000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ケヤキの木の下で            岐阜/愛知 自然素材でZEH READYの家

PR

全166件 (166件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 17 >

温熱環境

2022年01月26日
XML
カテゴリ:温熱環境



おはようございます、
紙太材木店の田原です。

昨日は昼間の気温が10度を超えた美濃地方。
(と言っても11度程度)
1月10日以来ですから2週間ぶりの10度越え、
朝は氷が張って氷点下でも
10度を超えると明らかにいつもの寒さと違うことが分かります。
しかし今は大寒の真っただ中、
今しばらくは昼間でも寒さに注意が必要です。

そうは言いながらも事務所の中はと言うと、
昨日の夕方の18時。
気温は28.5度、湿度は20%
薪ストーブを焚いてやかんで加湿、
一昔前のどこかの事務所のような環境。
おかげでシャツ一枚で仕事ができます。
少し暑い時は窓を開けるか
水屋の換気扇をまわすか
あるいは外へ涼みに出る。

外気が8.9度で59%ですから
絶対湿度は4.2gほど…
やかんの水蒸気と人で少し加湿され、
室内は4.8g
換気は薪ストーブの煙突ですからこんなものでしょうか。

さて、
巷では調湿性のある断熱材なるものがあるとか。
冬季に室内が乾燥すると、
水蒸気を吸った断熱材が室内に水蒸気を放出し、
室内の湿度を上げてくれる。
夏場の室内の空気の中に含まれるじめじめした水蒸気を、
外に出して室内の湿度を下げてくれる。
エアコンで除湿した室内の空気、
その空気から更に除湿して快適な室内環境を作ってくれる。
そんな魔法のような断熱材があると聞きます。

水蒸気に限らず物質の拡散は拡散方程式で表されます。
熱伝導の法則とかオームの法則とか、
簡単に言えば物理量の場に勾配がある。
つまり、濃度の高いほうから低い方へ
密度の高いところから低い所へ
温度の高い方から低い方へ

水蒸気も密度の高い所から低い所へ拡散します。

ということは冬の寒い時期、
水蒸気を一杯吸った断熱材は
部屋の中に水蒸気を出してくれる?

いえいえ、家の外の方が湿度が低いのですから
断熱材が吸った?水蒸気は家の中ではなく、
外に向かって放出、移動、拡散されます。
残念ながら家の中ではありません。
夏はその逆。
部屋の中を除湿すれば
外気の高濃度の水蒸気が調湿性のある?断熱材を通して、
部屋の中に入ってきてしまいます。
防湿シートがありませんから
水蒸気の出入りは自然のままということになります。

物理の法則なので
いやいや、調湿断熱材は冬でも
室内に放出するねん!
室内を加湿するねん!
調湿するねん!
と言うことになると、
ニュートンのリンゴは空に向かって飛んでいくことになります。

家を建てるにあたって
論理的な、科学的なスタンスは
今の日本では
残念ながら住まい手自身が意識する必要があります。







Last updated  2022年01月26日 08時04分01秒
コメント(0) | コメントを書く


2022年01月24日
カテゴリ:温熱環境


おはようございます、
紙太材木店の田原です。

昨日は昼間でも4度ほど、
事務所では薪ストーブの薪を一日中焚いてました。
今日の日中は晴れて気温が上がるとの予報…
薪が少なくて助かります。

本州の高性能な家では冷暖房の主流はエアコンです。
暖房が床暖房でも冷房となるとエアコンということになります。

もっとも、高性能な家で暖房に床暖房という家の割合は少なく、
例外は一条工務店くらいでしょうか。

設置コスト、ランニングコストを考えると、
ヒートポンプのエアコンということになります。
エアコン自体に暖房と冷房の機能があるというのも、
床暖ではなくエアコンが主流となった一つの理由となります。
床暖を設置しても冷房はエアコンを別に取り付けるわけですから。

さて、もう一つ別な冷暖房システムと言うと
輻射式の冷暖房というのがあります。
本州では一般的ではありませんから、
局所的に使われるデロンギのオイルヒーターを
思い起こす方もいるかもしれませんが、
ちょっと違います。

