1582662 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ケヤキの木の下で            岐阜/愛知 自然素材でZEH READYの家

PR

全54件 (54件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >

リフォーム

2017年02月10日
XML
カテゴリ:リフォーム
おはようございます、
紙太材木店の田原です。

今年の美濃地方
例年になく雪が降らない。
降っても積もらないんですね。
昨年の今頃は建前の中日で雪に降られて
大工さんと半日雪かきなんてこともありました。




さて、昨年からの工事が再開した町の酒屋さん
生活をしながら、商売を続けながら、お正月を挟んで
という工事です。

着工前はこんな感じで
昭和を感じさせる店構えです。



日本中どこの町にもある典型的な雰囲気でしょうか。

1階のお店の上にある箱は壁だけがあるのではなく
屋根をとっぱらって物入れになってます。

今回、外観は建築された当時の形にできるだけ戻そうということでこんな具合になりました。





大屋根の軒は船外造りで1.3m程出ていますから
どっしりと安定感のある屋根になっています。
外壁は漆喰塗りで構造の柱が出ていますから壁を守って雨漏りを防ぐ意味合いもあります。

課題は店舗周りの庇の高さでした。
建築当初は他の下屋と一緒でかなりの高さがあったようで
庇ももっと出ていたようですが
道路が拡幅されて店舗側に迫って来たことから
あのような箱が屋根に乗った形に変えられていました。
それをそのまま再現すると違和感のあるものになってしまいます。

この庇の上、横長で幅広の木に屋号を書いて載せる予定ですが
さて、どんな書体にするか思案のしどころです。

自販機も何とかしたかったのですが
駅前の本町通りということで3台になりました。
景観と売り上げのバランスが難しいところです。

この建物の2階と外観工事が昨年末まで
今年のお正月明けから1階のLDKと水回りの工事をしています。
内部の工事は3月末までかかりますから、住まい手の方は大変ですけれど
もう少しの辛抱です。







Last updated  2018年03月21日 17時24分53秒
コメント(0) | コメントを書く


2017年01月13日
カテゴリ:リフォーム
おはようございます、
紙太材木店の田原です。

昨日の朝は少し雪が降ってましたが
今朝の気温は0度
天気予報では週末にかけて東海地方でもかなりの降雪が報じられていますからどうなるか気になるところです。

さて、
紙太材木店では
従来、リフォームと新築の割合がバランスが取れていたのですが
昨年から新築の比重が高くなって
今年もすでに軒並み予定が入っていますが
既存住宅の断熱改修は社会的な要求事項でもあり
紙太材木店としても従来以上に注力していくつもりです。

ただ、寒い家に住んでいる方が
断熱改修なんてしてもそれほど暖かくならないだろうと
思い込んでいるケースが非常に多く
紙太材木店で断熱改修した大半の方が
ここまで暖かくなるとは思わなかった、と後から言われます。

20年から25年ほど前までに建てられた家であれば
基本的な構造はしっかりしてます。
ただ、断熱と気密が不足してますから
とても寒い家になってしまいます。
加えて、いくら暖房しても
一定の温度以上に室内が暖まらない。

例えば
ファンヒーターとエアコンで暖房しても
室内が20度以上にならない
加えて足元の膝から下が冷たい
で、仕方なく炬燵で暖を採る。

それ以前の家の場合でいえば
土壁の家
こんな家の場合はほとんどの人は暖かい家を諦めています。









上の写真は同じ部屋の同じ方角を写してるんですが
ほとんどの方はお分かりにならないと思います。

たとえ土壁の家でも土壁を残して
現代の最新の高気密、高断熱の家と同じ性能を出すことができます。

お子さん達が独立し夫婦二人での生活が始まれば
それほど広い面積は必要ありません。
LDKと水回り、できれば寝室も含めての断熱、気密改修をすれば
暮らしやすさは格段に向上します。
Quality of Life,生活の質を向上させることで
新しい世界が待っています。







Last updated  2018年03月21日 17時41分08秒
コメント(0) | コメントを書く
2016年06月27日
カテゴリ:リフォーム
おはようございます、
紙太材木店の田原です。

