547436 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

競馬騎手修行ブログ 藤井勘一郎 海外ベース日本人ジョッキー

PR

カテゴリ

バックナンバー

2019/10
2019/09
2019/08
2019/07
2019/06
2019/05
2019/04
2019/03

プロフィール


JOEFUJII

カレンダー

楽天カード

サイド自由欄

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >

怪我

2014/11/29
XML
カテゴリ:怪我
12月5日にレース復帰予定です。

11月の20日に韓国に戻ってきて、無事に医者のレースに乗って良いという許可がおりました。

調教は毎朝7頭に騎乗し、能力検定試験で実践のスピード感覚も取り戻しています。

幸いなことに、始めの週から10頭近くの騎乗依頼をいただき、2週目にはソウル競馬場で開催されるグランプリにも参加します。
rblog-20141129092025-00.jpg

通訳のJin君と
rblog-20141129092025-01.jpg


今まで、怪我をしていた期間に、色々な場所で、色んな人の貴重な時間をいただき、有難うございました。

経験したことをレースに、全力でぶつけたいと思います。


来週発売、競馬ブックの「平松さとし、競馬人」に紹介される予定なので、是非目を通してください。











最終更新日  2014/11/29 09:17:10 AM
コメント(0) | コメントを書く
2014/10/08
カテゴリ:怪我
リハビリは日本に帰って始めました。
韓国の診断書とレントゲンを持って日本の医者に行くとスムーズに。
日本の先生は「同じ肩鎖関節脱臼でも、人それぞれ程度が違う。復帰までの期間は実際に手術した先生しかわからない。でも、レントゲンを見ていると順調だね」と


リハビリの先生には「今まで何もしていないの」と驚かれましたが、それは日本と海外の違いだと思います。
例えば肩鎖関節脱臼の治療に6ヶ月かかるとすると、日本だと手術をした次の日から徐々に動かして行きます。
今回の韓国の治療だと3ヶ月は固定し、その後に関節の動きをよくする注射を肩に打ち、一気にリハビリをしていきます。

3年前にオーストラリアで鎖骨を骨折した時も、日本でリハビリをしっかりしたので、帰った時に肩の動きがいいと先生に驚かれました。
でも、「まだ骨がしっかりついてないよ」ということで、復帰自体の時間は変わらなかったです。


今はとりあえず体を自由に動かせるのが嬉しいです!!









最終更新日  2014/10/08 10:24:28 PM
コメント(0) | コメントを書く
2014/10/04
カテゴリ:怪我
やっと刺さっていたピンを抜いてもらいました。

ピンを入れているときは、本当に気を使った。

満員電車や人ごみの多いところで、肩をぶつける可能性はあったし、欧米人もフレンドリーなのはいいんですが「よっ」みたいな感じでいきなり肩を叩いてくるw

とりあえず抜いて一安心。

でも、抜く時って麻酔も何にもなかったんですよ。
先生がピンをチェックしながらグイグイと引く。
骨に刺さっていたので、とても微妙な感覚。。。
先生は容赦ないですがw

これから、リハビリに取り掛かり、レース復帰は12月ごろという目処が立ったので一安心。

先生も順調だよと言ってくださったので良かった良かった。






最終更新日  2014/10/04 03:16:40 PM
コメント(0) | コメントを書く
2014/09/02
カテゴリ:怪我
ソウルのお医者さんに、1ヶ月経って診断に戻ってきました。

今日はレントゲンをチェックして傷口の消毒。

パク先生は良好とのことですが、刺さってるピンをチェックしてるうちに、スルスルと一本抜いてしまいましたw


えっえっ!?

ピンが緩くなっていると効果がないので、取ってしまうらしいです。

rblog-20140902003831-00.jpg

普段は消毒の時に肩から出ている、先端部分を見てるだけなんですが、こうして見ると、えらいもんが刺さっていたんですねw

まだ後、2本刺さっていて、それを抜くのは術後10週〜12週との事。

日本のお医者さん曰く大体6〜8週が目安とパク先生に伝えると、6週間だとまた脱臼する恐れが5-10%出てくる。

確かに固定する時間が長ければ長いほど、肩関節が固まったり筋力が落ちるのでリハビリに時間がかかるそうです。
でも、靭帯の回復速度自体が、目安としては1ヶ月に10%の回復なので、今、ピンを抜いたり、リハビリなどピッチを上げてもしょうがないと。

