4094750 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

歩人のたわごと

2021/11/24
XML
明後日26日は楽歩会で奈良を歩く予定

足慣らしに鞍馬でも歩いてみようと出かけた
珍しくカミさんも行くというので一緒に歩いた

紅葉には少し遅かったようだが、それでも
残っているところもあって、それなりに楽しめた

コース:叡電・鞍馬駅→仁王門→由岐神社→
鞍馬寺本殿金堂→木の根道→大杉権現者→
奥の院魔王殿→貴船神社→叡電・貴船口駅


叡電の市原駅と二ノ瀬駅の間にある
モミジのトンネル、電車は徐行運転
往きに先頭車両から撮影できた


帰りは結構、混んでいて撮影はあきらめた

>
仁王門
山を登る会で、この前は何度か通過している
鞍馬寺へは多分初めての気がする


いただいた栞


仁王門から先へ進む


義経公供養塔
牛若丸が7歳から10年間
起居した東光坊の跡地に建つ


本殿迄の道中の紅葉


同上


本殿金堂と神獣「阿吽の虎」

狛犬ならぬ「阿吽」の虎は、本尊毘沙門天のお使いである神獣。
毘沙門天の出現が、寅の月、寅の日、寅の刻とされていることに
よります。五十音が「あ」から始まり、「ん」で終わることから
「阿吽」は、宇宙の全てを包含すると言われています。
(鞍馬寺資料より)



「阿吽の虎」を近くで見る


本殿から正面の雄大な山並み


与謝野晶子歌碑
何となく君にまたるるここちして
いでし花野の夕月夜かな


隣りに鉄幹の歌碑もあった
遮那王が背くらべ石を山に見て
わが心なほ明日を待つかな


碑の文字が影で映らないので
写真は省略した


歌碑の鞍馬石説明


木の根道、岩盤が固くて地下に根を張れない
杉の根が地表を這い、独特の景観を保つ

この付近に「背比べ石」があるが
見逃してしまった


大杉大権現


同上説明

鞍馬駅からここまでは登りであったが
ここから奥の院・貴船へ向けて下りになる


僧正ガ谷に建つ謡曲「鞍馬天狗」の説明板
ビッグジョンは謡曲にはトンと縁がない


奥の院 魔王殿

「木太刀もて岩を斬りたる遮那王の やという声に似る歌無きか」
與謝野寛(鉄幹)
「太刀跡の岩 義経が裂きたるや 杜鵑の声が紋を残すや」
與謝野晶子


貴船までは急な下りになるので
逆のコースは結構きつそうである


貴船神社
以前に川床で流しソーメンを食べた記憶がある
神社にも立ち寄っているはずであるが
その記憶が全くない


同上、参道


貴船神社の神木「桂」


同上説明

神社からゴールの貴船口駅までは約2キロ
貴船川沿いに下る
三時間弱のハイキングであった


貴船口駅のホーム

お付き合い、ありがとうございました!






Last updated  2021/11/25 11:21:51 AM
コメント(6) | コメントを書く


PR

Profile


ビッグジョン7777

Calendar

Keyword Search

▼キーワード検索

Archives

Headline News

Comments

かめさんランナー@ Re:ドクダミに熱湯(05/25) New! ドクダミには手を焼いているので試してみ…
ビッグジョン7777@ Re[1]:山田池公園の菖蒲(05/24) New! ふろう閑人さんへ タイミングが合えばお…
ふろう閑人@ Re:ドクダミに熱湯(05/25) New! 良い情報ありがとうございます。収穫もし…
ふろう閑人@ Re:山田池公園の菖蒲(05/24) New! :山田池の菖蒲の最新情報ありがとうござい…
ひろみちゃん8021@ Re:ドクダミに熱湯(05/25) New! こんばんは(^^) 熱湯をかけるのは 凄く…

© Rakuten Group, Inc.