000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

H5・平成5年度4967598圓。超宇宙の魂、超神霊教諭。

修行成果H20.5.20から4

 生きていくという事は世の中の担任を致し続けるという事:

 母親が私に外食を禁じた。そして、先程は買い物までやめさせようと致したのだ。私は両親を背負わされ続けている。非常な非常な非常な孝行息子をやり続けている。もう考えられない位、有り得ない位の孝行息子をやっているのに。さらに調子に乗って、買い物までするなと言ってきたのだ。要するに、「死ね」と言ってきたのだ。一方的に、自分達を童貞の孝行息子に背負わせる事しかやってきていないのに、ついに「死ね」と。自分達の為に「死ね」と言ってきたのだ。私は唖然と致した。こんな馬鹿な親だったとは。

 世の中の担任を致し続けるしか生きていく方法が無い。私が買い物を致して、世の中を背負っているから、我が家も徳を得て、生きていく事ができているのに。世の中の担任を持ちたくないから、買い物を致すなと。勿論、これをやらされたら、私は両親が私に背負わせている食事を食べる事ができなくなる。もう死ぬしかなくなるのだ。これをやれと馬鹿な親は言ってきたのだ。こんなに腐り切っていたとは。世の中の担任を致さなければ、両親を背負う方法が無くなる事すら解っていないのだ。馬鹿野郎。甘ったれるのもいいかげんにせい。

 世の中、気が狂う程の悪党ばっかりだった。コイツらは、神の子の道をひたすら歩み続けている私を犯しまくり、統合失調症に致して、クビに致した。それどころか、辞職後も次から次へと悪事を働きまくっていた。世の中を壊しまくった。そして、壊し尽くした。そして、今度は私に「死ね」と言ってきた。この事を全存在界の全存在方に謹んで、御報告致します。H20.7.26.土 18:45。謹んで、致させて頂きました。

 私は世の中のこの現状を知っていたから、最低限の生活しかやってきていない。26歳の時の一人の女との数回のキス、おっぱいへの接触=母親への現実支払い、もう一人の女のおっぱいへの直接接触1回(見てはいない)、服の上からの間接接触1回=妹への現実支払い、これだけの人生の地位で、ずっと、生きてきた。だから、統合失調症に致されてしまったのでしょう。そして、一週間位前に、ついに、その支払いが完了致した。娘もいなくなった。息子だけになった。(彼女が失敗したので、女は26歳の時からいなかったのです。) へびはこれ程、執念深かった。たったあれだけの人生の地位の支払いに、46歳3ヶ月強になるまで、かかったのです。これ程、人生の地位の支払いは高いのです。この事を全存在界の全存在方に謹んで、御報告致します。H20.7.26.土 18:57。謹んで、致させて頂きました。

 世の中、へびに奧の奧の奧の地位を支配致されている女ばっかりなのだ。だから、女の復帰は絶対にできない。童貞の教諭である私が1学年も支払い致されないで、統合失調症に致されて、クビに致された。即ち、夫との信頼関係をやっている妻は一人もいなかったのだ。これが人類の現状。この事を全存在界の全存在方に謹んで、御報告致します。H20.7.26.土 19:01。謹んで、致させて頂きました。

 生きていく事は、母親&妹との真剣勝負なのだ。姉は弟に自分を背負わせているので、関係無い。妹しか関係無い。姉は弟の男なので。女ではありません。勝負パンティをおそらく、皆、やられるのではないかという気が致します。それで、負けてしまって、婚前セックスを致してしまったら、アウトと。必死に求婚致すしかなくなると。勿論、断られたら、それで、いいのです。それで完了と。あとは独身生活を致し続けるだけでいいと。彼女の下の地位を致し続けるだけでいいという事です。人生の担任は一人だけだから。人類始祖夫婦と致して完成致すまで、ずっと担任を持たされ続けるのだから。

 私は勝負パンティの試練に勝利致した。ところが、彼女が堕落アダムの試練に負けてしまった。その後、悪魔化致した彼女の目をまだ憶えています。その時、私の女は一人もいなくなった。こんな駄目な地球人類の神、信じられなかったのですが、まあ、この程度かと。だから、地球人類の現状、こんなに非道いのであろうと。こんなヤツが地球人類の神なのだ。

