1551000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ケヤキの木の下で            岐阜/愛知 自然素材でZEH READYの家

PR

Category

Calendar

Archives

Keyword Search

▼キーワード検索

全67件 (67件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >

紙太材木店の考え

2019年12月30日
XML
カテゴリ:紙太材木店の考え




こんばんは、紙太材木店の田原です。

2019年もあとわずか
年末は毎日新年のお正月準備です。

一般の方には馴染みがありませんが、
古くからの商家では
お正月を迎えるのに様々な準備をします。

お松を迎える
松迎えとも言いますが、
門松やお供えに使う松を山から切ってくることを言います。

松くい虫の問題もありますが、
山に行っても門松にちょうどいい松というのはなかなかありません。
あっちこっち山の中を探すことになります。
もちろん、松だけでなくウラジロも(気になる方は検索してくださいね)
紙太材木店の場合、自社の山がありますから自分の山に取りに行くことができます。
一般の方も正月用の松は何所の誰の山でも取りに行くことができますが、
そんな風習もほとんど忘れ去られています。

それに加えて鏡餅…
もちろん、もち米ををついて作ります。

スーパーで買ってくるのではなく、
竈(かまど)でもち米を蒸してそれをついて鏡餅を作ります。
大きな鏡餅が3組
小さなものが14組
組とするのは2段重ねにしますから、
その倍の数の御餅をつくるということになります。

それに合わせて
大根、田造り、黒豆、松葉、紙垂(しで)、懐紙を用意しなければなりません。
神様には南天の葉とお神酒の準備も…

紙垂も普段お目にかかるのは、
地鎮祭の時に四方に回した縄にひらひらと取付けてある紙、
もしくはお宮のしめ縄などに使われている白いひらひらの紙でしょうか。


さて、長々とお正月の準備の事を書いてきましたが、
上のお話しは日本の文化の話です。

紙太材木店では住宅を作ってます。
住まいはある意味文化の結晶という側面がありますが、
現代の住まいの多くは、無国籍あるいはナチュラルモダン
スタイルッシュモダン、シンプルモダンetc
何が違うのかよくわかりません。

よその国のマネや、どこかから借りてきたもの、
北海道でも九州でもシリーズが同じなら同じデザイン…
そういうものではなく、
普遍的な日本の文化を表すような住宅であるべきだと思います。
だからと言って瓦に和室に床の間の家ではありません。
新し時代にあった性能と
日本的な文化がどこかしらにあるデザインを備えた住まい、

そんな住宅を作っていくべきだと思います。
私たちのアイデンティティーは歴史と文化のある日本にあるのですから。

今年も一年ありがとうございます。
2020年も宜しくお願いいたします。








Last updated  2019年12月31日 12時08分54秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年11月11日
カテゴリ:紙太材木店の考え
​​​
おはようございます、
紙太材木店の田原です。




週末はMOKスクールで奈良の川上村へ。

ウォールスタットの開発者の中川先生はこの村のご出身で、
人口は1500人ほど。
500年前から植林の歴史があり、日本林業のメッカと言われています。
村の所有林には390年生の人工林もあり、
200年以上の人工林も数多く存在しています。

5年ほど前にも訪れていますが
その時の写真を見ると、
植林された木がどれほどの大きさがよくわかります。
遠近感で人が小さく見えるのではありませせん。





今回は

植林された木の枝打ちと間伐の選定と木の倒し方の実習。
指導していただいたのは、
川上村で何代にもわたって山を管理している山守りの玉井さん。
枝打ちと言うのは
木から伸びている枝は
製材した時に木の表面に節となって現れますから、
それを防ぐために木から生えた枝を切る必要があり、
節の無い木を作るために一定期間何度か行う必要があります。

間伐(かんばつ)と言うのは間引くことで
植林した木が成長するにしたがい、
病気になったり、鹿や野生動物の食害にあって弱ったり
他の木の成長を妨げるように斜めに伸びたりしたものを
選別して切り倒していくことを言います。

