000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ケヤキの木の下で            岐阜/愛知 自然素材でZEH READYの家

PR

Category

Calendar

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

全61件 (61件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

素材

2019年11月27日
XML
カテゴリ:素材
​​


おはようございます、
紙太材木店の田原です。

先週の最低気温は1.4度の美濃地方
11月も残すところ数日ですから
いよいよ本格的な冬を覚悟しなければなりません。

大門の家では
鼻隠しと破風(はふ)が塗装されていました。
鼻隠しと言うのは上の写真を見ていただくと分かりますが
軒先の樋が取付く板と覚えておくと分かり易いです。
この家は切妻(三角屋根)なので
軒先だけでなく三角に見える屋根側にも同じような板がついていて
それを破風と言います。


一般の家の多くは破風や鼻隠しはサイディング
中には破風や鼻隠しを板金で巻いてしまう仕方もありますが
紙太材木店では木を使うケースが大半です。
和風の家に使われる破風は
桧や杉、米ヒバが多かったのですが
本格的な日本家屋でなければ
ピーラーと呼ばれる目の詰まった柾目の米松が使われます。
一昔前の和風の住友林業の家の破風や鼻隠しはピーラーが使われているので
どこかでご覧になっているかもしれませんし
伊礼智さんの設計の家でもピーラーはよく使われています。

問題はこのピーラーの価格
木材は体積で価格が表示されます、
つまり1m3あたりいくらと言う具合に。
4.5年前までこのピーラーの価格は
1m3あたり30万~35万だったのが
今では50万~60万

破風1枚のサイズが
長さ4m、幅20センチ、厚み3センチとすると
単純計算で
4x0.2x0.03x600000=14.400円
これは加工手間を含んでいない価格なので
それらと運賃を入れると2万円近くになります。

何故そんなに値上がりしたのか聞くと
いいものは中国が高値で買ってくれるので
それにつられて値上がりしたとか(本当か不明)

どちらにしても
これだけ値段が上がってくると
昔ながら桧や杉と言った
地域で調達できる材料も検討要素に入ってきます。
ピーラーの破風にピニー色のデザインは伊礼さんの定番?で
意匠系のアーキテクトビルダーの多くが使ってますが
これも一時の流行とみるべきで
住宅における地産地消の時代がすぐそこまで来ているのかもしれません。




神戸町の家






Last updated  2019年11月27日 07時39分17秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年02月14日
カテゴリ:素材
おはようございます、
紙太材木店の田原です。

久しぶりの快晴
もちろん放射冷却で氷点下ですけど
雲一つなく気持ちよく晴れ渡っています。


​屋久杉の稲子(イナゴ)天井​


今年最初の仕事は
介護保険を使った介護リフォームで
玄関の段差の解消と手摺の取付工事でした。
その家は昭和4年に紙太材木店で建てさせていただいた家で
亡くなった父の友人の家です。

外観も杉板張りでレトロな雰囲気を醸し出していますが
道路からは一歩中に入っていて植栽もあるので全景は道路からは分かりません。



玄関も広々としていて
ソファーを置いても余裕があるほどです。



木部も時を経た風合いというものが感じられますし
玄関の土間は三和土(たたき)です。

三和土と言っても今の方はほとんどご存知ないと思いますが
玄関の床にタイルを貼るようになる以前は三和土でした。
これは土に消石灰とにがりを混ぜて、それこそそれを叩いて仕上げたもので
今でも古い農家の玄関に行けば見ることができますし
町家でもこの家のように古い家であれば三和土である可能性があります。
一見モルタルを塗って仕上げてあるように見えるので
気が無ければ気づきませんが
外壁に使われている杉板も家の中の廊下や壁の腰板や漆喰
それにこの三和土も家が建ってから90年も経っているのになんの不具合もありません。
新築を検討される方の中には
メンテナンスについて気にされる方もいますが
自然な素材を使い、しっかりした施工がしてあれば
それほど気にされることはありません。

外壁についてはほとんどの方がメンテナンスについてお尋ねになりますが
人工的に色を付けたものは紫外線により必ず劣化しますし
チリやほこり、カビなどもつきますから足場をかけて再塗装となります。
もちろんつなぎ目のコーキングも。

上の写真のような杉板なら
90年経ってもご覧の通りですし
90年後も杉板が無いなんてことは考えられません。
もちろん、90年間ノーメンテナンス
外壁に杉板は超お勧めです。