 それでラーマクリシュナの時の女師匠との摂理は終わってしまったのですが、エマソンの時の召使いの方との摂理=娘の摂理をずっと続けていて、一週間程前にそれも完了致したのでした。

 文鮮明がやった事は、サタン復帰の摂理と。女復帰の摂理と。だから、40億円のヘリを購入致して、乗っていたのです。おそらく、女とセックスを致せば致す程、お金持ちに成れると。それも悪業の深い悪魔の女とセックスを致せば致す程、お金持ちに成れると思われます。金持ちの女の肉体、凄まじい。ウェーと。その人生の地位をやるのだから、当然、お金持ちに成れるのです、おそらく。私と真逆の世界と。御魂が傷付いて、ボロボロになってしまうので、私は絶対にやらない摂理なのです。感性ボロボロだから、信者達の犠牲の上に乗って、40億円のヘリを購入致せて、乗っている事ができたと。普通の感性だったら、他人の犠牲の上に乗れない。超むかつく。魂にヘドロを浴びせられたという感覚だから。私の場合、バンバンバンと弾き返してしまうと。むかつく。むかつく。むかつく。非常にむかつく。信者の悪業のゴミ箱生活、超むかつく。セックスを致していない私は、このゴミ箱生活絶対にできないのです。女にしかできない地獄生活と。

 私は市立中学校教諭の超超超安月給生活ですら、非常に苦しかった。神社=娘の祈祷を必要としまくった。お金の担任は非常に苦しいのです。私の御給料1円に対して、おそらく1千兆円以上働いたという気が致します。これ程、世の中、悪業の塊なのです。私は日本国首相の御給料が、日本国内の御給料の基準であると以前書いた。日本国民である社会人は、少なくても、これ以上の生き様を致し続けていなければならないのであるという事です。当然の事です。君は、日本国首相を立派な人であると思っているか。思っていないのであれば、当然、それ以上の生き様を致していなければいけないと思うであろう。そういう事です。この事を全存在界の全存在方に謹んで、御報告致します。H20.7.26.土 19:53。謹んで、致させて頂きました。

 あまりにも極悪党ばっかりやっている者達よ、オマエらの現実が無であると言い続けるのなら、今すぐ死ね。無というのはそういう事だろ。言っている事が解ったのなら、もう二度と無であると言うな。全魔神達よ、現実支払いを致さない思いを抱いている者達に、その思いの責任を取らせろ。これは職務命令である。私の上司と致しての権限が有る分、直ちに実行致せ。H20.7.27.日 3:04。私からの職務命令。

http://news.ameba.jp/entertainment/2008/07/16049.html
森山直太朗の新曲『生きてることが辛いなら』歌詞に賛否 7月25日 10時00分
この記事へのコメント
296.名前:超神霊 :7月27日3時28分
 人間には死ぬ自由が有るという事であると思われます。死ぬ自由が無ければ、生きる自由も無いのだから。生きていたいから生きる。生きていたくないのなら、生きている必要無い。当たり前の事です。
 しかし、私の個人的コメントと致しては、限界まで生き抜いた方が得であると。おそらく、たった一回限りの生なのだから。私は最期の一呼吸を致す事にすら、超莫大・超膨大な価値を感じます。これ程、生きるという事は尊い事であると私は思っています。単なる独り言ですが。すみません。忘れて下さい。貴方の生きる自由に干渉致してしまいました。深謝致します。本当に申し訳ありませんでした。

http://plaza.rakuten.co.jp/sakurasaku1111/diary/200807260001/
親がやさしいと子供は親に頼りますね。厳しく接している親には信者はそのような事は致しません。舐められたら終わりって事です。条件を立てさせるなどと称して、着物や宝石を買わせたりします。

多くの時間をカルト問題に費やさねばならぬ現状を見ると、親も可哀相ですわ。自分の子供が不当な寄付を募ったり占いと称して金品を巻き上げているのではないかと親は心配しているのです。

