1590387 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ケヤキの木の下で            岐阜/愛知 自然素材でZEH READYの家

PR

全162件 (162件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 17 >

暮らし

2019年07月26日
XML
カテゴリ:暮らし



おはようございます、
紙太材木店の田原です。

梅雨が明けたと思ったらもう台風というのはちょっと早過ぎ。
先般上棟した川辺の家D
屋根はできてますが壁はまだ雨で濡れないように養生シートで包まれてます。
コース次第では、
この養生シートが飛ばされないように養生しなければなりません。


台風と言えば過去には
翌日現場に行ってみたら足場が倒れていた…。
ネットは畳んで縛り付けてあったのは言うまでもありません。
田舎の峠近くでしたから幸い被害なし。
建前前で用意してあった床合板が飛ばされて、隣の田んぼに20枚以上散乱していた…。
田んぼの中の一軒家でこれも幸い被害なし。
もちろん、しっかり飛ばされないように養生したつもりでした。
仮設のトイレが転げまわっている!
と連絡が入ったのは白昼の台風の時。
仮設のトイレ…中身どうしたらいいんか、と思いながら
暴風雨の中現場についてみると、ひどい雨と風ですべては水に流された後…。
いまだから言える数々の失敗。
きちんと養生したつもりでも
自然が相手ですから念には念を入れる必要があると
台風が来るたびに肝に銘じてます。


さて、上の写真の​アレクサ
簡単に設置できて、面白い。
しかも今なら3240円と言う言葉につられてポチっとしたのですが…。

アイフォンにアレクサアプリをいれてWIFIに接続するだけです。
仕事中は事務所ではずっと音楽をかけてますが
大抵クラシックかジャズです。
クラシックはバロック、ジャスも基本はヴォーカルの入らないものと決めてます。
従来はiTunesのインターネットラジオでしから
パソコンのキーボードでの操作が少しはいりますが
アレクサは会話で指示ができるところがなぜか新鮮。
Siriでも同じことですが
アイフォンを手に取るという動作がありません。
アレクサと声をかけて話すだけです。

家電製品とも繋ぐことができるようですが
まずは音楽だけです(-_-;)
でもあと何年かしたら
アレクサ、お風呂にお湯をいれて、
2階のエアコンの設定温度27度にして
玄関の鍵かけた?
など、今なら家族の誰かに声をかけてしていることや
自分でしていたことが
声をかけるだけでできてしまう。
そんな時代がすぐそこに来ています。
自分が腰を上げる、手に取って何かの動作をする必要が無い時代です。

さて、アレクサの設定。
実は四苦八苦してようやくできたのですが
なぜか日本語設定が上手くいかず、
現在私のアレクサは英語でしか答えてくれません。
ということは英語で指示を出すしかなく
社員がいる時にはアレクサに声をかけにくい。
(下手な英語がばれてしまいます、元商社マン)
でもスピーキングとヒアリングの練習になりますから
それはそれで…、ね(笑)








Last updated  2019年07月26日 07時41分45秒
コメント(0) | コメントを書く


2019年06月12日
カテゴリ:暮らし
​​​おはようございます、
紙太材木店の田原です。

今日は梅雨の合間の貴重な晴れの日ですね。

家事と言う言葉で思いつくのは
食器洗い、洗濯、食事の準備、掃除などいっぱいがありますが
新築住宅で食洗機の搭載率は紙太材木店では100%
どの方も食洗機は必須で設置されます。

家事に費やされる時間の調査によると
それは平均3時間7分とか(平成28年)
食洗機や洗濯機と言った設備が出る前だと
一体何時間だったのか考えただけでも気が遠くなりますが
実は20年前の平成8年の調査では
家事時間は4時間7分
この20年で1時間少なくなっています。
20年前でも洗濯機はありましたが
食洗機の設置となると現在に比べ
かなり低かったと思われます。


総務省 H28年度 社会生活基本調査​より


今日、一般家庭の多くは共働き世帯ですから
如何に家事時間を少なくするかの工夫は
必然的な流れとなっています。

洗濯機も衣類を入れておけば洗ってくれますが
放り込んで、取り出して、干して、畳んで、収納ということになると
手作業と言うことになります。

以前からガス乾燥機をお勧めしているのですが
干すのは天日というかたも多いのが実情
とは言いながら
室内干しはほとんどの方がされています。
となると室内干しで悩むのが場所の確保