Last updated  2018年03月21日 12時00分25秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年01月19日
カテゴリ:素材
おはようございます、
紙太材木店の田原です。

ここ数日、暖かい日が続きますが明日は大寒、
来週からはまた寒くなりそうです。



一般的に新築検討者の多くはドアより引き戸を希望されます。
それほど広くない住まいでドアを取り付ければ
ドアが開く部分のスペースを確保しなければなりませんし、
日本の住まいがもともと引き戸をベースにしていることから
DNAの中に引き戸が組み込まれているのかもしれません。

ただ、金額的なことを言えばドアに比べると引き戸のほうが3割ほど高いことから
一般的には予算調整で引き戸からドアに変更というケースも見られます。

さて、今回はその引き戸の鍵の話
紙太材木店でも引き戸を使うケースが多くあります。
多くは建具屋さんに作ってもらう戸なのですが
気になっていたのは錠
脱衣室やトイレに引き戸を使う場合、鍵が必要なのですが
デザイン的にも機能的にもなかなか気に入ったのがありません。
一般的なカマ錠と呼ばれるものを使うのが普通でした。

カマ錠​というのは建具のほうにカマ状のフックが付いていて
枠(方立)のほうに受け金具がついているものです。
このカマ状のフックを回して受け金具に引っ掛けでカギをかけるわけです。

この錠の場合、建具を外側に押しながらフックを回すので
受け金具の溝からフックがずれて、カギのかかりが悪いケースもたまに見られました。
加えてデザインが・・・・

ところが上の写真
昨夜FBを見ていたら田中工務店の田中さんが
大人買いしたと出ているではありませんか。(1ダース購入とか)
カマ錠ではなく、カンヌキになっています。
デザインは中村好文さん






値段は1セット5000円と少々高めですが
使ってみたいですね。
この形なら建具の厚みが合えば後付けでもできそうなのもいいです。

製造は富山の高岡銅器団地協同組合







Last updated  2018年03月21日 12時07分11秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年11月27日
カテゴリ:素材
おはようございます、
紙太材木店の田原です。

11月も最後の週で今年もあと残りわずか
あっという間の1年でした。



​ミーレHPより​

最近のお客様の傾向で
食洗機はどのお客様も取り入れられます。
新築、リフォームにおいてはほぼ100%と言ってもいいでしょう。

ここで皆さん迷われるのがサイズ
日本製では幅が45cmが主流ですが
海外のものは60cmがあります。
家族の人数や、どのタイミングで食器を洗うかによっても違いますが
毎食後洗えば一日3回
夜間にまとめて洗えば一日1回
朝昼合わせて一回、夜一回の一日2回のケースもあります。
電気代の節約という意味では夜間に1回がお得です。
ただ、45cmでは夜間に一回は少し無理があるので皆さん迷われます。

食洗器の幅が15cm違うと
キッチンの引出しの幅がその分小さくなるというのが
大方のシステムキッチンつくりです。
もちろん幅が2550mmのタイプから2700mmに変えられる方は別ですが、部屋のサイズの関係から無理なケースもありますから
引出し収納を優先するか食洗器を優先するか
主婦の悩みは尽きません。

家事労働時間という観点から見れば
食洗機という設備が現代では必需品となったと考えていいでしょう。
対面キッチンではキッチンに立つ背後にバックカウンターがあるのが一般的ですので
そちらに少なくなった収納分を移動させれば,60cm幅も可能です。

ただ60cmタイプでも45cmの深型と同じ程度の容量しかないものもあって
選択には慎重さが求められます、60cmを買ったけどそれほど入らないなんてならないように。
ネットで検索すると最近は日本製でも60cmタイプのものも出てますから
比較検討する必要があります。

ということで、
お勧めはリンナイでしょうか、
価格、満足度はPanaよりも上のようです、
もちろんミーレやAEGが検討できる予算のある方は別ですが
60cmに魅力を感じている方や60cmは必須と考える方は
リンナイを検討してみても損はありません。






Last updated  2018年03月21日 12時19分22秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年09月18日
カテゴリ:素材
おはようございます、
紙太材木店の田原です。

