致したのです。即ち、妹には、自分の地位が有ったという事です。夫の主任=エホバではなかったという事です。エホバだったら、姑に踏み返されないから。姑が背負わされていたので、背負わせ返したのだ。たとえ、軽であっても、自分用の車を持つという事はやってはいけなかったという事なのでしょう。バイクの地位で我慢致していなかったから、再就職致させられてしまったのでしょう。(妻は本来、就職など致す必要無いのです。夫に就職致したのであって、社会にまで就職致す必要無いのだ。非処女の女が就職致していて、いい事何にも無いから。汚され返すだけ。世の中の現状はこれ程、狂っているのです。))、姪にお金の地位が発生致しているので、私がそれを背負い返しているという事です。妹の再就職先の社長、慶大商学部卒であると。私と同じ。それで、母親に言われて、母親に、私のが購入致した大学の名簿全部(五冊くらいか?)、渡してあるのです。妹の仕事を背負っているのだ。妹は仕事致す必要無いから。社会=お金の担任致す必要無いのです。これは男の仕事なのだ。

 世の中、狂っている、悪業の塊、嘘誤魔化しで塗り固めている、だから、不倫・浮気を致しても生きていられると。神の世の中だったら、婚前セックス絶対にできないし、不倫・浮気も絶対にできないのです。やったら、死ぬしかないのだ。この程度の信頼関係が有るのが、最低限の世の中であると私は思っています。これ未満の世の中、狂っているのだ。悪業の塊なのだ。

 私は今、○○さんと一段の信頼関係をやっている。片っ端から、女を背負っていくしかできなくなっていたのが、何故か、彼女が私に信頼関係を支払い致したのだ。それで、彼女しか背負う必要が無くなったのだ。それで、彼女を背負っていると、彼女の目に男が出現致してくると。ほんのごく表面だけの信頼関係の地位しかやっていないのに。たったそれだけの信頼関係も背負っていない、支払いを致していないのだ。呆れて、呆れて、呆れてしまった。これが世の中の現状とはと。私は八次元如来の最上段階を越えている。即ち、完璧な夫婦の地位を得ている。そこまで信頼関係築き上げなければいけないと思っている。これは私の御仕事なのだ。

 娘を犯しているんじゃない、娘は君の妻ではない。娘の母親が君の妻なのだ。しっかりせい。

 世の中はサタンしかやらないと。へびしかやらないと。おそらく、女装の強制は致さなかった筈です。強制致されたのなら、仕事ですが、強制致されなければ、仕事ではないと。ここが神の摂理のポイントなのです。女装を強制致されたのであれば、君は、女装致してはいない。単なる仕事であると。その女装を見た者達がいる社会が、君の職場になっただけと。公的立場と。その社会の下の社会に君の現実が有るという事です。この地位が無くなってしまうと、24時間営業になってしまうと。出勤・退勤致す事ができなくなってしまうと。プライベート生活が無くなってしまうという事です。私の場合は、パソコンのスイッチを切れなくなってしまっている状態と。お金を持っていない状態という事です。仕事ができないと、この状態に致されてしまうのです。

 仕事の基本は、他の人の為に働く、貢献致すという事です。この仕事の最低限すらもやれないと、そう致されてしまうと。自分がお金に致されてしまうのです。権力者=物と。欲の塊と。

 話を戻します。強制致されないのに、自らの意思で女装を致したという事は、娘をやる事を選んだという事です。妻の夫をやる事を拒否致したという事です。世の中の極悪党の女達は全身真っ黒だから、それを勧めると。それしかできないのだ。彼女の本心は地獄の底に幽閉致されているのだから。彼女の魂は、その幽閉致されている地獄の底のお城の中で、「やっては駄目!」と絶叫致し続けているのです。これが妻の本心なのだ。当たり前の事です。この声が聞こえれば、君は夫をやれる。聞こえなければ、娘に堕ちると。こんなにも人類の現状は酷いのです。だから、妻の肉体に触れる事はできないと言い続けている。妻の魂は、英国女王と致して、地獄の底である英国のお城に幽閉致されているのです。これが人類の現状なのだ。

 妻は一言もしゃべれない。頑ななだけ。その妻にひたすら、働きかけて、愛し続けなければならないのだ。やがて、妻の目から、一筋の涙がこぼれるであろう。それが妻の答えなのだ。これが重複障害児の生徒へ仕事を致している特学の教員の仕事レベルなのだ。動物の心との交流の世界のレベルと。

 辻希美ちゃんと向かい合って欲しいと私は思っています。向かい合えば、本当の姿を見せてくるから。向かい合わなければ、嘘の姿を見せ続けるだけ。私はそれを偽りの幸福と呼ぶ。悪業がギラギラ致している幸福と。私は猛烈な地獄と感じるのに、世間は何故か、それを幸福と呼ぶ。悪業の上に乗っている幸福を、幸福と思っているのだ。???