二日続きの晴天で
気持ちのいい朝です。
昨夜から少し肌寒いくらいで今朝は18度の美濃地方です。


昨夜偶然見たビフォアアフター
建物とその家の住まい手が主役
一級建築士は脇役ですが番組ではその逆
番組の構成上そうなるのは仕方がないのかもしれません。

実務者から見ると疑問符の付くのところが多々あり
そちらの方が気になったり、目についたりするので
番組自体ほとんど見ることはありません。
デザインやインテリアについては何も言うことはないのですが
断熱や気密については
日本ではあのようなやり方がまだ一般的で
何の問題もないと思わせるTV局の姿勢が問題です。
多くの人が見る番組なのですから
TV局側で入念な検証をされるべきと考えます。
今のままでは後年、当時はTVでこんなことを放映していたんだと呆れられることに。
(今でもですけど・・)

気密の気は水蒸気の気
英語ではvapor(水蒸気)barrierと言います。


川辺の家(リノベーション)H
断熱と耐震の改修、
ついでに水回りのキッチン、洗面、お風呂も
サッシは熱還流率1.3でペアにしては高性能
価格も性能のわりにコスパがいい
ツーバイフォーの家のように見えますが
れっきとした土壁の家です。

2016-06-24 (4).JPG
小学校の頃の恩師の家
一昨年亡くなられ延期になってましたが
先月着工
お盆前には完成予定







Last updated  2018年03月21日 18時29分41秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年10月02日
カテゴリ:リフォーム
おはようございます、
紙太材木店の田原です。

朝から日差しが出ていて
晴れのようです。
昨日1日だけの雨で助かりました。


さて、
以前のブログで今年の長期優良住宅化リフォームの予算が
昨年比3.2倍になったとお伝えしました。
3.2倍になってもそれだけ申請があるのかと
人ごとながら心配になってしまいます。
というのも
現実にリフォームをしてこの補助を受けるのには
かなり高いハードルを越えなければなりません。
特にS基準は現在の長期優良住宅と同程度の性能を持たせなければなりませんから
20年前の住宅ではかなりの手入れが必要です。

昨年、この制度を利用してS基準のリフォームをしたなかで
今後この制度を利用しようとする方の参考になることがありますので
ご紹介します。

本日も技術系のお話なので(^_^;)
一般の方にはつまらないかも・・m(_ _)m


発泡系断熱材
ウレタンやアイシネンといった断熱材を
壁や屋根面に吹き付けて断熱する手法があります。

長期優良住宅化リフォームでは
壁や天井、屋根といった断熱材が入るところには
防湿層の設置が必須ですが省略出来る場合があります。

それは室内側と室外側の透湿抵抗比が3以上ある場合
つまり室外側の抵抗が室内側の3分の1しかなければ
断熱材に入った水蒸気が外に逃げやすいから
防湿層は不要ですというもの。

水が高いところから低いところに流れるように
水蒸気の流れを止めるものがなくてスムーズに外に出ていくならOKというもの。

この長期優良リフォームを申請した家では
住まい手の方が以前のリフォームで屋根面にアイシネンを吹き付けていました。
調べてみると
アイシネンの透湿抵抗は0.73m2・h・mmHg/g
屋根裏の面に吹き付けてありますから
室内側はそれだけ

室外側は
構造用合板10.3
アスファルトフェルト4
石綿スレート2.44
合計16.74

0.73/16.74で0.043
これが3以上にならなければなりませんから
室外側の透湿抵抗がはるかに高いのでNG
これでは水蒸気が抜けていきません。

住宅用のプラスチック系防湿フィルムA種の
透湿抵抗は170

(170+0.73)/16.74で10.19
これでようやくOK

ともすれば
発泡系の断熱材ならどんなものでも
防湿フィルムは省略できそうと
思い込んでしまいますが透湿抵抗を確認することが必要です。

メーカーのHPのQ&Aには

計算上結露がなければ気密シートを省略できますとなってますが
屋根面に使う場合は野地は合板、その上にアスファルトフェルトですから無理でしょう
野地が1枚おきのザラ板、フェルトが杉皮ならOkかもしれません。
どうしてもこの製品を使いたい場合は
天井面に屋根裏側から吹き付ければ計算上はOK
ダウンライトがある場合は工夫が必要です。

