2290409 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ケヤキの木の下で            岐阜/愛知 自然素材でZEH READYの家

PR

X

全288件 (288件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 29 >

高性能 省エネ

2021年11月22日
XML
カテゴリ:高性能 省エネ





おはようございます、
紙太材木店の田原です。

11月も、もう下旬。
今年も残すところ一か月あまり…
今年もコロナの一年でしたが、
来年はいい年になることを願うばかりです。

今受けている研修
毎回宿題がだされて、
期日までに提出しなければなりません。
これが結構ストレス…

頻繁に使うのはKgとm3を行き来する定数で0.83m3/Kg
もう一つはKJとkWhの3600Kj/kWh
それと、Kj/Kg(DA)
最後のは比エンタルピで
一般の方はにはなじみのない言葉ですが、
簡単に言うと空気の持っているエネルギー。
それと何十枚コピーしてるかわからない湿り空気線図。

気温22度、湿度35%の室内で
35度90%お風呂の扉を開けたままにすると、
家の空気の量が245m3、お風呂の空気の量が5m3の場合
家は何度、何%になるか?

外気33度60%の空気を室温26度50%にしたいとき、
エアコンの吹き出し温度は何度以下にする必要があるか?

計算は掛け算と割り算でそれほど難しいわけではありませんから
中学生の数学レベル。
昔やったらもっと早くすらすら解けたのに、
今は時間がかかるもどかしさ。

定数0.83m3/Kg
掛けたらいいんか、割ったらいいんか、
どっちにするかで時間がとられる。
割ると掛けるでは大違い。
単位だけでなく、有効桁数も考えろと。

全く使ってこなかった脳みそのある部分を使うわけで、
滑らかに働いてくれるのにまだ相当時間がかかります。

数をこなせば何とかなるのを信じて
やるしかありませんが、
今更ながら
湿り空気線図は便利と再確認した次第。

しかし、本当にスラスラできるようになるには
まだかなり時間がかかりそうである。







Last updated  2021年11月22日 08時05分49秒
コメント(0) | コメントを書く


2021年11月17日
カテゴリ:高性能 省エネ


おはようございます、
紙太材木店の田原です。

今朝は6.9度の美濃地方。
掃いても掃いてもケヤキの葉が落ちてきます…。

ガソリンが高騰しています。
全国平均で169円/Lとか…。
平均ということは、既に170円以上のところもあるということになります。
当然、ガソリンだけでなく、冬の暖房燃料の灯油の価格にも影響が出てくるでしょう。

冬の主な暖房燃料が灯油の家は、
飛騨地方に限らず、美濃地方でも相当程度あります。
エアコンだけで暖房という家は一握り。
岐阜県の世帯数は78万世帯、人口は約200万人。
1世帯3人弱ということになります。

78万世帯の内、エアコンだけで暖房が可能な家はどれくらいでしょう。
年間1万戸が岐阜県の住宅着工件数(アパート、貸家、分譲住宅も含む)
長期優良住宅は昨年2000戸ほどが建てられてます。
全国平均では12.5%ですから、
岐阜県はかなりの割合ということになります。

ただ、長期優良住宅の断熱性は
Ua値で言えば0.87
Q値2.7程度です。
気密は恐らくそれほど意識されていないとすると2前後でしょうか。

これで、美濃地方でエアコンだけの全室暖房はちょっと無理で、
エアコンに加えて灯油のファンヒーターが必需品。
人がいる部屋、いる時間だけの部分間歇暖房で、
子供部屋や寝室だけならいけるでしょう。

今までの経験から判断すると
エアコンだけで全室暖房となると
Ua値0.46以下
Q値で1.6以下
気密は0.5以下

長期優良住宅でUa値が0.87でクリアするところを
更にその半分くらいまでする0.46以下となると、
恐らく数えるほどということになります。

78万世帯の内
エアコン暖房だけで暮らしている世帯数は
1%で7800世帯
2%で15600世帯

大手HMのUa値も標準的には0.46以上が大半ですから、
岐阜県でエアコンだけで全室暖房で暮らしている世帯は、
戸建て住宅に限れば
1%

あるのかなぁ?