紙太材木店も60町歩
約18万坪ほどの山を所有しています。
既に植林して50年ほど経っていて
枝打ちなどをする期間は過ぎていますが、
今後、この木をどのように活用していくかは
大きな課題となっています。
昔と違い今では、
木の美しさを際立たせる真壁作りの家の需要はほとんどありません。

多くの新築住宅は大壁と言って
柱の表面に不燃のプラスターボードを貼ってしまいます。
美しい柱は見えないので、
節の無い柱の需要は激減しています。
つまり枝打ちや間伐と言った資金と労力を投入した木が、
それに見合う単価で取引されていないところに
戦後植林した木が収穫時期に入って、
ますます価格の低迷が予想されます。

それなのに木材自給率は36%で海外からの輸入がメインです。
今回の川上村訪問は先進的な地域で、
どのように経済状況の変化に対応しているか
末端の林業家はどう考えているか
それを取り巻く製材業者、建築家、工務店は?
実際誰もが林業の厳しい現実を認識してますが、
これだという解決策は今のところありません。
山林所有者として
また建築に携わる者として
重い課題を突き付けられています。
とは言いながら、同行者は建築家から数寄屋造りの工務店、
製材業者、川上村移住希望者など様々な人がいましたから
多くのヒントをいただきました。
具体的にこれだというものではなく霞のようなイメージですが…

PS
山は手入れをしていかないと荒れますが
それがどういうことか、
こちらの10年ほど前のブログ​をご覧いただくとお分かりいただけます。



​​​






Last updated  2019年11月11日 08時43分50秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年09月20日
カテゴリ:紙太材木店の考え




おはようございます、
紙太材木店の田原です。

今朝は18.2度
この夏、2度目の20度以下の朝です。
16度か17度になると水洗いした手でキーボードに触れると
指先が冷たくなり、打ち間違いが多くなります。

最近気になるCMは消臭剤
商売柄、室内の匂いに関係することに反応するようです。

他人の家に行って玄関ドアを開けると
その家の匂いがします。
玄関には一般的に下駄箱がありますから
何足もの靴が扉のある箱の中に入って置いてありますし
普段使いの靴や履物はそのまま土間に脱いであることが普通です。
靴に鼻を近づけて匂いを嗅ぐ人はあまりいませんが
もちろん靴からは匂いが出ています。
大きな下駄箱なら30足や40足は入りますし
中にはカビの生えた靴もあるかもしれません。
それらの混じりあった匂いが玄関にはありますが
そこに住んでいる人はその匂いをあまり感じません。
体臭と同じで同じ匂いには鈍感になるからです。

クローゼットや押入れ、トイレや玄関が匂うのは
きちんとした換気ができていない証左で
淀んだ空気がそこにいつまでもあることになります。



建物を建てる時は確認申請を出すことになってます。
そこに換気計算書も添付する必要があって
家の中の空気の総量(気積といいます)も出てますが
実は押入れやクロゼット、納戸と言った非居室は含めなくていいことになってます。
もちろん最近はやりのシューズインクロークも
非居室を含めない気積の計算で2時間に一回の換気が義務付けられています。

だからと言うわけではありませんが
それらの非居室は空気が滞留して匂いが籠ることになります。
空気が滞留しているということは
ハウスダストも一緒です。

消臭剤や脱臭剤、芳香剤で匂いは抑えられますが
ハウスダストや浮遊粉塵は除去できません
(もっとも最近は空気清浄機なるものも出てますが)
これらの対策の基本は換気です。

空気の質は目に見えませんが、臭いは分かります(同じ匂いを毎日嗅ぐと分からなくなりますが)
匂いがある、匂いが残っているということは
そこにはハウスダストや浮遊粉塵もあると考えていいでしょう。

22日の鵜沼山崎町の家の見学会では
どういった対策が取られているか確認できます。
換気は気密が無ければ成立しませんから
そこのところも押さえておく必要があります。