取り敢えず、焦らずじっくり直すことが大切だと感じました。

日本でもお医者さんによって考え方は違いますが、肩鎖関節脱臼を負って、僕のブログを読んでる方は参考にしてください。




僕が自分で試しているのは。
ファイテンのネックレスとピップエレキバンのネックレス。






ここら辺は科学的実証はよく分からないですが、お店の人に効果があると言われて一日おきに交互に試していますw


まあ気休め程度ですが、2、3千円で本当に効果があったら儲け物ですw








最終更新日  2014/09/02 12:37:57 AM
コメント(0) | コメントを書く
2014/08/13
カテゴリ:怪我
また手術しました。

今回は、オーストラリアで鎖骨を骨折した時の入れていたプレートを抜く手術です。


rblog-20140813074626-02.jpg
出してびっくり!!
結構ごついのが3年間入っていたw

rblog-20140813074626-04.jpg



このプレートは本来なら一生入れていても問題ないのです。
でも、職業上、万が一にプレートが入っていて落馬して骨折した時に、非常にややこしくなると同僚の騎手や専門の先生には言われていたんです。


今回、外科医の先生に「今、右肩も手術したら両方の手使えないやん」と突っ込まれましたw
レースに復帰したら休みは取れないし、やるなら今と踏み切りました。


奥さんにはいつも「もう嫌や〜、最近こんなんばっかりや」と愚痴っていますが「競馬のためやで」と言われると諦めもつきましたねw


手術は無事終了。
術後痛みがあったので座薬を入れますかと聞かれてOKと。
僕ね、座薬の意味を知らなかったんです。
お尻に注射を打つのだと思ってズボンを下げたんです。。。

ItdITfuyfFiyFiyfuyfIyf!!!!!!!

ビックリしましたw

マジでw


まあ、結果的にプレート出して良かったと、今は思っています。




復帰に向けてがんばっています!!

rblog-20140813074626-03.jpg
PS
奈良の平成記念病院には、競馬学校の健康診断、入院、リハビリなど毎回お世話になっています。













最終更新日  2014/08/13 07:46:49 AM
コメント(4) | コメントを書く
2014/08/02
カテゴリ:怪我
人生本当に何があるかわかりません。

6月29日にはソウルで重賞制覇。

家族の前で、大きな仕事をしたという達成感がありました。


rblog-20140802193557-04.jpg



その一週間後の,7月6日には競馬で落馬し、病院で横たわっていました。
rblog-20140802193557-01.jpg

ソウルに行ってのピンを入れる手術。
rblog-20140802193557-02.jpg


昨日は手術から2週間後の診断に行ってきました。整形外科の先生からはピンは3ヶ月入れて固定するとのこと。そこから本格的なリハビリで復帰には時間がかかりそうです。


当初は、9月半ばのレース復帰、10月のJRAの騎手試験に間に合うかもと試験勉強も引き続きしていましたが、筆記以外にも、体力測定や馬場馬術、障害の実技があるので、体の方が間に合いそうにありません。


過去は変えられない。
でも現実を受け止めて、どう反応するかが1番大事だと思います。

先生いわく2週間後のレントゲンでは入れたピンはキチンと固定されて満足だし、傷口の抜糸も終えました。
先生を信じるしかないですね。

今は日本に帰ってきて、体の状態を整えるのに頑張っています。


















最終更新日  2014/08/02 07:38:12 PM
コメント(0) | コメントを書く
2014/08/01
カテゴリ:怪我
ソウルで診断を終え、しばらく日本です。


rblog-20140801003725-01.jpg


オイラは歩かないよ。
rblog-20140801003725-00.jpg













最終更新日  2014/08/01 12:37:59 AM
コメント(0) | コメントを書く
2014/07/30
カテゴリ:怪我

アイスパックの固定に良い方法を発見しました!!

サランラップでぐるぐるに巻くのです。
さすがに一人では巻けませんが、これだと移動してもズレない。

スポーツ選手の記事を読んでいて自分でも試してみました。
rblog-20140730204742-00.jpg


今、重宝している下着は、ユニクロのエアリズムのシャツ。

暑くても蒸れないし、怪我などで着替えるのがむつかしい時も、伸びる素材なので本当に役に立っています!!



rblog-20140730204742-01.jpg
親子リハビリ中ですw
肩に無理がない程度に体を動かしています。






最終更新日  2014/07/30 08:47:43 PM
コメント(0) | コメントを書く
2014/07/19
カテゴリ:怪我
落馬をしてから、病院や、ソウルとプサンを飛行機で行ったり来たりと大変でしたが、やっと家に帰って落ち着きました。


正式な怪我の名前は「肩鎖関節脱臼」で、英語ではacromioclavicular joint dislocatedです。

スポーツ選手や交通事故で多いみたいですね。


今回手術を受けたのはソウルのネオン病院で、パク教授が担当してくださいました。


rblog-20140719204433-00.jpg



肩のスペシャリストの外科医の方らしく、病院にはサッカーや野球の他、いろいろなサイン入りユニフォームが所狭しと置かれてありました。何かスポーツ記念館みたいな感じwスポーツ選手から強い指示を受けているのが伝わってきました。


