1550998 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ケヤキの木の下で            岐阜/愛知 自然素材でZEH READYの家

PR

Category

Calendar

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

全133件 (133件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 14 >

料理

2019年12月02日
XML
カテゴリ:料理
​​​

おはようございます、
紙太材木店の田原です。

今年も残すところひと月を切りました。
年内に大工工事が完了する現場が複数あり
完成に向けて忙しくなりそうです。

さて、そんな中、昨日は貴重な休日と言うことで
久しぶりの料理

初めて挑んだのはパエリヤ
とっくに作っていても良さそうな料理ですが
形から、道具から入るタイプなので
パエリヤ鍋が無いと不安なんですね。
でもそんなことを言っているといつまでもできないので
昨日はオーブンの天板を使って初挑戦となりました。

結果は・・・・・

上の写真の通り
いかは焼すぎでするめの半歩手前
赤パブリカもトマトの皮か?と
アサリは小さくて中身は何所へ
黄パブリカは具材の下になっていてしゃっきりとして半焼け
お米はちょうどいいアルデンテもあるんですが
そうじゃないところも

調理は料理本の通りなんですが
本を過信し過ぎたのが原因
具材を用意してオーブンに入れておけば出来上がりなどと思ってしまったんですね。
途中で様子を見ることもなく・・
170度で45分ではNG
具材を入れるタイミングや焼き加減も見ながらスープを足したりと
ちゃんと付きっ切りで見ていないといけないようです。

と言うのも、
家人からはリサーチ不足を指摘され
夕食後ネットでパエリヤの失敗を検索した次第。
いろいろ検索したのですが
次回は​こちらを参考に​作ってみようかと思っています。

最初からうまくいく事は無いとは思っていても
ここまでだと少し落ち込みます。
今朝は昨夜の残りに醤油を少々、バターをのせてレンジでチンしてみたら
それなりの美味しさでしたが和風パエリヤの感は否めません。

その他には
豚バラとアスパラのロースト
本当は温泉卵をのせるんですが省略
これも少し焼すぎでしょうか。




最後はテールスープ


下茹でしてアクを取って
圧力鍋で調理するだけですが
ポイントは下茹で前に
流水に1時間ほどさらして臭みを取ります。
豚肉でもそうですが
流水につけるだけでなく
血管に残った血を出すことで臭みは随分なくなります。
するかしないかで美味しさが変わりますから
気になる方にはお勧めです。

久しく料理をしてなかったので勘が鈍った?
わけではありませんが
パエリヤのリベンジは必至となりました、
乞う、ご期待!

本日は師走で忙しくなる前の箸休めブログでしたm(__)m



​​






Last updated  2019年12月02日 09時11分34秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年05月03日
カテゴリ:料理
​​​​​​​​おはようございます、
紙太材木店の田原です。

GWも終盤
皆さんいかがお過ごしでしょうか?
実は工事中の現場は今日からお休みで
昨日までは職人さん達が仕事をしていました。


​鵜沼山崎町の家では建物の外壁に取付ける付加断熱工事も昨日で終了です。​​


さて、筍シーズンと言うことで
一日置きに筍掘りに行っています。
行かないと当然、竹になってしまいますが
竹になってしまったら切って処分するのは大変
笹も近隣に飛んでいきますから、
できるだけコンパクトな竹藪でいてもらうには
毎日のように筍堀りに行かざるを得ません。



毎回、5.6本の筍が取れます。

掘ってきたら直ちに半割にして竈(かまど)に放り込みます。


米ぬかをいれるところもあるようですが
何も入れずに炊き上げます。




と言うことで
毎日食卓には筍料理が並びます。

昨夜は定番の筍の煮つけ
あっさり薄味でどれだけでも食べられますが
不思議と飽きはきません。



焼いた筍も美味しいのですが
写真は失念、
こちらはお酒のつまみにぴったりです。

昨夜はその他に
ローストポーク
低温調理で柔らかく仕上げるつもりが
温度設定が10度違って少し固めに仕上がってしまいましたから
次回、再挑戦となりました。


付け合わせは
ポテトとマッシュルーム
いつもは塩、胡椒、バターだけですが
今回は隠し味にオイスターソースとバルサミコを入れました。




今日もこれから筍掘りで一日が始まります。






Last updated  2019年05月03日 07時50分22秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年02月11日
カテゴリ:料理
​​


