1149492 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

 ケヤキの木の下で            岐阜/愛知 自然素材でZEH READYの家

PR

Category

Calendar

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

2018年09月28日
XML
カテゴリ:現場レポート
おはようございます、
紙太材木店の田原です。

快晴ですが台風が来るので本日は台風養生です。

美濃地方は前回の台風でかなりの被害があり
瓦がめくれて飛んだ家が相当数あって
その補修がまだ終了してないところに今回の台風
新築とリフォーム工事中の現場に加え
前回の台風被害現場の養生をすることになります。

前回の台風被害
屋根瓦と板金の補修が主体ですが
この二つの職種に修理の依頼が集中してます。
現実には職人の数はかぎられていますから
このようケースでは順番待ちとなります。
多くの被害家屋が応急処置のブルーシートで覆ってありますが
土嚢袋に砂を入れて置いてあるだけですから雨露を防ぐ程度。

本格的な台風が来るとなるとブルーシートや
応急処置のシートなどが飛ばない対策が必要ですが
屋根の上ではビスや釘を打つところは限られています。
重しを載せてとなりますが
屋根は勾配があって斜めになってますから
ずり落ちてしまうことも考えられるますし。
砂を入れた土嚢袋は結構な重さになります。
土嚢袋を抱えて梯子を何往復かすることになりますが
一度に一つしか運べません。
紙太材木店に補修依頼のあるものだけでも50件を越えますが
完了しているのは3分の一程度
ということで
晴天の今日は貴重な台風養生日になりましたから早速出発です。

ということで
簡単ブログでご容赦下さい。m(__)m





近隣で建築中の建物の外壁はガルバ
今朝は快晴ですから地表面が放射冷却で冷えて
気温がぐんと下がり壁面が結露しています。
地表面の温度はこの時間で14度
6時頃でしたら10度を切っていたかもしれません。
柱や間柱、ガルバの下地の位置がよくわかります。
9月でこの現象は珍しいですがもう少し考察してみたいですね。










Last updated  2018年09月28日 08時28分12秒
コメント(0) | コメントを書く
[現場レポート] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.