363165 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

国民と天皇と大日本帝国

PR

プロフィール


kamuy_nupe

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー

2020.03
2020.02
2020.01
2019.12
2019.11

お気に入りブログ

電波帝国 MJ-12さん
帝国陸軍好きの読書… 五年現役兵さん
むうみんの脳内妄想 むうみん@ぶたぢるさん
くまのつれづれにっき 森のくまさん4877さん
2006.07.23
XML
カテゴリ:現在と大日本帝国
 朝日新聞【社説】2006年07月21日(金曜日)付「A級戦犯合祀 昭和天皇の重い言葉」
 を調べてみたい。

○朝日新聞【社説】の主張の概要

1.昭和天皇が靖国神社への参拝をやめたのは、
  A級戦犯の合祀が原因だったことがはっきりした。

2.A級戦犯が合祀されているところに参拝すれば、
  平和国家として生まれ変わった戦後の歩みを否定することになる。
  昭和天皇はそう考えたのだろう。

3.戦前、天皇は陸海軍の統帥者だった。自らの名の下に、多くの兵士を戦場に送った。
  亡くなった兵士の天皇に対する気持ちは様々だろうが、昭和天皇が靖国神社に赴き、
  戦没者の魂をなぐさめたいと思うのは自然な気持ちだろう。
  しかし、戦争を計画、指導した軍幹部や政治家らを一緒に弔うとなると話は別だ。
  そう考えていたのではないか。

4.だれもがこぞって戦争の犠牲になった人たちを悼むことができる場所が必要だろう。
  それは中国や韓国に言われるまでもなく、日本人自身が答えを出す問題である。
  そのことを今回の昭和天皇の発言が示している。

※上記の記事では昭和天皇の考えを推測するという形で、朝日新聞は意見を主張している。
 ゆえに、「昭和天皇はそうは考えていなかった」の反論はしない、
 「昭和天皇の主張」ではなく「朝日新聞の主張」と認識する。


〓勝手な感想〓

 以下では、
 昭和天皇が靖国参拝を止めたのは「A級戦犯の合祀が原因」を前提に話を進める。
 また、私は「靖国参拝」に賛成だが、
 「靖国」が「遊就館」で展示している内容には反対で、
 極端な言い方だが「靖国」は「大日本帝国憲法」を否定し「日本国憲法」を守る事を
 明確にして誤解されないようにして欲しい。

○朝日新聞の最終的な結論は
 「だれもがこぞって戦争の犠牲になった人たちを悼むことができる場所」
 であり、「靖国神社に於けるA級戦犯の分祀」ではなく「靖国神社以外の施設」を
 主張していると思える。

 これは矛盾を含んでいる。
 「靖国神社でなければいけない」という人達の存在。(「分祀」可だと意味は変わる)
 「A級戦犯」と称される人達の中に戦争の犠牲者は存在しないのか。
 (極東国際軍事裁判で決まったから仕方がないは変だろう)

 また、「分祀を望んでいる人達(例えば台湾出身の人達)の対応をどうするか」、
 「A級戦犯の実態を検証しなくてよいのか」
 が気になるところ。

○A級戦犯が合祀されているから靖国参拝は戦後の平和国家を否定する。

 「全国戦没者追悼式」は8月15日に武道館で行われ、天皇皇后・首相・閣僚が参列
 追悼式には関係遺族もすべて追悼式に招かれ、A級を含む戦犯処刑者の遺族も招かれる
 A級戦犯も全国戦没者追悼式の慰霊の対象に含まれている。

 の認識は間違っているのだろうか、正しいのであれば「朝日新聞」の主張では
 「全国戦没者追悼式」からも「A級戦犯」を除かねばならない。

○戦争を計画、指導した軍幹部や政治家らを一緒に弔うとなると話は別だ。
 <悼む場所>は中国や韓国に言われるまでもなく、日本人自身が答えを出す問題。

 「戦争に日本を進めたのは日本だけの問題なのか」「戦争の決断は裁かれる事か」
 「平和に対する罪は日本人以外に対象者はいないのか」は別とし、
 罪を敗戦国の天皇・皇族・日本国民だけに求めるという前提で考える。

 「極東国際軍事裁判」の判決は正しくないのではと思う。
 判決を甘くしろと言うわけではない、戦争直後の時期には正常な判断は難しく、
 占領軍も誰を裁けばよいのか起訴の段階で充分な情報もなかったと思う。
 また、政治的な配慮も存在した。

 民衆法廷の「女性国際戦犯法廷」では昭和天皇は有罪となっている。
 審議過程は「極東国際軍事裁判」の方がまし、
 特集を組んだNHKの放送は「NHK番組改変問題」として問題となり、
 この問題に関して朝日新聞は積極的で、
 朝日新聞のインタビュー情報が流出して、流出内容が月刊現代に掲載された。

 国民にも責任はあるの前提で(日本国民は250万人以上が戦争で亡くなっています)
 「戦争を計画、指導した軍幹部や政治家ら」だけでなく、
 天皇・皇族・財閥・マスメディアを含めて再検証が必要。

 朝日新聞は「日本人自身が答えを出す問題」と言っている、
 <悼む場所>だけでなく<A級戦犯>に関しても答えを出して欲しい。


●朝日新聞の【天声人語】2006年07月22日(土曜日)付では、

 メモは一つの史料として冷静に受け止めたい。政治などの場で過大に扱うのも控えた方がいい。
 もっと大きく、昭和の歴史と向き合ったり、
 あの悲惨な戦争を考えたりする時の手がかりにしたい。
 戦争で隈どられる時代が二度と来ることがないように。

 と述べている。

 朝日新聞HPの「「天皇の心」政界に波紋 靖国参拝、分祀論議加熱か」の記事では
 2006年07月21日00時09分

 昭和天皇の気持ちは、政界の議論にどう影響するのか――。
 靖国神社へのA級戦犯合祀に昭和天皇が不快感を示したメモが明らかになったことで、
 小泉首相が靖国参拝を公約した8月15日、さらに9月の自民党総裁選を控えるなか、
 政界に波紋が広がった。天皇の真意をどう受け止めるのか、戸惑いも隠せない。
 小泉首相の参拝の是非やA級戦犯の分祀などをめぐる議論は、さらに熱を帯びそうだ。

 と、政界で取り上げる事を望んでいる。
 7月22日の【天声人語】での主張は7月21日の【社説】や上記の記事とは異なっている。

 また、7月21日の【社説】では「中国」という言葉が2回出てくる。

 「<メモは>中国などが合祀を問題にする前の主体的な判断だった」
 「中国や韓国に言われるまでもなく、日本人自身が答えを出す問題<を昭和天皇が示した>」

 【社説】は全体として、中国に対する靖国問題の解決として、
 昭和天皇の合祀に対する不快感を取り上げて、
 靖国参拝と靖国参拝を行う勢力を牽制する政治的な目的だったと思われる。

 【天声人語】の「政治などの場で過大に扱うのも控えた方がいい」は不可解。
 7月21日の時点で、方針転換の必要があったのだろうか。






最終更新日  2006.07.23 11:24:16
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.