壁に使う場合も外壁側に通気層があっても壁が構造用合板であれば
計算上はかなり困難
防湿層(気密シート)が必須になります。

発泡系に限らず断熱材は種類によって特性がありますから注意が必要で
このように家を建ててから後年、断熱や気密を強化しようとすると
かなりの工事、つまり費用が必要になってしまいます。
ですから国は200万もの補助をつけてくれるのですが
補助を受けるのには家全体をしなければなりません。
LDKだけとか1階だけと言うのは認められませんから
総額がいくらになるか
私も正確には見積もって見なければ見当がつきません。









Last updated  2018年03月21日 19時53分36秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年04月13日
カテゴリ:リフォーム
おはようございます、
紙太材木店の田原です。

昨日は年に一度の春祭り
朝の7時から熱燗です(^_^)
と言っても飲んだくれてるのではなく
立派なご接待でありますから
ある意味仕事?かもしれません。
接待したのは
こちらのは沛王(はいおう)や獅子

2015-04-10 016.JPG

左甚五郎作の面をかぶっているのは小学校からの同級生でした。


さて、
可児市の断熱改修現場
解体工事が始まってます。

一般の方は壁体内結露と言われてもピンと来ない方がほとんど
どんなものかというと
言葉で説明するよりも
写真をご覧いただくとわかります。

2015-04-10 027.JPG

もう少しアップで見ると
2015-04-10 026.JPG

解体する前はこのような押入れです。
DSC_0030.JPG

居間に続いた6畳の和室の押入れで
普段は閉めたままです。

黒くなっているのは
表面が結露したことによるカビ

壁の中のことなので・・・と
気にしない方も中にはいますが
12mmの石膏ボード1枚裏はカビだらけ
しかも年月が経てばカビは壁合板から養分を吸収しますから
合板はぼろぼろで
合板で耐震耐力をとっていれば
もちろん耐震耐力はなくなります。
当然、外壁側の合板がこんな状況なら
間にある繊維系断熱材はまさにカビのかたまり・・・

この建物は2x4ですが
在来の木造であれば
胴縁で石膏ボードと柱の間に隙間がありますから
押入れのある和室の他の壁に
コンセントやスイッチがあれば
そこからカビの胞子が室内に入っています。
もちろん、台所で換気扇を回せば
大量に胞子が室内にあふれることになります。

壁の中で結露するメカニズムは
建築士であれば資格の更新講習で習っていますから
誰でも知っています。


このカビを防ぐには
残念ながら気密シートしかありません。
なぜ残念ながらかというと
自然派の工務店の中には
気密シートを目の敵にされてる方がまだ多くいるからです。
合板だから結露してるんだ、
土壁ならそんなことは無い!
土壁ならカビなんて生えない
と主張される方もいますが

土壁カビ写真
9.19.2011 008.jpg
正面は外壁側で黒くカビの生えた壁
両サイドは室内の壁で綺麗
上の2x4の壁と瓜二つですね(^_^)
しかもこちらのほうが
ずっと年季が入ってます。

気密シート
いつも言ってるように空気の気ではありません、
気は水蒸気の気、
英語ではVapor Barrierと言います。

この建物は30年近く前に建てられていますから
気密シートが無いのは致し方ありませんが
未だに
つまり、今現在建てられている住宅でも気密シートをしない家が多くあります。
多くあります、
という言葉のニュアンスが少し緩いかも
というのも
断熱材がビニールのシートに覆われて入っているので
それを壁の中に入れれば
シート表面が室内側に現れるので
これが気密シートです!
と強弁する会社もあるからです。
確かにそうなのですが
つなぎ目にしっかり気密テープを貼ればある程度効果があるでしょうが
そんな現場はあまり見たことがありません。

気密や断熱に熱心に取り組んでいる実務者からすれば
それじゃ、世界に通用しないんじゃないの?

つまり
そもそもそれで
気密検査に耐えられるの?

