1588634 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ケヤキの木の下で            岐阜/愛知 自然素材でZEH READYの家

PR

Category

Calendar

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

全40件 (40件中 1-10件目)

1 2 3 4 >

本の紹介

2018年07月04日
XML
カテゴリ:本の紹介




おはようございます、
紙太材木店の田原です。

台風はどうやら逸れてくれるようですが
今日からしばらくは雨の予報
昨日、一昨日と晴れでしたから良しとしましょう。

さて、上の写真の本は
これから家を建てようとする方や
50代、60代で現在の住まいの温熱環境を何とかしたいとお考えの方にお勧めの本です。

「人生を変える 住まいと健康のリノベーション」
甲斐 徹郎、星 旦二著

住まいの温熱環境とは
簡単に言うと夏の暑さと冬の寒さ
著者の一人である
星旦二先生は医学博士で予防医学がご専門
紺屋の白袴ではありませんが
ご自身が2002年に建てられた住まいは
身内の建築家に設計を依頼し
施工は大手のHMがしたというものですが
ご本人の弁を借りると
「とんでもなく寒かった欠陥住宅」とか
でも住んでいるときは冬に寒いのは仕方がないという程度で
あまり意識してなかったとか。

ところが2005年から
住環境と健康との関係を明らかにする研究チームに
予防医学の研究者という立場で参加することになり
ご自身の家が多くの問題を抱えていることに初めて気づいたという次第です。

住まいの温熱環境と健康性の関係については
高性能な住宅を設計したり実際建てている実務者の間では常識ですが
実務者というのは住まい手との間に利害関係があります。
ですから様々な事例を元に話をしても
伝わる部分がある程度差し引かれてしまいます。
簡単に言うと、その話は売らんが為の誇張された話ではないかと取られる可能性があります。

今回取り上げた本には既存の住まいをリノベーションした
いくつかの事例が挙げられていますし
その住まい手のインタビューもあります。
さらに言えば高性能な住まいを作る実務者の間では知らない人がいない星先生ですが
ご自身の建てられた家は2002年ですからまだ15年ほどしかたっていませんが
その当時すでに次世代省エネ基準が出ていてもその基準では建てられていなかったことなど
リノベーションに至るまでの失敗談など赤裸々にお話しされています。

50代、60代で住まいの温熱環境に不安がある方や
リフォーム、リノベーションをお考えの方には
必読の書と言っていいかもしれません。
もちろん、新築をお考えの方にもとても参考になりますし
実際リノベーション工事をした建物に住む方の生の声はとても参考になります。

同じような内容の本は以前ご紹介した
新住協が出している
「この『家』にしてよかった。」
会澤 健二著
があります。

どちらの本もこれからの住まいの温熱環境が
どういうものになるか先取りしていますから
暮らし易さをお考えの方は手に取っても損はありません。

どちらの本からもHM任せ、工務店任せ、設計事務所任せでは
暮らし易さは手に入らないことが分かります。
先ず、自分自身で調べることが大切です







Last updated  2018年07月04日 07時04分06秒
コメント(0) | コメントを書く


2018年05月09日
カテゴリ:本の紹介



おはようございます、
紙太材木店の田原です。

今朝も雨模様の美濃地方
今朝は晴れと思い込んでいたので
これからの時期
たまに晴れたら丸儲けぐらいに思っていたほうがいいかもしれません。


昨日、私が入っている新住協(一社、新木造住宅技術研究協議会)の
会澤理事から冒頭の本が届きました。
「この家にしてよかった」VOL2
会澤さんのライフワークと言っていいかもしれませんが
全国で新住協の会員が建てたりリフォームした家を訪問して
その家の詳細と住まい手の感想をまとめたものです。

もちろん、
ひところ流行った「いい家が欲しい」といった
特定の工法を美化するようなものではありませんが
一般的な新築やリフォームでもありません。

夏や冬の暮らし易さの基本は断熱性ですが
それは特定の方法に拠るものではありません。
予算やプラン、間取り、敷地条件、家族構成、住んでいる地域など
柔軟に対応すべきものです。
もちろん、勘や経験に頼るのではなく
科学的な計算と精度の確かな施工技術が必要なのは言うまでもありません。

本で紹介されているのは西は広島
北は青森までの家で全国の会員工務店が建てたりリフォームした家です。
断熱材にどんなものをどれくらいの厚さで使っているか
サッシはどんなものを使っているか
換気はどうしているか
一年間の光熱費はいくらになるか
その上で