話しても信仰は捨てないしね。文はメシアだと言うし。その裏で人様に迷惑をかけているのではないかと親は心配をしなくてはならない。韓国人には分からないでしょう。日本の親の気持ちが。 何せ日本では迷惑ばかりかける団体なのですから。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 私の感覚で言うと、闘いであったという事です。そして、結果と致しては、文鮮明はメシアをやらなかったという事です。そこまで貫き通す信仰心が無かったという事です。だから、長男を奪われ、次は、ヘリの故障という現実になっていると思われます。

 あと、子供にナメられる親というのは、子供よりも自分中心、自分勝手な生き様を刻んでいたという事です。普通の親は怖い。何故か。子の為に自分が犠牲になっているから。自分の為に犠牲にしている親は、子にとって非常に怖い存在なのです。これが、普通の親子関係です。親に条件を立てさせる為に、着物や宝石を買わせるだと? こんな駄目親、死ね。殺しました。オマエは切った。子に借りが有る親など許すわけには絶対にいかないので。全存在界の全存在方に謹んで、御報告致します。H20.7.28.月 0:22。謹んで、致させて頂きました。

 次、「そらがすき」さんの母親のように、自分達をサタンと言った子は切れ。永遠に二度と復活致さない親子関係と。当たり前の事です。信頼関係、二度目など絶対に無いのだから。これが親の愛なのだ。絶対に子を下の存在になど致さないのだ。永遠に上に上げ続けておくと。これが私の気持ちであり、おそらく、神の気持ちも一緒であると思われます。世の中をナメるんじゃない。

 こんなレベルは、日本人の普通の親のレベルなのです。私は普通の事しか言わない。普通の努力しか、したくないから。即ち、普通の親の子は、統一協会になど捕られないという事です。統一協会という魔の働きが、日本国民を試練致して、背負ってあげたという事なのです。全存在界の全存在方に謹んで、御報告致します。H20.7.28.月 0:38。謹んで、致させて頂きました。

 隈本確氏によると、神は地獄界ー地下神界への道も、創造の最初から用意致していた:

 私の基本的な考えは、自己判断・自己選択・自己責任である。これが神のお考えであると思っているから。即ち、相手がどういう判断・選択を為すか、現実に成るまで、常に分からないという事です。相手には、相手の事情が有るのだから、相手によっては、数億年の地獄での苦しみを経て、地下神界の存在と成る道を選ぶ事も有るであろうという事です。私には、この道は絶望の道と感じられます。他との関係に完全に絶望致してしまった方々が歩まれている道と。信頼関係がマイナスになっている方々と。もっと言えば、先に美味しい思いを致してしまって、神に負債が有る方々と。この方々が、この、神への負債を踏み倒す為に歩んでいる道が、この地獄の道と。「まあ、それもいいだろう。しかし、踏み倒す事はできない。」 私の個人的意見と致しては、この世の負債をあの世で返すと超莫大・超膨大に損を致すから、その道は絶対に致さない方がいいのですが、彼らはそう思っていないと。あの世で負債を返済致す方が楽であると思っているから、そういう選択を致しているのだから。

 この者達には、おそらく、社会的地位の差というものが身体で解っていないのだ。私の世界が、私の実力が全く見えていないのだ。仏教を最初から、学んだ方がいい方々と。理論を学べと言っているのではないのです。仏教の世界の在家信者の生き様と、出家信者の生き様の違いを感じろと言っているのです。仏教では、在家信者を六道の存在、出家信者を四道(声聞・縁覚・菩薩・仏)の存在と言っています。私は後者を阿羅漢・菩薩・如来・大如来と言っています。阿羅漢にも声聞・縁覚・菩薩・仏の4種類の境地があると。同様に菩薩、如来、大如来にも4種類の境地があると感じているから。