室内に設けられた配管パネルに
温水や冷水を流して暖冷房をするもので、
冷房時には除湿もできます。
エアコンでの冷暖房に違和感のある方、
より上質な冷暖房をお考えの方にはお勧めですが、
設置費用やランニングコストはそれなりに上がります。
資金的に余裕のある方は一度検討してみてもいいでしょう。
メーカーはいくつかありますが
お勧めはこちら
高性能な住宅だけでなく、
無暖房の建物や古い民家で断熱材が入れられない、
あるいは入れるための壁を作ると部屋の雰囲気が変わってしまう、
そのような建物でも大丈夫です。







Last updated  2022年01月24日 09時09分52秒
コメント(0) | コメントを書く
2022年01月14日
カテゴリ:温熱環境
​​​



おはようございます、
紙太材木店の田原です。

美濃地方はきのうはほぼ一日断続的に雪でした。
昨夜から今も小雪が舞っている状況で、
路面は凍結しています。

凍結してると
冬用タイヤでも一度滑り始めると止まりませんから注意が必要です。
それに渋滞で登坂で止まると押してもらわなければ上がりません。
坂が短ければ前の車が登り切った後に進まないと、
途中で立ち往生になってしまいます。
長い坂は角度がそれほど急ではありませんが、
短い坂は長い坂に比べ角度が急ですからご注意を。

実は来週、北海道に断熱修行の旅に行きます。
案内していただく山本亜耕さんに勧められたのが、
雪靴(冬靴)と暖パン。
昨日届いたので
試してみたのですがとても暖かいです。
当たり前と言えば当たり前なんですが、
現場でも使える!というのが大変助かります。

工事中の現場は暖房器具はありません。
断熱材や気密シート、サッシが取付くまでは当然寒いわけで、
体を動かしていればそれなりに寒さを感じませんが、
金物のチェックや図面との照合となると
それほど体を動かすわけではありませんから
きちんと防寒対策をして現場に行かないと、
寒さで凍えることになります。

特に腰から下が冷えますから
靴とズボンの対策は必須。
靴の場合は対策と言っても厚手の靴下程度でしたから、
冷えても我慢でした。

事務所は薪ストーブですが気密が取れてません。
私の机は通用口の近くで事務所で一番冷える場所です。
ひざから下は冷気でそれなりに寒さを感じるのですが、
冬靴と暖パンで快適そのもの。

住まいの断熱性能は地域別でみれば北海道が日本で一番優れてます。
お手本にするところが多々ありますが
考えてみれば住まいだけでなく、
冬の服装も考えられてるわけで、
もっと早く気づくべきでした。

雪靴(冬靴)と暖パン
冷え性の方や現場で作業する方、
事務所の暖房が今一歩と感じている方、
更には住まいが寒いと感じている方には
お勧めの防寒対策。
一度お試しください。






Last updated  2022年01月14日 08時31分34秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年12月27日
カテゴリ:温熱環境





おはようございます、
紙太材木店の田原です。

今朝は氷点下2度の川辺町。
同じ美濃地方でも
西濃の関が原や養老では大雪警報が出るほどですが、
中濃地域のこの辺りは小雪が舞ってる程度です。

これくらいの気温になると、
エアコン暖房している住まいの方のお悩みはデフロスト。
床下エアコンであっても、1台で十分と言われていえる〇空調でも、
デフロスト運転に入ればエアコンは止まってしまいます。
肝心のもっとも寒く、
もっと暖かくしたいという時に限ってエアコンが突如、
プッシューという叫びとともに止まってしまいます。

昼間なら日射がありますし
夜間ほど気温が下がってませんからそれほど頻繁には起こりませんが、
昨日の日中のように昼間でも気温が5度以下だと
暖かくしたいのに、なぜ止まる!
故障か、不良品かと疑う方も多いと思いますが、
残念ながら故障でも不良品でもありません。

普段なら家にいない休日に部屋の温度が上がらない、
設定温度を上げてもすぐ止まってしまう、
昨日の日中や昨夜はそんな思いをされたかとも多いかと思います。

ネットで検索していただければすぐにわかりますが
エアコンが止まってしまうように見えた訳は、
室外機に付着した霜を取るための運転に入ったから。
機種や外気温にもよりますが昨夜くらい冷えると、
15分か20分ほど運転して10分ほど霜取りで止まるを繰り返すでしょうか。

