000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ケヤキの木の下で            岐阜/愛知 自然素材でZEH READYの家

PR

全13件 (13件中 1-10件目)

1 2 >

性能とデザインのバランス

2020年07月27日
XML
おはようございます、
紙太材木店の田原です。

ようやく今週末には梅雨明けのようで、長い長い梅雨でした。
我が家の場合、影響は建具に顕著に現れ、特に木製のドア、あるいは枠が湿気で少し伸びて閉める時に少しこすれます。
乾燥すれば縮みますからそのままにしてあります…。
(紺屋の白袴)
こんやではなく、こうやと読みます。



さて、もうすぐ真夏の日差しがやってきます。
強烈な太陽光ですが既に夏至は過ぎてますから、
これから室内に入る日差しは
それなりにあります。
夏至の南中高度だけで庇の出を決めると、
室内は日光の直撃を受けることになります。

昨日の日経新聞に日曜版には
オスモ&エーデルのヴァレーマ(電動外付けブラインド)の広告が出ていました。
このヴァレーマの優れたところは、室内に入る光を調節できるところです。
しかも窓の外でしますから室内に入る日射熱も調節することができます。

日本の洋風化された最近の家では
カーテンで日差しを防ぐのが主流で、
大手のHMの家もドレープとレースのカーテンの組合せです。
これでは真夏は室内が暑くなるということで、
吉津や中には雨戸を閉めている家も多くみられます。
そこで、暑さ対策のニーズとして出てきたのがシェードです。
サッシの外で上げ下げできるスクリーンが付きます。

伝統的な日本の家では、障子が明るさの調整をしてきました。
閉めても明るさは確保できますし、同時に視界は遮ることができます。

カーテンにしてもシェードにしてもあるいは障子でも、
どれも閉めるか開けるかの二択しかありません。
ドレープのカーテンを閉めれば室内は相当暗くなりますし、
レースでは光が入り過ぎて明るくなりすぎる、
障子についても同じことが言えます。

真夏の昼間、エアコンで快適な室内の明るさ、
自然光で自分の気に入った明るさに調節ということになると、
どれもぴったりとはできません。

室内のサッシの内側にブラインドを付ければ明るさは調節できますが、
日射熱はサッシのガラスを通して室内に相当量入ってきてしまいます。
特に高断熱化された住まいでは
日射熱がガラスを通して入ってくると
室内が暑くなってしまいますから、
入ってこないように
サッシの外側で日射を防ぐのが基本です。

日射も防げて、室内の明るさも調節できるとなると、
外に付けるブラインドしかありません。

最近、リクシルがヴァレーマと同じような製品をようやく出してきました。
YKKは既に出していますから
ヴァレーマのほぼ独占だった外付けブラインド市場、
ようやく競争がと期待しているのですがどれも同じような値段…

高性能な家では必須の日射対策、
選択肢が増え、一般の方のその必要性に対する認知が浸透すれば、
大量生産での価格低下も期待できます。

外付けブラインドは日射対策プラス、明るさの調整もできる優れもの。
日本人の感性には​陰影礼賛​の思想もありますから、
通風だけでなくこちらにも光を当ててみてはいかがでしょう。


















Last updated  2020年07月27日 08時23分55秒
コメント(0) | コメントを書く


2019年12月16日


​サデギアン・タギ博士​(旧荒谷邸)

おはようございます、
紙太材木店の田原です。

週末はようやく初氷が張り冬らしくなってきましたが
今週は暖かそうなので、
高性能で暖かい家を建てている身としては
住まい手の方が家の中と外の寒暖差が小さいので
暖かさを実感できないのではと思ってしまいます。
気持ちはもっと寒くなれですが
寒い家に住んでいる人の事を思うと少し複雑な心境です。

新建ハウジングから
だんの5号が送られてきました。
特集は、「冬の暮らしを楽しむ暖かい家」で
全国の4軒の住まいが紹介されています。
”家全体が暖かいから家事も趣味も充実”と副題が出てますが
そのことで思い出したことがあります。

