061684 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

断捨離すれば 自宅がパワースポット

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >

手打ち蕎麦・うどん

2007.01.04
XML
正月、ダラダラとテレビを見るのにも飽きたので、
マカロニを手打ちしてみました。

マカロニ大

強力粉200g
玉子 2個
塩  少々

を混ぜ合わせてこねて、麺棒で極薄に伸ばします。

それを、縦横5cmくらいの正方形に切り分けて、

軸が丸い箸に巻きつけて、グリグリ押し付けると、マカロニの形になります。

大昔のイタリアでは、マカロニをこうやって作っていたらしいです。






Last updated  2007.01.04 10:19:15
コメント(0) | コメントを書く


2005.08.01
夏は蕎麦!
良い粉が手に入ったので、前から一度チャレンジしたかった
茶そばを手打ちしました。
 抹茶をそば粉に混ぜ、練るときには水の代りに熱いお茶を使用。
かなり細く打てました。
 念願がかなったので満足です。

茶ソバ

 茹でる前は結構緑色の蕎麦なのですが、茹でてしまうと普通の茶色に
なってしまいました。
 でも、冷やしてツルツルとすすったら、かなり美味しかったです。






Last updated  2005.08.01 21:15:37
コメント(0) | コメントを書く
2005.02.11
高級な強力粉を使っても、なかなかコシのあるラーメンが打てないので、いろいろ調べました。

手打ち中華麺専用粉ってのを、楽天で見つけましたが、
1kgあたり700円くらいします。
小麦粉の世界では、高級品でも1kg300円くらいじゃないでしょうか?

2倍の値段で迷ってしまいましたが、一度は試そうということで注文しました。

手打ち中華麺専用粉3kg


 ラーメン手打ち・・・・一度はやってみたい方は
手打ち中華麺専用粉 を覗いてみてください。






Last updated  2005.02.11 12:38:31
コメント(0) | コメントを書く
2005.01.31
いっぺんに2人前しか打てない、ミニ手打ちの道具が有るんです。この道具の購入方法は、次回発表します。

2人前づつ4枚打って、一気に切ったので、8人前できました。

配合は、だったんそば粉3割、普通のそば粉3割、つなぎ粉4割にしました。

●1●まず、丸く平たく伸ばす。
蕎麦1

●2●角を出すために巻いていく
蕎麦2

●3●巻いていき、力を加えると、縦方向に伸びる
蕎麦3

●4●対角線方向も伸ばすと、なぜか全体は四角形になる
蕎麦4

●5●4枚を組み合わせて畳んだところ
蕎麦5

●6●この板を蕎麦の上にのせて、包丁を当てて切る
コマ板

●7●うまくいけば、断面が1~2mmくらいの麺になる
2004teuchi










Last updated  2005.02.02 15:27:08
コメント(0) | コメントを書く
2004.12.31
大晦日の晩に食べる、自宅用の手打ち蕎麦が出来上がりました。

 かなり細く切れた、自信作です。
良い粉、良い包丁、良いまな板があれば、繊細な蕎麦が作れます。
 人から手打ちを習ったことは無いのですが、インターネットで作り方を検索して、
自己流ですが作る手順をマスターしました。

 重箱に入れた出来立ての蕎麦の画像をご覧ください。

2004teuchi

皆様も、来年が良い年になりますように。






Last updated  2004.12.31 15:58:25
コメント(2) | コメントを書く
2004.12.30
今年の手打ち蕎麦は、無難にまとめました。

そば粉は、青菊という種類を使いました。
(青菊は誰でもうまくつなっがった蕎麦が打てるということなので、
これを使用した。)

 妹の家族6人分も、難なく打てて、宅急便で発送済みです。妹は生協の蕎麦を注文せずに、私のが届くのを待っていてくれるのですが、はたして、味の違いに気づいてくれるかどうか?