せっかくのインテリアも洗濯物が室内のあちらこちらに吊るされていては・・・
必然的に室内干しのスペースは
邪魔にならず、目につかない場所となりますが
そんなところはあまりありません。
二階までもって行けば目につきませんが
洗濯のたびに濡れて重いかごを二階まで運ぶのは少し面倒です。
それに、二階で干して乾いても下着などの収納スペースが脱衣室や寝室、子供室など
家族それぞれ分散していると意外に時間が取られるものです。

今月、着工する川辺の家E
実はガス乾燥機を設置する予定です。

リンナイの乾太君
ガス代は1回50円ほど
使っている人からは絶賛です。
放り込んで30分で乾燥、衣類を畳んで仕舞うだけ。
雨を気にしなくていい、
洗濯から一気通貫、畳んで仕舞って終了
食洗機並みの便利さですが
一体型の洗濯機よりちゃんと乾く、一回のガス代が電気代より安い
奥様がフルタイムで働くとなると
必需品だと思います。

でも、
高性能な家で使おうとすると
排湿管を付けなければなりませんから
後からの設置は手間がかかります。

将来、子供が学校に行くようになったら
フルタイムで働く予定の奥様には必須の設備機器、
今は使う予定がないと言う方も
排湿用のスリーブは気密工事が必須ですから
今のうちに用意しておいても損はありません。



​​






Last updated  2019年06月12日 17時11分03秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年04月22日
カテゴリ:暮らし
​​​



おはようございます、
紙太材木店の田原です。

昨日は久しぶりのオフ
早朝から地域の清掃作業でしたが
その後は土場の草刈
刈払機で半日ほどしましたが
ついやり過ぎて(刈っても刈っても終わらない・・)
疲れが少し残っています。

週末はMOKスクールで大阪
講師は三澤文子さん、村上雅英さん、中村好文さん
一コマ90分の講義を午後から始めますから
終了するのは7時近く
その後は懇親会、二次会と続いていきます。
講師の皆さんも参加されますから
講義も面白いのですが
その後の懇親会や二次会が実は講義以上に面白い
中には講義は都合で出られないけど
懇親会や二次会だけ出るという方もチラホラ
新規の新入生が今年は35名と言うことで教室は満席でしたが
初参加の知り合いもいて今年も面白いスクールになりそうです。

その講義の開催日に合わせて発売された?のが
中村さんの「湖畔の山荘 設計図集」
毎回、建築関係の本が講義に合わせて教室の前で少し安く販売
いただけるのだけどそれは忘れて
アマゾンで既に予約してしまっていた。
それが昨日届いたので早速見てみると
これが面白い
設計者必読の書かもしれません。
一般の方が見ても設計の流れや
間取の変遷、建築家の苦悩や工夫など意外に面白いかもしれません。

手に取って最初にパッと開いたページが
室内の洗濯物干しのページ

紙太材木店でも室内干しを推奨している関係で
いろいろ工夫しているのですが
洗濯物の上げ下げの容易さ安全性
視覚の中には極力入らないようになど
検討する項目が結構あります。
Pidや干し姫など既製品もありますが

それだけじゃ足りないとか
場所がないとか、見た目がとか・・・




花池の家の洗濯物干し


今回「洗濯物干し」のヒントをいただいたので

上の花池の家のやり方をもう少し改良したものができそうです。

乞う!ご期待(笑)

​​​






Last updated  2019年04月22日 07時51分57秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年09月07日
カテゴリ:暮らし


おはようございます、
紙太材木店の田原です。

しばらく雨が続きそうな天気ですが
台風被害に遭われた方の応急修理は
何とか昨日までに終えることが出来ました。

田舎ですからJAの火災保険に加入されてる方が多く
川辺町のJAだけで昨日までに60件の相談があったとか。
他の保険会社も含めるとこの地域だけで相当数の被害が出ているようです。
多くは瓦が飛ばされたり、浮いてずれたり、
飛んだ瓦が屋根に当たってその部分の瓦が割れたり
樋が飛ばされたり、塀や樹木が倒れたりと言うものです。