北海道に荒谷邸という日本の高性能住宅の先駆的な家があります。
建築業界では旧荒谷邸という言い方をしますが
これは現在住んでいる方が荒谷先生の弟子のタギ先生なので
そのような呼び方をします。
北海道は日本の断熱住宅の先頭を走っているので
本州からの研修や見学が数多く企画されますが
多くの場合この荒谷邸の見学も含まれています。
ひと冬に何度もなので大変だと思います・・m(__)m

そのタギ先生が以前、お訪ねした時に言われた言葉が印象に残っています。
「家の中が暖かければ子供たちは真冬でも外で遊びます。
家が暖かいから外で遊ぶんですよ
家の中が寒かったら外では遊びません」
スマホの無い時代だからなどと言う人もいるかもしれませんが
家に帰れば家中暖かい、と言うのは精神的な安心感があります。
もちろん暖房費も気にならない程度しか必要ないというのが前提ですが。

その荒谷先生の講演録に同じような言葉があります。
「断熱の最大の効果は
経済で評価される省エネルギーではなく
環境の穏やかさや豊かさである」

限られた予算の中で
何を優先するのか
デザインや間取、素敵なキッチンも確かに魅力があるけれど
全てというわけにはいかない時
どのように判断するか
私なら、優先するのは
「環境の穏やかさや豊かさ」だと思うのだけど
そう思わない人が多いのも事実である。









Last updated  2019年12月16日 08時44分49秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年11月20日



おはようございます、
紙太材木店の田原です。

今年も残すところひと月と10日
一週間が束になって飛んでくるイメージです。
気になってるところは
緊急性が高いところから優先していくことになるので
自分の会社の自分の仕事、なんてのは後回しになり勝ち
ということで
ようやく​今渡の家のFBアルバム​を作成しました。
お時間のある時にお立ち寄りください。
完成直後であればタイムリーなんですが
外構工事があったり
天気がよくなかったり・・
実際に建物が完成したのは
半年以上前の2月ですから
10か月も前と言うことになります。

鵜沼山崎町の家も既に完成してますが
母屋の解体は来年1月
母屋は新築の真正面で
しかも5mほどしか離れていませんから
いまのところ新しい家は正面から見えません。
家が新しく建ったことさえ気づかない人もいるとか。
母屋を解体してそれから外構工事となると
FBで披露できるのは来年3月あたりでしょうか。

などと言ってるうちに
川辺の家Dは年内に完成
大門町の家も来月大工工事が終わると言うことになると・・

と言うことで
本日はFB写真の遅れの言い訳ブログでした
m(__)m








Last updated  2019年11月20日 06時51分59秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年09月06日

玄関の腰掛 鵜沼山崎町の家


おはようございます、
紙太材木店の田原です。

またもや台風が来そう…
しかも、養生の時間は週末の2日しかありませんから
皆で手分けしてすることになりますが、
他の予定も既に組んでありますから
台風の当たり年は堪忍してほしいですね。

日本の住宅の室内。
30年ほど前までは、洋風の外観の家でも和室がありましたが
今では和室は絶滅危惧種と言っていいほどです。
住宅雑誌に出てくる家の多くには和室はありません。
ある意味、淘汰されたと言っていいかもしれませんが
畳は意外に健在で、
畳コーナーや小上がりなどで利用されてますし、
ちょっと横になるのにソファーより畳と言う方も多くいます。

そうはいっても住まいの中の「和」的な要素はどんどん少なくなって、
室内だけ見ればホテルの中かと思うほど
無国籍な住まいが多くみられます。
もちろんそんな中でも、
室内では靴を脱ぐという日本的な習慣だけは維持されていますけど。

