1190535 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

 ケヤキの木の下で            岐阜/愛知 自然素材でZEH READYの家

PR

Category

Calendar

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

2018年09月19日
XML
​​​



おはようございます、
紙太材木店の田原です。

久しぶりに朝から快晴
気持ちのいい朝です。

先般の台風の補修工事
紙太材木店にも50件近く依頼が来ています。
大別すると屋根瓦の破損とカーポートなどのポリカの屋根
次が雨樋
そしフェンスなどの塀となります。
屋根瓦の場合その何割かは雨漏れも発生しています。

かなりの強風でしたから
飛散したものも多くあるので
窓ガラスの破損もあるかと思っていたのですが
偶然かもしれませんが、こちらは一軒もありませんでした。

高性能な住宅の場合
夏季の日射の遮蔽は必須​で
方法としては
外付けのシェード
外付けのブラインド
そしてガラリ戸となります。

台風対策の一般的な措置としてはシャッター雨戸、雨戸、防犯フィルム
網入りガラスの使用などがありますが
多くの建築家は防災面で様々な工夫をして
シャッターを使いません。
(サッシでさえ使わない建築家の方も多くいます)

台風対策をして、日射の遮蔽もして
デザイン的にバランスのとれた建物にするとなると
様々な工夫が求められます。
つまり性能とデザインのバランスが求められるわけで
限られた予算をどこにどのように使うか
住まい手と設計者が十分に話し合う必要があります。

紙太材木店がお勧めしているのは
ガラリ戸+防犯フィルム
ガラリ戸は日射の遮蔽にも有効ですし
デザインもいろいろ工夫することができます。
下の大野町の家では横格子ですが





川辺の家Cでは縦格子でその幅ももっと広くしてあります。




日射の遮蔽と防災、それにデザインとのバランスは
常に工夫が求められます。​​






Last updated  2018年09月19日 13時21分09秒
コメント(0) | コメントを書く
[性能とデザインのバランス] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.