Last updated  2019年09月20日 11時21分25秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年08月19日
カテゴリ:紙太材木店の考え

おはようございます、

紙太材木店の田原です。

週末は台風の影響で雨漏れの現地調査が4件。
築40年の家が1件
築30年の家が2件
それに築15年が1件

大手のハウスメーカーでは
子会社にリフォーム会社を必ず持っていますが
自社で建築した家以外の雨漏れ補修は受け付けません。
上のうち1件もHMの子会社に断られています。

そんなことやっていられるかと言うのが本音でしょうが
時間も手間も取られる雨漏れ補修はリスクもあって商売にならない。
つまり、お金になりませんから受けないというスタンスは
株主にとっては当たり前で
資本主義体制のなかでは一つの経営判断と言うことになります。

一方、地場の工務店は雨漏れ補修の依頼があれば
たとえどのメーカーの建物であろうと
築何十年であろうと
当然のごとく駆けつけます。
ある意味、いいとこ取りをしているHM。
貧乏くじを進んで引き受ける地場工務店ですが
それを疑問に思う工務店はありません。

日本の建築文化を支えているのは自分達であるという気持ちがあるからですが、
自分たちの利益どうであれ
困っている人がいるから助けようという考え。
他方、手を出しても利益が確保できるかどうかわからないから
手を出すのは禁止であるという思想。
職人の生産性だけを基準に単価を決める
人の生活の中で一番大切な住まいが生産性だけで判断される。

より施工性のいい外壁サイディング
傷ついてクレームのこないフロア
汚れても拭きやすいビニールクロス
大量生産で日本中どこでも同じドアや建具
生産性だけで判断すれば上記の建材を使うことになりますが
それはHMや工務店の側の都合と
住まい手側の都合が微妙に一致しているからとも言えます。

住んでいる地域の材料
地域の職人
地域の気候や風土を考慮した設計であれば
住まいにはもっと多様性が出てくるはず。
ある種の現代病にかかっていると
まともな家が建たないことになります。
住まいという形あるものに対する​リテラシー​が低下すれば
日本中同じような建物が蔓延することになりますから、
これから家を建てようとされる方は
ちょっと立ち止まって考える必要があります。

リテラシー:原義では「読解記述力」を指し、転じて現代では「(何らかのカタチで表現されたものを)適切に理解解釈・分析し、改めて記述・表現する」という意味
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』













Last updated  2019年08月19日 07時31分52秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年05月27日
カテゴリ:紙太材木店の考え
​​
地松の丸太


おはようございます、
紙太材木店の田原です。

快晴で気持ちがいいを通り越して暑い日が続きますが
週末は山陰地方の製材所巡りでした。

一般に日本の木造建築は大きく分けて二つ
ツーバイフォー工法と木造軸組み工法があります。
使用する部材は2x4の場合は北米の材料が主ですが
軸組工法の場合は輸入材もあれば国産材もあり、
集成材もありと様々です。

紙太材木店では柱は桧と決めていますが
梁や桁といった横に使う木材は
大きな荷重を支えますから
杉や米松、時に桧や集成材とケースバイケースで使い分けています。

伝統的にはどうだったか?というと
関東以西の地域では一般的には地元で伐採される松
いわゆる地松を使っていました。
(米松は北米産の松の事を言います)

何故、地松を使わないのかと言うと、東海地方では市場に出てないんですね。
戦後輸入材の米松に押され、
更に松くい虫が決定的なダメ押しをしてから
市場には出回らなくなりました。

でも、広い日本には頑なに横物(梁、桁)には伝統的な地松しか使わない
工務店や大工さんがいて
その人たちのために地松を供給している製材所があるんですね。
昔は何件もそういう製材所がありましたが
廃業、倒産などで一握りの製材所が細々と供給しています。
地元で消費される分でなくなってしまいますが
住まいは地産地消で造るのがコストが最もかからず
地域経済に貢献できる業種ですから
なるべく地元産の資材や職人で造りたいものです。