住まい手はそれをどう感じているか
どんな暮らしをしているかが分かります。

これから工務店や設計事務所で家を建てる予定の方は
一度読んでも損はありません。
値段も900円と良心的な価格
5/18頃より全国の大手書店に並びますし
アマゾンでも販売してます。

VOL1は既に販売されていますし
今回のは2号
11月には3号が出る予定

今回、紙太材木店の加茂野の家も紹介されていますので
ご興味のある方は是非!(笑)








Last updated  2018年05月09日 07時54分03秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年03月19日
カテゴリ:本の紹介
おはようございます、
紙太材木店の田原です。

予報ではしばらく雨模様の天気になるとか
桜の開花前ですから長雨でも大丈夫ですね。



「健康に暮らすための住まいと住まい方エビデンス集」

一般の方が手に取ることは先ずないと思いますが、
HMのモデルハウス巡りをして頭がこんがらがってしまった方や
新築をお考えの方には一つの光明になりうる本です。


エビデンスなんて言うとちょっと構えた言い方で
一般の人の会話の中にはほとんど入ってきませんが
学術用語、あるいは業界用語として使われていて
証拠とか根拠といった意味合いです。
医学や保健業界でエビデンスと言えば
もう少し踏み込んで、科学的根拠。
上の本のエビデンスの意味合いも科学的根拠です。

私がいくら冬の寝室は暖かくしましょうと言っても
エビデンスがありませんから
寝ているときも寒いほうが体が鍛えられていい、と信じている人には説得力がありませんし、理屈や理論で考えたい方、そんな人にはうってつけです。
本の内容は大きく分けて4つ
1「適切な温熱環境とは」
2「快適な睡眠環境を実現するために」
3「清浄な空気環境を維持しよう」
4「安全・安心な住まいを実現するために」

4を除けば断熱、気密、換気といった住宅の基本性能に関わることばかりです。
2の快適な睡眠環境を実現するためにでは
寝床内気候(ねどこないきこう)なんて学術用語も初めて知りました。
簡単に言えば布団と人の間の温度と湿度
それを適切にするためには室内の温湿度が大切で
疲れの残らない睡眠をするためには
寝床内気候と寝室の温湿度が大きくかかわって来るなんてことも
分かり易く解説してあります。


健康住宅をネットで検索すると山ほど情報が得られますが
その信頼性には疑問符が付きます。
中にはそれで健康住宅なんて言っていいのというものまで。
新築の住宅をお考えの方は様々なことが気になりネットで検索されますが
ネットで得られる情報には限りがあります。
この本は新築をお考えの方にはとても参考になりますから
小さなお子さんや年配の方が同居される場合
なにより自分や家族の健康を大切にしたい人は
購入されても損はありません。
値段は2800円とそれなりにしますがその価値があります。

ps
本書には要求される環境性能・設計指針まで書いてありますから
一般の方が読んでもそれなりに理解できるようになってます。









Last updated  2018年03月21日 11時53分37秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年11月03日
カテゴリ:本の紹介
​おはようございます、
紙太材木店の田原です。

事務所の新しい薪ストーブの設置工事


昨日は連休前
朝一番で大野町の家、取って返して事務所で薪ストーブ屋さんと打合せ
その後、瀬戸の品野町の家の中間検査、
事務所に帰って薪ストーブ設置確認
その後また大野町で大工さんと打合せ
川辺町へ帰って介護保険の現地調査が終わったのは4時
7時からまた事務所で屋根リフォームの打合せと
かなり忙しい一日でした。
大野町や瀬戸は東海環状ができたお陰で以前に比べればかなり早く着くことができます。
この道路ができた当時は車が滅多に走っていなくて
便利になったけど採算は合うのかと心配しましたが
いまではそこそこ走っていますから大丈夫なんでしょうね。




さて、本が送られてきました。
伊礼智さんの住宅設計作法2と
建築知識は「飯塚豊から見た最高の住宅工事」
伊礼さんの本は前回の同名の本の2号ですが
今回はQ&A形式の部分もあって
実務者だけでなくこれから家を建てようとする方にも参考になるような工夫がされています。
もっともこのAnswerは伊礼さんの答えなので誰にでも当てはまるわけではありませんが
伊礼さんなりの考えや思想が聞けて面白い部分です。
建築家や設計者が何を考えているかうかがい知ることのできるところですので
一般の方にも知っていただきたいところですが
値段が2700円とちょい高めですので
その部分だけなら立ち読みでもOKかもしれません(笑)