生活スタイルの変遷と言ってしまえばそれまでですが、
設計者としては住まいの中のどこかに日本的な和の要素を
入れたい気持ちがあって、

それは「わび、さび」に通じるものです。
それをどのように住まいに取り入れるかは難しいところで、
住まい手の考えや設計者の思想に左右されます。

生産性や効率、費用対効果だけを突き詰めた家では
なにか言葉では言えませんが、大事なものが欠けているように思います。
日本の家なのに実は無国籍な家。
そんな家ばかりではつまらないんですが
実は現実には大量に生産されています。
新興住宅地に行けば数多くみられますが
誰もそれらを見て回る人はいません。
逆に、古い町並みの残った地域(馬籠、高山、古川、美濃、白川etc)
では
多くの人が街並みを散策しています。
何かに惹かれて、何かに魅力を感じていくわけです。
これから建てられる住宅も、住まいの中にあるいはその外観に
日本の文化的背景が少しでも感じられるような家にしたいものです。








Last updated  2019年09月06日 10時17分27秒
コメント(2) | コメントを書く
2019年06月03日
​​​​​おはようございます、
紙太材木店の田原です。

6月なので衣替え
中学、高校と制服がありましたから
学生服の上着を着なくてもいいのは気分爽快だったことを覚えています。

さて、住まいも実は衣替えをします。
日本の伝統的な住まいでは建具を交換するんですね。
5月までは障子ですが
6月からは簀戸(すど)になります。
うちでは葦戸(よしど)と呼んでいますが
簡単に言えばすだれをはめ込んだ建具と思っていただいて間違いはありません。

ですから6月最初の週末に主だった部屋の襖や障子を全て交換します、
もちろん網戸も外して仕舞ってありますから同様です。
私は出かけてましたので家内が一人でやりましたが・・・
(結構大変ですm(__)m)

昔の家ですから
蔵や倉庫があって建具も季節によって外して仕舞って置く場所がありますが
現代の家ではそれは無理
そもそもそんな季節ごとに建具を交換なんて設計になっていません

ですが
季節の節目で、
暮らし易くする工夫をしていた知恵と言うものを
何とか現代の暮らしにも取り入れたいものです。




上の写真はMOKスクールで伺った家で
左から網戸、ガラス戸、すだれ、両面貼りの障子
すだれは丸めて上から吊るす工夫がしてあります。


もう一つには
簀戸が網戸の代わりに取付けてあります。



この建具の並びはこんな具合です。


奥から順に
雨戸、ガラス戸、簀戸、両面貼りの障子、襖と5段階になっています。

簀戸が網戸の代わりになるかと
疑問に思われるかもしれませんが


桟の隙間は細い紐一本分で1.5ミリほど

上の写真は全て建築家の設計、
サッシではなくガラス戸ですが
サッシにしても問題はありません。

確かに太陽光パネルを載せれば電気代は浮くかもしれませんが
日々の暮らしを豊かにするのは
安い電気代だけではありません。
伝統的な暮らしの工夫を現代の生活に取り入れるのはそれほど難しいことではありませんし、
洋間に北欧家具、それに障子と簀戸でも
何の違和感もありません。

日本人としての感性や美意識が普段の生活の中から生まれてくるとすれば
ホテルライクな無国籍な住まいでも
何か一点でも日本的な住まいの要素を取り入れたいものです。






Last updated  2019年06月03日 08時01分54秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年05月06日


  連休中には、SRフロアに荏油塗り。テーブルにもついでに…サンダーをかけて荏油塗布。



おはようございます、
紙太材木店の田原です。

連休最終日ですが
朝から花粉に反応しています。
築100年を超える住まいですから
花粉の侵入は防ぎようがありません(笑)

先日、紹介した堀部安嗣さんの新著
「住まいの基本を考える」の中で
高気密高断熱住宅の
断熱気密性能の事を「保温力」「保冷力」と表現されていました。

高気密高断熱と言う言葉自体、20年以上前から使われ
時代ががってなんとなく手垢の付いた使い古されたイメージがありますし
その頃の高気密高断熱住宅は実際、今の基準から見れば高気密高断熱ではなかった住宅が大半
というオチまでありますから尚更かもしれません。
一般の方のイメージも言葉ほどの性能は期待していないのが実情ではないでしょうか。