Last updated  2021年11月17日 09時02分06秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年11月15日
カテゴリ:高性能 省エネ



おはようございます、
紙太材木店の田原です。

雲一つない快晴の美濃地方。
昨日は11時を過ぎても13度ほどしかなく寒く感じましたが、
今日は晴れて20度ほどになるとか…。
日差しに恵まれている地域ですから、
日射をどう利用するかは設計者の腕次第ということになります。

さて、COP26が閉幕しました。
会期を延長してようやく宣言が採択されたわけですが、
そこに至るまでは利害関係者の駆け引きがあります。
少し前の日本の3省合同会議などと、瓜二つのことが行われてました。

推進派にとっては物足りない
慎重派にとっては厳しい
でも、総意を造らなければならないとなると
難しいものがありますが、
進む方向は同じなのですからあとは時間の問題となります。

ある国は早く
そうでない国はゆっくりとなりますが、
それはあなたにとっても同じで
ゆっくり進むのか、早く進むのか

これから家を建てる方は
温暖化対策、あるいは省エネという時代の流れの中で、
もっとも有利に動くことができる人たちです。

なぜなら、希望しさえすれば、
住宅で使うエネルギーの大半を自前で賄うことができます。
もっとも、オフグリッドと言って電力会社から電気を供給されなくても
生活で必要なエネルギーを賄うことができますが、
それを勧めているわけではありません。

(そのお話は長くなるので別の機会に)

エネルギー価格はこれからも上昇していくことが予想されます。
凡そ平均して年間3%
3%上昇すると10年で30%以上ということになります。
給料がそれと同じように上昇していくかどうかは、失われた30年を見ればわかります。

リフォームをして家を高性能に
ある程度自前の太陽光パネルでエネルギーを賄おうとすると、
相当程度費用が掛かります。
20年前の2x4住宅でも30坪を超える家で
家を丸ごと高性能(Q1.0住宅あるいはHeat20G2レベル)にしようとすれば、
恐らく2000万近くはかかるでしょう。

それが新たに家を建てる時であれば
Q1.0住宅レベル3あるいはレベル4、Heat20G2.G3でも、
そのレベルを標準的に建てている工務店が多くあります。
価格差はそれぞれですが、新たにリフォームするより遥かに安価にできます。

このレベルの住宅であれば
太陽光パネルを設置すれば
相当程度のエネルギーを賄えます。
今後はエネルギー価格の上昇に加え、
電気自動車用の電源の確保も考えておく必要もあります。

ガソリンは自前では何ともなりませんが
電気だったら何とかなるんじゃないでしょうか。






Last updated  2021年11月15日 08時14分25秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年11月03日
カテゴリ:高性能 省エネ
​おはようございます、
紙太材木店の田原です。



昨日は池田町の家。
造作キッチンの仮組み。
天板はステンレスですが、
キズが付かないように白のシートで養生がしてあります。

本体の箱モノは現場で大工さんが組み立てます。
天板のステンレスは図面を起こして
ステンレス屋さんにオーダー、
そこにIHと食洗器を組み込みますから
きちんとそれぞれの寸法があってないと、
はまらない、入らない、組み立てられないとなります。
何度も確認して大丈夫だと思っていても
やはり、現地で組み立ててみないと心配ですから、
資材が揃ったところで一度仮組をします。

工務店さんならそんなの簡単じゃない?
いえいえ、何が起こるのかわからないのが現場。
誰かが寸法を読み違えていたり、
(大工さんが、ステンレス屋さんが、そもそも設計者が!)
発注した品番の機器とは別のものが入ったり、
造作キッチンの場合だとコンセントは本体設置が普通ですが、
設置スペースはとても狭いところの間になりますから
そのおさまり具合は大丈夫かなど、
実はそれなりにハラハラドキドキしてます。

従来はキッチンの後ろのカップボードや
洗面化粧台を造作で作るケースが多かったのですが、
最近はキッチンそのものをオーダーで造られる方が出てきました。
専門のキッチンメーカーに依頼されるケースもありますし、
今回のように現場で大工さんの造作で作るケースもあります。