 私の授業は、女装を致すなという授業ではない。これはイエス・キリストの授業なのだ。サタンを裁き返す授業なのだ。そうではなくて、私は強制致すのか、否かという授業を致しているのです。強制致されたのであれば、従うしかない、自分の徳の至らなさを受け容れるしかないという授業なのです。親神様の愛を信じ続ける、信じ通すという授業なのです。社会は狂っている、悪業の塊になっているから、人権侵害の女装すら強制致されるかもしれない。童貞だったら、受け容れる必要無い。黙って、飢え死に致していくだけと。光になっていくだけと。しかし、非童貞の場合、受け容れざるを得ないだろう。黙って、仕事に致すのだ。社会から消えるという事です。

 ここに自分の居場所は無かったと悟れと。世の中の現状はそれ程、悪化致しているのです。これが現実と。

 これが24時間営業を致させられている社長の境地だぞ。自分のプライベート生活を全部奪われてしまっているのだ。非童貞なのに、妻がいないと。24時間営業のお店の店主というのは、これ程、悲惨な仕事を致しているのです。

 私の言葉:神様に愛されないのに、天命を持たされないのに、自分で善事をやるな。やると、必ず、神様に犯されたと後で思って、世の中を犯しまくるので。魔界、魔神、破壊神をやりまくるので。全ての存在は絶対にバランスを取るのです。プラスマイナスゼロに致すのです。だから、神様に支払い致されない仕事、絶対に絶対に絶対に致すなと私は言い続けているのです。世の中に出世など無かった。降格処罰だけだった。だから、私は女の肉体に絶対に絶対に絶対に触れるなと言い続けているのです。上の地位、支払い致されていなかったので。世の中の現状、凄まじく、悪業の塊だったのです。茫然。唖然。

 いいか、よく聞け。世の中のやり方というものは、競争の勝利者にいい思いを致させて、もっと世の中の為に働けというやり方なのだ。スゲエ損。このやり方、私には耐え難いのです。あまりの馬鹿馬鹿しさにやらないと。この社会構造、酷すぎる。私は途中で潰れると思ったから、やらなかった。そして、やっぱり、文鮮明も潰れたと。韓国人のかたきになったと。世界を背負わせまくったから。オマエ、韓国の大統領やれと韓国の子供達は皆、思っていると思うよ。来世がもしあるのなら、韓国大統領以上の仕事をやらなければ許されないと。神への嫌がらせをやりまくったので、君はサタンであると。どう考えても、世の中の苦しみを増やしたのです。イージーに生きる事が一番の幸せなのだ。私はそう思っています。気楽に生きる事ができていれば、蟻んこさんも愛せる。それ程の心の余裕が持てると。空気さんにも感謝できると。日だまりでぬくぬく、幸せを感じられる生き様ができるのです。その状態だったら、誰も戦わない。のんびり、瞑想、思索、自然観賞できると。このくらい、贅沢に生きないと、哲学は生まれないのです。もっと贅沢の境地、女を楽しむ境地に生きないと、芸術など生まれないのです。もっともっともっと心が豊かな生活に成っていかなければならないと私は思っているのです。自分を楽しむのだ。赤ん坊のように。キャッキャッと。悠久の時を生きると。文明の栄枯盛衰に思いを馳せて。これでようやく、詩が書ける。星々に思いを馳せる境地はもっともっともっと上の境地だぞ。これ程の心のゆとりが雄大な心を得る為には必要なのです。もっともっともっと自分を楽しもうよ。

 世の中の現状は、夫の現実である第一子である長男を犯しまくっている妻しかいなかったのだ。凄まじく、夫婦関係悪かったのです。ルーシェルよ、そんなにアダムが憎いか。でも、私を犠牲に致せて、嬉しかったであろう。よかったね。

 でも、神の子に、女の肉体は関係無いのです。君のものだから、君の自由にし続ければいいのだ。私はこう思っています。君と肉体関係を持つ前のエヴァしか、私は背負わない。君のものになった以後のエヴァは君のものだから。私はこう、現実を認識致しています。神様、関係無かったんだね。君を阻止致さなかったのだから。エヴァは神の娘では無かったのです。娘が犯されるのを阻止致さない親などいるわけないから。神様はエヴァを自分の娘とは思っていなかったと。そういう現実認識を今、得たので、全人類に、謹んで、御報告致します。H20.6.4.水 13:57。

 普通の人間は、「へび」をやらないのです。「へび」は上に上げておくと。宇宙が全て救われるまで、地獄にいるしかないのが、へび、ルーシェルと。人間は、へび、ルーシェルは背負わないのだ。悔い改めるのです。神に「御詫び」を致し続けるのです。

 私の法施1:婚前セックスを致した者は皆、サタン。自分の両親=神の現実を犯しているから。即ち、両親が生きている間に、両親に御詫び致して、返済致さないと、永遠の後悔になるであろう。墓の御前、位牌の御前で、御詫び致しても、現実の返済はできないから。以上、全人類に、謹んで、御報告致します。H20.6.5.木 16:26。

 それから、結婚後も少なくても一年に一度は、両親と連絡を取った方がいい(電話を致すとか、手紙を出すとか、メールを出すとか等)と私は思います。国家の会計年度に合わせて。国家予算が国会で決定致された後、即、連絡を取るべきだと。両親の現実が、自分にとっての国家予算だから。これ、お金の基本事項と。

