434195 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

国民と天皇と大日本帝国

PR

プロフィール


kamuy_nupe

キーワードサーチ

▼キーワード検索

カテゴリ

カレンダー

バックナンバー

2022.01
2021.12
2021.11
2021.10
2021.09

お気に入りブログ

電波帝国 MJ-12さん
帝国陸軍好きの読書… 五年現役兵さん
むうみんの脳内妄想 むうみん@ぶたぢるさん
くまのつれづれにっき 森のくまさん4877さん
2008.11.14
XML
カテゴリ:閑話休題
○トヨタ・奥田氏「厚労省たたき異常」 ワイドショー報道など批判

 「スポンサーをやめようかなとも思う」。政府の「厚生労働行政の在り方に関する懇談会」の座長を務める奥田碩トヨタ自動車取締役相談役が12日の会合で、ワイドショーなどの番組での過度な厚生労働省たたきに不快感をあらわにした。

 奥田氏は「テレビが朝から晩まで年金や厚労省の問題をあれだけ毎日やるのはちょっと異常な話。正直言ってマスコミに報復してやろうかな」と発言。「ああいう番組のスポンサーは大きな会社じゃない。パチンコ屋とかサウナとかうどん屋とか」とまくし立てた。

 関係者は「マスコミ公開の会議であることを忘れていたのでは」と奥田氏をかばったが、経済界の大御所の発言だけに波紋を呼ぶ可能性もある。

└─[11月12日 (23:06)/NIKKEI NET]


〓勝手に独断と偏見〓

 国家権力がマスメディアに圧力を加えようとするとマスメディアからの反発は激しい。

 新聞サイトに於いて「厚生労働行政の在り方に関する懇談会」を検索すると朝日・毎日・産経・日経では記事が存在したが読売では見つける事ができなかった、それどころか「奥田」で検索しても今回の奥田碩発言について見つける事ができなかった。

 テレビでは奥田碩発言についてどのような事を言っていたのか、見ていないので不明。

 戦前・戦中に於いて多くのマスメディアが軍部寄りの報道を行い、真実の報道ではなく自分達の利益を優先したと思う。

 今回のトヨタの圧力に関して真実の報道ができるだろうか、出来なければ戦前・戦中・占領に於けるマスメディアと比べ現在のマスメディアの質が向上していない事になる。

 現在に於けるトヨタに対する真実の報道とは何か、「Yahoo!知恵袋」の質問『「厚生労働行政の在り方に関する懇談会」の奥田碩座長(トヨタ自動車相談役)は12日に首...』に対する「souyu422さん」の回答がどの程度正しいのかをマスメディアが報道できるかである。

◇「souyu422さん」の回答より(抜粋)

 この発言が出たタイミングを考えれば、奥田氏の魂胆が見えてくると思います。

 トヨタは最近、グループで7000人を超える期間労働者の解雇を発表しました。
 期間労働者は、低賃金で過酷な労働を強いられ、一部で「労働奴隷」と揶揄されながら、
 トヨタ高収益の源泉となってきた人たちです。
 それを業績悪化を理由に解雇するわけですが、
 業績悪化と言っても6000億円もの利益を上げながら、これだけの人を露頭に迷わすという仕打ちをするのです。

 さて、この状況下での奥田氏の発言ですが、大きな二つの効果があると思います。

 まず、この発言で厚生労働省に「恩を売る」ということ。
 元々、期間労働者を労働基準法ぎりぎりのラインで働かせてきたうえに、今回の解雇というのは、法律上は問題はないのかも知れませんが、
 解雇された期間社員とトラブルが起こる可能性も考えられます。
 雇用の問題は厚生労働省の管轄ですから、ここで厚労省に恩を売るのは大きなメリットがあります。
 厚生労働省管轄の労働基準監督署などに苦情が来ても、
 職員は、「トヨタさんは、法律に則ってやっておられますので、問題ないですよ」とでも言うことでしょう。

 次に、マスコミへの牽制効果です。
 トヨタはマスコミにとって最高の広告主。つまり、最優良の「お客様」です。
 「お客様」の機嫌を損ねてCMでも全部下りられたら大きな収入源になります。
 厚労省の報道が気に入らないといって、CMを下りるというくらいですから、
 トヨタの悪口を言った日にはどういうことになるか、火を見るより明らかです。
 マスコミがトヨタのイメージダウンに繋がるような、
 期間労働者の過酷な労働や首切りを報道するのを抑える意味の牽制効果は絶大です。

──回答日時:2008/11/13 04:06:12

 大企業に弱いのが民放、日本政府に弱いのはNHK、NHKの頑張りを期待すべきか。






最終更新日  2008.11.14 19:19:41
コメント(0) | コメントを書く



© Rakuten Group, Inc.