もう一冊の建築知識は
飯塚さんの現場監理の手法が解説付きで出ています。
工務店の現場監督はどちらかと言えば現場管理に主軸が行きがち
出来る現場監督はこの現場監理もきちんと押さえています。
現場監理のテキストのようになってますから
経験や勘だけの監理になりがちな実績豊富な現場監督も
おさらいのつもりで読んでみると意外に気づくことがあるはずです。
サイズがB5で少し小さいので
もう一冊買って切り取ってA4あるいはA3に拡大すれば
使い勝手のいいテキストになりそうです。







Last updated  2018年03月21日 12時27分57秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年09月27日
カテゴリ:本の紹介
おはようございます、
紙太材木店の田原です。




昨日は品野町の家の建前
一般的には30坪程度の家だと1日で終わるのですが
いろいろすることがあって本日もその続きです。
夕方6時から雨模様の予報ですから
それまでに雨仕舞する必要があります。

ということで
本日もこれから出かけますので、
先日発売された新住協の雑誌のご紹介



関東以北ではReplanをはじめ
住宅の性能がデザインとともに重視された雑誌が発売されてますが
中部地方から西ではいまだにデザインオンリーの住宅雑誌が主流
暖かさや涼しさといった性能に関わる快適性を求めても
雑誌としての情報はあまりありませんでした。

そこで新住協の会沢理事が
東海や北陸の会員に発破をかけて出すことになったのがこの雑誌
中部地方に住んでいる人こそより良い性能の家に目を向けてもらいたい、
中部エリアで実績のある工務店に声をかけてこの度発売になりました。
値段はこの手の雑誌としては破格値の280円!
ですが内容はその10倍以上の価値があるくらい詰まっています。




紙太材木店の加茂野の家をはじめとした断熱改修の事例や
可児の家も紹介されてますからご興味のある方はご連絡ください。
割り当てが来ていて在庫が十分ありますから
いつでも発送できます(笑)







Last updated  2018年03月23日 13時01分26秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年09月20日
カテゴリ:本の紹介
おはようございます、
紙太材木店の田原です。





忙しい時、どういうわけか更に忙しくなるという「マーフィーの法則」
もうこれ以上絶対無理と思っているときに
更に仕事が舞い込んでくる。
今回の台風もその一つ
雨漏れや屋根板金が飛んだりと言った内容で
どれも早急に対処する必要がある。
基本は全てに迅速に対応するというのが工務店の役割なので
感謝をしながら脳みそに汗をかきつつするのですが、
無理と思っていてもやってみると意外にできるもんです。

さて、季刊のチルチンびと
2017年の秋号が発売されています。
自然派住宅の代表的な雑誌で
暮らし方も含めて紹介していて独特のスタンスがあります、
量産住宅検討者にはおそらく決して手に取ってもらえないのではないでしょうか。
以前、紙太材木店の川辺町の家Aが掲載された関係もあって
久しぶりにどうですかという声がかかり
1ページだけなら(笑)となった次第。

チルチンびとには地域主義工務店の会というのがあって
雑誌社にしては珍しく、全国の工務店を組織しています。
安成工務店やエコワークス、阿部建設といった全国にも名の通ったところも参加していますが
地域に多くある工務店に頑張ってもらわなければ雑誌社としても困るわけで、
一番弱いデザイン面のサポートや、素材や資材の調達も紹介しています。
紙太材木店でも、イメージが重なる部分も多くあって一時検討したのですが、
当時は自然素材と高性能の両立を柱にしていた関係もあって
チルチンびとのイメージが強く出すぎてはバランスが取れないと考え保留になりました。
しかし、考えの重なる部分も相当あって時々掲載していただいている次第です。




冒頭の写真は今回掲載していただいたもの、
自然素材や職人の手仕事、加えて住まいの性能に興味のある方は
本屋で手に取ってみてください。
今回の号には住宅検討者がいつも悩まれる外壁について
そのメンテナンスコストの比較も出ていて参考になります。







Last updated  2018年03月21日 13時00分52秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年09月06日
カテゴリ:本の紹介
おはようございます、
紙太材木店の田原です。

午前中は雨の美濃地方
ぬかるんで田んぼのようになってしまいますから、
地面に穴を掘る作業はできません。




建築知識ビルダーズ(X-Knowledge)
書店で売っている一般の方向け住宅雑誌とは違って
設計者や工事監理者、現場監督、工務店経営者向けの雑誌ですが
今月(季刊)は一般の方が読んでもそれなりに楽しめる構成になっています。