 あと、子がいるのであれば、娘であれば、妻が母親に、息子であれば、夫が父親に、母の日、父の日に、何か食べ物を贈るべきであると思います。親の地位が有るので。子がいなければ、親の地位が無いので、食べ物を贈る必要は無いと。人生の地位が無いので。(子を授かるまで、食べ物は無い。餌しか無いのだ。それが、人生をやっていない世界体制下でセックスを致した報いです。お金しか稼げないのだから、たとえ、結婚後でも、セックスを致す事はできないのです。だから、セックスを致すと、動物界の存在に堕ちる。ソフトバンクのCMのように、父親が犬に堕ちる。この世界体制の現状で、セックスを致すという事はそういう事なのです。だから、犬以下の存在に堕ちたくないのであれば、童貞・処女でい続けるしかないのです。人間である私には、サタン=へび=ルーシェルは点に見える。無限小の存在に見える。全体、全部である自分から、1個の存在に堕ちてしまう。これ程の支払いを、個性完成を致す前に、セックスを致すとさせられてしまうのだ。勿論、それでもやりたかったから、セックスを致したのであろうと思われますが。私はイヤなのだ。全てを失ってしまう事やるわけないのだ。それでもやりたい、「好きだ。」というのが恋愛感情なのです。これが天使長の長の立場から、最奥の地獄に堕ちてしまったルーシェルのエヴァへの恋心なのだ。この失敗を皆、背負わされてしまうと。越えられるか、越えられないかという事なのだ。これが神=親との信頼関係が有るか、無いかという事なのです。これが天使長の立場に在る者達の蕩減と。私はアダムの立場に在った。二歳弱年下の妹を背負っていたから。そして、19歳の時に、統一原理を伝道致されて、研修会で、イエス・キリストの悲しみの心情を知った。彼は失敗致していたのだ。だから、私はイエス・キリストが背負っていた過去の偉人聖人聖徒らの生き様も背負っているのである。神の摂理の為に犠牲になっていった方々の思いも背負い続けているのである。これが私。これが人間なのだ。人間は世の悲しみと結合致して生きている。これが人間界なのです。人間には情が有るのです。私はこの情が無い者達は駄目だと思っている。終わっていると思っている。「すれっからし」になってしまっていると。もう駄目なのだ。言う事を全く聞かなくなってしまっているから。信頼関係をやる事ができなくなってしまっている者達と。一杯愛を注いであげて、ようやく、魂が涙涙の状態にまで回復致す。もう涙も枯れ果てている存在なのだ。中野美奈子ちゃんと。中川翔子ちゃんは涙涙の状態だったのが、今は、ようやく、涙が止まっているのです。即ち、中野さんの方がもっと酷い状態なのです。私にはこう感じられているのです。勿論、本人の「わがまま」です。「わがまま」に育てられたから、そういう状態になっているのです。世間知らずと。徳を積まない限り、誰も相手にしないのです。世の中、もっと下の地位をやっている事に気づくまで。皆、もっと苦労致しているのだ。ここに気がつくと、人間界が開けてくる。世間と繋がっていくようになれると。)

すれからし【擦れ枯らし・擦枯し】
底辺の生活で社会の裏面を知り過ぎたりして、昔の純真さをすっかり失った状態(にある人)。すれっからし。
Shin Meikai Kokugo Dictionary, 5th edition (C) Sanseido Co., Ltd. 1972,1974,1981,1989,1997

【世間知らず】
実社会の事情に暗い△こと(人)。世間見ず。
Shin Meikai Kokugo Dictionary, 5th edition (C) Sanseido Co., Ltd. 1972,1974,1981,1989,1997

世間知らず a person who does not know [has not seen] much of the world; a person who is inexperienced in [《形式》 ignorant of] the ways of the world; a naive person
文例
彼女はまったく世間知らずだ. She knows nothing about the world. / She’s quite naive.
New College Japanese-English Dictionary, 4th edition (C) Kenkyusha Ltd. 1933,1995,1998

すれからし【擦れ枯らし・擦枯し】
底辺の生活で社会の裏面を知り過ぎたりして、昔の純真さをすっかり失った状態(にある人)。すれっからし。
Shin Meikai Kokugo Dictionary, 5th edition (C) Sanseido Co., Ltd. 1972,1974,1981,1989,1997

【世間知らず】
実社会の事情に暗い△こと(人)。世間見ず。
Shin Meikai Kokugo Dictionary, 5th edition (C) Sanseido Co., Ltd. 1972,1974,1981,1989,1997

世間知らず a person who does not know [has not seen] much of the world; a person who is inexperienced in [《形式》 ignorant of] the ways of the world; a naive person
文例
彼女はまったく世間知らずだ. She knows nothing about the world. / She’s quite naive.
New College Japanese-English Dictionary, 4th edition (C) Kenkyusha Ltd. 1933,1995,1998

すれからし【擦れ枯らし・擦枯し】
底辺の生活で社会の裏面を知り過ぎたりして、昔の純真さをすっかり失った状態(にある人)。すれっからし。
Shin Meikai Kokugo Dictionary, 5th edition (C) Sanseido Co., Ltd. 1972,1974,1981,1989,1997

【世間知らず】
実社会の事情に暗い△こと(人)。世間見ず。
Shin Meikai Kokugo Dictionary, 5th edition (C) Sanseido Co., Ltd. 1972,1974,1981,1989,1997

世間知らず a person who does not know [has not seen] much of the world; a person who is inexperienced in [《形式》 ignorant of] the ways of the world; a naive person
文例
彼女はまったく世間知らずだ. She knows nothing about the world. / She’s quite naive.
New College Japanese-English Dictionary, 4th edition (C) Kenkyusha Ltd. 1933,1995,1998