現場で制作するキッチンというのは、
やはり伊礼さんやアーキテクトビルダーの影響が大きいと思われます。

大手のTOTOやLixil、パナソニックと言った建材メーカーで
フラットな対面キッチンとなると、
シリーズのランクが上がって、ぐっと高くなります。
デザインも洗練されてますが
最近のSDGsを意識した自然素材系の室内のデザインやインテリアは、
大量生産の工業製品との相性はそれほど良くありません。

ホテルライクな
壁、天井はビニルクロス
床は合板フローリング
建具は既成の大量生産品
マスな市場はそれらで構成されてますから
いきおい、キッチンもそれらを対象にしたものがメインになりますが、
そのようなお仕着せのデザインやインテリアは嫌だという方も多くいます。
知らず知らずの間にそれが普通だ、自然だ、当たり前だと
思わされてきたとも言えます。


上述の伊礼さんや意匠系の設計者などの写真はネット上に溢れてますから、
上質なものを見る目を持った方が増えてきています。
その人たちは
住まいで本当にお金をかけるべきところはどこなのかを、

考え始めたのかもしれません。

この池田町の家
12月の終わりころ見学会を予定してますので
ご期待ください。






Last updated  2021年11月03日 10時56分43秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年10月25日
カテゴリ:高性能 省エネ

子供の置き土産の学生時代愛用の自転車は、北事務所の軒下に…


おはようございます、
紙太材木店の田原です。

今日は一日雨で
最高気温も15度程度とか…

実は先日結局、ついに、
薪ストーブに火をつけてしまいました。

スカスカの隙間だらけの事務所ですから、
エアコンだけじゃなかなか暖まらないんですね。
それに電気代もかかります。
廃材を燃やせる薪ストーブは電気代の節約にもなりますから
使わない手はないというわけで、朝から10時くらいまで。

冬は事務所でも住まいでも、
寒い思いをしないというのはとても大切であると感じる次第です。

さて、
週末は打合せが集中することになります。
初回の方や、もうすぐ着工、
あるいは最初のプレゼンなどいろいろですが、
今回一組ドタキャン…
経験上、ドタキャンはほぼ100%初回の方。
初めて来られる方の接客はとても大切なので
毎回、いろいろ準備をしますが、
こんなこともあると割り切るしかありません。

ということで時間ができたので
最初のプレゼンをする方のプランの見直しをすると、
いいアイデアが浮かんできました。

それほど広くない敷地に平屋の家。
車と自転車2台を置くスペースが必要なんですが、
この自転車2台が上手く置けない。

置く場所が定まらないんですね。
無理やりカーポートの横にしてたんですが
どうにも取って置いたような感じが否めないプランで、
気に入らないと感じてた次第。

玄関ポーチを広げて中に置くと、
外観にマッチしていい塩梅におさまりました。
たったこれだけのことですが、
固定観念があるとなかなかプランが広がっていきません。

ウッドショックの渦中で
予算を横睨みしながらですが、
性能を落とす方向は住まい手も私も考えていませんから、
必然的に大きさを精査していくことになります。
LDKの広さ
寝室の大きさ
物置のスペース
本当にその広さが必要なのか
でも同時に、
どんな生活、どんな暮らしがしたいのか
温暖化ガスの削減や空き家問題を考えると
今現在だけでなく
20年後、30年後を見据えたプランが求められわけで、
設計者の責任は重大です。

今回は外のポーチを広げたので
床面積が広くなったわけではありませんから
増額分はそれほどでもありません。

ドタキャンのおかげでアイデアが出てきたと考えれば
ある意味、感謝であります。








Last updated  2021年10月25日 09時06分32秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年10月22日
カテゴリ:高性能 省エネ



おはようございます、
紙太材木店の田原です。

昨日の朝は7.1度、
今朝はそれほどではありませんが10.1度
日に日に寒くなっていくのが実感できます。
事務所ではまだエアコン暖房ですが、いつ薪ストーブに火を入れるか…
いつもは11月になってからですが、
今年は10月中に火を入れることになるかもしれません。

