019747 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【お気に入りブログ登録】 【ログイン】

神田メンタルつれづれ日記

PR

プロフィール


kandamental

サイド自由欄

設定されていません。

キーワードサーチ

▼キーワード検索

コメント新着

鳥かご@ Re:よろしくお願いします(01/13) 遅くなりましたが3周年おめでとうござい…
鳥かご@ 関西はいいところです いつもお世話さまです。久々の更新を見て…
K子@ 素敵です。 いつもお世話になっております。久々の更…
鳥かご@ 私のことかしら? 勉強不足でしたがなんだか私の症状と似て…
鳥かご@ 休日はひとりがいい ご実家でゆっくりくつろがれてよかったで…

カレンダー

フリーページ

☆東京都千代田区・神田駅西口メンタルクリニック院長の日記です ☆



     ○○○○○○○神田駅西口メンタルクリニックからお知らせ○○○○○○○○



※土曜日は、午前の部(10時~13時)のみです。土曜は、カウンセリングも行っております

尚、webからのご予約がスムースにお取り頂けない場合は、受付03-5209-0874にご連絡ください。
2014.07.13
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
またまたかなり間が開いてしまい、大変申し訳ありません。この間にも、何人もの患者さんと、話題になりましたが、喩え話より、先ずストレートにいきます。

ジェネリック薬品は、先発品と全く同じ成分が含まれているには違いありませんが、以下の3点で違いが在ります。

1.一粒一粒に含まれる薬剤量のバラツキがやや大きい場合があり得る。(品質規制上の許容基準が少し緩いため)
ただし、実用上はそれほど問題にならない。

※錠剤というのは、それ全体が薬なのではありません。錠剤には、目に見えない位の微量、ミリグラム単位の薬が混ぜ込んであるのです。


2.薬を混ぜ込んである錠剤の作り方が違うために、できるだけ速やかに溶けた方が良い薬において、服用後体内で溶けるスピードがやや遅いことが有り得る。(逆に、ゆっくり溶けた方が望ましい薬が、やや速く溶けることも有り得る)やはり、実用上はそれほど問題にならない。

3.先発品と異なる添加物が含まれていることがあり、ごく希にアレルギー反応を起こす可能性が在る。

つまり、ジェネリック薬品とは、
「先発品と全く同じ薬効成分」(ただし、その分量の統計的バラツキは先発品より許容度が広い)+「先発品と同じとは限らない錠剤」によって構成されている訳です。

(更に続く)







最終更新日  2014.07.13 22:43:22
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2018 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.