592849 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

競馬騎手修行ブログ 藤井勘一郎 海外ベース日本人ジョッキー

PR

カテゴリ

バックナンバー

2020/02
2020/01
2019/12
2019/11
2019/10
2019/09
2019/08
2019/07

プロフィール


JOEFUJII

カレンダー

楽天カード

サイド自由欄

2015/03/23
XML
テーマ:ニュース(81130)
カテゴリ:韓国競馬
3月21日、ソウルの2レースで優勝した馬が、負担重量が2.2kg軽く後検量し失格になりました。

失格になった馬は2番人気で、もちろん斜行とかはなかったので、レース直後の審議のランプもつかなかったのです。
結果、馬券を買っていたファンが怒り、主催者はその次の第3、4レースを見合わせ、機動隊も出動して暴動を抑えました。

結果は、失格になった馬の馬券も払い戻され、収まったようです。
rblog-20150323191745-00.jpg
写真
http://m.blog.naver.com/choi9036903/220307278092
より


Korean racing blogにも記事が載っています。
https://korearacing.wordpress.com/2015/03/21/the-riot-what-actually-happened-at-seoul-racecourse-today/


事件は第2レースと第3レースに同じ調教師の馬に、同じジョッキーが乗り、検量を一緒にした際に鞍を取り違えたと考えられます。

調べてみると、日本でも同じ事件があったようです。
http://ja.m.wikipedia.org/wiki/シンコウシングラー事件

これに対する予防策としては、前検量時に鞍の総計と騎手の体重が計られ、馬に鞍をつける前にまた検量し、騎手もレースに乗る前に騎手重量を確認するのがJRAで義務づけられました。


現在の韓国では、検量の時はコンピューターで管理されていています。一回の検量後にすぐ鞍がレース名と馬名の入ったバッグに入れられて予防策はありました。でも、小さな不注意が大きな事件になってしまいました。


ファンの皆様に多大な迷惑をかけるので、自分も確認を入念にするよう今後注意します。

PS
過去にオーストラリアで、とんでもない形で後検失格になった例もあります。1着に入線した馬の重りバッグがレース中に落ちて、帰ってきたら重量に満たなかったことです。

この予防策としては、鞍の位置を確認する。腹帯がしっかりしまっているか確認するということでしょう。







最終更新日  2015/03/23 07:17:47 PM
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.