飛騨地方や奥美濃あたりだと
寒冷地用のエアコンが普通にありますが、
それ以外の地域だとデフロストを意識することがありません。
一般地用エアコンが普通で寒冷地用を購入という方は、
それなりに分かっている人たちです。
愛知県あたりではそもそも家電量販店の店員が不要ですというかもしれません。

Ua値が0.46の高性能住宅で
エアコン1台で家中暖まります、と言われた住まいでも同様です。

デフロストの対策は
既に家を建ててしまった方なら
寒冷地用のエアコンに買い替えるか、
もう一台エアコンを設置して2台使い、
あるいは電気ストーブ。
ファンヒーターは排気ガスを室内に出すのであまりお勧めしません。

これから家を建てる方も同様ですが
実は設計上の工夫をすれば、
寒冷地用のエアコンを使わなくても普通のエアコンで対応できます。

紙太材木店で建てられる方のエアコンも普通のエアコンを使っていただいてますが、
ストレスなく過ごしていただいています。

実は私の住んでる離れは20年以上前の2x4ですので
寒冷地用エアコンを使用してます。
高性能な離れではありませんから
寒冷地用のエアコンでも時々デフロスト運転に入るので、
運転に入ると同時くらいに寒さが忍び寄ってきます。
一般地用のエアコンなら相当のストレスになりますから、
エアコンがだめなら灯油ファンヒーターということになってしまいます。

デフロスト運転でエアコンが止まることは、
温暖地の実務者の多くはほとんど認識していません。
設計中でもお引渡しの時でも
誰も説明しませんから、
エアコン1台で十分と言ったのにと後から文句を言われても仕方がありません。
2台目設置となれば、気密シートと断熱層、それに外壁に後から穴を開けることになりますから実務者として避けたいところ。
きちんとやろうとすれば
壁は一部めくる必要が出てきますから、
クロスなどの仕上げ材の補修、外壁の防水処理と、
金額もそれなりにかかってしまいます。

実務に携わる担当者はデフロストについて十分説明する必要があります。









Last updated  2021年12月27日 09時21分57秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年12月22日
カテゴリ:温熱環境
​​

おはようございます、
紙太材木店の田原です。

快晴で気持ちのいい朝です。
週末は池田町の家の見学会ですが、なんだか大荒れの予報が出てます。
室内は暖かくしてありますから全く問題はありませんが、
心配なのは車での移動の道中。
積雪量にもよりますが、雪が積もれば渋滞も予想されます。
どんな天気になるかは神のみぞ知るでしょうか。
お越しになる方は御注意ください。


本日は冬至、昼間が一番短い日。
あるいは、太陽高度が最も低い日。
でも寒さは、まだ本番ではありません。
寒さはこの後ひと月ほど遅れてやってきます。

冬至の日が一番寒いわけではありませんから、
設計時にもそのことを考えて日射取得や
庇の出巾の長さを考える必要があります。

もちろん建物の配置や
リビングや寝室、子供室の配置も同様です。
木造の注文住宅であれば
そこのところはかなりフレキシブルに対応する工務店や設計事務所もありますが、
大手のHMの企画住宅で型式認定などがとってあると難しいものがあります。

道路が東側で南向きの家となるとパターンが決まっていれば
間取りや外観にどのHMも大きな違いはないことになります。

南側にどんな建物がどんな配置にあるかはそれほど考慮されませんから、
日射取得や日差し、部屋の明るさなどは二の次。

Ua値が良くても、パネルが載っていてZEHでも、
こうしたらよかった、ああすればよかったが出てきます。

飯塚豊さんなどは
「多方方向から」「上方から」光を入れると言ってますが、
「多方向から」は眩しさの少ない室内環境を作るため。
上方に窓があれば光を遮る障害物はありません。
家の中央の吹抜けに光を落とせば南側に家が建っても、
日中は照明の要らない家ができます。