おはようございます、

紙太材木店の田原です。

関東では雪のようですが
こちらは薄日が差す曇り空
最高気温も5.6度の予報ですから
寒い一日になりそうです。

本日は紙太材木店もお休みですが
現場は動いてますので私が事務所で留守番です。

と言うことで
昨夜仕込んでおいた牛筋大根を薪ストーブで煮込んでいます。
昨日長久手の IKEA に行った帰りに寄り道したスーパーで買ってきました。
牛筋だけでは物足りなそうだったので
最近はスーパーではあまり見かけなくなった
牛テールも同時購入。
昔は安かったテールも今では驚き価格になってしまい
滅多に食べられなくなったのは残念であります。





作っているのは牛筋大根なんですが
中に入っているのは
シイタケや舞茸、シメジにマッシュルームなど冷蔵庫の余りものを
適当に放り込んであります。

牛筋は適当な大きさにカット、
テールはそのまま生姜とにんにくの潰したのを入れて

一緒に鍋に入れて吹きこぼし、下茹でして灰汁を取ります。
灰汁を取ったらザルにあけて肉を水洗い。

その後圧力鍋で大根と一緒に30分ほど煮ますが、
入れるのは水とお酒、焼酎と生姜、にんにく。
大根は大きめにカットして(おでんほどではありません)
短めのもの2本分入っています。

味付けは圧力なべではせずに、
圧力をかけた後に普通に煮込みながら…
コチジャン、しょうゆ、テンメンジャンを適当に味見しながらしますが
煮込んで味が濃くなることも織り込みながらします。
煮立ったら火を止めてしばらく放置を3回ぐらいすると
味がよくしみ込みます。

スープのように食べたい場合は煮汁は多め、味も薄目
煮込みのように食べるのであればそれなりに煮込んで煮汁を少なくします。

圧力鍋はもう一つティファールのものがありますが少し小さいサイズ。
今回使っているものは母が購入しているので
30年以上使ってますがどこのメーカーかは不明ですが、
大きめのものが大は小を兼ねるで使い勝手よく、
鍋単独で使うには
深いのでパスタを茹でる時も重宝します。

本日はお休みなので
箸休めブログとなりました m(__)m









Last updated  2019年02月11日 11時11分18秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年12月17日
カテゴリ:料理
​​おはようございます、
紙太材木店の田原です。

クリスマス、お正月料理の試作第二弾は
前々回のカオマンガイのご飯をタイ米にしてトライ
う~ん、どっちがと言われると
本物を食べていない悲しさ
どちらもそれなりに美味しいとしか言えませんが
つくり方は簡単なので試してみてください。

炊飯器で鶏を一緒に炊く時に皮を下にするか
肉を下にするかレシピによって違いますが
味にそれほど違いはないように感じます。
残念ながら写真は失念・・
前回の写真でご容赦


前菜は
鯛のセビチェ風マリネ


お刺身用の鯛に
塩、胡椒を振って5分ほど味をしみ込ませます。
この段階で味見してもそれなりに美味しくいただけます。
赤玉ねぎとセロリの薄切りと和えてレモン汁と
唐辛子かタバスコを入れて完成
別に鯛でなくても魚介類なら何でもOK
野菜もトマトを入れたりとアレンジも出来ます。
冷やしたワインがよく合います。

魚介類のアヒージョ




入っているのは
牡蠣、エビ、イカ、マッシュルーム、ミニトマト
牡蠣は大根おろしか片栗粉をまぶして洗うと臭みや汚れが落ちます。
生で食べる場合もこの方法で洗うと
牡蠣本来の味が楽しめます。
つくり方は簡単で
全部入れてオリーブオイルで煮るだけ
ポイントはどれも水けをよく取ること
煮る前に塩コショウで味付けすることぐらいでしょうか。
タイムとローレル、にんにく、赤唐辛子も一緒に煮ます
時間はオリーブオイルが沸騰してから4.5分でOK
ミニトマトだけ2分ほど後に入れます。