昨夜の台風、美濃地方では
夜中の12時過ぎから風が強くなりました。
今朝の事務所前の状況はご覧の通り


道路だけでなく、駐車場や土場も同じような状況ですから
早速片付けが始まってます。
工事中の現場も一昨日、昨日と台風養生してますが
確認に出かける必要があります。

さて、拭き漆をしていてかかった漆かぶれ
(本庄中ノ町の家のカウンターで使用)
前回、かゆみのピークが過ぎたと書きましたが
その後も体のあちこちにかぶれの症状が出ています。
両腕、指先から脇の下まで、
両足の内ももと両膝の内側などです。
一番最初に違和感を感じた上唇の上は
既に完治しましたが
漆の化学成分が体の中に入り
順次体中に広がって各地で症状を引き起こしているという感じでしょうか。
最初は顔、次に手首、
手首から肘、指先、肘から脇の下、内もも、両膝の内側
最後に現れた両ひざの内側の症状はようやく昨日のことです。
指先を除くとどこもダニに咬まれたあとのところです。

6月に草刈中に漆にかぶれた時は
触れたと思われる顔面が中心で
その時はそれ以外の場所で発症することはありませんでしたが
今回は全く症状の出方が違いますから
体調も影響していると思われます。




今月のCONFORT No158に
MOKスクールでお世話になっている三澤先生の事務所の漆塗りが紹介されています。
うちの小柳もそこで習ってきたのですが
写真の中で作業をしている中根君や久保さんは半袖!
(くれぐれもマネをしないように)

ワークショップも開催されていますから
やってみたいという方はお申込みを。
上の二名は何度もしていて慣れてますから半袖ですが
初めての方はくれぐれも細心の注意と周到な準備が必要で、
そこのところはワークショップで口を酸っぱく言われます。
それでもかぶれる時はかぶれてしまうのが漆
魅力に取りつかれると、かぶれてもかぶれても拭き漆をするという強者もいるとか。
CONFORTではいろんな種類の木に、様々な色を塗って仕上げた拭き漆の写真や、柱や床板、カウンターに塗った写真も掲載されていますからご覧になると参考になります。


ウレタン塗装に飽き足らない工務店や
感度の高い住まい手にはお勧めの拭き漆
ハードルは高いですが取り入れたいですね。







Last updated  2018年03月21日 13時05分39秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年08月11日
カテゴリ:素材
おはようございます、
紙太材木店の田原です。



いよいよお盆休み
紙太材木店も本日から17日までお休みですが
現場は動いていて、その休みは12日から14日まで
何かあれば誰か彼か動ける体制になっています。

昨日は本庄中ノ町の家で日射遮蔽の外付けブラインドの設置
設置場所は吹抜けのFIXサッシ

一番簡単なのは室内側でブラインドを取り付けることですが
サッシのガラス面より室内側で日射を防ぐことになりますから
日差しは防げても熱は室内に入ってきてしまいます。
高性能な家ではこれはご法度

設計者はこの吹抜けの窓の日射を外で遮るため
いろんな工夫をします。

吹抜けの外にバルコニーを作ってシェードを取付ける。
あるいは吹抜けにキャットウォークを設けて窓まで人が行けるようにしてシェードを付ける。
というのは代表的な手法でしょうか。
でも、バルコニーやキャットウォークを付けたくない場合、
あるいは付けられない場合はNG

吹抜けに大きな窓を付けるのは
冬にできるだけ日射を取り込みたいのと、明るさを室内の奥にまで届かせたいから
日射を遮蔽する装置があればそれを自在に変えることができます。
つまり明るくしたくない、少し暗くしたい時でもそれが調節できるわけです。
邪魔なのは夏の日差し・・・

ということで
最近、大攻勢(売り込み)をかけているのが
外付けブラインドのヴァレーマ
扱っているのはオスモ&エーデル社
わかっちゃいるけど高くて手が出なかった電動外付けブラインドですが
値段がこなれてきました。

こちらの西方設計の自邸(幅4m、高さ5mが2セット)ほど大きくありません
サイズは幅1.6mx高さ1.3mとささやかな大きさ
電動で上下し、スラット(羽)の角度も自由に調整できる優れもの
室内でリモコンでできますから便利なもんです。

とは言いながら
木製通風ガラリ戸も工夫次第で吹抜けに設置可能


粟野の家

室内に入ってくる光の陰影も捨てがたいものがあります。

川辺の家C

日射遮蔽、
機能的にもデザイン的にも選択肢が広がってきましたから
ここはいつも悩みどころになります。






Last updated  2018年03月21日 13時12分53秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年07月31日
カテゴリ:素材
おはようございます、
紙太材木店の田原です。