 婚前セックスを致してしまった者達は、両親に御詫びを致して、神に条件を立てない限り、サタンの支配下から、脱出致す事はできない。1ミクロンでも悔い改めようと致した瞬間に、猛烈にサタンが襲ってくるという事です。だから、サタンしかやっていないと。悪意しかやっていないと。善意など全くやっていないのです。これがサタンと。この現実を私の上司である全ての人類に、謹んで、御報告致します。H20.6.6.金 11:33。

 お金を1円以上遣えば、貴方も社会の一員、空気を一息でも吸えば、生き物の一員。

 世界の現実を無視して、自分達だけという幸福、できるわけない、これ、教養と。
 お金=落書きをしてあげて、生徒様が支払いを致してあげている、最低レベルの教員。
 動物=生体ロボットだけの世界ではつまらないと感じている存在がいるのです。

 エリート高校の生徒養成を任されていたのだから、底辺高校の教師に嫌みを言われてもひたすら背負い続けていなければならなかったのに、逆の事を致した夜回り先生も最低・最悪なヤツだが、ごくせんも最低と。一番下に踏んづけておかなければならないのに、テレビドラマで、取り上げるとはと。何て情けないヤツらなのかと。全部、マイナス。悪事。サタン行為。最低でもハピイエンド。感動を与えられるドラマに致さなければ、かかったコスト出ないと。神様は、びた一文払って下さらないと。どんどん、社会的地位を堕とされていくだけと。大サービスまで、致せてしまいました。メール返信、本当に本当に有難うございました。

 だから、私は、裁き返さない。現世界体制の物達よ、馬車馬の如く、働いて、償いを致せ、返済を致せと私は思い続けているから。世の悲しみと結合致し続けて。これが私の境地なのです。

 私は柱と成る事だけをやっている。それだけしかできないから。世間の私への評価は、統合失調症に致されて、クビに致されて、精神障害者2級&障害年金暮らしに致されている存在であるのですが、私の能力は、そんな扱いを致される程、低くは無いと私は思っています。世間の現状の方が、レベルが低過ぎると私は感じているのです。信頼関係をやらな過ぎているのだ。統一致している自我を保てていないのだ。私はそう感じているのです。自分に責任を持てていないと。信頼できない、信用できない物達であると。すぐ裏切る、反旗を翻す存在という事です。これは下っ端の存在という事です。レベル1の存在は、レベル2の摂理に反旗を翻す。レベル5の存在は、レベル6の摂理に反旗を翻す。今までの自分との信頼関係パーに致すのだ。こういう生き方を致している者達が、下っ端の存在という事です。やり直すと、ゼロからだから。自己崩壊と。君はパソコンではないのに、リセットボタンを押しているのだ。或いは、再起動を致しているのだ。即ち、自分が、自分の現実よりも下にいるのだ。自己確立ができていないという事です。欲が深いという事です。

 いいか、自分という存在は、本体が有って、インプット(入力)とアウトプット(出力)とを続けている存在なのだ。これが本来の姿なのだ。この本体部分を持っていない存在が下っ端という事です。対話どころか、会話もできない存在という事です。会話ではなくて、命令になってしまう存在なのだ。人間ではないと、人間の地位を持っていない存在であるという事です。だから、私が必要なのです。最低限の存在と致して、精進努力致し続ける私がいる事が人類にとって必要なのです。これをマスター(導師)の御仕事と私は感じています。

 ここまで書いて、女を背負うという修行を致している現実に到達致しました。猛烈に眠い。一人を背負うのがやっとと。それすらもできなくて、殆ど、寝てしまうのだ。女を愛する、し○精致さないで、女の肉体に触れて、背負うという事を致し続ける事が必要であると思われます。女を食べるという霊界を創って、女を背負い続ける事から、始めると。女が食事を作ってくれるのであれば、作ってくれた食事を食べると。肉体に触れる事を許してくれるのであれば、肉体に触れる、肉体を食べるという事です。(今霊界から言われましたが、夫が息子なので、母親である自分が食べさせられているという現実が出現致したそうです。自分の下の地位である男の子を犯したな。女の側から見ると、そういう悪事も有ったとは。唖然。)

私は男と女、二人で一つの存在と思っている、自分だから、自分と同じように大切に致す。

私は自分の生活費、生存費用を払って下さる人生の地位を得る為に、毎日、仕事を致し続けている。

対話どころか、会話もできない存在、命令になってしまう存在は人間未満の存在。

魂が天命を全う致す為にやっているという喜びを感じていない事は、やると損致す。

 I=主体的な自分を得るという事が一番大切な事であると私は思います:

 エゴ=自分という状態に堕ちている物達がいるという事を認識致しました。エゴに支配致されてしまっていると。私の状態は、エゴは全く無視致されていると。エゴではなくて、原理原則でしか、行動できない状態になっているようです。例えば、6月1日より販売開始のオリジン弁当の3本のせ海老天重¥590もまだ食べる事ができていないと。9日発売開始のうな重¥790円も昨日、買えなかったと。物々交換すらもやれないのです。物々交換というのは、徳を減らすという事です。自分の食欲を満たすというのは、物々交換です。自分が積んだ徳を、味覚の喜びと引き換えに致す行為です。これは実は悪業なのです。動物のオスが動物のメスに転生致して、動物のメスが肉体障害者(=他の肉体に傷害を与える物、一般的には犯罪者と言っている、しかし、私は性別変更の次の段階と見ている、自分とは逆の性の地位も得られなくなると、暴力行為をやり始めると見ているのです、暴力を与える事によって得られる地位を得る事でしか生きている実感を得る事ができなくなるとこれを致すようになるのです、おそらく、レスリング、柔道、空手、ボクシング、その他のスポーツ等を致す事によって、合法的に昇華致すべきであると私は思っているのです、ジムでの肉体鍛錬もOKと)に転生致していくというように、徳を遣っていくだけの存在もいるという事です。しかし、市立中学校の教諭をクビに致された童貞の私には、勿論、どうにもできない。彼らに支払いを致させる事ができないので、彼らを背負う事ができないのです。子を与えられていれば、子育ての為に彼らを背負う事ができるのですが。(自分の子の現実に致す事ができるという事です。) しかし、神様はそれすらもやるなと私をクビに致したのだ。先輩教諭方の子育ての協力担任すらやるなと。先輩教諭方が神様に1円も支払い致さなかったから。