性能の高い住まいを造る実務者は
このなんちゃって高気密高断熱住宅との違いが一般の方にも分かるようにと
超断熱住宅とか超高断熱住宅とか
Lixilのスーパーウォ―ルは高断熱を謳ってましたがQ値は2.07
これで高断熱と言われてもなぁ 
と思っていたらスーパーウォールデュアルと出てきました。
各社、各団体、様々な表現で差別化しようとしていますが
今一つ一般の方にはその違いが伝わっていない。

これはただ単に、
燃費のいい車と言ってもどれくらいが燃費のいい車なのかは人それぞれなのと同じように
高断熱高気密住宅も定義がありませんから
暖かい家、高断熱の家と言えば言ったもの勝ち
一般の方目線の表現ではありませんから比較検討できない言葉で
言わば独りよがりの表現が堂々と通用する
住宅業界は魔訶不思議な世界です。


どんな表現するにせよ
断熱気密性能はUa値やQ値、C値で表されますから
見出しの言葉とセットで考える必要があります。

例えば
高気密高断熱住宅、超断熱住宅などと謳ってあれば
そのUa値やQ値、C値と必ずセット見ることが大切です。
同時に太陽光パネルを含まない燃費(年間の冷暖房光熱費)がいくらかかるか?
Ua値やQ値、C値についてはHeat20で推奨されている基準が参考になりますが
それでさえ絶対ではありません。
20畳のLDKでリビング階段+吹抜けでエアコンだけでOKか?
その時のトイレや脱衣室の温度は?
見えない空気や熱の通り道はどう設計されているか?

Ua値やQ値は机上の計算ですから
設計者がどんな考えで設計しているかを知る必要があります。
堀部さんの本はその設計者がどんな考えで設計すべきかが書いてありますから
これから新築をお考えの方には是非お読みいただきたい本です。







Last updated  2019年05月06日 11時41分28秒
コメント(0) | コメントを書く
2019年03月04日
​​ポール ヘニングセン



おはようございます、
紙太材木店の田原です。

来週、鵜沼山崎町の家の建前に向けて基礎工事中ですが
今渡の家の見学会が週末にあるので
その準備やら建前の段取りで忙しい一週間になりそうです。

さて、
上の写真の人物が誰か
一般の方ですぐにわかる方はインテリアセンスがあるかもしれません。
HMの営業や設計と言った実務に関わる仕事をしていても
知らない方は知りませんし
そもそもそんなことに興味がない実務者も数多くいます。(本当ですよ)
でも、顔は知らなくても
ルイス・ポールセンと言う名前はどこかで聞いた覚えがあるのではないでしょうか。



名前も顔も知らなくても
上の写真の箱に写っている照明器具はどこかで見たような、と思っている方がいるかもしれません。

この照明はルイスポールセンのPH5と言うシリーズで
1950年代に発売されていますから
既に60年以上の長きにわたって売れ続けています。
言ってみれば照明器具の古典とも言うべきものですが
古さは全く感じません。

照明器具は部屋のインテリアやデザインに大きな影響を与えます。
日本では部屋の隅々まで明るくする照明器具や
非常に多くの器具を設置する傾向がありますが
実際生活が始まると必要なところだけ点灯しているケースが大半です。
つまり無駄に照明器具を付けているわけです。
陰影礼賛ではありませんが
家の中では暗さも必要で、明るさと暗さの対比があって
明るさが引き立ちます。
日本人のDNAにある感性は明るさだけを求めるものではありませんでした。
戦後の急速な電化によって明るさこそ豊かさの証明のような風潮がありましたが
今はそれが少しづつ元に戻っているように感じます。

現代の住まいはLDKがほぼ一体化していて
ダイニングの照明に何を使うかは
一般の方が思っている以上に部屋イメージに大きな影響を与えますし
住み始めると食卓の上にある照明器具の存在の大きさに驚かれるかもしれません。
伊礼さん設計の食卓はルイスポールセンのトルボーが定番ですし
中村好文さんもトルボーによく似た器具を使われています。
時間の流れと言う時の審判を受けたデザインは
いつの時代にも通用するもので
これから新築をご検討される方にも是非検討していただきたいものです。
流行は色あせていき早晩飽きが来ます。