上の写真は今回の台風で一番被害の大きなもので
高台の南の縁に立地する住宅の屋根で、工事中のものではありません。
杉皮が敷かれ、その上に瓦を固定するための土が団子状に置いてあります。
いわゆる、土葺き瓦屋根と言うもので
古い住宅の瓦屋根はほとんどがこの方式ですが
現在では屋根が重くなることによる耐震性の問題や、
台風の時に瓦が飛ぶこともあることなどから、
ほとんどこのような施工はされていません。

瓦が飛んだり、浮いたりするのは三角形をした屋根の風下側に多く発生します。
飛行機が飛ぶのは翼の上面の気圧が低くなって揚力が発生し重い機体を持ち上げますが
瓦が飛んだり、浮いたりする理屈も同じで
三角形の頂点の風下側は気圧が低くなって揚力が発生して瓦を持ち上げているからです。
ですから南向きの家では瓦が飛ぶのは北側の屋根になります。

上の写真のケースは南面の屋根なので
揚力で飛んだのではなく
その立地から強い風に吹き飛ばされたというところでしょうか。
綺麗に全部飛んでいるのは
ひところ流行ったコーキングで瓦同士をくっつける工事がされていたためです。
土葺き瓦のズレを防止するというのがウリで訪販業者の得意技
古い団地ではよく見ます。

さて、問題は
屋根は4mx7mほどの広さで
そこに葺いてあった瓦が全て飛んでいるわけで
道を挟んだ風下側の3軒の家を直撃しています。
幸いけがをされた方はいないようですが
住まい手の方の心労は相当なものがあります。
このようなケースでは火災と同じく
被害を受けても自分自身の保険で対応することになりますが
ご近所ですし今後の事も考えるとそれなりの対応が求められます。

火災では火元にならない対策が求められるように
今回の瓦のように対策の取りようのないものは仕方がありませんが
台風の時は飛来しそうなものの固定は十二分にすることが求められます。


この細い木がどうやったらトタン屋根を突き敗れるのか
風の力は想像を越えるものがあります。











Last updated  2018年09月07日 09時02分22秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年09月05日
カテゴリ:暮らし


おはようございます、
紙太材木店の田原です。

予報通りというか、予想以上の強風の台風でした。
フェンスが倒れたり、カーポートが傾いたり瓦が飛んだりと
昨日は多くの連絡が入りましたが
あの状況では動けず本日から本格的な対応に入ります。
ご連絡を頂いた皆様にはご心配もあると思いますが
順次対応させていただきますので今しばらくお待ちください。

火災保険には風災(台風や竜巻の被害)が付いているケースが多くあります。
被害に遭われた方は約款の確認をして
被害状況の写真を撮っておくことをお勧めします。
(免責金額の確認もしてください)

本日はこれから災害対応に出ますので
簡単ブログにて容赦下さい。m(__)m






Last updated  2018年09月05日 06時50分48秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年05月28日
カテゴリ:暮らし
​​


おはようございます、
紙太材木店の田原です。

昨日は土場の草刈り
2週間前にしたばかりですが
この間隔でしないと草が生えすぎて草刈時間が倍増します。
井戸を使っているので
除草剤には抵抗があって3時間ほど刈払い機を使いましたが
気温は30度、体がまだ暑さになれてなくて疲労困憊してしまいました。
これからの季節、田舎暮らしも楽ではありません。


さて、日曜の楽しみの一つは
日本経済新聞の NIKKEI The STYLE欄
どんなことが書いてあるのかと言われると
興味のあることがと答えるしかありませんが
今週の記事をピックアップしてみると

・祖先縁(ゆかり)の地を旅して代々の足跡をたどった家系図
・イタリアの最高級のカシミアを使ったニットの会社ブルネロクリチネが守る人間性
・東京の仏料理店 ブラインドドンキーの料理哲学
・秋田県赤神神社の石段と福井県大滝神社と岡太神社の破風
・左官職人、久住有生の土壁
・エディー・ジョーンズのマイストーリー
 etc・・・





脈絡が無いように見えますが
多くの記事はそこに関わる、
あるいは関わった人の仕事に対する哲学を紹介しています。

最近はネットで検索が主流ですが
検索する前段階の情報が
(これは面白そうだなという)
何気に見る紙面で得られるのは重宝します。

久住有生って知らないけど、有名な左官職人の久住章の息子かな?
岡太神社の破風ってどんなのか?
ブラインドドンキーの意味、「謙虚であれ、常に学び続けよ」
家系図つくりをしている会社があって400年前まで遡るコースは130万!