 考え方の基本は、自分=Iが最初にいなければならない。次に、肉体という身体を神様から貸して頂いているという事です。同時に借金=エゴも持たされていると。だから、私はオカマ、オナベを許さないのです。逆の性のエゴを持たされているという借金を返済致さないから。これが私の男女対等の考え方なのです。Iに男女の区別は無いと。魂は対等なのであるという事です。これが尊厳なのだ。だから、私は女を踏まない。女ではなくて、もう一人の自分と思っているから。人は男性性・女性性、両方持っているのです。私は男と女、二人で一つの存在と思っているのです。自分だから、自分と同じように大切に致すに決まっているのだ。

 秋葉原7人殺害10人重軽傷害者について

 一言で言うと、権力者に犯されたから、犯し返したという事であると私は思った。へびに犯されたから、へびを犯し返したと。犯し返された方の権利は保障されない世の中の仕組みだから、天皇は内閣総理大臣の物しかやっていない社会体制だから、犯し返される側の事は社会構造上は無関係であると。日本国も権力社会なのです。この社会体制に反抗、抵抗致す場合は自己責任と思われます。紋切り型の社会構造なのです。これは聖書の主なる神様がへびと人類始祖エヴァと人類始祖アダムとにやったと、聖書に書かれている通りの現実であると思われます。聖書の主なる神様は権力者なのであるという事が認識致されました。

 あと、私は「通り魔」という言葉を遣う物達との信頼関係を切ります。今、切りました。勿論、単に私は背負わないというだけの事です。私は通り魔だとは思っていないから。彼も一人の人間であると思っているのです。考えたのですが、彼はへび、ルーシェルと同じ考え方を致しているのではないかと。平等の考え方を致しているのではないかと。この考え方を致している物達が魔界、魔神の存在なのではないかと思いました。平等社会の実現の為に戦っている方々であると。私はこの考え方を致さないので、この生き様、背負わない。肉体的平等ではなくて、魂の尊厳、内的自由、精神的対等だけでいいと思っているのです。

 世の中には、能力の差が厳然と致してあるから、私は能力の差に応じた待遇しか絶対に得られないと思うのです。平等を主張致すと、自分の能力をその平等を主張致した相手と同レベルまで上げなければならなくなると。私はこれをやりたくない。そこまでやりたくない。聖書の主なる神は、へび&エヴァ&アダムが堕落致すのを黙って見ていた。そして堕落後、詰問致して、裁いた。即ち、上の存在ではないという事です。自分の責任と思っていないのだから。だから、私も、上の存在は致さない。聖書の主なる神が、神様に成るまで、縁の下の力持ちを致させて頂き続けさせて頂くと。これ以上やっても、聖書の主なる神が、支払い致して下さらないから。支払い致されない事をやるのは無理なのです。空虚感を背負わされてしまうから。

 例えるならば、これはリーダーと庶民との乖離であると。庶民の為に成っていないリーダーなど、自己満足だけの存在と。裸の王様と。A首相のように、何も飲食物を摂れなくなって、死ぬ寸前まで追いつめられて、辞職致させられてしまう運命に致させられてしまうという事です。御客様である国民をナメていたから、自分の飲食物を支払い致して下さる御客様が一人もいなくなってしまったのでした。

 私は自分の生活費、生存費用を払って下さる人生の地位を得る為に、毎日、仕事を致し続けているのです。

 私はM市の教諭ではないし、F市の教諭でもありません。M市orF市の民間人ですらありません。もっと下の地位なのです。おそらく、市の教諭の地位は支払い致されない、市の民間人の地位しか支払い致されていない教諭の孫、子孫の地位と。この程度が私の御仕事なのです。息子の地位が支払い致されていれば、クビには致されなかったから。童貞の教諭をここまで扱き使っている日本国であるのです。これ程の権力社会なのであるという現実認識を私に貸しが有る全ての方々に、謹んで、御報告致します。致しました。社会人、これ程、苦労致しているという事です。H20.6.10.火 3:30。

 根本的な現実認識:

 ば○春婦という現在の日本国に於いては非合法的である職業には、(私は現実主義なので、国家が黙認致しているので、彼女達がやっている事も職業と致して受け止める、彼女達も自分が稼いだお金を遣って、文化文明上の地位を得ているのであるから、これ、職業人の基本、御客様は神様なのです、ば○春婦お断りの文書を掲げる勇気など、私には無いから、背負い続けるしかないと思っているのです、勿論、私には女との信頼関係など無いので、私の肉体で直接、背負う必要は無いのですが、間接的には背負い続けているという事です、YSさんが負けている方々は背負わざるを得ないという事です、これは私のレベルの問題なのです、私の現実が一人、女の方々の中に必ず、いるのです、その方を背負い続けるしかないのです、これが世の中なのだ、私には過去、数回のキス、おっぱいへの接触を成した女の方が一人、あと、おっぱいへの直接接触一回、服の上からの接触一回を成した女の方が一人、あと、もしかしたら、これも責任を取らされているかもしれないので、記載致すと、確か、ダンスホール1周位、チークダンスを踊った女の方が一人いると、このチークダンスを踊った事のカルマ返しは有ったので。乙女への恋心よりも、お姉さんタイプの方とチークダンスを踊りたいという肉欲に負けてしまって、パーに致してしまった恋心は、同じタイプである乙女(前世の不犯の妻と感じていた方)が研究授業を致した後の反省会で、チークタイムが有って、彼女がかなりお年を召された男の方とチークダンスを踊るのを見させられたという報いで返ってきたと。その時の彼女の目を憶えているのです、同じくかなり年上の男の教諭の方とチークダンスを踊っていた別の若い女の教諭の方からは「しかたないじゃない。」という心の声が聞こえたと。(それが世の中と。) 統合失調症になる前から、テレパシー能力は有った事を認識致しました。私には、到底無理だった。特学の教諭の世界、反省会にチークタイムが有ったのです。熱海?であった親睦会、私は1次会で失礼致したのですが、2次会で女装の出し物をやったそうなのです。臨任だったから関係無かったと。物凄い支払いをさせられているのだ。○チローも大リーグで女装を致させられてしまったと。これが世の中の現状なのだ、処罰されまくっているという事です、非童貞の方が公的な場で女装致させられてしまうという事は、女に転生致させられてしまうという事です、退勤致す方法が無いと、勿論、全て、自分が悪いのですが、非童貞なのだから、夫婦をやっていなければならないのです、夫婦の地位を死ぬまで全う致す、走り抜けるか、女に転生致させられてしまうか、どちらかしか、無いのです、これ程、真剣真剣真剣真剣に生き続けなければならないのが、非童貞の立場なのです、童貞の者と比べると、凄まじく上の地位が支払い致されているから、童貞の私は生徒一人も支払い致されないで、統合失調症に致されて、ボロボロの状態で、クビに致されたのだから、これ程、世の中の扱いが異なっているのです)、中途半端ですが、ここまでに致します。ここまでに致した御神業を私に貸しが有る全ての方々に、謹んで、御報告致します。H20.6.10.火 11:51。致しました。

http://ameblo.jp/descendant369/entry-10104258277.html
動物霊
 あなたに入り込んで、無意識に争いや暴言を言わせるのが動物霊です。自分が神の使いだとか、無意識に言わせられているんですね。勿論本人にはわかりません。本当の神は人間など見向きもしません。人間にとっての蟻の存在のようなもの。あなたの神は人間が勝手に造り上げた模造物ですね。かわいそうに!
おばかさん 2008-06-10 14:40:51

最高の御指導への深謝
 貴重なコメント、大変、有難うございます。人間にとっての蟻という事は、遥か、遥か、遥か、下にいるという事ですね。納得致しました。(しかし、私は、そんな上の神、殆ど関係無いと思っています。私が求めている神というのは、人類の親神様だから。私の両親と成って、私を育み続けて下さっている親神様の摂理を私は致し続けているだけなのです。ちっぽけな神様でいいのです。1ミクロンの神様でいいのです。動物界・植物界・鉱物界・大気界の下の地位をやると言い続けているのです。天使・妖精・?・?の下の地位を。天使長の長ルーシェルと、人間界のトップが繋がっていると感じているのですが、私は人間界をどんどん、下に下がっていくという事をやっているのです。私はどの職場でも一番下の地位の者に神様が下りていると思っているのです。スーパーマーケットであるヤオハンのカートの整理を致している高齢の小父さんと境地が交流致した時に、私は現実の神様を感じたのです。これが私の求めている神様だと。そういうさり気ない生き様が私の好みなのです。(私の非常に非常に非常に深い意識の声:でも、地球よ、月よ、太陽よ、銀河よ、宇宙よ、星々よ、…、この世界が君達が本当に創りたかった世界なのではないか。私はそう思っているよ。) 私は信頼関係の世界、愛し続ける世界を、勝ち抜いていく世界よりも、幸せな世界であると感じるのです。おばか様様様様様様…様、御導き、大変有難うございます。真底より、感謝致します。
超神霊01・02・03 2008-06-11 01:20:13