さて、
木造住宅業界はプレカットが主流になってます。
最近は大型パネルと言って
在来木造でも、断熱材やサッシを事前に取付けてある壁を
パネルにして組み立てるところも出てきました。

現場での作業工程を減らして
現場での生産性を上げるのが主な目的。
断熱材やサッシであれば熟練した大工さんでなくても、
工場でパネルに組み込む作業なら誰でもできます。

現場での省力化や生産性を高める工夫は
仲間内でも以前からやっていて、
屋根はパネルにして取り付けるところもかなりありました。
2x4材の210という幅が217ミリの材に断熱材を入れ、
パネルにして設置するというもの。
ウッドショックで210材が高騰して入手困難になって
現在ではほかのやり方になってますが、
屋根の断熱材が21センチのほどの厚さで入れられますので、
生産性の高さや断熱性とのバランスの良さから
結構仲間内ではしていました。


紙太材木店では屋根の断熱材の厚さは30センチ。
210材では21センチしかありませんから厚みが足りません。
生産性を高めようと調べると、
​ダブルシールドパネル​​という屋根パネルがあります。
三井ホームの関連会社の三井ホームコンポーネントが販売してますし、
同様のものも​Rコントロールパネル​として一般に販売されています。
EPSという断熱材をOSBという合板でサンドイッチにしてあり
厚さは14センチ。
EPSなので14センチでもそこそこの断熱性があるかと調べて見ると、
EPSの熱伝導率が0.038
パネルの熱貫流率は0.263…

まさかの
高性能グラスウール16Kと同じ熱伝導率。
30センチの厚さの熱貫流率は0.135なので、
14センチの0.263では倍の熱貫流率になってしまいます。
これではいくら生産性が上がっても
同じ熱貫流率にしようとすると、
それこそダブルにして載せなければなりません。

真夏には80度を超える屋根の表面温度。
室内の天井の表面温度は高くても26度か27度くらいに抑えないと、
表面からの輻射熱でエアコンで冷房しても暑く感じてしまいます。

屋根の断熱性は、
夏の住まいの暮らし易さに直結しますから、
生産性だけで考えるわけにはいきません。
断熱不足を補うには
強力な設備品が必要になるわけで、
それはつまり高い電気代を意味します。

断熱性を上げておけば
少ない消費電力で住みますし、
断熱性がそれなりなら、それなりの電気代が必要になります。






Last updated  2021年10月22日 09時39分40秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年10月20日
カテゴリ:高性能 省エネ

高性能な家は、日射とサーキュレーターも上手に活用


おはようございます、
紙太材木店の田原です。

本日は快晴。
あさの気温も11度と、この時期らしくなってきました。
一昨日はかなり冷え込んだので
隣町の七宗町に住む友人は、薪ストーブを焚いたなどと言ってました。

かくいう私もエアコン暖房を始めていますが、
以前に比べて暑さ寒さを我慢することなく、
すぐに暖房や冷房をするようになったような気がします。
エネルギーや二酸化炭素の事を考えると少し後ろめたい気もしますが、
健康との間で天秤がかかると
リモコンのスイッチを簡単に押してしまいます。

エネルギー計算のしてある住宅を建てていますから、
住まい手の方には
「暑さ寒さを感じるようなら
我慢することなく暖房、冷房をしてください、健康第一です」
と常々言っている。

年間の冷暖房を含めた消費電力がどれくらいになるかは
計算して伝えてありますので、
住まい手の方もある意味安心してエアコンのスイッチが入れられます。
基本的に暖房や冷房を始めれば
スイッチを切るのはシーズン終了後。
24時間、暖房や冷房をすることになります。

しかし
母屋は100年前の家
寝てるところは離れで30年前の2x4、
というのが私の現実…

住まい手の方には、
健康第一、暖房しろ、冷房しろと何度も言ってるからか
自分の家の性能を顧みず冷暖房すると、
やはりそれなりに電気代がかかってしまいます。
健康か節約か我慢か
健康を言い訳に快適か