牛肉と人参の白ワイン煮込み



レシピでは牛すね肉ですが
田舎のスーパーではそんなものはありませんので
牛筋肉と煮込み用のサイコロ肉

牛肉は煮こぼしてあくを取ります。
時間節約で圧力なべで15分煮ます。
人参と玉ねぎのみじん切りと一緒にして
ワインと煮汁で40分で完成
味付けはコンソメ、塩、胡椒、タイム、ローレル
このままでしたらフランス料理
コチジャンを入れて煮込んだら韓国料理風の
使い勝手のいい一品です。

魚介類のアヒージョは
オイルに漬けておけば日持ちがしますしパンにも合います。
お正月料理に飽きた時に使えますから年末の一品に加わることになりました。

セビチェ風サラダもお刺身だけでない生魚の食べ方ですから
お刺身嫌いのお子さんにも楽しんでいただけるかもしれません。

本日はクリスマス、お正月料理第二弾でした(^.^)


​​






Last updated  2018年12月17日 09時30分52秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年12月03日
カテゴリ:料理
​​​​おはようございます
紙太材木店の田原です。

先週の晴れの予想から一転、雨降りの予報に変わった今週
外部の工事が気になるところです。
今年も残すところ30日を切ってしまったことを考えると
あっという間の一年でした。

と言うわけで
週末はクリスマス、お正月料理の試作と相成りました。



前菜は簡単サーモンマリネ

料理本には「市販品と一線を画すおいしさ」とあり、
本当かなと淡い期待を抱いて作ったのですが
結論から申し上げると
サーモン特有のねっとりした脂と風味が残っていてNG
皿に塩と砂糖をふりかけそこにサーモンを並べ
更にもう一度、塩を砂糖をふります。
臭みが出てくるのでそれをキッチンペーパーで取るのですが
臭みは抜けてもサーモンの脂はそのまま
レモンとケッパーでそこを抑えるのですが・・・
サーモン好きはその脂の風味に惹かれるようですから人それぞれですね。



鯛の白ワイン蒸し

新鮮そうな鯛が一尾だけ残ってこちらを見ていたので購入
右を頭にして写真を撮るか
左を頭にして撮るかと言えば
左が頭ですが
右になったのはそれなりの理由があるわけです(笑)

魚特有の臭みは調理の前に塩を振り
斜めにして30分ほど置いておくとかなり取れます。
つくり方は簡単で塩、胡椒をしてフライパンで焼いて
その後白ワイン、ケッパー、プチトマトを入れて蒸し煮にします。
最後にオリーブを入れ塩、胡椒で再度味を調えて完成。
プチトマトがソース代わり
オリーブの塩味とトマトの甘さ、ケッパーの酸味でそれなりに美味しい。

新鮮な白身の魚は今までは清蒸にしてきました
蒸した魚に白髪ねぎをのせアツアツの油をかけて食べます。
バチバチという音とともにねぎの甘さがでて
それはそれは美味しいもの
どちらに軍配を上げるかと言われればやはり清蒸
でも、時折変化球として楽しめそうです。



鶏肉のきのこ生ハム詰め

面倒とか思いきや
意外にお手軽にできました。
塩、胡椒した、まいたけとしめじを炒め
生ハムをちぎって載せておきます。

鶏の皮と身の間にそれを詰めてフライパンで焼く
ポイントは焼きで
上の写真、肉を皮目を下に焼きますが
一番弱火で上から水の入った鍋で押さえています。
時間は25分
焦げ付くかと心配でしたがキノコから水分が出てご覧の通りです。
25分焼くと8割がた焼けますので
ひっくり返して残りを2.3分焼けば完成
味も複雑でいつもの鶏肉がフランス料理に変身しました。



豚バラ肉と鶏もも肉のコンフィ

前日から仕込みです。
塩、胡椒、タイム、ローリエ、にんにくをのせて
ラップで包んで冷蔵庫に入れておきます。
あとはそれを油で弱火で1時間ほど煮るだけ。
バラ肉でもコンフィにすると脂が抜けてしつこくありません。
でもこれはやはり肉食民族の食べ物
毎食肉を食べている人たちが工夫をして作ったものですから
それなりに美味しくいただけます。
鶏のコンフィまでは大丈夫でもバラ肉のコンフィとなると
美味しく食べれる量は制限されます。

