384553 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

あずさわ日記

PR

Keyword Search

▼キーワード検索

Profile


中仙堂

Calendar

Rakuten Card

Favorite Blog

システムエンジニア… 開発導師7さん

Comments

中仙堂@ 創造者の子は創造者 思考に気を付けなさい それはいつか言葉に…
中仙堂@ 癒しと成る自覚! 一年の計は元旦に有りと言われるのは過去…
中仙堂@ 心定め パソコンはまだ おあずけ状態で、  風邪…
中仙堂@ どれだけ多くを 大切なのは どれだけ多くほどこしたかでは…
中仙堂@ 日々此れ 進一歩! 「頑張ろう!」 「頑張ります!」 今迄何万…

Freepage List

Headline News

2012.03.13
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
「卓上のピアニスト」

ボブのお気に入りは
何かと云うと、
キッチンテーブルの上の
ママの宝物だった。
「ママ。」
「なに、ボブ。」
「えーとね。」
「何かしら。」
「これ、良い。」
「あら、またピアノ。」
「良いでしょう。」
「しようがないわね。」
ボブが指さしたのは、
テーブルの、はしっこに置いてある、
一台のおもちゃでした。
おもちゃといっても、
ママの大切な青いピアノのおもちゃ
だったのです。
ピアノのイスには、
赤いほっぺの少年の
ピアニストがすわっています。
でも、ママとの約束は
ボブが自分では、
けっしてさわらない事。
なぜって、
それはママの大事な
宝物だからです。
「いくわよ。」
「うん。」
テーブルの上では
にわかに、
ぶとう会がはじまりました。
さて、
曲目は何でしょう。
「ワルツ」でした。
ショパンの大好きな。
ワルツです。
ママが大事そうに
青いピアノを手に取ると
うらがわにある「ゼンマイ」を
ぎりぎり回し終わり、
テーブルに置くと、
真っ赤なほっぺの少年は、
丸い目をぱちくりとさせて、
ぴくりと、動き
ピアノを弾き始めました。
テーブルの上では、ボブのおもちゃや、
ママの大切なお人形たちが、
クルクルと踊りはじめました。
まるで夢の世界です。
「はっはっはっはっは。」
「はっはっは。」
たのしいぶとう会です。
そのとき、かいねこのミミーが
おどろいて、テーブルの上に
飛び上がりました。
「あ、待って。」
楽しいぶとう会は中止です。
ねこのミミーには
ぶとう会の楽しさは
わかりませんでした。






Last updated  2012.03.13 21:37:44
コメント(0) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.