546717 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

競馬騎手修行ブログ 藤井勘一郎 海外ベース日本人ジョッキー

PR

カテゴリ

バックナンバー

2019/10
2019/09
2019/08
2019/07
2019/06
2019/05
2019/04
2019/03

プロフィール


JOEFUJII

カレンダー

楽天カード

サイド自由欄

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >

競馬場

2018/12/24
XML
カテゴリ:競馬場
Merry Xmas and A Happy New Year

南関東では年末は大井開催、正月は川崎開催と関係者、騎手と大忙しです。

エキサイトなレースをお見せしますので、休みの方は是非、南関競馬にお越しください。




川崎競馬が終わり、騎手の瀧川寿希也君、
バレットの渡部君、カメラマンの前田さんと食事しました。


寿希也君は自分にはないものを持っているので話していて楽しかったです。

川崎リーディングおめでとう!!
rblog-20181224160458-00.jpg






アクションカメラを購入し、ヘルメットにつけて撮影した映像をツイッターにアップしました。

rblog-20181224160458-04.jpg

大井競馬場の調教の本馬場の追い切りと、内馬場での2つの映像です。

rblog-20181224160458-03.jpg



南関魂、高橋華代子の南関東競馬ブログでも取り上げていただきました。

ツイッターのリンク載っていますよ。


http://nankandamasii.jugem.jp/?eid=12860

海外のレースや乗馬のYoutubeを見ていて、騎手目線の映像がかっこいいと以前から思っていました。


JRAでは新人騎手の模擬レース、海外ではビッグレースでジョッキーが実際にレースでつけています。



自分で撮影すると、目線や乗っている時のブレなど、普段気付かないことも見え、本人も楽しいです。






南関競馬が終わると、1月30日に白井の競馬学校で騎手の2次試験があります。

悔いのないように全力で試験に取り組んでいます!!



2019年はJRAの騎手としてビッグレースに勝ちたいです!!

rblog-20181224160458-02.jpg






最終更新日  2018/12/24 04:05:02 PM
コメント(1) | コメントを書く
2018/11/04
カテゴリ:競馬場
京都競馬場にJBCの観戦に行ってきました。
rblog-20181104180147-05.jpg


馬場オーナー、石坂調教師、C デムーロ騎手
rblog-20181104180147-03.jpg


モーニン号
rblog-20181104180147-06.jpg


場内実況の山本アナウンサー
rblog-20181104180147-07.jpg

Kさんのお力で、人生初の実況席で生実況を聴きました!
rblog-20181104194916-00.jpg



大井の坂井騎手と栗東の徳江助手
rblog-20181104180147-04.jpg


モーニン号の優勝と森下厩舎の所属のオリジナルポロシャツです
rblog-20181104180147-01.jpg


競馬ブックの記事
rblog-20181104180439-00.jpg





今回の遠征では2、3着と惜しいレースが多いですが、着順を上げるため頑張ります!!


明日の船橋開催もよろしくお願いします。



馬体は語る 最高に走るサラブレッドの見つけ方/治郎丸敬之/競馬道OnLine編集部/一口馬主DB【1000円以上送料無料】






最終更新日  2018/11/04 07:50:01 PM
コメント(0) | コメントを書く
2018/06/07
カテゴリ:競馬場
毎朝調教をし、ベースにしているゴールドコースト競馬場の周辺を紹介します。


rblog-20180607082200-10.jpg
ゴールドコースト競馬場はオーストラリアで1番開催の多い競馬場です。

毎週土曜日や平日に競馬をし、馬場のメンテナンスをする馬場管理委員がとても優秀と評判です。



装鞍所から馬場に向かう様子
rblog-20180607082200-12.jpg




右が競馬場、左はケンラッスルのトラックとマジックミリオンの会場
rblog-20180607082200-00.jpg




ケンラッセル
rblog-20180607082200-01.jpg
スローワーク専用

ここでは馬は競馬場の馬場より落ち着きます。





厩舎が立ち並ぶストリート
rblog-20180607082200-05.jpg



厩舎
rblog-20180607082200-09.jpg
2階建や、家とつながっている厩舎などいろいろな種類があります。




トレインテック

rblog-20180607082200-13.jpg
厩舎の外回りに500mくらいのプライベートトラックがあります。

以前、日本人の競馬学校があった場所です。



プール
rblog-20180607082200-02.jpg

調教の前後や、レース、追い切りの次の日に使われます



マジックミリオン

rblog-20180607082200-03.jpg
マジックミリオンのセリ時には日本人や世界中のホースマンが集まるのも魅力ですね。




馬具屋さん


rblog-20180607082200-07.jpg


イギリスのニューマーケットの規模ではないですが、競馬場の周りは生活に馬が溶け込んでいます。





オーストラリアには競馬場が沢山あり、その周りもそれぞれ雰囲気が違うので楽しいです!