と言うことで
クリスマス、お正月料理の候補として残ったのは
鶏肉のきのこ生ハム詰めでした。​​​​​






Last updated  2018年12月03日 10時12分18秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年10月22日
カテゴリ:料理


​人参とナッツのサラダ​

おはようございます、
紙太材木店の田原です。

今朝は冷え込んでいて
水洗いをした手が冷たいままです。
パソコンを打つ指先にも時々息を吹きかけています。
同じ岐阜県でも高山の荘川では氷点下2度とか
もうすぐ11月でいよいよ寒くなってきました。

さて、昨日の午前中は今渡の家で一寸した作業
午後は久しぶりのオフということで料理

今月の文芸春秋に伝説の家政婦考案の
100%カラダにいいレシピなるものが載ってました。
私は知らなかったのですがタサン志麻さんという方で
TVにもよく出ているとか
経歴を見ると三ツ星レストランでも修行されたれっきとしたプロの料理人
「家庭で手軽にできる」の言葉でよく見ると
12品紹介されていたのですが
実際、手軽にできそうで美味しそうということで作ってみることになりました。

上の写真の人参とナッツのサラダ
レシピにはスライサーでカットとありましたが
ピーラーでカット
ポイントはカットした人参に塩を振って5分ほど置いて
水分を固く絞ることとあります。
カシューナッツを使いましたがクルミやアーモンドでもOK
味付けは塩、胡椒、レモン汁、オリーブオイル
調味料の分量は書かれておらず適宜味見しながら。
ナッツと人参が口の中で一緒になるようにナッツはすこし多めに
別々に食べるのと口の中で一緒になるのとでは全く違います。
人参臭さも水分を絞り出すことでほとんど気になりません。



​マグロのたたきラヴィゴットソース​

レシピではカツオのたたきになっていたのですが
見た目でマグロに変更
味はOKですが、盛り付けは才能無しです・・・

たたきや刺身というと醤油とわさび或いはショウガが定番ですが
醤油や調味料は同じですから
いつも同じ味ということになってしまいます。
上の料理はどちらかと言えば前菜感覚
甲州ワインとよく合います。
(甲州ワインは魚との相性が比較的いい)
ラヴィゴットソース、
野菜のみじん切りに塩、胡椒、酢、オリーブオイルそれにケッパーを加えたもので
他の刺身やたたきにも合うソースです。
いつもの醤油とわさびはご飯にも合いますが
この料理はNGで単独で食べるべきでしょう。
最後にお茶漬けがいいかもしれません。


​メインはカオマンガイ​

鶏モモ肉は炊飯器でご飯と共に炊きます。

ご飯を炊く時に
鶏ガラスープ小さじ1、ショウガ3.4枚、にんにく1かけ
ねぎの青いところ1本をいれ
そこに鶏もも肉を皮を上にしていれます。
肉は事前に塩を少し多め振り
フォークで何度も指して塩を揉み込みます。
後は一緒にご飯を炊くだけで完成
ソースは
にんにく、ショウガ、ねぎの白いところをみじん切りにして
スイートチリソースとナンプラー、レモン汁を入れてかき混ぜれば完成
パクチーとキュウリが付け合わせです。
鶏肉が固くなるかと心配したのですが
とっても柔らかく仕上がったのには驚きました。
お皿に赤などの彩があればもう少し美味しそうに見えるのにと
ちょっと残念でしたが味はOK
一度トライしてみる価値があります。

今回の料理
驚いたのは全部の料理時間を合わせても
それほど時間がかかっていないこと
手早くできてそれなりに美味しくいただけました。
本も出されているようなので早速買ってみることになりそうです。

本日は久しぶりの料理ブログでした。









Last updated  2018年10月22日 07時15分27秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年08月06日
カテゴリ:料理