いや、気密検査をしたことがあるのか?
というレベルの話で
まったくもって
断熱材を包んでいるシートで気密が取れるという主張は
日本のガラパゴスルールに他なりません。

室内環境を向上させ
同時に健康的で暮らし易い家に住むには
科学的な思考が求められる時代にとなりました。

それは実務者にもそして
残念ながらこれから家を建てようとするあなたにも求められます。
なぜなら実務者の中にはまだまだ、
そんなの関係ない
と考える人も多くいるからです。












Last updated  2018年03月21日 20時16分05秒
コメント(0) | コメントを書く
2015年03月25日
カテゴリ:リフォーム
おはようございます、
紙太材木店の田原です。

今朝は冷え込んでますね、
氷点下1度で氷が張っています。
名古屋が2度ですから
距離は30kmほどでも
美濃と尾張では寒さが違うようです。

一昨日は子供の引越し手続きついでに
京都まで足を伸ばし
ゆっくり家族で食事をして帰ったのですが
少し遅めになったのが災いして
彦根の手前から猛吹雪に遭遇
時速80kmでは怖くて運転ができない状態
(車で走っていたので猛吹雪に見えただけかも)

幸いタイヤは前の週には会社用も含めて全てノーマルに変えていたのですが
感のいい家内がまだひょっとしてということもあるかもということで
スタッドレスのままだったので
スリップの心配はありませんでした。

伊吹山を超えて関ヶ原近辺まではそんな調子でしたが
養老サービスエリア辺りでは星空が出て一安心
ちょっと緊張した遠出となりました。
とは言いながら、
朝には屋根に雪が残っていましたから
少しばかりは川辺町でも降ったようです。

さて、本日から可児市で断熱リノベーションのスタート

お子さんが独立したあとの家は
ご夫婦だけでは広すぎるケースが大半
最近では60歳前後の方が平家で建てるケースが都会では多いとか
経済的に余裕があれば
持ち家をリノベーションせず
最新の性能の平屋を建てることも選択肢のひとつ
ただ、平屋に建て替えるという選択なら
ドイツのパッシブハウス級のレベルまで上げてこそ
その価値があるというもの
単に今の日本の性能基準レベルでの建て替えなら
しないほうがまし

ついついデザインやインテリアに目がいってしまいますが
最初に考えるべきは家の性能
サッシを入れ替えるとか
断熱材を入れ替える、
換気装置をあとから入れるなんてのは
費用もうなぎ登り
それに60代で終の棲家を建てて
その後に性能が悪くてリフォームなんて
そんな気力をもった方はそういるとは思えません。

床暖入れればOKと考えるレベルの人こそ
低い性能レベルの家を建てることになりますから
ご注意下さい。


平屋でも新たに建てるとなれば
いくら小さくてもそれなりの費用がかかります。

そこまで予算はないし
今いるところもご近所との人間関係ができていて離れたくない
そんな方が多いんじゃないでしょうか。

紙太材木店の断熱改修は
今後の生活空間(LDK、水廻り、トイレ、寝室)を
がっちりリノベーションするもの
使わなくなった部屋まで手を出す必要は無いわけで
今後の健康寿命を考えて
上記のエリアを中心に家の性能レベルを
東北3県並みにしていきます。

これは、
今の日本の断熱基準が世界基準から見るととても低いので
美濃地方で東北3県並にしてようやく世界標準になるという
お粗末な基準があるからです。

体力の衰える年齢を迎えて
健康性を維持しながら
より高い生活の質を確保する
これが60代を迎えた人たちの
断熱改修の目的ではないでしょうか。

そう言ったお手伝いをするのは
新築住宅で高性能な家を作るのとは違いますが
それはそれで随分楽しいものです。







Last updated  2018年03月21日 20時19分51秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年12月10日
カテゴリ:リフォーム
おはようございます、
紙太材木店の田原です。


ようやく、
長期優良住宅化リフォーム推進事業の着手にかかれます。
昨日、国交省の同事業推進室から通知が来ました。

2014-12-08 011.JPG

今回の補助金申請、
お上の補助金をあてにするのは不本意ですが
お客様にとっては経済的な面ではとても助かりますし
今後の国の住宅政策の方向(リフォームでの長期優良住宅)を決める事業なので
劣悪な既存住宅や
未だに建て続けられている世界基準から見れば最低水準の日本の住宅性能を
なんとか引き上げる参考になればと参加を決めましたが
申請書の作成にこれほど手間取るとは思いもしませんでした。


書類作成があまりに膨大・・・
大手のHMや建材会社のグループ申請であれば
専門のスタッフがついて作成するのですが
少人数の工務店にとっては
申請負担があまりに過大

事前審査の段階でも受付担当者が
個人の工務店で申請されるのですか?珍しいですね。
などと、全く大手しか想定してないような対応
挙句に、こんなやり方もあるんですね、勉強になります。
と言われてしまいました・・・


お上の大手偏重には付ける薬がありません
日本の住宅は
工務店と大工が造っていることを知らないようです。

日本の建築文化は大工と工務店が作り上げたものと言ったら言い過ぎでしょうか
(設計事務所は大工育成資金の負担をしません)
大手HMの家でさえ造っているのは全て大工
その大工を育てているのは親方大工であり工務店であって
大手のHMではありません。

大手のHMの発注単価では
生産性重視で新人大工を育てる金額が無いからです。
一人前の大工を育てるのに4年はかかります。
初年度の生産性は一人前の30~40%
最低賃金との差額は誰が負担しているのか?

