000000 ランダム
 ホーム | 日記 | プロフィール 【フォローする】 【ログイン】

空迦 ~sowaka~ ◆ Write a diary

PR

全2件 (2件中 1-2件目)

1

カテゴリ未分類

2017年09月20日
XML
カテゴリ:カテゴリ未分類
参議篁(さんぎたかむら)

わたのはら やそしまかけて こぎいでぬと ひとにはつげよ あまのつりぶね~





参議篁(さんぎたかむら)は、本名を小野篁(おののたかむら)といいます。

いまから1200年ほど前の官僚で、学才に優れ、和歌を詠むのも上手でした。

参議は職名で、貴族のなかではまあまあの地位でした。

その才能と人柄を買われ、天皇の替わりに中国の皇帝へご挨拶をする使者である

遣唐使(けんとうし)の二番目に偉い副使(ふくし)に選ばれたのですが、

大使(たいし)である藤原常嗣(ふじわらのつねつぐ)が、篁の乗る船と、

自分の壊れた船を取り替えたことに不満を持ち、仮病を使って中国へ渡るのを

止めてしまいました。

天皇の命令に叛いたとして、現在の島根県隠岐の島へ流罪になりました。

篁37歳のときのことです。

後に赦され、51歳で亡くなるまで天皇にお仕えしました。


http://www.caruta.net/takamura.html



~~~~~~~~~~ 参議篁 ~~~~~~~~~~(802-852)
小野篁。
小野妹子の子孫、参議岑守の子。
835年、『令義解』の序を書く。
838年、遣唐副使として出発するとき、大使藤原常嗣と争い、
病と称して乗船せずに隠岐に流された。
後に召還されて参議になった。

漢詩は唐の人も激賞したと伝えられるが、現在まで知られているのはわずか。
『宇治拾遺物語』に、嵯峨帝が「子子子子子子子子子子子子」を
どう読むかとたずねたところ、即座に「猫の子の子猫、獅子の子の子獅子」と
答えたという話が載っている。
『今昔物語集』には、冥界を自由に行き来した話が載っている。

野相公、野宰相と呼ばれた。


http://kyukyo-do.cocolog-nifty.com/blog/2007/10/post_b3ad.html



ほのぼのと あかしの浦の 朝霧に 島隠れゆく
舟をしぞ思ふ 
古今和歌集・409 読人知らず


作者は柿本人麻呂とも言われていますが、
小野篁作とも聞きます。





冥官小野篁 浦嶋子伝説と真井御前 [ 与毛星和 ]




六道珍皇寺​​と小野篁の不思議な伝説





閻魔王宮の役人ともいわれ、昼は朝廷に出仕し、夜は閻魔庁につとめていたという
奇怪な伝説がある。


千本ゑんま堂

http://yenmado.blogspot.com/



閻魔法王と小野篁
http://4travel.jp/travelogue/11017875






『孝子の月』(月岡芳年『月百姿』)両親のために薪を集める小野篁










最終更新日  2017年09月20日 23時40分49秒
コメント(0) | コメントを書く


カテゴリ:カテゴリ未分類
Yahoo 知恵袋にこんな投稿があった

「黒田日銀総裁は、黒田 官兵衛の子孫ですか?」
https://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q10127468745

はい、その通りです。
黒田日銀総裁が三重県総務部長をされてた時に、藤岡和美氏が三重県久居(ひさい)市長をされ、奥さんも含めた家族ぐるみの付き合いをして、「ご先祖は戦国時代の智将、九州の黒田藩主・黒田官兵衛(後に如水)と伺っています。」とブログでも書かれていますから。それは間違いないでしょう。
http://blog.goo.ne.jp/kazu_fujioka_goo/e/67367c5b80111e0c9d675901e0...

ちなみに黒田官兵衛の妹(虎:後に妙円)はWikipediaによると、福岡(筑前)の麻生家に再婚して嫁いでいますので、そのすぐ近くの飯塚市も支配していた麻生太郎氏一族も子孫だと思われます。

http://www.geocities.jp/kazzuki2005/zyosei.html

麻生太郎
氏も2014年現在、副総理兼財務大臣、金融担当大臣ですから、日本の金融は黒田官兵衛の子孫で支配されてる、と言っても過言ではないようです。
なお官兵衛らの恐るべき遺言が週刊朝日2014年3月14日号に掲載されていましたが、「中世最大の国際貿易港 博多を支配し、その富で徳川家を滅ぼし、天下をとれ!」と。
http://tweettvjp.blog.fc2.com/blog-entry-481.html

それは明治維新で実現されました。

その意味では軍師官兵衛の子孫らはイエズス会や博多の豪商らと組み、薩長や吉田松陰高杉晋作らテロリスト集団を使い、日銀を作り、世界のグローバルな金融ネットワークに日本を組み入れた陰謀だった可能性があります。
さすが、策士としての面目如実、黒田官兵衛
なお黒田家の本業は神社ネットワークを通じた大麻(お札)の製造販売とその儲けたお金を貸し付ける、いわば金融業だ、と言う旨の紹介がNHKで放送され、びっくりしました。その意味では黒田家や麻生家は変わらないんだなー、とも思いました。

知らない事がいっぱいありんすぽっ

めざまし政治ブログ
上矢印上矢印上矢印上矢印上矢印上矢印上矢印上矢印
ここに詳しく書いてました。






最終更新日  2017年09月20日 22時22分53秒
コメント(0) | コメントを書く

全2件 (2件中 1-2件目)

1


Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.