地方の田舎では、街中の密集地に比べれば、
それなりの広さと空間はありますが、

だからと言って好条件の敷地ばかりではありません。

設計者には住まい手の立地条件に合わせた知恵と工夫が求められます。






Last updated  2021年12月22日 11時55分47秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年12月15日
カテゴリ:温熱環境
​​おはようございます、
紙太材木店の田原です。

昨日も氷点下の美濃地方
いよいよ冬本番の寒さです。

が、日中は日差しがあれば相当程度暖かく、
マンションの中階(上下左右に隣室がある)同様日射を十分とれ、
それなりの断熱性のある家なら

恐らく昼間は無暖房で大丈夫でしょう。

建物の日射熱取得率、
専門的な用語で言うと ηAh(イーターエーエイチ)
これは暖房期、つまり冬に取得できる熱を表す言葉です。
冷房期つまり夏は ηAc(イーターエーシー)
ヒートのhとクールのCです。
窓からだけでなく日射から得られる熱は
屋根や天井、壁からも入ってきます。

窓から入る熱の計算式は
窓の面積×方位係数×ガラスの種類×外の庇や遮蔽物

外の庇や遮蔽物を無視して単純にすると、
窓面積×方位係数(東西南北どこにある窓か)×ガラスの種類(ペアガラスか一枚のガラスかあるいはLOW-Eガラスかなど)

この方位係数は住んでいる地域で決まっています。




出典:建築研究所資料


一番上段の1から8の数字は地域を表してます。

6地域の南面、暖房期の係数は0.936
屋根を1としてますから
その93.6%ということになります。
西の窓は0.523ですからほぼ半分くらいの熱が入ります。

南向きの掃き出しサッシ(1.6mx2.0m)
凡そ3.2m2の面積があります。
2ヶ所あると6.4m2ですが
真冬のお昼頃だと太陽高度は30度ちょっと
直射日光が当たって1m2あたり80wの熱が入るとすると
(ガラスの種類で変わりますが)
合計で6.4㎡2×80W=512wと言うことになります。

Q値が1w/m2・Kで、家の面積が100m2(30坪)とすると
512/100=5.12
家全体の室温を5.12度上昇させることができます。

Q値が1.5なら(Ua値0.43)
512/150=3.4度
Q値が2なら(Ua値0.58)
512/200=2.56度
Q値が2.7なら(Ua値0.87)
512/270=1.9度

性能の良い家なら掃出しサッシ二つで5度ですから、
下手な暖房器具より断熱性能ということになります。

念のため付け加えると
この5.1度の上昇は掃き出しのある部屋だけでなく、
家中であることを忘れないでください。
閉め切ったリビングであれば・・・(*'ω'*)
ということになります(笑)

建物の配置や設計にもよりますが、
冬季に南面の窓に日射が当たるようなら
窓を大きくするとお得で暖かいい家になります。
断熱性能が普通の家はそれなりに
断熱性能の良い家は更にお得で暖かい家になります。








Last updated  2021年12月15日 08時08分28秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年12月06日
カテゴリ:温熱環境
​​


おはようございます、
紙太材木店の田原です。

週末は冷え込んで、初氷となった美濃地方。
後は初雪を待つばかりです。

美濃地方でも、毎年初雪となると
田んぼに突っ込んだ車や路上で立ち往生してる車などを見ますが、
予報で雪が降ると分かっていてスノータイヤにしていない結末ということになります。
積雪時にノーマルタイヤで運転など、ある意味狂気の沙汰です。
自分は大丈夫と過信している人が後を絶ちません。





昨日は
城屋敷の家の外観写真の撮影。
8月にお引渡しをして
先月外構が完成したので、
住まい手の方と撮影日程の調整してました。
敷地は700m2ほどありますから
外構もそれなりに時間がかかります。

車庫を作って、庭を造って、池を掘って家庭菜園もですが、
敷地が広大なので庭にも余裕があります。
菜園のイチゴやセロリは近くに住むご両親が担当とか。

床面積は50坪ほどですが、
空間容積は60坪に匹敵するほどの大きさの家。
丸ッと総二階の家ではありませんから
エアコンで各室をどのように温めるかは、
エアコンの設置位置も含め検討が必要です。
暖かい空気は温度差があるか、圧力の差が無ければ、
なかなか思ったようには動いてくれません。