と言うことで(笑)
このPH5がどんな雰囲気の部屋を作り出しているか
ご覧になりたい方はお越しください。


今渡の家の完成見学会​

​開催日時  3月9日(土) 10日()​
予約受付帯(10:00~15:00)close16:00

完全予約制です

見学のお申込み要領

・HPの​イベント予約​からお申し込みください。
・希望の時間帯にチェックを入れ、必要事項をご記入ください。
・お申込みのお客様に改めて現地へのアクセスを案内いたします。

高性能な家の性能とデザインが体験できます。

Ua値は0.28
Q値は0.9
C値は0.3前後の予定(未測定)​​過去物件全棟平均0.3​​

​​






Last updated  2019年03月04日 14時00分16秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年12月19日
​​


​おはようございます、​
紙太材木店の田原です。


先日、トイレの便座の交換をしました。
温水洗浄便座、
簡単に言うとウォシュレット或いはシャワートイレです。
このトイレの寿命ですが
ここ数年、会社あるいは自宅で3つのトイレの便座を交換しています。

事務所のトイレ
2004年設置で2017年交換 寿命13年

今回のトイレ
1999年設置で2018年交換 寿命19年

私の住む離れ
1991年設置で2015年交換 寿命24年 
使用回数、頻度は上から順に下がっていきます。

トイレは
便器本体、タンク、便座と大きく分けて3つに分かれますが
事務所のトイレはタンクと便座が一体になったもので
便座の交換時にはタンクも一緒に交換することになりますが
後の二つは便座の交換だけで済みました。

どの便座も洗浄水が出なくなるという共通の症状での交換です。
現在の住宅のトイレ事情は
1階と2階の2か所にトイレを設置するのがほぼ標準化してますが
上の寿命24年の離れのトイレも2階設置のものですので
一般的な住宅と同程度の使用頻度と思われます。

離れのトイレは
取引先のキャンペーン商品で購入しましたが
価格はホームセンターで売ってるのとほぼ同じ
交換は自分でしましたから一番お値打ち
取説を読めばご自分でもできます。

タンクと便座が一体の事務所のトイレは自分では無理なので
(ひょっとしてできたかも)
設備屋さんにお願いしました。
今回のトイレも便座だけなので自分でできますが
時間がなくて設備屋さんに依頼しました。

どのタイプも便器には異常はありませんから
その上だけの交換で済みます。
汎用品ですから部品もそれなりにありますし
ご自分でもできますが
そうでないものについては神のみぞ知るでしょうか。
下のタンクレスのトイレも交換用の便座が出ていますから
今のところは問題ありません。



但し、便器は100年クリーンでも
便座の寿命は持って20年ほど
もちろん100年クリーンも掃除は必須ですから
お忘れなく。

​​






Last updated  2018年12月19日 09時06分28秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年12月10日



おはようございます、
紙太材木店の田原です。

一昨日から朝が12月になった美濃地方
もちろん日中もですが
朝晩の冷え込みが厳しく暖かい室内が気持ちいいと感じます。

週末は今年最後のMOKスクールと断熱、気密の見学会

MOKスクール
第一講義は速水林業の速水さんの講義
千町歩以上の森林を管理しているけど
(1町歩=1ha=100mx100m)
林業で利益はなく他のことで食いつないでいるとのこと
講義を聞けば聞くほど
日本の林業行政の矛盾が見えてきます。
紙太材木店でも父の代に地元の森林組合から脱退しました。
組合にいれば間伐や植林、下草刈り等、様々な補助金がもらえますが
運営の仕方や組合のあり方に疑問を持った父が脱退
以後は自費で全てを賄ってますが・・・
日本の林業、ここで書くにはあまりにも複雑ですので
ご興味のある方は​本の購入​をお勧めします。