今回の製材所巡りは山陰地方ですから
輸送コストの事を考えると無理がありますが
美濃地方でも昔のように地松を使いたいものです。
と言うことで
今回の山陰製材所巡りも紙太材木店の地松プロジェクトの一環ですので
ご期待下さい。

ps
何故、地松が使われてきたのか
何故、地松が使われなくなったのかについては
別の機会にお話しします。



伝統的な日本家屋の天井で使われている地松
天井板も松







Last updated  2019年05月27日 07時27分21秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年04月10日
カテゴリ:紙太材木店の考え


アントニン レーモンド 建築詳細図譜(復刻版)

おはようございます、
紙太材木店の田原です。

今朝は冷えて6度台の美濃地方
日中も東京は最高気温が6.7度とか
こちらも10度程度で、一日雨
日差しもありませんから
寒い一日になりそうです。

上の写真は
アントニン レーモンドが1938年に出した本の復刻版です。
建物や室内の写真とその写真の図面が見開きで
掲載されていてとても興味深いものですが
一般の方にはつまらないかもしれません。

ただ実務者である設計者や施工管理をする者にとっては
今から80年以上前にこんな工夫をしていたのかと
驚くことが多々あります。
特に木製の建具では隙間風を防ぐ工夫が随所に見られ
室内環境にかなり配慮していたことが分かります。
特に、一番最初のページには
東京と大阪の月別の温度と湿度、降水量
風速、太陽高度などのグラフや
四季折々の日本の風土を紹介していて
工務店や設計事務所には必須の本と言えるでしょう。

初版の前書きで
レーモンドはこう述べています。

私たちは、日本人から物質の自然な本質と外面の価値を学んだ。
人口の仕上げを避け、非難すべき模倣を避けた。
材料を選択する時、その実際的な価値ばかりでなく、
自然の色や肌ざわりも考え、存続する様式として、
真の調和をその方法で創造している。
「自伝アントニン レーモンド」(鹿島出版会、2007年)所収の訳文転載

また、1947年新版の前書きでは
流行による創作はすたれる。時の流れに耐えるものにこそ、価値がある。
「A・レーモンドの建築詳細」(彰国社、2005年)所収の訳文転載
と述べています。

紙太材木店の家の基本コンセプトは
心地よさにはデザインが
暮らし易さには性能が
手仕事でつくる自然素材の家
ですが、
本を読むとまだまだ道のりは長そうです。








Last updated  2019年04月10日 08時48分29秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年11月30日
カテゴリ:紙太材木店の考え



おはようございます
紙太材木店の田原です。

暖かい日が続くからか
ケヤキの葉がなかなか落ちてくれない。
と言っても秋なので落ちては来るが
五月雨式に落ちてくるから
掃いても掃いてもこの状況。
いつもの秋なら8割がた落ちていたような気がするんだが…
自然には適いません(笑)


先日、外壁を板張りにすることについて電話があった。
現在リフォーム中で、
工事をしている工務店に板張りをしたいと要望しているけど

すぐに傷むから駄目だと取合ってくれない。
自分は板張りにしたいのだけど、どうしたらいいだろう。
そちらでその部分だけ工事をお願いできるか?と言うもの。

工事についてはお断りして
(現在施工している工務店との信頼関係が大切)

様々な仕上げの外壁の寿命とメンテナンスコストの比較できる資料を送った。

このようなケースでは多くの場合それっきりである。
それっきりと言うのは
ありがとうの電話も、お礼のメールもないということ。


多くの場合と言ったが
過去に1件だけお礼のメールが来たことがあるだけで
それ以外はない、と言うのが実態である。

形にならないもの、目に見えないものについては
あまりありがたいという気持ちが湧かない人達がいるのかなと思う。
困っているから、悩んでいるからと、
自分の知識や経験が役立つならと資料を送る。

