1188828 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

 ケヤキの木の下で            岐阜/愛知 自然素材でZEH READYの家

PR

Category

Calendar

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

2018年06月18日
XML
カテゴリ:イベント情報


おはようございます、
紙太材木店の田原です。

上の写真は壁に断熱材を入れてその上にボードを張ってる図です。
建築中の現場ではよく目にする光景ですが
一点、違うところがあります。

通常はこれは室内で見られる光景ですが
この断熱材を入れているのは壁の外の室外
なんだ、よく聞く外断熱(最近はあまり聞かない?)と早合点しないでください。

もちろん壁の内側、部屋の中にも断熱材を入れます。
このように壁の中にも入れて壁の外側にも断熱材を入れることを
付加断熱(ふかだんねつ)と言います。
壁の断熱材の厚みは22.5cmになります(天井は30cm)

このように書くと
それは夏に毛皮のコートを着ているようなもので
とても住めたものではありません。
冷房代がとてつもなくかかる家になります。
そんなに厚い断熱材は必要ありません、
それより通風、風通しをよくして過ごせる家の方が自然で暮らし易いですよ。
という方がまだまだ多くいます。

ということで
夏に実際、体感していただきましょう。
という企画です。

冷房負荷(れいぼうふか)、という専門的な言葉がありますが
これは簡単に言うと冷房に必要なエネルギーがどれだけかを表すもので
更に簡単に言うと
ひと夏の冷房代はいくらか?ということで
その住まいの性能(断熱性やサッシの性能、気密性など)によって計算できますから
結果は分かっているのですが
感覚的には夏場の毛皮コート・・・

西方先生は厚い断熱材に覆われた家を
夏は洞窟のような涼しさ、と例えています。

断熱材が大切なのはわかるけど
ホントかな?と確認されたい方はお越しください。


花池の家 断熱、気密見学会

開催日時 7月8日(
予約受付帯(10:00~15:00)(close 16:00)

完全予約制です
・見学のお申込み要領・

​1.HPのイベント予約の​​「​7月のカレンダー​」​​からお申込み下さい。​
2.希望の見学時間帯にチェックをいれ、必要事項をご記入してください。
3.お申込みのお客様には改めて現地へのアクセスを案内いたします。


​​






Last updated  2018年06月19日 15時18分14秒
コメント(0) | コメントを書く
[イベント情報] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.