第二講義は伊礼智さん
「町と家との間を考える」
-沖縄の外部空間から学ぶ-
は前半30%
後半は造園家の荻野さんとのコラボと性能のお話し
伊礼さんから熱損失係数や相当すき間面積の話が
こんなに出るとは思いませんでした。
雑誌Replanの編集長、三木さんの言うところの
性能とデザインが融合された家の解説でした。

伊礼さんをはじめ
堀部安嗣さん、飯塚豊さんなど
数年前まで意匠系の建築家と言われた人たちが
こぞって高性能な家を設計し始めています。

これも時代の流れですが
性能は当たり前そこにプラスαデザインも優れたものか
デザインは当たり前でそこに性能か
住まい手側にとっても設計者側にとっても
そこには微妙なスタンスの違いがあります。

設計者目線で言うと
両方できるのは極めて稀
施工者目線でも同様ですから
住まい手の方はそこのところをよく吟味する必要が出てきそうです。

俄か高性能、俄か伊礼さん、一部堀部さんなんて設計もチラホラですから
選ぶほうも審美眼が必要な時代です。







Last updated  2018年12月10日 08時44分16秒
コメント(0) | コメントを書く
2018年11月12日
​​


おはようございます、
紙太材木店の田原です。

週末はMOKスクールの研修で金沢
金澤町屋研究会​の坂本先生(金沢美術工芸大学)の講義と
修復された町屋3軒の見学でした。
研究会は町屋の継承や再生活用に取り組んでいます。

金澤町屋の定義は
昭和25年以前に建てられた歴史的建築物を指し
町屋、武士系住宅、近代和風住宅に分けられます。
歴史的建築物なんて言うと大仰ですが
3軒長屋でも昭和25年以前ならその対象になります。

修復には行政からの補助がありますが
ほかの地域では見られないかなりの高額
条件も行政とは思えないぐらい柔軟なもので
町屋の保存や修復にかなりの危機感があるのが分かります。
実際、研究会の調査では
平成11年に10900棟あった町屋が
平成29年には5500棟とこの20年で半減しています。
今現在も減り続けていて減少数は年間約100棟となっています。

私も自分の町の空き家対策協議会の委員ですが
税制や相続の問題などで空き家が増えることはあっても
減ることはありません。
数十年後には町の人口も相当数減る予想が出ていますが
空き家は増え続けていますし解体もなかなか進みません。
金沢のような大きな町で新幹線の開通で観光客も倍増していても
町屋が減っていくというのは残念なことで
なんとか多くの町屋が残って欲しいものです。

修復物件を見に行く途中町中の建物をよく見ると
雨戸のある家がとても少ないのに気が付きました。
坂本先生にお聞きすると
金沢では雨戸のある家はとても少ないとのこと
ストリートビューで新興の住宅街を確認しても
雨戸のある家はとても少ないです。

面白いのは
茶屋街では逆に雨戸しかないと坂本先生に教えてもらいました。
雨戸にガラスが付いていて明かりが取れます。
雨戸しかありませんから開ければ縁側になっている構造ですが
2階が許されたのは茶屋街の建物だけとのこと。

江戸時代2階の高さや利用が制限されていて
軒も低く抑えられていましたから
雨戸の必要性がなかったのがそのまま現在に残っているのかもしれません。
逆に1階に多いのはガラリ戸や蓮司格子
格子の縦桟の間隔やサイズも様々で
木造家屋には格子が合います(笑)

金沢市内のムラモトの流季の家にも寄ったのですが
(設計は亡くなった三澤康彦氏)
ここでもガラリ戸が上手く使ってありました。


ガラリ戸には通風、防犯、採光など様々な役割があって
使い勝手がいいですしデザイン的にも優れています。
飽きの来ない外観、メンテナンスのできるだけかからない素材にあわせて
もっと多くの家で使っていただきたいものです。


​​






Last updated  2018年11月12日 08時34分02秒
コメント(0) | コメントを書く

全13件 (13件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.