一般の住宅雑誌は地域限定
岐阜とか愛知、少し広くて東海などと枕詞がつきますから
その地域の工務店やHMが主体で
内容もどちらかと言えばデザインがメイン
掲載されている建築会社やHMも毎回似たような名前が並んでいます。

でも,日本全国には数多くの工務店があるわけで
一般の新築予定者がそちらに目を向けると
ある意味新鮮な驚きが感じられます。

今回の建築知識ビルダーズでは
全国の工務店のスゴ技が紹介されています。
デザインと性能両方兼ね備えているところですから
奥様もご主人もそれなりに楽しんでいただける内容でバランスが取れています。

最近のこの手の雑誌のお約束で
Q値やUa値、C値と言った性能値についても触れられています。
つまりデザインと暑さ寒さの住み心地は別
性能値が良くなければいくらデザインが良くてもNGという認識が
住宅雑誌業界にも徐々に浸透してきている様子がうかがえます。
今でもデザイン一辺倒という住宅雑誌も多くありますが・・・

ということで
新住協の鎌田先生もQ-1住宅のつくり方やその意義を分かり易く解説されています。
簡単に言えば
断熱材を厚くすること、
窓から逃げていく熱を抑えること、(よいサッシを使うこと)
換気による熱損失を押さえること、
国の最低基準さえクリアしていればいいという住宅会社にとって、
一般の方がこのような雑誌を手に取るのはある意味脅威かもしれません。
紙太材木店もうかうかしていられません。

デザインも性能も楽しめる雑誌ですから、
新築あるいは全面的な改装をご計画の方は一度手に取っても損はありません。
少し値段は高いですから(1.800円)
先ずは立ち読みです。
でも家に比べたら10.000分の1です。






Last updated  2018年03月21日 13時07分54秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年07月26日
カテゴリ:本の紹介
おはようございます、
紙太材木店の田原です。

週末からパソコンの調子が悪く
文字は送れるけれど、データが添付できない状態
でも受信は問題なし
おまけにネットのアクセスがかなり遅くなっていて
その対応に四苦八苦しているところです。
パソコンの本体でブロックしているか
社内のネットワーク環境が古くなっているのか…
と言うことで、月曜に書いたブログも
送信したはずが送信されずどこかに消えてしまいました。

今回のブログはIPadで書いているのでいつもと違って新鮮な感じです。

Replanと言う住宅雑誌があります。
北海道と東北で販売されている雑誌なので
こちらの書店で手に取ることはありませんが、
これから家を建てる方にはご一読をお勧めします。

一昔前のあちらの住宅雑誌というと
性能優先でデザイン二の次というタイプが多かったのですが、
ネットの時代、今や個々の違いはあっても、
地域によるデザインの違いはほとんど感じられません。
デザインはある面真似のかたまり
良さげなものはあっという間に日本中に広まります。

そんな中での注目は
雑誌に掲載されている住宅の大部分にUa値とC値が記載されていること。
つまり断熱性能と気密性能が数値でわかるようになっています。

こちらの住宅雑誌では
せいぜい、断熱材には何が使ってあるかという程度,
セルローズかグラスウールか、羊毛か吹付けウレタンかというレベル
加えて、サッシは複層ガラスと書いてあるだけ…
これでは断熱性能がどれくらいあるのか専門の私でもわかりません。
比較のしようが無いんですね。

更に、驚いたのは掲載されているそれらの数値がとても高いこと
Heat20のグレード1レベル、
中にはグレード2に近いものもあります。
2020年に義務化される現行の国の基準は最低基準
欧米では国の基準の30%アップが民間基準ですが
その通りのレベルです。

このReplan東北で掲載されている仕様で美濃地方で家を建てると
現行の仕様で建てた家の五分の一の暖房費で家中暖房できます。
愛知県なら十分の一
Q1住宅レベル4あるいはレベル3という性能です。


残念ながら美濃地方の住宅雑誌では
家の性能を数値で表すことはしていませんが、
時代の流れの中で数年後には確実に表記されるようになるでしょう。
車を買うとき、多くの人はデザインだけでなく燃費も意識しています。
住宅でもその燃費がわかりますが
今の所その数値が出ると困る人も多くいますから
まだ、どの住宅雑誌も及び腰です。
そんな数値を載せるんなら掲載しないと言われれば
及び腰になるのもわかります。