おはようございます、
紙太材木店の田原です。

連日続く暑さで、
さすがに疲れが溜まってきたような気がしますが
週末からはお盆休み
初日の土曜日(8月11日)に川辺町の花火がありますから今から楽しみです。
川辺町の花火、実は隠れた人気スポットで
岐阜県の花火ランキングでは
下呂や高山、羽島と言った大きな市を抑えて6位に入っています。
見どころは何といっても飛騨川の両岸からほぼ真上を見上げて観覧できることですが
人気の理由は実はそれほど混んでいないんですね。
程よい混み具合で渋滞や人込みがひどくなくてゆったりみられる
で、花火は目の前で見えてそれなりの規模で打ち上げられる
小さなお子さんを連れでも、お母さんが楽という訳です。
小学校や中学校のグランドが駐車場に早変わりでピアゴの駐車場も使えますし
トイレの心配もありませんから
ご家族連れでぜひお越しください。

さて、
毎年夏に高校の同級生とゴルフが恒例になっていて
7月の末に行ってきました。
台風が横断するということで県庁勤めの仲間は自宅待機で出席できませんでしたが
10数人が集まり楽しんだのですが
一緒に回った中に内堀醸造の内堀が
デザートビネガーで作るバターのつくり方を教えてくれました。
最近は酢ムリエとしてNHKやら民放のTVにでている
蝶ネクタイのおっさんです。
ちなみに「半分、青い。」の北川悦吏子は一つ下の学年
池井戸潤は3つ下でした。

と言うことで
バターを作ってみました。
用意するのは生クリームと内堀にもらったデザートビネガー
生クリームは乳脂肪分42%以上と言うので
近くのピアゴに行ったら35%のものしかなく
昨日アピタでようやく購入したのがこれ


乳脂肪分47%の生クリーム
実はこれ、今まで使った生クリームと違って
液体の状態ではなくて既に半分固まった感じで
融けかかったアイスクリームと言ったらいいでしょうか、
かな~り固形化しています。
それをペットボトルの中に入れるんですが
液体じゃないからそんなに簡単に入らない
スプーンで入れるのに一苦労
挑戦される方は広口のものを用意してください。



もう一つの酢はこれ
飲むシークワァーサー&八朔の酢



生クリーム100gに対し
酢が20~25gです。

二つを混ぜ合わせてペットボトルを振るだけなんですが
内堀が言うには
ペットボトルの中に生クリームと酢を入れたら
そのペットボトルで一度テーブルをドンとする
それから一生懸命40秒ほど振るとできる

で、覗いてみると



ちゃんと塊になってます。

取出し方はペットボトルのお尻をカット




こんな具合になってます。




バターケースに入れる




ならして一晩おくとこんな具合にできてました。



本日は夏休み前の箸休めブログでした 
m(__)m






Last updated  2018年08月06日 09時02分07秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年05月29日
カテゴリ:料理
おはようございます、
紙太材木店の田原です。


昨日は、久々の料理
掘りたての新ジャガでハッセルバックポテト
味付けは塩とブラックペッパー
風味付けにローズマリーとガーリックプレスでつぶしたニンニク
オリーブオイルを回しかけ、250度のオーブンで25分+10分
添えたのはブラウンマッシュルームとピンクペッパー


1.ジャガイモはブラシで洗って布巾で拭いて薄くカット(2mm)
でも、下の方は繋がっているようにカットする必要があるので
一工夫する必要があります。
ジャガイモが円形なので
両端に近い部分をカットするときはお玉の中に入れて
中心部をカットするときは割り箸を置いて。
面倒な人はお玉の中で全部でもいいですが
お玉が深いとジャガイモの中心部のカットが半分しかできないこともあります。
オーブンに入れるとその部分だけ焼く時間が余分にかかります。


2.カットしたら
でんぷんがくっつかないように水洗い
カット面を水流で流します。



3.水洗いしたジャガイモを布巾で拭きます

後は簡単
耐熱皿にジャガイモとマッシュルームを並べ
岩塩と胡椒
オリーブオイルを回しかけます。
オリーブオイルはジャガイモのカットした上からかけて
指で隙間に入るように擦り込むようにします。
入りにくいようならへらかナイフで開いて入れてください
くっつかないように一枚一枚をカリッと仕上げるためです
ガーリックプレスでつぶしたニンニクとローズマリーは
ジャガイモの隙間に入れ込みます。