競馬場の歩き方 ガイドエッセイ地方競馬の魅力



馬体は語る 最高に走るサラブレッドの見つけ方 (競馬道OnLine選書)[本/雑誌] / 治郎丸敬之/著 競馬道OnLine編集部/著 一口馬主DB/監修






最終更新日  2018/06/10 07:40:38 PM
コメント(0) | コメントを書く
2016/10/18
カテゴリ:競馬場
地全協から無事に3ヶ月の短期免許が降り、荒山厩舎のある小林牧場で調教を始めました。


南関東での騎乗は初めてですが、できるだけ早く自分のホームのように騎乗できるようにします。




早速、全休日を利用してコースの下見に行って来ました。

大井競馬場と川崎競馬場の主催者に案内していただきました。



大井競馬場
rblog-20161018203033-07.jpg
外回りの馬場は広々とした特徴でした。逆に内回りはコーナーがきつかったです。
直線は少し登っていました。

川崎競馬場
rblog-20161018203033-06.jpg
小回りで平坦なコース。コーナーがバンクになっていました。この競馬場はレースのみなので砂の質が良いと感じました。


レジェンドの佐々木竹見騎手発見!
rblog-20161018203033-05.jpg
昔、本も読んだこともあり、とても尊敬する人です。


所属している小林牧場です。
rblog-20161018203033-01.jpg

競馬場やトレセンよりも育成牧場の馬のようにリラックスしている馬が多いと感じています。
rblog-20161018203033-02.jpg


rblog-20161018203033-03.jpg
ここは、とてものんびりしています。



大井競馬場の調教風景です。
rblog-20161018203033-08.jpg
オーストラリアの競馬学校時代の先輩の森下調教師に同行させていただきました。


昔、一緒に仕事したことのある人。共通の知り合いを持つ人。新しい出会いがあります。



日本で良い騎乗をお見せできるように、そして北海道からサポートしてくれている奥さんと子供達のためにも頑張ります。

楽しみです!!






最終更新日  2016/10/18 08:30:37 PM
コメント(0) | コメントを書く
2015/08/09
カテゴリ:競馬場
門別競馬場で乗り始めて1ヶ月が経ちます。

実際にレースに乗っていて、その日の馬場状態を掴むのはレースに勝つポイントとしてとても重要だと感じます。

ここの特徴は砂が12cmと深いこと。そして日によって内と外の差が大きく出ることです。
rblog-20150809204954-00.jpg

外の見た目は乾いていても、中は湿っていたりします。
rblog-20150809204954-01.jpg


ちなみにこれは、エスメラルディーナでソウル競馬場に行ったときに撮影したもの。
rblog-20150809204954-02.jpg

こうやって比較しても砂の質は違いますね。

馬場の知識としてこの本も参考になります。
rblog-20150809204954-03.jpg

僕自身、門別競馬のスタート前に岩橋勇二騎手と一緒に馬場を歩いて意見を交換しました。


馬の状態はもちろん、馬場も注意深く観察してレースに乗っています。







最終更新日  2015/08/09 08:50:02 PM
コメント(0) | コメントを書く
2014/08/27
カテゴリ:競馬場
だんだんメインレースに向けて日が落ちてきました。

rblog-20140827161224-01.jpg


メインレースはブリーダーズゴールドジュニアカップです。

ノーザンファームから外厩でアードモア号が出走しました。

560kgの巨大な馬体の馬です。
1戦1勝でパドックでも落ち着いていました。
rblog-20140827161224-00.jpg


結果はダメでしたが、馬はまだ幼い所があるので良くなって行くとのこと。
気持ちを切り替えて次回頑張りましょう。


お客さんは帰っても厩舎ではまだ作業は続くんです。
引き運動でクールダウンした後に鼻ネジをして目洗い。

騎手はゴーグルをつけますが、馬は何もつけてないので、馬群の後ろに着くとひどい砂が飛んできます。

実は飛んでくる砂も、良、稍重、不良馬場で痛さも違うんですw

rblog-20140827161224-03.jpg



さらば!!
馬運車で門別競馬場を後にしました。


rblog-20140827161224-02.jpg



ノーザンファームに続く。







最終更新日  2014/08/27 04:12:07 PM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:競馬場
門別競馬場に。

rblog-20140827135620-00.jpg


4コーナーから直線の様子です。
rblog-20140827135620-02.jpg


左がウッドチップで右がサンドコースの断面図
rblog-20140827135620-03.jpg
ちなみに釜山競馬場は砂の深さが9cmだったかな。


ここはクッションが効いてそうですね。

馬場の内側は重そうなので、みんな何頭分か開けてレースをしていました。


rblog-20140827135620-04.jpg


さすが2歳競馬のメッカ。
馬体の良い新馬が多いです。


競馬場は1周1600mで大きく、乗りやすそうな感じ。コーナーもゆるいですね。

逃げても追い込んでも決まるレースはバライティーがあって興味深かったです。

続く。









最終更新日  2014/08/27 01:56:12 PM
コメント(0) | コメントを書く
カテゴリ:競馬場
札幌記念を観戦しに、札幌競馬場へ。
rblog-20140827125422-01.jpg

