550737 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

競馬騎手修行ブログ 藤井勘一郎 海外ベース日本人ジョッキー

PR

カテゴリ

バックナンバー

2019/10
2019/09
2019/08
2019/07
2019/06
2019/05
2019/04
2019/03

プロフィール


JOEFUJII

カレンダー

楽天カード

サイド自由欄

全6件 (6件中 1-6件目)

1

ソウル遠征

2015/06/09
XML
テーマ:ニュース(77546)
カテゴリ:ソウル遠征
エスメラルディーナはよく頑張ってくれ、僕自身、初めてのJRAの馬で騎乗し、韓国のレースで勝つことは、本当にしびれました。


一般にメディアに取り上げられるのは騎手や馬ですが、今回はチームジャパンの仕事の裏舞台について書こうと思います。



僕はエスメラルディーナの調教にはレースの週の火曜日から参加しました。

朝は関係者とホテルから競馬場へ。

韓国の馬が馬場入りする前に、検疫馬房の馬が調教できます。

馬体の確認や体温を測った後、馬装し前運動という騎乗してのウォーミングアップが始まりました。

rblog-20150609221958-04.jpg

木曜日にエスメラルディーナの最終追い切りでは動きを確認し、レースでの感覚をつかみました。
rblog-20150609221958-03.jpg

調教助手の鈴木勝久さんが日本から帯同していました。今回厩舎の海外遠征は初でしたが、鈴木さん自身、イギリスのマークジョンストン厩舎で2年間研修されていたので、アウェイ感はあまりないとおしゃっていました。現地のスタッフとも英語でコミュニケーションです。


エスメラルディーナは日本から検疫のためずっと一頭でしたが、ほかの馬のいななきを聞くと立ち止まって何か考えていたのは印象的でした。


斎藤誠調教師はレースの3日前からグッと馬体が良くなったと。ここまで来たからには「絶対に勝ちたい」と。


rblog-20150609221958-01.jpg


レースの前日には「膨らんだ風船を破裂させないようにフワッと乗ってください」と、時計だけではなく馬の感覚を大切にする調教メニューでした。

この日の朝に、斎藤先生とはしっかりとコミュニケーションをとる時間があり、先生の考えを理解しました。



ノーザンファームしがらき場長の松本康宏先生が斎藤先生にビデオに記録した今回の輸送、スクーリング、ソウル競馬場の検量から馬装の流れなどの映像を説明している様子です。
そのほかにも、ノーザンファームの馬がドバイ、フランス、香港の遠征の様子も見せていただきました。

rblog-20150609221958-00.jpg



今回、日本の関係者に騎乗機会をいただき、一緒に仕事をできたのは、また自分の中で新しい発見がありました。


rblog-20150609221958-05.jpg


そして、日本の関係者と一緒に、KRAの獣医師、国際チーム、日本の飼料屋さん、新聞記者、馬具屋さんとの交流もあり、業種は違えど同じ競馬界で良い馬作りを目指すのは一致していました。


レースに続く。。。





【競馬・騎手】GPAヘルメット(Red-Line)






最終更新日  2015/12/25 11:27:56 AM
コメント(0) | コメントを書く
2015/05/16
テーマ:ニュース(77546)
カテゴリ:ソウル遠征
マックアンドチーズ号でダービーに参戦します。

rblog-20150516103700-01.jpg

クラシック1戦目のKRAクラシックでは折り合いをかき、直線伸びませんでした。
今回は距離も長くなるので馬のリズムを大切にします。

13頭9番ゲート
rblog-20150516103700-00.jpg

ソウル競馬場の4コーナーです。
レースに備えて下見をしてきました。
1800mはスタンド前の内馬場からスタート。ずっと内コースを走り、4コーナーで外に合流するのでコースは小回りになります。

rblog-20150516103700-02.jpg

明日のダービー独特の雰囲気が楽しみです。










最終更新日  2015/05/16 10:37:03 AM
コメント(0) | コメントを書く
2014/12/15
カテゴリ:ソウル遠征
2014年韓国グランプリは5着でした。

スタートしてからマジックダンサーの折り合いもうまくいき、1番人気のボルマウィックムを見ながらの2番手に付けました。
道中は手応え良かったですが、4コーナーでワンダーボルトに一気に来られリズムを崩し、直線に入ってグッとハミを取り直して一瞬期待しましたが、最後は一本調子でした。

rblog-20141215220236-00.jpg
ツイッター あんさん

個人的には2300mの距離は長かったですがマジックダンサーはよく頑張ってくれましたし、厩舎のスタッフは体調をよく整えてくれました。

韓国の2014年シーズンは残るとこあと2週間。
最後まで気を引き締めて頑張ります!!








