1630562 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ケヤキの木の下で            岐阜/愛知 自然素材でZEH READYの家

PR

Category

Calendar

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

2015年09月14日
XML
おはようございます、
紙太材木店の田原です。

先週は新住協の総会
百年の家プロジェクトの定例会
MOKスクールと
三つの勉強会が4日連続であって頭の中はパニック状態
更に今週はパッシブハウスの講習会もありますから
脳みそがオーバーフローしているかもしれません。

ということで
忘れないうちにご紹介。

百年家プロジェクトの浴室革命

脱衣室も含めて家の中で一番寒い場所
と言えばトイレかお風呂
特に一番風呂はまだ浴室が温まっていませんから
相当な寒さがあります。
ユニットバスにしたから大丈夫と言うのは幻想
家の断熱や気密ができていなければやはり寒い
しかもユニットバスと言うのは既製品で
壁や床、浴槽などいろいろ選べますが
本質的な形はどれも共通
洗い場があって、洗面台があってプラス浴槽です。

欧米や中国ではシャワーが基本
湯船に肩まで浸かってという文化はありませんが
最近、日本でもそのその文化は風前の灯火
我が家の子供たちもシャワー派
しかもユニットではなく、
昔ながらのタイルの床、壁のお風呂でそれをしますから
冬など体が温まるまでシャワーを出したままとなると
相当なエネルギーロス

もったいない!
と指導するのですが、
その場はふんふんなどとしおらしくしても
聞く気はなさそうです・・・・

家の中の室温が暖かければ
昔のようにお風呂に入って体を温める
というスタイルが減って行くのも頷けるというものです。

ということで
結論を申し上げると

浴室をインテリアする

住宅雑誌のどれを見てもユニットバス
デザイン性が高いものでもハーフユニットで
壁、天井を木材やタイルを使用したもの。
欧米の住宅雑誌に出てくるような
部屋の真ん中に浴槽が置いてあったり
シャワーユニットがあるなんてことはありませんが
日本のそれを劇的に変えることが可能です。

もちろん住宅の性能レベルと密接に関わってきますから
25年省エネ基準程度では無理

さて、
この浴室革命いまからワクワクであります。






Last updated  2018年03月21日 19時56分34秒
コメント(0) | コメントを書く
[百年の家プロジェクト] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.