人は本当に多かったですが、G1並みのレースでの盛り上がりにドクドクしている自分がいました。

もちろん注目はゴールドシップとハープスターの2強です。横山騎手と川田騎手がどう乗りこなすのかと注目していました。

結果はみなさんご存知ですが、やっぱりこの2頭は強いという印象。

そして札幌の馬場は直線が短い分とてもトリッキーに思えました。


パドックを上から
rblog-20140827125422-00.jpg

パドックから本馬場に入るのにファンの方が見れるように設計されているのはとてもいいアイデア。


場内に置かれていたゲート
rblog-20140827125422-04.jpg
うん、これなら韓国で今使っているゲートと幅も同じだなとチェック。
あまり知られていないと思いますが、写真に写ってるゲート内下の足掛けの所は、騎手が危ない時に逃げる時、海外でゲートボーイが馬を抑える時などに使っているんです。


rblog-20140827125422-03.jpg
競馬場の真ん中のプレイグランドでは息子も大興奮。
レースの実況は全く聞こえませんが、逆に子供と遊ぶのに集中するにはいいですね。


今日は親子で競馬を楽しみました。












最終更新日  2014/08/27 12:54:19 PM
コメント(0) | コメントを書く
2014/08/11
カテゴリ:競馬場
競馬場から車で約30分、弥富トレーニングセンターにやって来ました。


安部幸夫騎手がレースでよく騎乗している名古屋のリーディングトレーナー、角田輝也厩舎にも連れて行ってもらいました。

この日は4勝ととても厩舎の成績は良かったです。
rblog-20140811063653-00.jpg



rblog-20140811063653-01.jpg
やっぱりトレセンというだけあって、栗東や美浦と感じがそっくりでした。



rblog-20140811063653-02.jpg
ここは能力検定や朝の調教の待機場。

設備を見ていると、スタンドさえあればすぐにでも競馬ができそうです。



rblog-20140811063653-03.jpg
トラックは広々として、大きさは名古屋競馬場と同じ大きさ位です。

砂の内馬場と外馬場、中にデイパドック、向こう正面の後ろには坂路コース、そして1、2コーナー付近にはゲートがありました。


奈良の実家から電車で名古屋に行き、競馬場とトレセンに行って実家に帰るという一日の強行スケジュールでしたが、とても勉強になりました。
やっぱり安部騎手と一年ぶりに競馬の話をするのはいいですね。

日本にいる間に、他の競馬場も行って見たいです。














最終更新日  2014/08/11 06:37:08 AM
コメント(0) | コメントを書く
2014/08/10
カテゴリ:競馬場
韓国で一緒に騎乗した、安部幸夫騎手に関係者エリアを紹介していただきました。


始めは裁決室に行って裁決委員に挨拶。
世界の他の裁決室のように、あらゆる角度からのテレビがありました。

レース中は2人の裁決委員が実際に双眼鏡で見て、残りの裁決委員はパトロールビデオで見ている様子。

ちょうど落馬事故があり、以前のルールだと失格になっていたけど、現在のルールだと騎手の騎乗停止処分だけという裁決の説明を受けました。

中央競馬の着順変更に関する世界ルールが、地方競馬も導入されているようです。

実際に自分が競馬法規を勉強していたので、なるほどと思いました。

rblog-20140810074713-00.jpg
その次は決勝審判委員室です。
騎手の仕事をしていて、始めてここに入ってちょっと感動しましたw

ゴール番を過ぎると手早く、決勝審判委員が入着馬、タイム、入着差を記録していたのが印象的でした。


ここは馬体重を検査するところ。その後ろが装鞍所です。夏は暑いのでミストが馬にかかるように工夫されていました。
rblog-20140810074713-01.jpg

検量室
rblog-20140810074713-02.jpg
やっぱり、レース直後だと、騎乗を終えた騎手が帰ってくるので慌ただしくなります。


騎手の馬具置き場
rblog-20140810074713-03.jpg

基本的には世界どこの競馬場も施設は一緒です。大体は新しいか古いか、広いか狭いかの違いです。

オーストラリアの田舎の競馬場に乗りに行った時の体重計が、天秤を利用した超アナログのにはびっくりしたことはありました。

逆に、都会の競馬場だとジョッキールームの冷蔵庫いっぱいにパワーレードやジュースが飲み放題でサンドイッチなど置いてあり豪華です。基本的に騎手はそこまで食べれないので、調教師がこっそり入ってつまむ事もありますがw


次回は、名古屋競馬場のトレセンの弥富を紹介します。










最終更新日  2014/08/10 07:47:29 AM
コメント(0) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全14件 (14件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.