000000 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

関西ONLY中学入試って?

一喜二喜三喜

子どもに対していろいろなことで、一喜一憂していませんか。

たとえば、成績が上がった下がったとか、クラスが一つ上がった下がったとか。


子どもを伸ばすためには、一喜、二喜、そして三喜が大切なのです。

子どもの伸ばす最大の武器は周りが喜ぶことです。
そして子どもを褒めることです。

順番は逆ではありません。
子どもの周りにいる人々がみんなで喜んでください。

どんな些細なことでも構いません。

点数が前回と同じであっても、どこか成長しているところを探し出し、それをみんなで喜んでください。
その上で、無条件で褒めることです。

始めのうちは、嫌がったりポカンとしていますが、何度か繰り返しているうちに、急にがんばるようになるのです。
そうすれば、あとは喜ぶのも簡単ですし、褒めるのも容易になります。

ただし、褒めるときのコツは、無条件です。

「こことここができていればもっとよかったのに」

これでは、褒めていることになっていません。
褒めているような体裁はしていますが、注意・叱責にしか子どもには聞こえません。

褒めるというのは、けっして自己満足のためにするものではありません。
子どもの成長を促し、子どもの成長を維持させるために行うことなのです。

今回の攻略ポイントは、「無条件で褒める」です。


コメント・トラックバックはこちらからお願いします。

お役に立てば下を押してください。
人気blogランキングへリンク



© Rakuten Group, Inc.