まだまだ世の中で知らないことがいっぱいあって
探そうと思っても探せない、知らない世界が多くあります。

昨日、来社されたお客様も、
紙太材木店の事は前日の夜まで全く知りませんでした。
と言ってました。
ネットの情報社会の中にあっても
自分の知らない埋没しているけど
もし目に触れればとても興味のある情報というものにはなかなかたどり着けません。

そういう意味では
ネット社会でもアンテナはいろんな方向に張っておく必要があって
自分の知らない自分を知るには新聞は欠かせません。

逆の意味では紙太材木店を知ってもらうには
いろんな工夫の余地がまだまだ多くありそうです。









​​






Last updated  2018年05月28日 07時53分20秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年09月04日
カテゴリ:暮らし
おはようございます、
紙太材木店の田原です。

今朝は19度の美濃地方
秋の気配を感じます。

昨日は午前と夕方の打合せの間に時間が取れたので、
会長農園の草刈をしました。
耕運機型の草刈り機なので後ろから押していくタイプで
芝刈り機の大型のものと思っていただくと分かり易いでしょう。
でも若い人や街の人は、耕運機も芝刈り機もピンと来ないかもしれませんね。

長袖、長ズボン、長くつ、手袋に麦わら帽子のいでたちでしたが
1時間ほどで異変に気付きました。
腰の周り、お尻側が痒いのです。
直感的にダニだと分かったのですが
農園の道路側でまだ刈っていないところがあって
草が道路にはみ出しそうになっているので
ここはどうしてもやっておきたいところが残っていました。

次回はいつ時間が取れるかわからないのでかゆみを我慢して30分ほど続けましたが
痒さも腰回りから内股、わきの下あたりも痒くなって限界になったので
すぐに戻ってシャワーを浴びました。
どれくらいやられたのかと鏡を見て唖然、
体中いたるところで咬まれています。
特に腰から内股にかけては無数の咬まれた痕があって
かゆみも尋常ではありません。
ということで
何かないかと探してみると

キンカン

・・・・・。

これって、昔ハチに刺されたとき
母親からアンモニアを塗られたのと同じで
スッとするのでかゆみが感じにくくなる程度で
実際のかゆみ止めの効果については?

しかし
薬を買いに行ってるより先に
かゆみを何とかしたいので
ないよりましと塗ったのですが
プラシーボ効果?もあって
なんとなくかゆみも治まりました。
(気がしたといったほうがいかもしれませんが)
昔からある大衆薬の力でしょうか。

前回、草刈りをした時にはこんなに咬まれていません、
せいぜい5.6ヶ所でしょうか、服装も同じです。
さて、次回からどうするか?
虫よけスプレーも普段から草刈をしている人に聞くと
気休め程度、ないよりましとか
まだ、残っているところがありますからどうしたものかと思案中です。
田舎暮らしも楽ではありません。



*マダニは関西以西なので美濃地方では心配してませんが
温暖化の影響で既に来てるかもしれませんから
用心に越したことはありません。









Last updated  2018年03月21日 13時08分15秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年06月23日
カテゴリ:暮らし
おはようございます
紙太材木店の田原です。

梅雨の合間の晴れ
湿度もそれほど高くないので気持ちのいい朝です。



私が手に取っているのは珪化木
いわゆる木の化石です。

実はここ川辺町や美濃加茂、可児周辺はこの木の化石が算出します。
有名なのは美濃加茂の木曽川化石林

平成6年の夏の木曽川の異常渇水の時に
川床から突き出たおびただしい数の珪化木が見つかりました。
その数、400本以上で日本最大規模です。

普段は水の底ですから誰も気づかなかったんですね。
美濃加茂の山之上には幹の直径2m、長さ11m以上の倒れた木がそのまま化石になっていて
県の天然記念物にも指定されてるほど
昭和村の正面広場にも日本最大級のメタセコイアの珪化木の株が置いてあります。

ということで
木の化石は道路工事中に出たりして
近隣では結構身近なもので
趣味で収集している人もいてあちこちに置いてあったりします。
(石神の神明神社には珪化木でできた灯篭もあるとか
私はまだ見てませんけど)


紙太材木店でも事務所のカウンターの上の置物だったり











門の前の置石だったり

上の私が手に取っているものも
裏側はカットしてあり年輪も確認できます。


水に浸かって、いたんでいく途中で化石になったようです。
埋没した樹木の炭素成分が堆積物中にあったケイ素に置き換わると
こんな木の化石になりますが
どの地層でもなるかというとそうではなく
いろんなタイミングや偶然が重ならないとできないとか。