実は昨日、兄と話をする機会がありました。
兄は大手HMに勤めていた関係で
17.8年前にそこで2x4の住宅を建てたのであるが
全館空調である。

「全館空調ええぞ、家中快適や、寒い母屋と雲泥の差や」
「そりゃそうだよね、電気代、どれくらいかかってるの?」
「う~ん、冬場は4万超すけど、均すと月3万ちょっとかな」
「ふ~ん、それなりにかかるね」
「まぁ、そりゃしゃぁない」

均すと月3万ちょっと、年間36万である。
17.8年前の大手HMの全館空調
そりゃしゃぁないと言うしかない…







Last updated  2021年10月20日 09時09分17秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年10月18日
カテゴリ:高性能 省エネ


おはようございます、
紙太材木店の田原です。

今朝は冷えて9.1度の美濃地方
先週、蒸し暑くてエアコンで冷房をしてましたが、
今朝は同じエアコンで暖房です。
19.3度もあるなら必要ないだろうと思われるかもしれませんが、
この温度計は1.2mの高さに設置してあります。
気密の取れていない、スカスカの事務所ですから
足元が冷えるんですね。
ひざから下は恐らく、12.3度程度かと…

先週あるパッシブハウスのオーナーと話す機会がありました。
5年ほど前にパッシブハウス認定を受けた住まいです。

田原さん、エアコンって掃除しないとだめですね。

パッシブハウスに住むくらいですから
エアコンのフィルターの掃除などはこまめにしていたそうですが、
今年の夏に義弟が訪ねてきたとき
以前に比べて、なんだか暑いね、と言ったとか。
お盆前の特別に暑い時期でしたから
いつもより暑い夏だからかな、などと思ったそうですが、
それでもと思い
専門のエアコンクリーニング業者に掃除をしてもらったところ
全然違う!
涼しさの違いにびっくり仰天でした、とのこと。

パッシブハウスのように性能が高い家の場合、
エアコンの性能のちょっとした違いが
ダイレクトに住まい手の感覚に影響します。
断熱や気密の施工、換気の計算といった
住まいのポテンシャルががっちりできている家では、
このように、機器の性能が如実に表れることになります。

パッシブハウスとまではいかなくても
気密がしっかりとれていて
付加断熱をしている家でも同様です。

毎年エアコンクリーニングとなると費用も掛かりますが、
数年に一度はメンテナンスする必要がありそうです。
特に、高性能な住まいに住んでいる人ほどその価値はあります。

普通の家ではポテンシャルがそれほど高くありませんから
クリーニングの実感は思っているほど大きくはないと思われますが、
消費電力には影響しているでしょう。






Last updated  2021年10月18日 08時57分54秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年10月06日
カテゴリ:高性能 省エネ



おはようございます、
紙太材木店の田原です。

今朝は16.5度の美濃地方
昼間は30度を越えますが
朝晩は涼しさを感じるようになりました。

池田町の家では、
日射をコントロールできる
外付けのブラインドが付きました。

高性能な家では日射のコントロールは必須ですが
それを何で行うか、いろんな手法があります。

特に南面にある吹抜けの窓では
床がありませんから
さて、どうしよう?となります。
キャットウォークを設けて
人が窓の前まで行けるようにするというのも一つの手法。
窓の前まで行ければ、窓を開けてシェードの開け閉めや
吉津を下げることもできます。
どんな手法をとるかは設計者と住まい手の考え次第ということになります。

今回は電動の外付けブラインドなので、
リモコンで上げ下げや、
スラットと呼ばれる
ブラインドの羽の角度を自由に変えることができます。

日射の遮蔽と言うと
真夏を想像される方が多いと思います。
高性能住宅では
夏もですが中間期、
つまり秋や春も活躍の場となります。
真夏は強烈な日差しは太陽高度が高いので
屋根の庇で防いでくれます。
朝日や西日も真南に面した窓では
それほど多くは入りません。
朝日が昇るのは真東より北側になりますし、
夕日も真西より北側に沈みます。