 何を言っているのかというと、仏教の世界は、意識の個人的世界だけを扱っているのに対して、阿羅漢・菩薩・如来・大如来の世界は、実践によって得た境涯の世界なのであると言っているのです。円満な心境である仏の意識も、実践によって、阿羅漢・菩薩・如来・大如来の境涯に分かれていくのです。阿羅漢の世界は、皆共存の世界、菩薩の世界は他者を優先致す世界、如来の世界は自他一如の世界、大如来の世界は娘の父親の世界と。子がいる世界が大如来の世界なのです。即ち、大如来の世界は、創造主の世界と。被造物がいる世界なのです。

 不倫は社会、両親を犯す行為である、だから、社会、両親との信頼関係を無くす:

 他人の家族の信頼関係を破壊致して、君は幸せか、自分の妻、夫、子を裏切って、君は幸せか、それを地獄の快楽、堕ちていく喜び、サタンの世界と言うのではないか。

フィリピン人による福音書 http://www4.ocn.ne.jp/~vine7/essay/philippines.html に対する私のコメント:

 一言で言うと、表面的な解決にしかならないという事です。私の考えを述べさせて下さい。「過去に傷ついたこと」、何故、傷付いたか。それはおそらく、貴方の能力が低かったから。即ち、自分が納得できる能力を身に付けるまで、本心から納得は致せないという事です。「卑屈な心」、これも同様です。劣等感と。「恨み」、これはサタンの思いだと思われるのですが、私には甘えと感じられます。神を下に引きずり降ろそうと致している思いと。これは神側が圧倒的な実力の差で、こてんぱんに潰して、吹き飛ばしてあげるしかないと思っています。おそらく、サタンは神が何もしない事に苛立っているのであるから。サタンには神の御心、神の摂理が解っていないのです。全ての代表をやっている神は、全体の総意の下でしか動けないのです。これが私のアベル、イエス・キリストへの批判と。全体のリーダーをやらなければ、神は受け入れるわけにはいかないのに、アベル、イエス・キリストにはこれが解らなかったのです。これが兄であるカインと、弟であったアベルとの心境の差と。アベルは狡い事をやる。兄が背負わされているものを弟は背負わされてはいない。これだけの器の差が有るのです。神=親から見れば、この現実が見える。弟の位置から見ているだけではおそらく、永遠にこの事は理解されないでしょう。「怒り」というのは、理不尽な事を致されると生じるように思われます。

りふじん【理不尽】
 万人が納得する論拠をもって説得するのではなく、強い実力をちらつかせながら半ば脅迫的に自分の方の一方的主張を通そうとする様子。
 用例・作例
軍事大国の―な要求
―な処遇
Shin Meikai Kokugo Dictionary, 5th edition (C) Sanseido Co., Ltd. 1972,1974,1981,1989,1997

 しかし、世の中には、弱肉強食という摂理も有るのでしょう。私は食物連鎖の摂理と言っています。即ち、美味しい弱者は、強者に食べられてしまうという事です。イエス・キリストよ、この事を悟れ。私には君の摂理は、弱体化、女化致させ続けている摂理と感じられています。本来の神の摂理は、逞しく成れ! 雄々しく成れ!という摂理であると私は思うのです。ゼウスのように。しかし、雄が雄々しく成ると、雌も雄々しく成る。だから、愛人を一杯抱えるわけにはいかないと。ハーレムを創るわけにはいかないと。これ位、野性的に成れ!という事です。これがおそらく、神の最終的な摂理であると私には思われるのです。今日、私は、鮫のビデオを借りなかった。まだ無理と思ったから。しかし、鮫さんにも鮫さんの天命が有るのです。だから、やがては、鮫をやる事も必要であると。私の中に鮫を吸収しなければならないのです。鮫をやって、尚かつ、身体障害者にされない生き様を致す必要が有るという事です。鮫をやっているリーダーの言う事しか聞かないサタンもいるので。