これから家を建てる方はまだ時間があります。
住宅は目で見える性能とデザインの時代になりました。

Replan、一冊500円
送料込みでも千円かかりません。
東大の前先生や鎌田先生も寄稿してますので、
論理的に考えたい方にもおすすめです。






Last updated  2018年03月21日 16時31分26秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年07月19日
カテゴリ:本の紹介
おはようございます、
紙太材木店の田原です。



梅雨明け宣言は出てませんが快晴で気持ちのいい朝です。
昨夜、「建築知識ビルダーズ」を読んでました。
28号なので今年の2月に発行されたもの
質の高い家づくりをサポートする住宅専門誌です。

「建築知識」という本もあります。
出版社は同じエクスナレッジ
こちらは実務者のための専門誌ですから
一般の方が手に取ることはほとんどありませんが
「建築知識ビルダーズ」は一般の方が読んでもためになります。

というのも
今の時代、住宅を建てる予定の方の情報収集はネットが圧倒的
そこにプラスして住宅雑誌があるわけですが
Sumoに代表される住宅雑誌の多くは工務店やHMの言わば宣伝広告
どちらかと言えばデザイン主体の情報収集
目で見て楽しいですし、いろんな空想やアイデアも浮かんできます。

もちろんデザインも大切ですが
住まいの基本的な性能についての考察が十分されているわけではありません。
ネットで探すとこのような工法が自社宣伝で出てきます。
でも本当だろうかという疑問に明確に応えてくれるわけではありません。
HPも住宅雑誌と同じくやはり自社宣伝なるからです。
ネットで探す情報は玉石混合、
玉なのか石なのか専門的な知識がないとなかなかわかりませんし
お客様の声もデータもいかようにでもなります。

ということで、
簡単に言えばネットでの検索は限界があります。
性能の良い住宅を建てたい場合参考になるのは
上記で挙げた、「建築知識ビルダーズ」のような紙媒体で
しかも宣伝ではなく取材されているものです。
ペイパブのように取材に見せる宣伝もありますから注意が必要ですが
注意して読めばそれは分かります。

28号の建築知識ビルダーズを読むと
エコハウスと言われる家や性能の良い家には共通したものがあります。
それは
・断熱材を厚くすること
・サッシにいいものをつかうこと
・換気計画をきちんとすること
・日射を意識した設計をすること
・気密を取ること
この5点ぐらいでしょうか。
上で紹介したような〇〇断熱や○○工法なんてものはありません。
できるだけ、客観的にその道の専門家はどう考えているかを知るには
紙媒体もまだまだ捨てたものではありません。
スマホやパソコンは万能ではありませんから
性能の良い家を建てたい方は
この本を購入しても損はありません。






Last updated  2018年03月21日 16時32分20秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年03月24日
カテゴリ:本の紹介
おはようございます、
紙太材木店の田原です。

最近、地域経済を考えることがありました。
町の商工会の役員をしている関係で分かるのですが、
会員の減少に歯止めがかからない現状をどうするか
というのが地方の町に共通した課題で、
売り上げの減少での廃業、後継ぎがいないなども目につきます。

私の住んでいる川辺町の人口は1万人で
50年前から変わってないのですが
子供の数は激減、60代以降の世代は激増
それで人口総数は表面上変化していないのですが
もう20年もすると激増世代もいなくなるわけで
ゆくゆくは明治の初めのころの人口になるんじゃないか
ということになりました。

ただ、そういった町での工務店の役割やできることを考えると
意外におおくあります。
地域の職人を使うこと
地域の材料を使うこと
地域のエネルギーをつかうことなど
言ってみれば地域内でお金を循環させる仕組みが大切であろうと

ドイツ在住の環境ジャーナリストの村上敦さん
と言ってもほとんどの方はご存知ないかもしれませんが
キロワットアワー・イズ・マネーで
地域内で資本を回すことの意味や大切さを分かり易く書かれています。
(高山出身です)



住宅にはメンテナンスがつきものです、
工務店を通していろんな職人さんに仕事がいきます。
地域の材料を使えば地域にお金が落ちます。
距離が近ければ朝ごはんの前でも駆けつけられます。
いいことづくめの工務店による家づくり
もちろん前提は地域の人に選ばれるデザインと性能ですね。


川辺町の家B
掛矢(かけや)を振る男たち






Last updated  2018年03月21日 17時08分41秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全40件 (40件中 1-10件目)

1 2 3 4 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.