知り合いの工務店何社かに聞いてみると
このようなケースでは対応は二つに分かれていて、

資料を送ったり、教えてあげても、
何の連絡も来ないのが分かっているから無視する。
そもそもそんなことを言ってくるのは常識がないから相手にしない
という。

何も言ってこないのは、分かっちゃいるけどそれでも教えてあげたり
資料を送ってあげる。

工務店の8割がたは後者の対応だけど
それが一部の人間の負の部分を引き出していることにつながっている
と考えるべきだろう。(自分のフルネームや住所を名乗らないことも、ものを尋ねる時にどうか?と思うことの一つ…それを知ったからと言って営業はしません~)



困っている人がいたら
手を差し伸べなさいと教わっている身としては
助けてもらったらお礼を言うのも当たり前である。
なぜ、それができん?と思うのは年を取った証拠か?

*会社資料に関しては、御礼は気にしないでどんどんご請求ください。








Last updated  2018年11月30日 11時01分53秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年06月08日
カテゴリ:紙太材木店の考え



おはようございます、
紙太材木店の田原です。

東海地方も先日梅雨入りしましたから
毎日それなりの空模様で
今日も3時過ぎには雨になるとか
何とか一日持ってもらいたいものです。

さて、前回外壁に張った杉板のについて書きましたが
昨日はちょうど可児の家の2年点検にお邪魔しました。

外壁は下半分の1階がモルタルにジョリパット塗り、
2階は杉板でウッドロングエコを塗っていて
上の写真は2年前のお引渡し直後のもの。

こちらが昨日写した写真



南面の杉板の色の経年変化を見ると
影の影響もありますが
下のほうが薄くて、軒に近い上のほうが濃い色のように見えます。

もう少し拡大してみましょう。



やはり、軒の影の影響だけでなく
下のほうが薄く、上のほうが濃い色が残ってます。
雨がかりの水でウッドロングが流されたあるいは希釈されたと思われます。

屋根の裏側になる軒裏をご覧いただくと
何も塗っていない状態が確認できますが
この軒裏が壁と同じような色になるには
相当な時間がかかります。
ウッドロングエコ、あるいはエコウッドトリートメントは
経年変化の時間を短縮した塗料と考えてもよさそうです。

前回ご紹介した西方設計の写真でわかるように
これから徐々に自然に変化していき10年を過ぎる頃には
ある種の時を経た風合いを持った外観に変わります。

自分が年を取って変わっていくように
家も変化していきますが
どんな具合に変わっていくのかは人も家もとても大切です。
お化粧をすれば誰でも家でも綺麗になりますが
にじみ出てくる美しさというものはお化粧ではでません。
紙太材木店はそんな風合いを持った家を建てたいと思ってます。

上の写真
日射遮蔽を兼ねたガラリ戸も動きの確認をしたので
閉めた状態ですがこちらもいい具合に色づいてました。

こちらは室内ドア
完成直後



2年後






Last updated  2018年06月08日 07時53分17秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年06月04日
カテゴリ:紙太材木店の考え
​​

おはようございます、
紙太材木店の田原です。

快晴で気持ちのいい朝です。
田舎では玄関や家の戸は日中開けたままというところが多くあります。

かく言う紙太材木店も日中戸は開けたままなので
この時期にはツバメが事務所の中に巣を作ります。
外では蛇やカラスに雛が狙われますが
事務所の中ならその確率は低くなるからです。

