000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

関西ONLY中学入試って?

二番手・三番手の学校がきびしい

今日は中学校入学後のお話です。
というのも、保護者の間でかなりの誤解がありますので。

各エリアでのトップ校はみなさんが思っている以上に学習指導は厳しくないのです。
それがいいからトップ校を目指させるといわれる方もおられるほどです。

トップ校には、中学受験のための勉強をひたすらがんばってきました。
勉強をする習慣が完全に身についている子どもたちだけが集まっているのです。
自学自習もできる子どもたちなのです。
そういう子どもたちを相手にしているので、あえて学校主導で学習指導を厳しくしなくても子どもたちが
勝手に一生懸命にがんばるのです。

その結果、6年後にはすばらしい大学実績が出てくるのです。
ある意味では、トップの余裕なのです。

ところが、各エリアでの二番手・三番手校は、6年後の大学進学実績において素晴らしい結果を出さなければならないのです。
トップ校に追いつき追い越していかなければ大学合格実績としては評価されないのです。

もちろん、二番手・三番手の学校には、自学自習の習慣のついている子どもたちもいますし、
ついていない子どもたちもいるわけです。

その子どもたちを大切に育てて、本人が希望する大学に合格させなければならないのです。
そのためにも、学習指導がトップ校と比べると学校主導になり、どうしても厳しくなっていくのです。

そのことをしっかりと認識しておかないと、トップ校は余裕があるのに大学実績がいい、だからトップ校なのだ
という誤解をしてしまうことになります。

今回の攻略ポイントは「トップの余裕」です。


コメント・トラックバックはこちらからお願いします。

お役に立てば下を押してください。
人気blogランキングへリンク



© Rakuten Group, Inc.