昨日は朝から土砂降りの雨でした。
台風の影響もあるようで
来週にかけての天気が気になります。
所用があって荘川に行ったのですが
途中のサービスエリアの気温は22度
下界の暑さが嘘のように感じました。
帰る途中に寄った郡上の鍾乳洞の内部はさらに低くて15度
最近は観光ルートを歩くだけでなくケイビングルートもあって
申し込めば繋ぎの上下にヘルメット姿でガイド同行でケイビング(洞窟探検)ができます。




さて、久しぶりの現場レポート
この板は不揃いのように見えますが
全て同じ材種のもの
何の色も付けていません。

右から3番目の色は一般の方がイメージする木の色でしょうか
左から2番目も程よく色づいて、ナチュラルテイスト
真ん中と一番左が異端児?で
それ以外は何となく想像していただける範疇に入っていると思います。

工場で作られる工業製品ではこんな色のばらつきは許されませんし、
大量生産で来ませんからおそらくコストも相当上がると思われます。
このバラバラの部材を違和感なく使う必要があるわけで
自然のものを、そのまま自然に使う工夫が求められます。
求められるのはセンスという言葉ではなかなか表現できないもの

さて、住宅内部でどんな感じに仕上がるのか?
途中イメージと完成後のイメージはまるで違いますから
このような部材を使用した場合、工事中の写真はNG

お見せしたいのはやまやまですが
何所に、どれくらいの量、どんな風に使うのか?

今しばらくお待ちください。






Last updated  2018年03月21日 16時30分19秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年06月02日
カテゴリ:素材
おはようございます、
紙太材木店の田原です。



昨日は外壁に貼る杉板の塗装
天気が不安定で一時的な雨も予想されましたから
工場内での塗装となりました。
塗装と言ってもウッドロングエコを塗るだけなので
それほど手間はかかりません。

多くのお客様が
外壁にはメンテナンスがあまりかからないものを希望されます。
一度作ればほぼ何もしなくていいのがタイルやレンガですが
如何せん最初の金額が相当高いものになります。
残る選択肢はサイディングかガルバリウム、
あるいはモルタル吹付といったところでしょうか。

モルタルに吹付というスタイルは
大手のハウスメーカーでは住友林業と三井ホームぐらい
その他の大手では一部の例外を除き、ほぼ100%サイディング
地場の工務店でも多くはサイディングかガルバリウムでしょうか。
デザインを意識しているところでは
加えて塗り壁の漆喰や白州ソトン壁ですが
そこにここ数年、杉板の外壁が加わりました。

杉板張りの外壁
実は日本中で昔から使われてきた手法で
昔は土で壁ができていましたから
漆喰が塗られたところやそのままの土で仕上がって
雨がかかるところは杉板で保護していました。

その杉板の厚みは2分3厘
普通はニブサンと言いますが
約7ミリの厚さ
そうです、たった7ミリなんですね。
これで優に50年は持ちます、
何もしなくても。

住まいはどんなものでも建てた時から順次変化していきます。
住宅の外壁も同じで変化、あるいは劣化して変わっていきます
色があるものは紫外線で退色していきますし
つなぎ目になにか詰めてあればそれも劣化してきます。
それをメンテナンスするのですが、
メンテナンスには
見た目などのデザイン的なメンテナンスと
防水性など性能維持のメンテナンスがあります。

外壁などはどちらかと言えば
見た目のメンテナンスの割合が多く
サイディングのつなぎ目など口が空いてきた場合でも
防水性能はその下に貼ってある防水紙が担っています。
つまり、見た目の劣化に耐えられなくてメンテナンスするというケースです。

しかし、時を経た風合いが出てくるものは
見た目に違和感がありませんから
メンテナンスしようという気持ちがでてきません。
むしろその変化を楽しむ気持ちがでてきます。
杉板の外壁もその部類に入ります。

ラテン語では時を経た風合いのことをパティナといいますが
2000年も前のローマ人の時代から
人は時を経た風合いを楽しんでいたようです。







Last updated  2018年03月21日 16時51分58秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年05月08日
カテゴリ:素材
おはようございます、
紙太材木店の田原です。