 以上のように、全てに神の御心が有るのです。だから、全てを肯定致す事が正しいと私は思っています。このように、先は非常に永いのです。文鮮明に、イエス・キリストは馬鹿に致されていると。サタンはイエス・キリストに屈服致さなかったから。私はイエスは男の道、男の責任から逃げたと感じられています。駄目エホバは、そのイエスの甘えを受け入れてしまったさらに駄目雌と感じられています。イエスの最期の言葉を聞くと、馬鹿じゃないのかと感じる。誰の為にもなっていないから。闘え、闘え、闘い続けろ。この思いが無かったから、弟子達も逆さ十字架にかかるしかなかったと。信者達も一杯、無意味に殺されたと。悪と闘って組織の99人が殺されても、最後に1人勝利できれば、全員が霊的には酬われる。これが一緒に生きている、一緒に闘っているという事なのです。だから、軍人は戦場に出陣できる。決して、無駄死には致させないぞと責任を取ってくれる者がいるから。これが人間界と。人間の連帯と。

 私は神が私にやった極悪事に対して怒ってはいない。私の能力を継げる者がいれば。もし、いなければ、地球人類の神を殺すと言い続けています。テメエがやった事は、テメエが責任を絶対に取らなければならないと。この最低限の事もやらなかったら、絶対に絶対に絶対に絶対に許さないと言い続けているのです。私はここまで下の生き方を致しています、万物の為に。

 私とイエス・キリストとはこれ位、違いが有るのです。全く無関係と。あまりの違いに呆然と致させられているだけなのです。根本的にやり直した方がいいと感じています。紙のように薄いLOVEの想念の霊界に、いつまで、満足致しているのかと。

 以上、単なる意見です。全部、忘れて下さい。

 イエスには、二人のセックスを致した女がいたと聞かされています。勿論、12弟子もいた。何故、自分の女達も、弟子達も愛さなかったのか。私には疑問と。私には、神の御心は、自分の現実の人生を先ず愛せと。そして、その愛を広げられるのであれば、他者に対しても広げていけと。しかし、人類の現状は、自分の妻を愛する事すらできていないと。だから、先ず、妻を愛する事、妻を復帰致す事から、非童貞の者達は始めなければいけないと。私はこう思い続けているのです。これが本当のLOVEと。私はそう思っています。

 五千億光年宇宙の始まりから、終わりまでの全宇宙史を生きる:

 地球上に於いては、単細胞植物の創造から、人類の最終未来までの全地球史を生きる。創造主と共に生きる。これが今の私の思いです。全存在界の全存在方に、謹んで、御報告致します。H20.8.4.月 15:30。謹んで、致させて頂けました。神様、有難うございます。

 社会人、職業人と致しての最低限の基本的な心構え:

 神の地球人類動物植物鉱物大気会社の社員と致して、神の子方に、食品の提供というサービスを致させて頂いて、仕事にさせて頂いているという基本的な心構えが無いから、神の部下と致しての仕事が成立致していないと。もっとレベルを下げて言えば、日本国の職業人と致して仕事を致させて頂いていないと。憲法に国民主権と書かれており、天皇はその国民の象徴と致されていると。即ち、日本国民全員が、自分達が運営致している日本国の社会人、職業人と致して、ある職業のパートを担当致させて頂いているのであるという社会人、職業人の基本的な心構えすら、持てていないのだ。とんでもないのだ。日本国社会の最低限の信頼関係すら裏切っていて。この日本国社会の社会人、職業人と致しての最低限の基本的な心構えを、謹んで、全存在界の全存在方に、御報告致します。H20.8.12.火 2:06。謹んで、致させて頂きました。こんな事は、中卒で社会人に成る子供達、生徒方に与える成人へのイニシエーションと。先輩の社会人と致して、当然の事と。日本国全体に通用致す信用貨幣を得る為に働くのであるから、当然の事と。さらに、この日本国の信用貨幣には、国際的な信用も有る。他国の通貨と等価価値の交換ができると。日本国民と致しての質的価値が有ると私は思う。複数の発展途上国に行けば、その国の王様の生活が体験できてしまうから。人間には徳の差、運命の差、宿命の差が有るようであると。確かに人間性の差は有ると。これは前世霊の差によるものなのかもしれません。明らかに素質の差が有ると。

 人間意識&人間界:

 人間意識というのは、全人類と共に生きているという意識です。人類始祖から、最終の人、ラストマンまでの全ての人間と一緒に生きているという意識です。これが人間界。この意識で生きている者達が人間と。当たり前の事なのですが、再確認致しておきます。謹んで、全存在界の全存在方に、御報告致します。H20.8.12.火 2:39。謹んで、致させて頂きました。

http://plaza.rakuten.co.jp/sakurasaku1111/diary/200808080000/
Re:答えはあるのか(08/08) トノ01さん
 私は民主的な選択によって選ばれた複数の選択肢が、その代表致している人数の割合によって、選択為された結果を受けて、全ての選択を代表致して、一番上の方が、政治を為されるというのが一番善いのではないかと思っています。即ち、一番上の方は、全員の下の地位を為されなければいけないと。それをやれる程の愛の有る方が、人類の代表と致して相応しいと。自分を踏んで利益を得ているモノの為に心から働くわけない。自分の為に生きて下さっているからこそ、その方に御返しをしなければいけないと思わされて、自ら、その方の為に働くのではないかと。真理は、生き様、実践によって、体現致されなければいけないと思います。言っている内容ではなくて、何をしているのかによって、判断致せば、大体、間違いが無いのではないかと。コメント欄が開かれていたので、繋がりを創る為にコメント致させて頂きました。私は人類は過去を背負って生きていくしかできないと思っています。今の人類の現実を生きていくしかできないと。これが私の答えです。文鮮明の今までの全生き様が、彼と。統一原理に書いてある完成人類始祖アダムを0.0…01%も体現できていないように私には見えます。これからもブログの更新、よろしくお願いします。
(2008年08月13日 10時20分28秒)

全ての者達が真底幸せになるまで、完全に幸せにはなれない、喪失感の教え

 この神の喪失感を埋める為に、生まれさせられてしまうカルマも有るのです。私の一生はこのカルマとの闘いだけでした。神との闘いと。神に情を持たされないように生きるのだ。

 私の考え001:

 基本的に、私は女体の摂理は致してはいません。重すぎるから。それだけで一生が終わってしまうから。最終エヴァの女体を開発致し尽くす事だけしか、やる意味無い、正当な酬いが支払い致されない、これが神が私を置いた状況なのです。神は私をそこまで犯し尽くしたのだ。よくもやったりと。勿論、ここまで私にやったのだから、それだけの説得力の有る御仕事を致して頂かなければ絶対に許さないという強い、強い、強い、非常に強い金剛力の魂が、私の中に、発生致しているのです。私は世の不正を絶対に許さないのだ。(即ち、私は世の中に不正は無いと思っているという事です。不正を発見致したら即、御仕事を致させて頂くから。現状では、私は世の中に不正を発見致していません。全て、正当な酬い・報いで運営致されていると思っています。不当だと思っている方々は、欲が深すぎる、自分中心過ぎると私は感じているという事です。この点に関しては、私は非常に細心なのです。常に自分をチェック致し続けているという事です。世界人類皆、私の鏡なのです。私の如来界、自他一如の世界、一人の女の方とのキスの世界、もうこのレベルまで行っているという事です。私はここまで基礎づくりをやる人間なのです。)

※アストラル界=感情界、メンタル界=具体的な思考の世界、コーザル界=抽象的な思考の世界、ブッディ界=心情界、他の存在の気持ちの世界と共感致す世界、アートマー界=霊的意志の世界、創造界、思想の波動を自らの生き様で発し続けている世界、アーディー界(アディ界)=神即我の世界、この世を創造致し続けている創造主の意識と自らの意識が一体化致し始めている世界、自分一人だけを創造致し続けている神我は一人分の神意識。私はこのように、この世界を捉えています。衛星意識、惑星意識から、恒星意識、銀河意識、宇宙意識、…と、その者の器によって、どんどん拡大致していく世界。

