1635929 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ケヤキの木の下で            岐阜/愛知 自然素材でZEH READYの家

PR

Category

Calendar

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

2020年02月14日
XML
カテゴリ:高性能 省エネ
​​​おはようございます、
紙太材木店の田原です。

昨日はこんなに暖かくていいのか心配になる陽気でした。
今朝の気温も名古屋は8度とニュースが言ってましたが
川辺町は4.5度。

日中はともかく、朝は寒さが続きそうです。

さて、昨日は大門の家の気密測定。
気密測定は第三者機関のホームリサーチに依頼してます。

測定前に家の中を減圧して漏気個所を確認しますが、
現場から、
ユニットバスから漏気してます。

そのままで気密測定するのかと確認の連絡が入りました。
手をかざしてみると、サッシの漏気の比ではないくらいとのこと。

空気が漏れてくるのは、エプロンといって洗い場側の浴槽の側面。
浴槽が洗い場の床から30センチほど上がってますが
その30センチの壁をエプロンと言います。
エプロンは点検のために取り外しができるようになっています。





通常、このエプロンは水漏れの恐れもありますから、
密閉対策が取られています。
そこから漏気と言うのは
取り付け方がNGか
メーカー―の設計の問題か製品不良。
疑われるのは取り付け方ですが、
とりあえず気密測定はそのまま行うように指示を出し
現場に行ってみることに…。

途中測定結果の連絡が入り、C値は0.2。
引違いの掃出しサッシが6か所もある川辺の家Dが0.3だから、
妥当な数値と思う。

現場で漏気を確認すると、かな~り漏れてきます。
このまま濡れた体で洗い場に座ればクレーム必至です。

ユニットバスの施工業者はすぐに来てくれましたが、
確かに漏気してますが、取り付け方に問題はありません。
私たちではこれ以上何もしようがありませんとの事。

ということで
TOTOの担当者にから連絡が入り、
本日朝一番で現場確認をすることになりました。

川辺の家Dでもガス乾燥機の乾太君から漏気してましたが、
設備機器は意外に盲点となっている可能性があります。
住宅本体の性能向上に設備機器の性能、
特に気密性と言うことに対して
メーカーはほとんど意識していないと思われます。
気密性をきちんと確保しようとすると、
設備機器に対しては建築側でひと手間かける必要がありそうです。


ちなみにこのユニットバスは

TOTOのサザナ

エプロンの固定は両サイドと上部だけで
下端の中間では固定できないとの事。

両サイドを締めすぎれば中間が反って浮いてくるのは当然のこと。

さて、どうなるか?




​​






Last updated  2020年02月14日 07時59分04秒
コメント(0) | コメントを書く
[高性能 省エネ] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.