手術後はスタッフの方から、しっかり冷やしてと言われました。

このアイスパックは固形のより便利
rblog-20140719204259-01.jpg
アイスパック ザムストバック M アイシング 378102




リハビリがてらにこれ。
三角巾で固定していると握力が落ちるので、予防策に。
rblog-20140719204259-00.jpg

リージェント(Regent) フィンガーグリップ 32222 【握力 ハンドグリップ 指 クライミング ボルダリング ピアノ】【RCP】






自分でも怪我についてオンラインで調べていますが、今は安静が一番とのこと。

その他にも、コラーゲンを食事で食べるのが治りにいいとかw

自分でも工夫して、いろいろとやってみます!!



この怪我についてはCool rideさんブログでも詳しく載っていますよ。

http://plaza.rakuten.co.jp/winners1/diary/201305190000/






最終更新日  2015/03/14 09:25:29 AM
コメント(0) | コメントを書く
2011/10/02
カテゴリ:怪我
9月27日 火曜日    病院へ入院。


お医者さんの手術のプランを説明を受ける。
インターネットなどで手術に関して検索しているとどんどん不安に。

でも同じ病室のおっちゃんが全然大丈夫だと安心させてくれる。

とりあえず今夜は明日に向けて絶食開始。




9月28日 水曜日    手術当日。

朝から3人目のオペ患者。
だからひたすら病室で待機。
不思議なもので病院のベッドにいるだけで気分が病人になるのは不思議だ。
奥さんも札幌から駆け付けてくれたんだけどたぶん今までで一番優しい(笑)
結局オペ開始は午後3時。
手術室のオペ台に乗せられで麻酔をかけられるとすぐノックアウト。

「藤井さーん」
と看護婦さんが呼んでくれて目を覚ます。
奥さん、お母さん、お父さんが前にいてお医者さんから成功しましたよと
伝えられているが、自分の意識はもうろうと。

かなり麻酔が効いているよう。



9月29日  術後翌日

昨夜は全然寝れなかった。

痛かったの一言。

看護婦さんが2時間おきに夜中に診に来てくれて麻酔を投入。

日が明けても食欲はでないし人と話す元気もない。
ベッドから起き上がると立ちくらんで吐き気はするは体調最悪。

ちなみに点滴に痛み止めが入っているんだけどこの成分はなんと麻薬。

この日一日中安静に。


9月30日  金曜日  2日目

この日も夜はなかなか寝れなかった。
お医者さんによると痛みは昼と一諸
でも夜のほうがほかに考えることがないから痛みに集中しちゃうんだと。
予備の枕を使って寝る位置を変えたり瞑想したり。
でも結局、痛み止めの薬が一番効きます(笑)

早速とリハビリも開始。
この病院ではリハビリに力を入れているらしく週7日びっしり入っているそうです。

病室の人達と仲良くなり始める。

バズーカのおっちゃん(元警官、右手をギブスでぐるぐる巻きなので命名)
車いすのおっちゃん(単車で足を折ったらしい)
看護部さんにダダこねるおばあちゃん
「おかあさーん、だれかー」と夜中じゅう叫び続けるおばあちゃん

いろいろな人がいて、過去があって、周りの人がいて。
いい人生勉強になります(笑)



10月1日   術後3日目

だんだん痛みもましになってきてそれにつれて前向きに。
奥さんに散歩も連れて行ってもらって外の空気を。
気分リフレッシュ。

近所のおっちゃんたちがお見舞いに来てくれる。
人がわざわざ足を運んでくれるほどありがたいことはないですね。

食欲も戻ってきたんだけどここの病院のご飯がうまい!!!
事故から3週間自分の体重をキープしていたんですけどこれでプラス2キロ。
おなかも腹筋がなくなって赤ちゃんみたいなおなかに(笑)



10月2日  術後4日目


リハビリを楽しくこなして、病院の楽しいごはん!!
今日は外泊許可が下りました。
お父さんと奥さんが迎えに来てくれておうちへ。
一時的に戻ってきました。

朝気づいたんですけど傷口にはシャワーに入っていいようの透明テープが、
縫ったところが見え見え
まだNGなので写真は公表しません(笑)





こうやって今振り返ると内容の濃いここ数日でした。
改めて思うのは日本で病院に入ってよかったなということ。
家族や奥さんが近くにいてサポートしてくれたのは精神的に大きな支えに。

だいぶと痛みもなくなってきたので残りの入院生活をEnjoyします。






最終更新日  2014/08/27 05:48:55 PM
コメント(6) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全12件 (12件中 1-10件目)

1 2 >


Copyright (c) 1997-2019 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.