 急遽、挿入。今、NEWS23を見終えて、ゼロを見たら、非常に幼い女の子の波動が出ていたので、慌てて、チャンネルを変えました。それで、女の肉質についての神の摂理、御神業が発生致したので、急遽、挿入致します。今、日本国は猛烈に堕落しまくっている。だから、皆、社会的人生の地位など持っていない。個人の人生の地位しか持っていないのです。だから、マイナスの女の肉体は要らないのだ。業を消す女の子の肉体は要らないのです。人生の地位を稼がなければいけない状態だから。女の子に犯されないように、気を付けなければいけないという事です。これをやられてしまうと、社会的地位が急落致してしまうから。真っ逆様に堕とされてしまうという事です。例えるならば、内閣総理大臣が生まれたばかりの赤ちゃんの女の子の地位に堕とされてしまうという事です。これ程、大損害、大被害を被ってしまうのです。これ程、女の子は怖いのです。基本的に、自分より下の地位の女の肉体に触れてはいけないのです。私の場合で言えば、そういう波動が出ているテレビ番組を見てはいけないのです。社会的地位を猛烈に犯されてしまうから。テレビ番組を見るという現実の為に、どれだけの人、物、お金がかかっているのかという事です。それだけの社会的地位がテレビを見るという現実の為にかかっているのです。だから、自分の社会的地位と物々交換に見合うテレビ番組しか、見ると、大損害、大被害になってしまうのです。だから、隠身の神が存在致すのです。私は核、エキス、凝縮、精髄と感じます。この精神的果実を得ない肉体行は損と。例えるならば、我慢致し続けて、信頼関係を稼ぐという事です。社会的信用を得るという事です。私はこの基準で夫婦歴、職歴を見る。この者はどれだけ信用できるのかという事は、それで判断できる。これが私が考える男女交際なのです。男女交際というのは、肉体的触れ合いの事ではないのです。肉体的触れ合いは猛烈に高価なのだ。高過ぎるのです。結婚前に肉体的触れ合いは一切致さないという事は当然ですが、結婚後も限界まで、我慢致す、これが私が考える理想の結婚生活なのです。肉体的触れ合いの支払いを致すのは大損害、大被害なだけだから。安っぽすぎるのだ。天皇家は、内閣総理大臣の物しかやらないで我慢致し続けている。だから、夫婦関係も物の支払いだけで、我慢致さないと、大損害、大被害を被るだけなのだ。世の中には、何日も家に帰れない立場で働かさせられている方々も一杯いるではないか。家に帰れた時、妻の姿を一目見られた事だけで満足致して、再び、仕事に戻っていくと。これ位、男は下の地位にい続けなければならないのだ。この気持ち、心構えで生き続けていれば、もっと妻が自分を愛して下さった時に、たとえようもない喜びを感じられるのです。欲が深すぎるから、不幸感覚が増すのです。私はそう思っています。勿論、妻との信頼関係をここまでやるから、喜びも至上のものとなるのです。各港毎にセッ○スフレンドを持っていたら、この喜び、味わえないと。喜びは質が量を遥かに凌駕致すのです。勿論、妻子の肉体=魂との信頼関係なのです。自我との信頼関係ではありません。皆、個性完成への途上にあるのです。信頼関係やれるわけないのだ。肉体=魂との信頼関係を致させ続けさせて頂く事しかできるわけないのです。これが大人の世界。大人は肉体の事を考え続けてあげているのです。自我はエゴの塊と。自分の欲の事だけしか考えてはいないのです。これが男の世界。女を愛し育み続けている世界なのだ。これを達成できると、女の下の地位に成れる。父親の境地を得られる。自分がその女の下着・服・靴・装飾品・口紅・その他の化粧品・整髪費用・肉体費等の支払いを神様に致してあげている地位に成れる。

 私の県立高校2校目のアルバイト、上司のまだ若い、新採用か数年目と思われる女の教諭、何と、アフリカ旅行へ行って、私にも、水牛?の木の彫り物を土産に下さった。物凄い支払いを致したと。市立中学校4・5年目位の時に一緒にカナダ人のAETのアパートに通った2年目位の女の英語科教諭も特学の教諭である姉と英国旅行へ行ったと。私よりも遥かに高い現実意識と。現実の人生の地位を生きる為には、現実の人生の地位の支払いを致さなければならないのです。私は聖職の地位を生きていたので、現実の人生の地位の支払い、要らなかったのですが。私には26歳の時に、既に、女が一人もいなくなっていたのです。皆、サタンと。堕落エヴァと。堕落エヴァと結婚致すわけないのだ。堕落エヴァ復帰の摂理などできるわけないのだ。やらされていたら、全人類をぶっ殺してしまっていると。これ程、絶対にできないのです。私が思っている事は、人類の最終未来に、神の子である1カップルの夫婦が達成できればいいと。これ以上の支払いをさせられてなるものかという事です。残りの人類は皆、そのカップル誕生の為に働くだけという事です。これ以上やれないと。それ程、無理なのです。

 地球上の万物皆が、神様に真底から感謝致している、生きる事の喜びを味わっている世界、そう簡単にはできない。その万物皆を自分の肉体の現実と致しているのが、万物の霊長である夫婦なのです。全人類、全動物、全植物、全鉱物、全大気を自分達夫婦の肉体の対象存在と致して愛しているのが、人類の最終カップルである夫婦と。これ程、心身共に満たされている夫婦の地位なのだ。これをやらされるわけには絶対にいかない、できるわけない、言う事を聞くわけがないと思ったのです。当たり前の事なのです。だから、私はそれを実現致す為の1ミクロンの仕事を致させて頂くだけと思っているのです。しかーーーーし、私はその核の霊界、徳は得ていくのです。そこまでの仕事は致していくのです。これが私の天命。私の志は、霊的意志はこれ位、有るのです。神の世界を生きている者達は皆、これ位の大志を生き続けているのです。これが神格、真核と。意志の塊と。

☆親神様の光が君にも注がれている筈、君の中のサタンが改心できるのか否かという瞬間☆

 意味が無い事=生き甲斐が支払い致されない事を致すな:

 TK容疑者(25)が「生きていたくないのに、死ねないから、しかたなく生きている。」という趣旨の事をインターネットの掲示板に書き込んでいたそうです。生きていたくないのならば、食べる量を減らすべきだと私は思いました。食べ物の内容も、栄養摂取を第一目的と致した物に変えるべきであると。それでも、日本国の現状は、無味のカロリーメイトのような物はまだ出ていない。ブラックコーヒーは出ているのに。ブラックの食べ物の需要はまだ無いようです。君には、五体満足の身体と、一流高校卒&自動車短大卒の学歴と、5つ?の職場での職歴と、身体健全の両親・弟・祖母・伯父等が与えられている。これが日本国民と致しての君のメリットであると。国家は義務教育と致して中卒までの学歴しか国民には与えていないのである。海外の人類に目を向けてみれば、もっと酷い経歴しか持ってない者達は山程いる。ソフトバンクのCMを見れば解るように、犬をやっているお父さんもいる。犬だよ。犬をやっているという事は、人間と致しての経歴を全く持っていないという事である。万物復帰を全くやれていないという事である。神様への信仰心ゼロという事なのだ。しかも、最近、猫のCMも登場致したと。猫しかやっていない物達がいるという事である。人間の言葉ではなくて、犬語・猫語を話しているという事なのだ。

 この事を解説致すと、人間というのは、人の間と書く。人の文字も二人が支え合って存在しているという意味だそうです。即ち、ソフトバンクのCMのお父さんは、犬と支え合って存在しているという事なのです。私の言葉で言えば、犬を自分の現実=体と致して存在致しているという事なのです。本来は、妻が自分の現実、体になっていなければならないのですが。昔は、これが当たり前だった。職場の上司は、妻の現実だった。だから、夫は妻に仕事の成果を報告する為に、妻の肉体に触れるという事を毎晩、致したのでした。これが普通の夫婦関係だったのです。本来の夫婦の姿なのです。

 もう一つ解説致します。仕事を致すという事は一段、人生の地位を支払い致すという事なのです。だから、お父さんの現実は人間なのですが、CMに出ているお父さんはその体である犬なのです。これが仕事を致すという事なのです。犬のお父さんが、人間のお父さんから、仕事を致すエネルギーを得て、仕事を致しているのです。即ち、人間のお父さんは、犬に落ちていく事によって、仕事のエネルギーを得て、その分、お金を稼いでいると。物理的に言えば、人間の位置エネルギーを犬の位置エネルギーに下げる事によって、仕事を致す運動エネルギーを得ているのです。だから、私は自分の利益を得る為に働くな、為に働けと言い続けているのです。昔の考え方は、御給料は生活費だった。仕事の対価ではなかった。それが本来の仕事に対する考え方なのです。

 ここまでに成した御神業を私に貸しが有る全ての方々に、謹んで、御報告致します。H20.6.13.金 2:54。致しました。

神の天意 人間の愛とは ー夫婦愛と青い性ー 山本天聖著 リブロ社発行 星雲社発売 定価1000円 よりの引用

置き換えセックス、妻の場合
妻:(○○さんの主人を思い浮かべて) ○○さんの主人としているわ アア~。いいわ~、私を抱いてくれている。愛しているわ

妻の心の浮気相手:愛してやる、どうだ、わしのものはいいだろう。

見ている悪霊:もっと愛してもらえ、おまえの恋人だ

夫:夫は魂で分かるので、妻がいやになる

 だから、セックス非常に難しい、困難であると言っているのです。信頼関係が無いセックス、やらない方がマシと。世の中の現実はこれ程、過酷なのです。自分を知れと。女の本心を知れと。妻の本心と向かい合えと。これが非常に厳しい現実なのです。だから、女の目を見続けていろと言い続けているのです。

 TK容疑者(25)君へ2

 要するに、君はあまりにも自分中心、自分勝手な思いしか抱いていなかったので、重度身体障害者の業を、校長に背負わされてしまったという事です。エゴの塊、身勝手な存在だったのです。世間は、世の中の悪業を背負って、犯罪を為してしまった君を初めて、背負ったと。それまでは、背負わなかったと。ひたすら、君を犯し続けた。君に世の中を背負わせ続けたという事です。これが世の中の仕組みなのです。徳を積まない者達には、次から次へと悪業を背負わせ続けると。支払いを致させ続けると。これが世の中であるという事です。この世の中の理を、私に貸しが有る全ての方々に、謹んで、御報告致します。H20.6.14.土 3:55。致しました。

 聖書の主なる神は、三大天使長の長ルーシェルと人類始祖エヴァが堕落致すのを黙って見ていた。そして、堕落人類始祖エヴァと人類始祖アダムとが堕落致すのを黙って見ていた。そして、その後、三者を詰問致して、裁いたと。このココロは、今まで注いだ愛情が全部、ひっくり返って、憎しみの権化となっていたという事なのでしょう。冷酷な、冷厳な気持ちになって、三者を裁いた、永遠に近い間の呪いをかけたのだ。

 一杯愛していたから、下した罰も大きかったのだ。愛していなかったら、背負っていなかったら、裁く事などできるわけないから。これが世の中なのだぞ。だから、副担任行為、自分勝手な行為は絶対に致してはならぬと言い続けているのです。全部、逆になって、自分に跳ね返ってくるから。

 ついに、原罪蕩減の摂理を致す事ができました。私に貸しが有る全ての方々に、謹んで、御報告致します。H20.6.14.土 4:09。致しました。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.