女への転生をやった極悪党のオスの教諭どもは、ついに、娘も犯し尽くした

 女への転生をやって、人類を犯しまくっていた極悪党の教諭どもは、平成12年10月頃に、私を統合失調症に致した。そして、その悪事を私は上司の人類方に、ホームページを作って、報告致し続けたのですが、神奈川県藤沢市教委の職員は、この私の報告を妄想と決めつけ、平成15年6月23日(月)から療休に入れた。そして、平成18年8月31日付で辞職致させた。平成18年7月12日の神奈川県精神保健福祉センターの桑原寛医師と、平成18年7月19日の神奈川県立精神医療センターの木村逸雄医師の、休職期間満了日である平成18年9月27日までに復職致す事は不可能であるという健康診断書によって、平成18年8月31日付けでの辞職を余儀なくされた。女への転生をやっていた極悪党のオスの教諭ども、及び、校長、及び、市教委の職員、及び、県教委の職員は、童貞の教諭である私に1学年も支払い致さないで、私の現実を犯し尽くし、精神疾患(統合失調症)に致した。これが権力者どもが、三浦市民及び藤沢市民に対してやった事なのである。三浦市民&藤沢市民の息子を犯し尽くして、女にしてしまったのだ。しかし、これを上記の医師どもは、妄想と決めつけたのです。

 何故、この文書をUP致して、人類に公開致しているのかというと、人生というのは、普通の人類は皆、やっている事だからです。女への転生をやっているオス、そのオスの部下をやって、男を犯している悪女以外、皆、人生の事は理解致している筈だからです。あまりにも基本的な事なので、市教委の職員、県教委の職員、医師どもが理解できない筈が無かったと私は思っています。当然、理解できていて、尚かつ、人生を潰す事を選んだ、極悪党のサタンをやる事を選んだと思われているのです。

 その後も、この極悪党どもは悔い改める事が無く、ついに、今日(平成20年8月25日(月))、娘まで犯し尽くしてしまった。これはどういう事かというと、子がいる親の方々を、親でなくしてしまったという事なのです。親達から、親の地位を奪ってしまったという事なのです。公務員もサービス業ではないのか。民間人に、親の地位を創り続けるという事が市立中学校運営の目的なのではないのか。私はそう思っているから、こうやって、この情報を公開致しているのです。(勿論、三浦市民及び藤沢市民の方々が、「いいや、我々は子育てなどやっていなかったから当然の報いであるのだから、一切気にしなくていいよ。」と言われるのであれば、この報告は完了致します。)

 私には、この上司の教諭ども、市教委の職員、県教委の職員がやった事が信じられないのです。御客様=市民・県民の為に働くのではなくて、自分の現実利益を創り続ける為に、御客様方を犯し続けているのに、どうして御給料を頂けているのか、??? 誰が御給料を払っているのか。(今、霊界から教えられましたが、書くのはやめます。現実確認がまだできていないので。本当にセ○クスの担任を持たされているのか、確認できてから、書きます。本当に支払いを致しているのか、確認できてからでないと、責任持てないので。)

 天命界の親神様に、謹んで、私の上司方が私にやった全ての事を御報告致します。H20.8.25.月 12:50。謹んで、御報告致させて、頂きました。

 カインがいなくなってしまったので、エヴァの摂理になりました。生きている間に、極悪党どもが最終エヴァの支払いができるか、できなくて、最終責任を取らされるのかという状態になりました。

 「君達の好きにしたらいいよ。私は何の得もしないのだから。」

http://plaza.rakuten.co.jp/aiyogafuku/diary/200808280001/
Re:「いただきます」研究会(08/28) トノ01さん
 このブログの内容と波長が合うので、コメント書き込み致させて頂きました。つけ加えると、太陽・月・地球の創造、大気・鉱物・植物・動物・人間の創造、その全太陽史、全月史、全地球史、全大気史、全鉱物史、全植物史、全動物史、全人類史の昇華されたエキス、精髄を全て、味わって、享受致され尽くす為に、我々は、食事を頂いているのであると私は思っております。万物に深謝致します。有難うございます。
(2008年08月30日 04時01分29秒)