可児の家 セカンドキッチン

今朝は10度を切っている美濃地方
少し肌寒く感じますが、日中は27度とか
これで花粉や黄砂が無ければ言うことなしです。

さて、連休中に多治見市のモザイクタイルミュージアムに行ってきました。

藤森照信さんの設計


内部は4階建ての構造です。
その名の通りモザイクタイルが数多く展示してありますが
モザイクタイルというと1cmくらいの細かいタイルを想像される方もいるかもしれませんが
モザイク模様のタイルも数多くあります。




モザイクタイルというと
年配の方のイメージはこんなものでしょうか。
子供のころどこかで見たような手洗いに数多く使ってありましたから
どこか郷愁を感じさせます。



最近のキッチンはキッチンパネル全盛で
20年ほど前にこのパネルが出る前はタイル以外は考えられませんでしたが
今ではほとんどの方がキッチンパネルです。

でも、また流行は繰り返すではありませんが
キッチンの前や洗面台の前をタイルで施工という方が増えています。
何よりキッチンパネルでは機能100%でデザインに限界があることと
タイルであればいろんなデザインが楽しめますし
使う面積はそれほど多くありませんから
予算的にも意識する必要がありません。
タイルが使われなくなった大きな要因は
目地のカビと油汚れのお手入れ
でも、目地のカビは24時間換気がきちんとできている家であれば
格段にそのリスクは低くなりますし
油汚れもガスからIHに変わったことや調理方法の変更で
随分少なくなっていますから
キッチンの前でもタイルを検討していいんじゃないでしょうか。



可児の家 洗面室

住宅でタイルの使用というと今や玄関の床やポーチぐらいですが
実際にこのタイル選びもデザイン的に工夫したり
楽しんだりということが好きな方は結構時間を費やされます。
もっとお使いになってもいいですし
ご自分の趣味や感性をプチ表現できる部分ですのでタイルはお勧めです。
ご興味のある方はモザイクタイルミュージアムに行ってみてください。




体験教室なんてのもやってますが
お母さん方のほうが熱中しているようです。
どれくらい盛況だったかというと
このぐらい(笑)


更に本格的に考えたい方は
名古屋に名古屋モザイクという会社があります。
そのショールームではさらにいろんなタイルがありますから
一度お訪ねになると本当に使いたくなります。
どちらに先に行っても楽しめる場所です。






Last updated  2018年03月21日 16時56分38秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年02月08日
カテゴリ:素材
おはようございます、
紙太材木店の田原です。

今朝もマイナス3度の美濃地方
湿度は70%程なので超乾燥状態
こんなことを書くと???という方も多くいると思いますが、
空気中に含まれる水蒸気は3gほどですから
真夏の気温32度の時に当てはめると
湿度は10%
そう、真夏に今日の湿度は10%です、なんて言われたら
ここは砂漠か?なんて思ってしまうかもしれませんね。
それくらい空気は乾燥してますから
乾燥肌の人は要注意です。

さて、本日はウッドワン
以前もキッチンをご紹介したことがありますね。
キッチンだけでなく住宅で使われるドアや階段などの建材を造ってますが
その多くは木
一般的には木に似せたオレフィンシートや塩ビシートを
圧縮板に貼り付けたものが主流ですが
ウッドワンは木なんですね。
大手のハウスメーカーなんかはあまり採用してませんから
ご存知ないかもしれません。

最近、このウッドワンのデザインでかなり面白いものが出てきてます。
既製品のキッチンやその周りの収納に飽き足らない層に受けるデザインと言ったらいいでしょうか。



無垢の木とアイアンの組み合わせ
今までだとオーダーでしかできなかったものの製品化
室内のインテリアやデザインとどう調和させるかという課題もありますが
そこは設計者の仕事
自然で素朴、見た目や虚飾を廃した実用的なデザインは
多くの方の気持ちを引き付けてるようで
土岐市の山の中のデザインルームはかなり賑わってるようです。


大名古屋ビルヂングにSRがオープンしましたから
ご興味のある方はお訪ねになってください。
以前の金山SRよりもかなり充実してます。
そこで飽き足らない方は
少しハードルが高いですが土岐市の山の中を目指すことになります。
キッチン周辺にこだわりのある方は
最初から土岐に行ったほうがイメージが掴めるかもしれません。
(外観のびっくりぽんはたどり着いてからのからのお楽しみ)







Last updated  2018年03月21日 17時25分34秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全61件 (61件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.