1779774 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ケヤキの木の下で            岐阜/愛知 自然素材でZEH READYの家

PR

Category

Calendar

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

2020年07月03日
XML

下米田の家

おはようございます、
紙太材木店の田原です。

7月に入り梅雨真っただ中ですが、早く明けてくれと願うばかりです。
下米田の家の基礎が完了しました。
奥の北側の家までは70mほど
東隣は400mほど先
西も南も同じような具合です。
建物に加え外構計画も脳みそに汗をかきそうです。

さて、昨日は新住協の中部東海支部の今年度の活動計画の打合せ。
支部長の金子建築工業の林さん、事務局の橋本さん
交告建築の纐纈さんと中島工務店の中島さん
それに私をいれて5人。

纐纈さんと中島さんは広報と研修の責任者。
コロナの影響もあって新住協本部の研修もままならない中、
先日の理事会で研修は各支部でやれと言うことになったので、
鳩首会議となったわけです。
とは言いながら建築関係者が集まるわけですから、
話はあちこち飛ぶことになります。

コロナ禍の中、5月の連休以降
新住協の本部や支部、会員に対する問い合わせや資料請求が、
増加傾向にあることが再確認できました。
特に三重県は新住協の会員が少ないこともあって、
情報発信が上手くいっている会員には問い合わせが殺到していて、
全てに対応できていないという話でした。

やはりコロナの影響で
家庭や家の中での
換気をきちんと成立させるための気密に、関心が集まっているようです。
それに加え、影響が大きいのがYouTube。
紙太材木店に来られる新築検討者の多くが、
いわゆる知識系のYouTubeをご覧になっています。
なんと会議に出ていた​中島さんも10日ほど前にYouTubeデビュー​していたではありませんか…
眉毛が薄いと言われて二回目以降は眉を描いているそうですが、
濃くなってる気配はありません。
(人のことはあまり言えませんが…)

YouTubeも確かに見ていれば済むことなので楽ですが、
文書で読んだ方が生産性が高い気がします。
この生産性と言うのはいわゆる頭の中に残る割合というのか、
浸透する度合いのようなものも含んでいます。
いくら早送りにして1.5倍速で素早く見たり聞いたりして
時間を短くしても、
やはり肝心なところは文字というか文章でないとという気がします。

ということで皆さん、
YouTubeで勉強することも大切ですが
更にその先に一歩足を出してテキストなり文章で書かれたもので、
再確認することをお勧めします。
YouTubeはあくまで入口と考えたほうがいいんじゃないでしょうか。








Last updated  2020年07月03日 09時26分41秒
コメント(0) | コメントを書く
[家づくりのたいせつな話] カテゴリの最新記事



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.