Ua値は0.29 Q値は1.0 C値は0.3
Q1.0住宅 L3T3
数字上はとてもいいのですが、
問題は住み心地。
いくら数字が良くても暮らし易さが比例しなければ、
絵に描いた餅ということになります。
Ua値が029でも
60坪の広さがあるということは
部屋の気温を22度に保とうとすると、
30坪の家の2倍のエネルギーが必要ということになります。
(Ua値ですから厳密には床面積の比例ではありませんが便宜上そのように言っています。
Q値ならそのままでいいのですが・・・)

玄関に入ると十分な暖かさがありましたから
問題はないように感じましたが、
奥様にお聞きすると問題あり…。

ご主人は本州の北国のご出身で大きな古い家で育ったとか。
そのため、寒さにはめっぽう強く暑がり。
奥様はアメリカ住まいで
全館空調バリバリの家で育ったので、寒さには弱い。

こうなると室温22℃では
ご主人は暑い暑いと言い
奥様はなんだか膚寒い
このケース、意外に多いように思います。
私の知り合いの女性も国際結婚でドイツ在住。
室温18℃で十分というご主人と、
そんな室温では暖房でないと感じる友人。
どこで折り合いをつけているかわかりませんが、
各家庭でそれなりに、我慢したり譲ったりがあるものと思われます。

ということで
概ねご満足いただいているようで、
暖かい冬を迎えていただけそうです。

外観写真ができたら
フェイスブックの写真アルバムを作成しますので、
内観も合わせてご覧ください。

ps
池田町の家の完成見学会
お陰様で残りひと枠となりましたので
ご興味のある方は​ポチッとお申込み​ください。









Last updated  2021年12月06日 09時21分12秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年10月29日
カテゴリ:温熱環境


おはようございます、
紙太材木店の田原です。

昨夜は久しぶりに夜のお打合せ。
業界では夜訪などと言われてますが、
住まい手の方の家にお伺いしての打合せです。

新築ではお伺いして打合せすることはありませんが、
リフォームの場合は現状がすぐに見れますから、
多くはお伺いしての打合せになります。

今回のお客様は
お二人とも高校の後輩になります。
池井戸潤とは同級生、北川悦吏子さんは2つ上で花の38年組。
7年ほど前に長期優良化住宅リフォームをした家です。
どんなリフォームをしたかというと
簡単に言えば
外壁を剥がして、付加断熱するというもの。

外壁はモルタルが塗って吹付がしてありますから
もちろんすべて剥がすことになります。
考えただけでもクラクラしますね。

サッシもアルミ単板ガラスから
トリプルガラスに変更しますから全て取り換え。

当時、APW430が東海地方で発売されたばかりでしたが、
このサッシが使えてとてもよかったという覚えがあります。
もちろん、サッシ交換ですから窓枠も交換、
気密シートも貼る必要がありますから
PBも剥がすことになります。

家自体は平成4年に建てられた2x4住宅
壁、天井の断熱材はロックウールで厚さ5センチ
床の断熱材はポリスチレンフォームで厚さ2.5センチ

当時の家の床、壁、天井の断熱は
大手のHMを含め地方の工務店でも似たり寄ったり…。
ほとんど変わりはありません。
今じゃ考えられませんが、当時はそれが普通。
だれも、断熱材をもっと厚くしてくれ、しなければ、なんて言いません。
もちろん、90年代初頭、既にR2000住宅をはじめ
高性能な住まいはありましたが、
ほとんどがマニアックな世界と見られていました。

この家の全面的な断熱改修が起点となって、
以後、ゾーン断熱やエリア断熱の技術が蓄積されました。
1階だけあるいはLDKプラス寝室の断熱改修といったもので、
断熱だけでなく、気密や換気も同時に計画する必要があります。
もちろん、結露計算も必要になりますから
単に断熱材をいれて、サッシを交換すれば大丈夫というものではありません。

今回は断熱ではありません、
前回手をつけなかった2階床の張替や家具がメイン。

30年ほど前の家を
現在の国の基準レベルではなく、
Heat20のG2レベルにすると
どれだけお金がかかるか。
それを知ったらこれから新築を検討する方は、
最低でもG2にしておこうと思うでしょう。