5.オーブンの時間
今回のジャガイモは直径5センチほどの小ぶりな新じゃが
焼き具合はフォークでジャガイモの下になっている面を刺して固さで確認
(下になっているので一番焼けにくいところ)
25分で一旦取出し
皿に溜まっているオイルをカットした上から回しかけます。
(丁寧に素早く、きちんと。耐熱皿が小さくてスプンですくいにくいようなら別に用意したフライパンでオイルをチンチンに煙が出るくらい熱したものでOK、その時ベーコン炒めたオイルを使うとなお良い、ベーコンも添えられます)
これで切れ込みの一枚一枚がカリッと仕上がります。

6.オーブンから取り出したら彩にピンクペッパーとローズマリー(2回目)を添えて完成

ガーリックプレスは今回初登場

先日アマゾンで購入しましたが超便利、
以前は包丁のひらで潰して入れていただけでしたが
これを使うと風味が完全に増します
手に匂いが移りにくいのもよいので
女性の方にはお勧めの調理器具です







Last updated  2017年05月29日 12時49分29秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年05月05日
カテゴリ:料理
おはようございます、
紙太材木店の田原です。

快晴のゴールデンウィーク中日ですが
いかがお過ごしでしょうか?
休みの期間になると
ブログへのアクセス数も少なくなって少し寂しく感じます(笑)

昨日は打合せが終わった後
時間が少しあったので
土場のガーデニングもとい、草刈
2時間ほどだったのですが、
休憩もいれずに草刈り機を使って一気にやってしまったため疲労困憊
ということで
夕食ご褒美で可児のいちたか

最初は春らしく
ねぎといかのぬた


白みその甘みもそれほど強くなく好みの仕上がり

ご主人は京都のお店で日本料理を修行されているので
味付けは薄味でお気に入りです。




つまみは好物のトコブシ
少し固くて味がきつく感じました。
もう少し薄くて柔らかいのが好みです。



お刺身はスミイカ
コリコリとした触感でお酒と合います。
お酒は三千盛の冷酒



朝の8時ここまで書いたところで
いきなりパソコンがネットにアクセスできない状況に・・・
ようやく接続できのはこの時間・・
ということで続きです。

次はワイングラスに入ったじゅんさい
まだはしりですが
初夏を思わせる清々しい味でした。



これは「白だつ」赤だつは岐阜の中濃地域ではよく食べられ、漬物などにされますが
白だつは全国区のようでズイキ(芋茎)のことです。
和風だしの葛で味付けされています。




メインはキンキの蒸し物
中華風に言えば清蒸
味付けはだつと同じで和風だしです。
中華であれば蒸して、白髪ねぎをのせ
チンチンの油を回しかけてだしを張って出来上がりですが
これは蒸した後にだしを張ってあり、上品な味に仕上がってます。

最後の締めは握り
こはだ、さより、すじこ、アナゴ


糖質ダイエット中なので、家内と2貫ずつです(笑)

本日は連休中の箸休めブログでしたm(__)m







Last updated  2018年03月21日 16時57分11秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年07月01日
カテゴリ:料理
おはようございます、
紙太材木店の田原です。

本日は快晴の予報の出ている美濃地方
気温も岐阜は34度とか
多治見あたりはもっと上がるかもしれません(^_^;)

さて、昨夜は鮎
foodpic7088722.jpg

お持ちいただいたのは可児市のTさん
退職後は釣り三昧の日々を送っているとか

岐阜県では退職後でなくても
夏は毎週鮎釣りという方がごまんといるので
それほど不思議ではありません。

飛騨川や木曽川、長良川
それぞれに馬瀬川、白川、吉田川なんて支流も多くありますから
釣り場には困りません。

40年ほど前に家を新築させていただき
15年ほど前には離れを増築
今までに何度も補修の工事やメンテナンスをさせていただいています。
こちらがお礼をする立場ですが
毎年鮎のお裾わけがあって嬉しい限り


ということで
頂いたら冷凍になんぞせず
すぐに炭火で焼いて美味しく食べるのが食べる側の作法
ガスコンロや魚焼き器なんて邪道なものは使いません。

先週解禁したばかりですから
小ぶりで程よい大きさで15尾
(焼串の数が足りなくて3尾は写ってません)

家族3人ですが
田舎暮らしの特権
全て美味しくいただきました。

foodpic7088723.jpg









Last updated  2018年03月21日 18時28分24秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全133件 (133件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 14 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.