職人を育てるには時間とお金がかかります
行政も大手のHMもそのことにほうかむりを決め込んでいます。
アメリカでもヨーロッパでも
職人を育てる仕組みができていますが
日本ではそれがありません。
今の仕組みでは職人(大工、左官、板金、建具、瓦、ペンキ、基礎etc建築系だけではありません)
のなり手がいません。

生産性重視からはより安い手間賃という発想しか生まれませんから
HMは今、フィリピン、ベトナムなどで人手を集めていますが
すべきことは行政と一体となった
日本人の日本人による日本人のための
職人育成システムの構築であると考えます。

フェアトレード という言葉があります。
まだ技術が未熟で生産性の低い職人希望者を今の行政の仕組みでは誰かが負担しなければなりません、
誰の費用負担で育てるか
未熟な職人に一人前出せと言ってるのではありません。
育てる費用を大手HMには負担してすべきではと言っているのです。
そしてその仕組みは行政が考える必要があります。

海外では技術が未熟であればそれ相応の賃金ですが
経験年数とともに一人前の給与に近づき
国家試験に合格すれば一人前の給与が支払われます。
ただ
日本では最低賃金が決まっていますし、
本人自身の意識も先ず給与ということになってしまいます。

建築系の職人だけでなく
あらゆる職種の職人に共通して言えることですから
行政は真摯に取り組んでいただきたいと思います。

ものづくり大国日本の職人育成の仕組みが社会全体として必要とされていると思います。









Last updated  2018年03月21日 21時15分21秒
コメント(1) | コメントを書く
2014年06月15日
カテゴリ:リフォーム
おはようございます、
紙太材木店の田原です。


週末は大阪でMOKスクール
古い民家の再生手法の講義が6時間
その後の反省会が5時間(^_^;)
ということで
久しぶりに大阪泊りとなりました


ひところは、大阪で泊まりとなれば
なにはさておいても角衛兵で一杯がお約束でしたが
流石に12時を回ていると行きにくいわけで
おとなしくホテルに帰りましたが
何となく義理を欠いたような気分になるのは
酒飲みの性かもしれません・・・

一応、ご紹介しましたが
カウンターで6.7人しか座れませんし
座ると後ろは歩けません。
トイレは遠いし迷路です。
ぶらっと行っても一人ぐらいしか座れませんから
多人数では無理です。
2階もありますが
行ったことはありません
(行かない方がいいかも)
それでも行ってみたいという人だけお勧めします。


さて
古い民家の改装と言えば大掛かりな工事を連想しますが
小さな工事もあります。
このブログでも最近取り上げてる雨戸の戸箱の直しといったものから
蔵の入口の台座の補修というのもあります。

補修の基本は
分解しできるだけ当時と同じやり方で作り直すこと

できれば材料も同じ程度のものを使いますが
これが困難な場合もあります。
代替品を何にするか予算を考慮して吟味する必要があります。

2014-06-10-2 015.JPG

広葉樹の堅木の板で
恐らく楓の板
受けてる材はケヤキ
乾燥して反って隙間があき
ホゾのかかりが外れてしまってます。
反ってる分をかんなで削って水平にして
同じ材料で補修するか
新たな材で踏み板部分だけ作り直すか


板を取り外すと
2014-06-11 013.JPG

明治34年 8月9日

2014-06-11 014.JPG

右上から
川邉町字下川邉
大工 鈴木銀松之造と書いてあります。

明治34年というと1902年
今から112年前
川邉町、今は川辺町、田舎のことですから
お寺の過去帳をみればどこの人だかすぐにわかります。
下川辺には鈴木姓ってけっこういるんです
同級生にもいますし
どこの鈴木さんか気になります。


