647487 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

H5・平成5年度4967598圓。超宇宙の魂、超神霊教諭。

信仰のベーシック


 信仰のベーシック

 撤退

てったい【撤退】
 ―する
陣地などを取り払って退去すること。
Shin Meikai Kokugo Dictionary, 5th edition (C) Sanseido Co., Ltd. 1972,1974,1981,1989,1997

てったい【撤退】
《形式》 (a) withdrawal; (an) evacuation; (a) pullout
句例
撤退する withdraw 《from》; evacuate (a place); pull [get] out 《of》.
文例
そのアメリカ企業は日本市場から撤退した. The American company withdrew from the Japanese market.
撤退命令 an evacuation order.
New College Japanese-English Dictionary, 4th edition (C) Kenkyusha Ltd. 1933,1995,1998

てっしゅう(テッシウ)【撤収】
 ―する
1 取り去ってしまいこむこと。
2 「退却」の意の えんきょく表現。
Shin Meikai Kokugo Dictionary, 5th edition (C) Sanseido Co., Ltd. 1972,1974,1981,1989,1997

てっしゅう【撤収】
《形式》 (a) withdrawal; 《形式》 removal
句例
撤収する withdraw 《from》; remove 《from》; pull 《troops》 out of (a region)
キャンプを撤収する strike camp
軍隊を撤収する withdraw (the [one’s]) troops.
New College Japanese-English Dictionary, 4th edition (C) Kenkyusha Ltd. 1933,1995,1998

 一方的な損になったから、め○○○○○○から撤退しました。「双方向の関係」でなくなったと。「一方的に背負わされる関係」になったと。この「一方的に背負わされる」事を、私は「犯される」と言っている事を認識しました。

 解った事は、デビルマンは、息子(神の子)である私よりも上の存在ですが、娘(ルーシェル)よりも下の存在であるという事です。デビルマンは、大魔王に化身した。即ち、自分の利益をやっていたという事です。自分の利益をやっていたから、それを奪われた事によって、大魔王に化身した。絶望して、全てを破壊した。これがデビルマンです。YSもやはり、私の言う事など全く聞かなかった。バツだった。バツだから、現実支払いを全くしなかった。しかし、自分の利益が再び、支払いされていた。なのに、その自分の利益に対して、現実支払いを全くしなかったので、私が撤退せざるを得なくなってしまったと。頭が固すぎたと。

 サタン・自分優先をやった者は、必ず、犯し返されて、自分が他から奪ったように、他から奪い返されて、絶望する。これがサタンの辿る道。サタンは、これを繰り返し続ける。サタン・自分優先をやっても無駄であると悟れるまで。YSは非処女なので、悟れるまでと書きました。覚れるまでとは書きませんでした。どういう意味かというと、自分が有るので、自覚は無理という事です。経験によって、悟るしかないという事です。今、経験と書きました。どういう意味かというと、体験は無駄という事です。何度も、何度も、何度も、同様の体験を繰り返し続けて、全く悟らないのが凡人。そして、体験から経験に上がっていくのが、魂が有る人。

 魂が無い者達は、何度も、何度も、何度も、同様の体験を繰り返し続けるだけの動物。私は、乱数と言っています。動物は乱数だから。動物には、魂が無いので、私の言う事など全く聞かない。乱数表現・乱数行動をし続けているだけのルーティーン生体ロボット。動物は、人の言う事など全く聞かないのです。魂が無いから。こちらを見ていないので、「いない存在」なのです。乱数生体ロボット。何も学ばない存在と。

 これ程、婚前セックスをしてしまったという事は、重いのです。自分優先の利益・サタンの利益が支払いされ続けるから。だから、なかなか、悟れない。勿論、覚りなど絶対に有り得ない。覚りは神の世界だから。だから、婚前セックスをしてしまった者達は、仏界修行から、やらなければ駄目なのでしょう。仏界修行とは、一言で言えば、他者優先を致し続けるという事です。他者優先を致し続けて、自分優先のサタン性を削り続けていくという事です。これを布施の心の実践とも言います。例えば、食事の後、テーブルを拭くというのも、布施の実践です。ウエイター・ウエイトレスが拭くのですが、自分も、拭くという布施をするという事です。その布施によって、ウエイター・ウエイトレスに仕事をされている自分を自覚できるから。世の中、タダ(無料)のものは何も無いと自覚できるから。やがて、私と同じ境地、創造主が創造して下さったから、万物が存在できているのだという境地に到れると。だから、全てが有料であるという意識に到れると。

 この境地に到れると、次は、その創造主の御心に適う生き様を致し続けるという存在に成れます。神の摂理を意識できる生き様に成れます。ここまで到達できて、ようやく、神の摂理を生きる人に成れるのです。これが信仰のベーシックです。

 以上、全存在界の全存在方に、謹んで、御報告致します。西暦2010年・皇紀2670年・平成22年7月9日(金) 12:46。童貞の元K県立Y高等学校臨時理科実習助手&元K県立A高等学校臨時理科実習助手&元K県立Hろう学校臨時高等部英語科教諭&元N国K県M市立K中学校英語科教諭&元N国K県F市立T中学校英語科教諭&元N国K県F市立F中学校英語科教諭。



Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.