すぐ近くでは木曽川の川床からサイの足跡化石も発見されてますから
夏休みにお子さんとお出かけするには絶好のスポット
化石林公園や昭和村巡りでお子さんの知的好奇心を呼び起こしてはどうでしょう。






Last updated  2018年03月22日 17時37分16秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年06月19日
カテゴリ:暮らし
おはようございます、
紙太材木店の田原です。


この時期のToDoListのトップは会長農園の草刈
これぐらいの広さになると刈払い機では追いつかないので
自走式の草刈機を使います。(もちろん私一人で)
自走式と言っても車のように乗車して運転するのではなく
耕運機(分かります?)のように後ろから押すタイプで
スーパーのカートにエンジンが付いているようなものです。
それ以前はシルバーの人たちが刈払い機を使って5人がかりで2日半日・・・

そんなに広そうに見えませんが
左手前のケヤキの木で直径は60cmほど
アーモンドの木や銀杏の木、ブルーベリーや梅、
アンズ、サクランボなど実のなる木が多く植えられてます。

ブルーベリー

まだ収穫の時期ではありませんが
収穫時期は鳥と競争です。

杏子(アンズ)は今が旬



ギンナンの実は既にこんな具合


毎年恒例でお世話になった方に銀杏をプレゼントするのですが
それでも拾いきれず、大量に落ちたままになります。
処理をして実だけにするのにそれなりの手間もかかるので
自然に任せてるんですが、
今年は期間限定で誰でも拾いたい人どうぞという企画をしてみようかと思ってます。
銀杏大好きで、シーズンになるとあちこちの公園に行って拾いまくっている
銀杏フリークの方もいるようですから
意外にこの企画当たるかもしれません。

ちなみに、街路樹のイチョウの木のギンナンの実、
落ちていれば誰でも持って帰れますが(自然に落ちた実は拾った人のもの)
木になってるものを棒で落として持っていくと窃盗罪
街路樹なので収穫する為のものではないのでそうなるとか
こちらを参照

イチョウでお邪魔虫なのは毛虫
消毒なんてしませんからこの時期の葉は食べ放題







Last updated  2018年03月21日 16時39分30秒
コメント(0) | コメントを書く
2017年06月07日
カテゴリ:暮らし
おはようございます、
紙太材木店の田原です。

月に1度、社員全員で倉庫や工場の整理をするのですが
この時期の私の担当は草刈
刈払い機で土場や工場の裏手など
普段行かない場所の草刈りも私の担当

で、
その翌日
なぜか鼻の頭と額がむず痒い
毛虫か何かに触れたのかなどと思っていると
夕方にはその範囲が更に広がって・・

かぶれました。
鼻と唇の上、顔面の右半分

なぜ鼻の周りかというと
未だに何に反応しているのか花粉症の症状が出ていて
草刈の時もマスクをしていたのですが
時々鼻水が出るので、ティッシュで鼻をかんでいたのです。
手袋を脱ぐときや付ける時に
素手になりますから何かに触れたものが付着してかぶれたようです。

ということで、
工場の裏手に漆の木なんてあったのか?
調べてみるとかぶれる木はヤマウルシ、ハゼの木、ヤマハゼなど数種類あるようで
早速確認に行くと怪しいのが2本
いつの間にこんなに大きい木がと今更ながらに思ってますが


拡大してみると


うるしの木についてはいろんな種類があって
ネットでも数多く出てますが
はっきり言って見分けにくい
そんな中で参考になったのが
こちら


もう一つ怪しいのはこれ




ウルシに敏感な人は木の下を通っただけでもかぶれるなんて聞きますが
私の場合はそこまでではないようで、
おそらく触れなければOK
でも、裏手にあるあの木を切り倒さなければなりません、
二度とかぶれるのはご免なのでどう倒すか思案のしどころです。

5月に漆継のお店をしたときに
今年は漆に縁があるなんて言ったばっかりに
かぶれてしまいました。
もう一つの漆のお話はまだあたためてますので
今しばらくお待ちください。

かぶれた時は早めに皮膚科に行きましょう。







Last updated  2018年03月21日 16時50分30秒
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全162件 (162件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 17 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.