Last updated  2021年10月29日 08時59分48秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年09月22日
カテゴリ:温熱環境





おはようございます、
紙太材木店の田原です。

昨夜は中秋の名月しかも満月でしたが
美濃地方では残念でした。

先日、新たなリフォームのご相談があり行ってきました。

その家には
ダクトレスの全熱交換機が設置してあるのですが、
エアコンを設置した6畳の部屋でカビが生えたとのこと。
猫を数匹飼っていることもあって、
猫に入ってもらいたくない部屋は閉め切っている状態でした。

つまり、6畳間にエアコンがあり
その部屋にはダクトレスの全熱交換機があるけれど、
カビが生えたということです。
全熱交換機というと
一般には相当程度、湿度を交換する印象がありますから、
カビが生えたということに?な方もいると思われます。

でもそれなりの環境になっていたわけですから
カビが生えたということになります。

通常、熱交換機の交換率はカタログ等に記載されていて
換気計算もそれに基づいてされるわけですが、
水蒸気、つまり潜熱の交換率はそれほど高くありません。
カタログでは70%とか言っているところもありますし、
中には91%なんてところもありますが、
あくまで実験室での数値。
一種の全熱交換機を設置したけれど、
夏場の湿度が50%以下にならないなんて言うのはよく聞く話しです。

潜熱の交換率が半分、つまり50%とすると、
夏場に室外から入ってくる水蒸気の半分しか交換されて外に出されないことになります。
部屋が閉め切ってあって、エアコンが温度自動27度で設定してあり
そこに常に水蒸気が入ってくる、
エアコンが除湿をしてますが
温度が一定になれば働きは小さくなります。
エアコンが除湿する分と
交換されて外に出される水蒸気以上に入ってこれば、
それはある意味室内はどんどん加湿されていることになります。

ダクトレスの換気装置を使う場合
家全体の空気の流れや、
潜熱の交換率など注意して設計する必要があります。
設置しさえすればカタログ通り、
計算通り働いてくれると思ったら…

参考になるURLを挙げておきますので
ご興味のある方はご覧ください。

せせらぎ
ヴェントサン
日本VOC測定協会









Last updated  2021年09月22日 08時58分52秒
コメント(0) | コメントを書く
2021年08月09日
カテゴリ:温熱環境



おはようございます、
紙太材木店の田原です。

昨日はこの夏一番の暑さ。
多治見では40度を超えてましたし、岐阜も39度。
美濃市や美濃加茂市も全国のトップ10に入ってましたから、
昨日の美濃地方は全国一の暑い地域だったようです。

以前お話しした日射遮蔽。
ガラリ戸や外付けブラインド、
それにシェードやハニカムサーモスクリーンがあります。
城屋敷の家ではそのうちの3つが使われてますから、
窓辺に立った時に肌感覚で違いが分かります。

もちろん、シェードだけではガラリ戸や外付けブラインドより
輻射熱を多く感じるわけです。
対策としては、
プラスアルファの遮蔽の取付が必要だと感じました。
特に西日の直射日光が直接当たる窓や
強烈な輻射熱が想定される窓では、
室内側に遮光や遮熱のロールスクリーンやカーテンが考えられます。

室内はそれなりに暗くなりますから、
設計時に室内の明るさと暑さ対策の検討は必須です。

南北に細長い敷地の場合
東西には窓をつけない設計者もいますが、
明るさや光はできるだけ様々な方向から確保したいと考えます。
当然、日射対策も必要になりますし、
予算上の制約も出てきます。

性能とデザイン、それに予算のバランスをどのようにとるか?
住まい手はデザインや予算は目で見てわかりますが、
性能については設計者を信ずる以外ありません。

設計者が大丈夫と言えば、大丈夫と信じる以外ありませんから
その大丈夫の根拠を設計者は丁寧に伝える必要があります。
安易に大丈夫なんてとても言えないわけで、
設計者の責任は誠に重大であると感じるこの夏である。








Last updated  2021年08月09日 08時49分06秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全166件 (166件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 17 >


© Rakuten Group, Inc.