朝は、はやく戸を開けろと事務所の中を煩く飛び回りますからこの時期は5時起き
夕方薄暗くなるころ2羽とも戻ってきますからそれから戸を閉めます。

家の中のツバメは日中はずっとおしゃべりをしていて煩いほどと
頭の上に巣がある経理が言っていました。

さて、週末は花池の家の上棟打合せ
主に電気関係のスイッチやコンセント、照明器具の取付位置の最終確認を現地で行います。
これまでは図面上だけの打合せですから
住まい手の方には図面に記入された記号だけでは
はっきり言ってそれほど理解できていないのが実情
実際の動線を確認しながらすべての部屋をチェックしていくと
図面上だけでは見えていない部分が明らかになっていきます。
造作家具やキッチン、ダイニングテーブル、TV、ベッドなど
様々なものが室内に入ります。
それらとの距離感や高さも意識する必要がありますから
それなりに打合せ時間がかかりますが
注文住宅ならではの楽しい時間を過ごすことができます。

一方、外では付加断熱工事の真っ最中


壁の中の断熱材だけでは
断熱性は壁の厚さに制限されてしまいます。
10.5cmの柱の壁であればいくら入れても10.5cmしか入りません。
12cmならそれまでということになります。
この花池の家は12cmの柱の壁の外に更に10cmの断熱材を入れますから
合計で壁の断熱材の厚さは22cmになります。
驚かれるかもしれませんが
紙太材木店の家の8割りはこの付加断熱をしています。

最近はウレタン系の断熱材を壁の中に吹き付ける手法が流行りですが
高性能な家を作る工務店や設計事務所はほとんど使いません。
壁の熱貫流率という数字を計算すると
自分たちが必要と考える断熱性がそれでは得られないからです。

これから数十年住む家です。
35歳で家を建てれば90歳近くまでの50年以上住むことになります。

住まいの省エネの大きな流れは変えようがありません。
太陽光パネルを載せれば当面電気代は安くなりますが
10年の買取期間が終われば自家消費がメインになります。
その自家消費を少なくしてくれるのが家本来の性能です。
一度入れた断熱材を交換するには相当な費用がかかりますから
限られた予算をどこに使うかじっくり考える必要があります。




​​






Last updated  2018年06月04日 08時07分40秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年02月23日
カテゴリ:紙太材木店の考え
​​おはようございます、
紙太材木店の田原です。





今朝もマイナス2.5度の美濃地方
2月も末なのにこの寒さと思わず愚痴が出てしまいます。

ネット社会になり様々な情報に簡単にアクセスできるような時代になりましたが
逆に限定された人たちで構成されるグループが重要になってきました。
私のいる住宅業界でもネット上ではクローズされたグループがいくつかあり
その中でのコミニケーションが重要になってきたのを実感しています。

このような住宅のグループの場合メンバーは全国にいますし
ある一定以上の経験と知見があるので
議論のレベルもそれなりに高いものになります。
国や県が主催する講習は座学であり
テキストの解説や説明程度であくまで一般論の講義ですが
そのレベルを超えたあとは自分の実践と経験の積み重ねしかありません。
年間何十棟も建てていれば別ですが
自身の経験と考え(勘?)だけでは
今日の住宅業界の変化のスピードについていくには圧倒的に不足しています。

オープンなネットで検索できる情報は無料ですが
玉石混合でしかも大量にその情報が溢れています。
真実?あるいは本当に自分の知りたい情報にたどり着くのにかなりの時間を要しますし
実務者として知りたい情報はこのネット時代でも出ていない、あるいは誰も書かない。
本当に大事なところ、先端のところは実はオープンになっていないというのが実感です。

信頼できる情報や知見は結局のところ、人と人とのコミニケーションで伝わります。
足を運んで実際に知り合いになる、そして信頼を得られたところで
様々な情報のやり取りが行われます。
それはより良い住宅を建てようとする実務者同士だけでなく
より良い住宅に住みたい方との間でも同じことが言えます。

より良い住まいを作るために
どんな人達と付き合うか、誰と付き合うかはとても大切なことで
ネットが普及すればするほどこの傾向は強まっていくと思われます。
実務者も新築検討者も頭の中で考えているだけ、あるいはネットサーフィンをしているだけでは限界があります。






Last updated  2018年03月21日 11時58分23秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全67件 (67件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 7 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.