そうなると
一番日差しが差し込む時間が長いのが
太陽高度が下がり始めた中間期の秋や春。

日中の気温自体もそれほど低いわけではありませんし、
(美濃地方は5日連続30度越え)
そこに窓から日差しが入り
加えて高断熱な家となると、
日射をコントロールしないと暑い家となってしまいます。

実際高性能な家で日射の豊富な太平洋側の場合、
真冬に日射をコントロールしないとオーバーヒート。
つまり家の中が30度近くになるケースもあります。

町の中や住宅地だとお隣の家がすぐ近くまで迫って、
そもそも日射が入らないというケースもあると思いますが、
田園地帯(田舎)ではお隣まで何十mというケースもあるわけで
日射のコントロールは必須となります。

どんなコントロールをするかは
設計者と相談ですが、
より効果のあるのはサッシの外側でのコントロール。

太陽の熱にお金はいりません。
その熱をボタン一つで上手くコントロールできれば、
より快適に過ごすことができます。







Last updated  2021年10月06日 09時56分21秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年09月17日
カテゴリ:高性能 省エネ
​​おはようございます、
紙太材木店の田原です。

予想外の台風進路。
暴風域は伴なっていませんが、
今シーズン2回目の台風養生になりそうです。
しかも、今日....

一昨日は新住協の総会。
10時頃から5時近くまでパソコンの前でしたから
さすがに疲れました。
通常の総会であればこの後は大懇親会で、
日本中のうるさい連中と議論しながら飲み明かすのが常ですが、
来年に期待というところでしょうか。

さて、
前回、お話しした床断熱の新たな手法。
簡単に言えば床の上にもう一度断熱材を置くだけ。

新住協の技術マニュアルには
床断熱の下側に断熱材を付加する手法なので、

その逆ということになります。
専用の金具を使って垂木とスノコ状の板で断熱材を支え、
既存の断熱材の下側に断熱材を付加する手法です。
金具は日本住環境が出してますが、
実はあまり広まっていないのが実情。

床の下に断熱材を付加しても
暖房エネルギーがそれほど削減できない。
つまり、壁やサッシ、換気といった部位の性能を上げたほうが、
遥かに削減できるわけで後回しになってる。
あるいは、それだけで十分と考えているからかもしれません。

上の全部をやって更にどこか削減に貢献できるところはと見て、
ようやく床となるわけです。

あるいはうちは基礎断熱だからというところもあるかもしれませんが、
基礎断熱、実は床が冷たい。
それを補う意味もあって床下エアコンなんですが、
エネルギーは当然床下も温めるわけですから
床断熱に比べ余分に必要となります。

じゃあ、床断熱?
下は床のサーモ写真




床を支える木材は91センチ角のマス目のように入っています。
緑色をしたところです。
黄色の部分は断熱材が入ってますが、
この緑色の部分は木材で
熱橋になってますから温度が低くなってます。

新住協の従来の床の断熱材の下に断熱材を付加する理由は、
この熱橋対策がメイン。

熱橋の木材は約10センチ角ですが
それが91センチのマス目を作って床全体にあるわけで、
その面積は床全体の30%に及びます。
1階の床の30%が断熱材の無い木の部分なんですから
そこに断熱材を取り付ければそれなりに効果はあります。
全体の暖房エネルギーの削減率は5%くらいですが、
体感する暖かさ効果は数字で示すことはできませんが大きなものがります。
特に床は素足や靴下だけで接するわけで、
ダイレクトに床表面の温度を感じることになります。

仲間内では評価の高い床上断熱。
広まっていくかどうかは
住まい手の意識次第のところもありますが、
壁の付加断熱が一昔前に比べれば相当程度一般的になっていますから、
増えていくかもしれません。
鎌田先生の基調講演の資料に断面図等もありますから、
興味のある方はトライしてみてください。
もちろん、既にUa値が0.3前後の家が前提です。






Last updated  2021年09月17日 08時29分07秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全288件 (288件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 29 >


© Rakuten Group, Inc.