最終更新日  2014/12/15 09:58:41 PM
コメント(0) | コメントを書く
2014/12/12
カテゴリ:ソウル遠征
日本の有馬記念より一足先に、今週は韓国のグランプリレースです。

僕は今年の6月にチェジュカップ(G3)を制した、マジックダンサー号で挑みます。

rblog-20141212154021-05.jpg
ソウル競馬場での優勝ウイニングラン

グランプリの2300mのスタート地点の風景
ここから、500m近くの直線で1コーナーに向かいます。

rblog-20141212154021-04.jpg

韓国のレースは、現在シンガポールでも週に3日間放映され、グランプリは今年初めてフランスでも放映されます。

出馬表
rblog-20141212154021-00.jpg
KRA

マジックダンサー号のコメント
rblog-20141212154021-01.jpg
Korean racing blog

韓国新聞の記事
rblog-20141212154021-02.jpg
韓国レーシングジャーナル


調教には約3週間、毎日任され、スタッフと意見を交わしながら調整し、満足のいく状態です。
この大舞台で馬の持っている力を100%出したいです!!








最終更新日  2014/12/12 03:36:40 PM
コメント(0) | コメントを書く
2014/06/30
カテゴリ:ソウル遠征
ダブルで嬉しいことがありましたよ!!

rblog-20140630020627-00.jpg

今回のパートナーはマジックダンサー号。
9頭立てで小頭数でしたし、能力が一番あるのはわかっていましたが、ずっと気を引き締めて乗りました。

ソウルのファンに暖かい声もかけていただきました。

そしてこのレースが丁度、通算400勝の良い区切りにもなりました。


http://korearacing.wordpress.com/2014/06/29/magic-dancer-too-good-in-jeju-governors-cup/

Korean racing blog




以下がオーストラリア、シンガポール、韓国での通算勝利です。

オーストラリア 3060戦 259勝
シンガポール 171戦12勝
韓国 870戦129勝


rblog-20140630020627-01.jpg
rblog-20140630020627-02.jpg

Racing and sports website


実家のお父さんも、日本からいつもインターネットで成績をチェックしてくれていました。

今まで乗った競馬場も50カ所以上ですね。
個人的には田舎の競馬場とかアウェイで乗るのも結構好きです。



rblog-20140630020627-03.jpg


Kra website

大きいレースでチャンスをいただいている韓国競馬には本当に感謝しています。

これからもどんどん内容を濃くして、一鞍一鞍大事に乗ります!!









最終更新日  2014/06/30 02:06:34 AM
コメント(0) | コメントを書く
2014/05/19
カテゴリ:ソウル遠征
ダービーウィークは火曜日からソウル入りして調教に参加しました。


レースの数日前に高知の倉兼騎手と、日本から、最近遠征で来た園田の寺地騎手とも食事をしながら競馬の話をしたのは良かったですね。

僕の今まで見てきた、地方競馬出身の騎手はレースに乗っている数が多いので「馬乗りの感覚」的な話が聞けます。


ダービー当日は天気も良くたくさんのお客さんが詰めかけ、日本からの応援もありましたよ。

rblog-20140519154602-01.jpg
Photos by 小林さん


大レース前には1鞍に騎乗、調教師さんが騎手のウォームアップにと馬を用意してくれました。2着に入りこれで良い流れができたと感じていました。



rblog-20140519154602-00.jpg



僕のダービー騎乗馬のナンドトリオはスタッフの皆さんが手をかけてくれて最高の状態でレースにのぞめました。

スタートしてリズムも良く、他の馬を見ながら少し抑える感じで1コーナーに入りました。
理想の競馬ができると思いましたが、その後、外側を走っていたの有力馬に進路をカットされ、大きく馬がつまづきました。

一瞬の出来事だったのですが、もうその後、ナンドトリオはリズムを崩して行き足もなかったです。

レース後は何があってもクールになろうと普段はしていますが、今回は本当に後味が悪く、怒りがなかなか収まらなかったですね。


rblog-20140519154602-02.jpg


幸い馬は大きな怪我はなかったので、また次に期待したいです。


当日には田中騎手と4時間半のドライブでプサンに戻り、車の中ではずっと競馬の話題。

思いどうりにならないのが競馬ですが、2人で、これからも、どんどんチャレンジすることに意義があると話していました。

次の大きいレースは6月初めのプサンでのKNNカップ。頑張ります。










最終更新日  2014/05/19 03:46:06 PM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全6件 (6件中 1-6件目)

1


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.