 さて、明日31日は、自宅の分と、近所の親戚の分計5人前を昼ごろ打つ予定です。
 手打ち蕎麦は2年前に始めたときは水分の割合が分からなくて挫折しそうになりましたが、
水分42%でうまくいくということが分かってから、毎回成功するようになりました。

 麺類では、蕎麦も、うどんも、パスタも、水分42%を目安にすると
何でもうまく打てます。
 42%が魔法の数字です。






Last updated  2004.12.30 14:20:16
コメント(0) | コメントを書く
2004.06.08
 実は、秘伝でもなんでもないのですが(^^;)
巷に韃靼(ダッタン)ラーメンを作っているお店が有るらしいので、
私は手打ちでダッタンラーメンに挑戦しました。

------------------------------------
材料:強力粉     500g
   ダッタン蕎麦粉  50g(50gで十分)
   卵         1個
   かん水      10g
   水       180cc
   塩         5g
-------------------------------------

 この配合で、練り合わせ、生地を30分寝かせてから
パスタマシンで延して、幅2mmの麺に切りました。

 結果はGOOD!
麺の色は、濃い黄色というか、茶色に近い色になります。
色はあまり良くないのですが、味はかなりのものとなります。

 ダッタンラーメンは、粘り気が強く個性的な麺なので、
豚骨スープ(袋入りのもの使用)で食べるのがよろしいかと。
 驚いたことに、食後感が良いというか、食べた後お腹の中が気持ちよいのです。
 食後胃の辺りが心地よいという経験は初めてなので、
ビックリ。
 ダッタン粉は、中国では漢方として使われているだけあって、
お腹に良い作用をするんですね。
ルチンが日本蕎麦粉の100倍もあるから、効果が体感できるのでしょうか?






Last updated  2004.06.08 17:34:04
コメント(1) | コメントを書く
2004.05.04
連休中、やっと手打ちの時間がとれました。

パスタ1cm幅

ハルノアケボノ という日本の強力粉を使ったのですが、
粉500g に 卵2個、塩少々、水350cc
これらを良く捏ねて、じっくり延ばして切りました。
 タリアテッレ(幅が1cmくらいの太い麺)なので、
切るのは簡単です。

 さて、これをパスタ用物干しで乾かすと風味が増すので
写真のような干し方で、2時間乾かし、その後茹でました。

 ソースは市販のカルボナーラを温めて使ったのですが、
麺がモチモチしていて、絶品でした。
 パスタ専門店で食べたのと同じくらいの美味しさです。
パスタ手打ちの趣味は、やめられないですね。






Last updated  2004.05.04 23:10:32
コメント(1) | コメントを書く
2004.04.29
 北海道産のハルユタカという小麦粉を注文したら、
ハルノアケボノという小麦粉が届いてしまった。
 先方の在庫の関係かな?

 おおらかな私は? ま、いいや、ということで、
ハルノアケボノを使ってラーメンの手打ちを開始。
 さすが、強力粉でグルテンも多い品種なので、
バッチリ ラーメンの粘り気が出ました。
色も綺麗な薄黄色になり、品質の良い粉のように感じます。

 食べた感じは、ごく普通の麺で、スバラシイことはありませんでしたが、
ごく当たり前に、気軽にラーメンが打てる技術は身につきました。
 後日、麺の画像を発表予定です。






Last updated  2004.04.29 19:32:47
コメント(0) | コメントを書く
2004.04.20
数日前に作った手打ちラーメンを

 日曜
 月曜
 火曜

と3日連続で食べました。
 それくらい ウマイ。
麺は、ラーメン屋さんの物より、ウマイ。
コシがあって、表面がツルツルしている。

 やはり、この前買った、本格的な「かん水」のおかげです。
あと、麺の生地をビニール袋に入れてから、
脚で何度も踏んで延したことも、弾力性のある麺作りには
良かったかも。

手打ちラーメンは蕎麦より気楽に作れて、
しかも1週間も保存できるのが魅力です。






Last updated  2004.04.20 19:51:55
コメント(1) | コメントを書く

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.