人の手による仕事は時間を超えて人の気持ちを動かします。
いくら精巧で正確で綺麗でも
工業製品のように誰が作ったかわからないものでは何かが足りません。


大工の鈴木銀松さん
時間を超えて気になる存在になりました。










Last updated  2014年06月16日 07時04分16秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年06月11日
カテゴリ:リフォーム
おはようございます、
紙太材木店の田原です。

雨戸の戸箱がようやく完成
梅雨入りには間に合いませんでしたが
本格的な雨はまだ降ってませんから
なんとかセーフ

2014-06-10 036.JPG

何よりも
90cmx40cmの穴が壁に空いているのと同じ状態でしたから
台風前にできて一安心

無垢の桧の材料ですから
素手で触ったところは
手の油がついて
後日その痕が浮き出てきます。
よく見るのは古い家のお座敷の天井
何十年経っても手の跡が残ります。

バケツを用意して
材料に触れる前に常に手を洗う
取り付け後は固く絞った濡れ雑巾で丁寧に拭く以外ありません。

もっとも塗装してしまえば
わかりませんけど・・・

ところが


2014-06-10-2 007.JPG


塗料が乗りにくいんです。
油分があって塗料をはじいてしまい、
塗りムラができてしまいます。
更に、かんな掛けして仕上げてありますから
ますますはじくことに
無垢の桧の塗装仕上げは
塗装屋さんでも嫌がります。

ペンキのように桧の木目も塗りつぶしてしまえばできるんですが
それなら無垢の桧でなくてラワンや米松ですればすむこと

桧の木目も出しての色付けですから
考える必要があります。



これでは
ちょっと色むらあり
2014-06-10-2 001.JPG


こちらは少し濃い目

2014-06-10-2 005.JPG


室内であればもう少し木目を出したいところですが
戸箱は屋外、屋外であればこれぐらいでいいでしょう。



問題は塗るか塗らないか
松田大工さんとも相談して
足場を撤去する前に決めなければなりません。











Last updated  2014年06月11日 07時40分03秒
コメント(0) | コメントを書く
2014年04月04日
カテゴリ:リフォーム
おはようございます、
紙太材木店の田原です。

一週間でけやきが大変身
新緑の若葉に覆われはじめました、
もうすぐお祭りです。

2014.4.4 002.JPG


さて、
「性能向上リフォーム」という言葉があります。

リフォームするんだから性能も上がるんでしょ、
断熱材も厚いのにするんだし
筋交いも余分に入れるし
サッシもペアにするんだから
お風呂もユニットになって
身震いするようなタイルのお風呂とは違うんだから
わざわざ性能向上リフォームなんて言わなくてもいいいのに・・・・

確かに上記のことは通常のリフォームの範囲内で事足りること

厳密な意味での、性能向上リフォームとは
省エネ性あるいは耐震性が
どれだけ向上したかの
数値として示されなければなりません。

それは自動車を見ればわかります。
1L当たりの燃費が
明確に示されますから
誰が見てもわかります。
この車は1Lで23km走る
あるいは1Lで15kmしか走らない。

車でこの車はハイブリッドですから
燃費がいいですよというだけの説明をされたら
これは説明不足、
大抵の人は1Lで何キロ走るんですか?と
もう一度と聞くはずです。

住宅に当てはめると
この家はペアガラスですから暖かくなりますよ
あるいは断熱材を入れ替えましたから暖かくなりますよ
というのは
上記のハイブリッドだから燃費がいいですよというだけの説明と同じです。
はっきり言えば説明不足

どれだけ暖かくなるの?

これを実務者は示さなければなりませんし
お客様はそれを聞かなければなりません。

リフォームの性能(断熱、省エネ、耐震)分野に関しては
なぜかお客様は思考停止状態
お任せするんだから・・・
という感覚があるからなのかもしれませんが
一歩踏み込んではっきりさせておく必要があります。

数値で見える化された性能向上リフォーム
自動車の燃費表示と同じで
住宅のリフォームでもそれが可能です。

もちろん、
新築住宅でも同様です、
エコキュートがつかってあるから
オール電化だから
パネルがのってるから
ペアガラスだから
全館空調だから
羊毛断熱材だから・・・

こんな説明は全て説明不足ですよね。






Last updated  2018年03月21日 22時16分22秒
コメント(0) | コメントを書く

全54件 (54件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.