http://ameblo.jp/descendant369/entry-10132567185.html
コメント返答

神の子にできる事は自分なりのベストを尽くす事だけ

 神(かみ)は、上(かみ)であるから、自分の都合を、下々の者に押しつけて、背負わせまくる。この現実はどうしようもないと私は思っています。世の中はそんなものだったから。新採用の者に、一番嫌な仕事を与えてくると。一番嫌な仕事だけれども、一番低能力でもできる仕事と。さらに、2年目はもっと悲劇、…というように、毎年、毎年、消化致さなければならない仕事は増えていった。私の世の中に対するイメージ、印象はこれです。「嫌なら死ね」という扱いを致され続けているだけが人生と。勿論、失敗したら、もっと過酷な運命に墜とされる。これが世の中なのです。お金を稼ぐという事は、そういう事なのでしょう。動物達は、次の瞬間には、捕食されてしまうという、一瞬の気の緩みが即、死に繋がる生をやらされている。人間も似たようなものであったと。だから、自分なりに精一杯努力を致し続けて、それでも殺されてしまったらしかたないと。だから、今を最高最大最深に大切に致し続けて生き続けていくしかないと私は思っています。
 神も一方的に踏みまくっているだけだから、一言も偉そうな事を言えるわけない。関係無い。私の気合いは日々増し続けていて、次から次へと神を越え続けています。これが私の世界です。1ミクロンでも参考に成れれば、大変、嬉しいです。
超超超超人類・超超超人類・超超人類・超人類369 2008-08-31 22:02:01

女は一切踏んではならない、背負うだけ、女のきめ細やかな肉体は、男を育てる為に有る

 女というのは、学級の生徒のようなものであると私は思っています。学級の生徒というのは、自分の鏡の存在である。客観的に見た自分の姿をやり続けている存在なのである。外側から見た自分の姿が、学級の生徒である。だから、その姿を見て、客観的な自分を知り、自分の向上に役立てるのである。私は平成15年6月20日(金)までしか、この修業をやる事が許されなかった。26歳の時に、女の失敗により、私は永遠に自分の女がいなくなった。娘以下の存在しかいなくなった。何て駄目な地球人類の神であると思わされたのでしたが、事態はもっと酷かった。41歳にして、私は日本国すら越えさせられてしまったのだ。こいつら、世界摂理をやらなければならないという自覚すら無かった。市教委・県教委の職員であるという事は、親をやる事が仕事である。天皇家をやる事が仕事である。市立中の校長は、首相をやる事が仕事である。首相とは、学区の人類全員の一番下の地位を致させ続けさせて頂くのだという事である。毎朝、起きたら、学区の人類全員に頭を下げて、今日もよろしく御願い致しますと言って、その日を始め続けるのが最低限なのだ。だから、校長室に写真が飾られているのだ。ゆくゆくは、学区の全家庭に、その写真が飾られるべきなのである。最低限、これを目標と致して、仕事を致させ続けさせて頂かなければならなかったのだ。これが私如きにすらもキャッチできている神の意識と。これが神の世界なのだ。裁かれまくってしまう世界。
 女というのは、妻というのは、外側から見た自分を知り続ける、即ち、自分をフィードバックし続ける為に存在致していると私は考える。その程度の存在なのだ。女には男の役割全くできない。これが男女の役割の違いなのだ。

 このレベル以上が、霊界修業なのだ。自分の内的世界を磨き続ける、創り続けるのが霊界修業なのだ。その為に、この世の現実、物質界を創造致したのだ。物質界から学び続けよ。女の肉体から、学び続けよ。もっと上の修業と致しては、女よりもさらにきめ細やかな肉体を持つ子の肉体から、学び続けるという修業が用意致されている。もっと上の修業と致しては、孫の肉体から、学び続けるという修業も用意致されているのである。しかーし、こんな修業は大した事ではない。たかが2段の修業ではないか。平社員ー係長(父母)ー課長(祖父母)の修業と。組織の一員と致しての修業は、もっともっと過酷なのである。

 米国大統領の予備選での演説、素晴らしいと私は思う。説得力が有るから。そういうビッグな人生を生きる修業も用意致されているのである。生きるという事は、何と素晴らしい事なのかと私は思うのである。


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.