551193 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

競馬騎手修行ブログ 藤井勘一郎 海外ベース日本人ジョッキー

PR

カテゴリ

バックナンバー

2019/10
2019/09
2019/08
2019/07
2019/06
2019/05
2019/04
2019/03

プロフィール


JOEFUJII

カレンダー

楽天カード

サイド自由欄

全3件 (3件中 1-3件目)

1

JOE流儀

2012/05/20
XML
カテゴリ:JOE流儀
勝負服「Colours」


今回は騎手がレースで着ている色鮮やかな勝負服をご紹介します。


120520 087.JPG



America racing colours.jpg
アメリカの勝負服ルーム。



勝負服は大きく分けると、馬主と騎手の所有に分かれます。

日本のJRA、ヨーロッパ、オーストラリア、シンガポール、アメリカだと馬主の勝負服を着ます。
有名な勝負服だと、社台グループの黄色と黒のストライプ、ゴドルフィンのローヤルブルーですね。


日本の地方競馬、韓国だと騎手が自分の勝負服を持っていて、内田利雄さんはミスターピンクといわれるほどに、ピンクに白星の勝負服は、アジアの競馬関係者に知られています。



生地やデザインは、日本と海外では規定の関係で少し違います。


日本はエアロフォームと呼ばれる、肌にぴたっとフィットして空気抵抗をなくす勝負服をよく見ますね。

下の表から使える13色を組み合わせます。

photo111.JPG



オーストラリアではポリエステルの生地が主流です。
日本の服色以外にもロゴなどが使えて、
ベンツのマークやハッピーマークが入ったものがあって見ていて楽しいです。
以前、落語家のざこばさんの馬に騎乗させてもらったときは、家紋がフロントに入っていましたね。



ちなみに一番上の写真は、今回韓国で騎乗するためのマイ勝負服です。

水色、ダークブルー袖白三本輪

見習い時代に沢山勝たせてもらったベネッツグリーン号の勝負服。
思い出が沢山詰まっています。



次回の「JOEの流儀」は、レースで使う鐙(Irons)です。
















最終更新日  2014/08/27 04:50:47 PM
コメント(2) | コメントを書く
2012/04/16
カテゴリ:JOE流儀
オフ  Off


今回は、思考は現実するさんのリクエストに答えて、ジョッキーの休みの過ごし方を紹介。




騎手といっても、減量の得点がある見習い騎手と、シニア騎手がいて、生活スタイルは全然違ってきます。


オーストラリアの見習い騎手は厩舎に所属して馬の世話をするのでなかなか休みはないですね。

毎朝、3時半からおきて調教に乗り、午後はレースか厩舎作業。
休みも2週間に一回はあるんですがレースに行くとつぶれてしまうので、ほぼ丁稚奉公の状態が4年近く続きます。



シニア騎手になると、自分の時間も増え、基本的に朝の調教をして、営業などをすると午後は休みで、週末などのレースに臨みます。

僕自身の休みの日はビーチとか見晴らしの良い所に、奥さんと出かけるのが好きですが、他の騎手はゴルフに行ったり、バイクに乗ったり、ウェイクボードをしたり...考えてみるとみんなアクティブですね(笑)

運動をかねてボクシングをしたり、ヨガをしたり、走りにいったりで仕事とオフの区別があんまりつかない部分もあります...


オフとは少し話が違うけど、騎手の中には、レースに乗らない日に、専門学校で勉強して教師の資格をとった人がいるし、セミトレーラーの運ちゃんもいます(笑)


確か日本の騎手は副業を禁止されていたはず。



騎手それぞれオフの過ごし方は違うにしろ、みんな家でじっとしているより、外ではしゃいでいる人のほうが多いですね。


次回は「裁決室」Stewards roomをご紹介します!!









最終更新日  2014/08/27 04:48:49 PM
コメント(0) | コメントを書く
2012/04/12
カテゴリ:JOE流儀
今回はドーピングについて。 Doping


競馬の世界では馬と人のドーピング検査があります。

競走馬だと、一昔前に、ディープインパクトが凱旋門賞で3着に入着して、失格になりましたが、今回は人に焦点を当ててみます。


最近、オーストラリアで、ブリスベンのトップジョッキーがハーブの新陳代謝を向上させる薬を使用していて、尿検査で引っかかり1ヶ月の騎乗停止を食らうというニュースがありました。


競馬法(Rules of racing)には「採決委員は騎手、調教助手が禁止の薬物を使っていると、競馬への関与を禁止できる」というルールがあります。


weed.JPG

こんな感じでずらーと薬品名が書かれています。



オリンピック選手などが引っかかるのは能力を引き出すための禁止薬品がメインですが、騎手はやっぱり職業柄、体重をコントロールするために食欲を減退させる薬、利尿剤などが多いです。

ごくたまーにコカインやマリワナなどのハード系でつかまる人もいますが(笑)



僕自身はもちろんつかまったことはないですが、3ヶ月に一回くらいは調教中や競馬のジョッキールームで抜き打ちで検査されます。


「禁止薬物を取らなかったらつかまらないでしょ?」

と簡単に聞こえますが、ジョッキー仲間で、強い風邪薬や睡眠薬で引っかかった人もいるし、
最近のスポーツサプリメントには能力を向上させるものもあるので常に注意が必要です。


ということで今回は表舞台ではなかなか明かされない競馬のドーピングについて書いてみました。




「JOEの流儀」も11回目でもうすでにネタ切れしてきたので(笑)
何かリクエストがあったらメッセージをお残しください。



















最終更新日  2014/08/27 04:50:27 PM
コメント(2) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全3件 (3件中 1-3件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.