4168765 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

歩人のたわごと

全163件 (163件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 17 >

映画・美術・音楽鑑賞

2022/06/28
XML
「待っててやすぐ行くから」と泣く
人を離して棺の蓋は閉ざさる
(八尾市)吉谷 往久

何度か拝見したこの光景
家族葬が増えて葬儀とも縁遠くなる

庭いっぱい並べられてた盆栽が
片付けられて主人(あるじ)なき家
(川越市)西村 健児

近所の方が亡くなって何か月も
知らずに過ごすこともあるこの頃

舞鶴と敦賀を結ぶ「小浜線」
降っても照っても二両編成
(舞鶴市)吉富 憲治

前の二首は寂しい
この歌は淡々としていて救われる

蝦夷春蝉の鳴きいだすごと
バイク来て大雪山に初夏の風
(北海道)高井 勝美

初めて尾瀬を訪れたとき、宿の主人に
あれは蝦夷春蝉だと教わった
あれからもう何年になるだろう?

おつりってなにと問う子がいると聞く
財布持たざる父母ふえて
(札幌市)田巻 成男

戦後30年で全国の道路が完全舗装
最近の30年、キャッシュレスが進んだ

イコカとかペイペイとか
財布を持たずに出かけても支障なし

パンパンとまわしを叩く音響く
国技館母と前のめりで見る
(富山市)松田 わこ

作者はたしか女子大学生

わが孫娘・ナツキも大の相撲ファン
高松から九州、東京へとひとりで
相撲見物に出かけている



明日はエッセーサークルの集まり
朝から畑行きを休んで作品に取り掛かるも
思うように進まない

気分転換に、カミさんから頼まれた
宅急便を出しにドライブ

作品は、夕食後に改めて挑戦
先ほど出来上がった、これで寝られる






Last updated  2022/06/28 09:19:38 PM
コメント(5) | コメントを書く


2022/06/27
0622言葉
浄土真宗の寺院の掲示板

「青は青く光れ」という言葉に
思わずぐっと引き付けられた

ちょっと意味が分かりにくいが
欄外の小さい文字を読んで納得

要するに最近よく聞く同調圧力
と反対の意味だ、さんせーい!






Last updated  2022/06/27 05:55:16 PM
コメント(5) | コメントを書く
2022/06/26
NHKのラジオで
「葉っぱ切り絵アート」の作者
「リト」さんの話を聞いた

大学を卒業して仕事に就いたが
仕事に集中できず長続きがしない

病院で発達障害と診断されたことから
それまでの苦労の原因がわかって
肩の荷がおりて転機が訪れたという

そして行きついたのが切り絵アート

ラジオでは実感がわかないので
翌朝、WEBサイトで調べた

0625葉っぱアート
例えばこんな作品

すごいなあ!
こんなことができるなんて
信じられない!

とても緻密な作業だ
かすかな細い線でつながっている

カッターナイフより先の細い刃物で
作るらしい

標準通りとか人並みにというのが
どういうことなのか理解できないが

気に入った細かい作業なら
いくらでも続けられる

対談でこんな話を聞いていたので
実際の作品を見てなるほどと納得した

切り絵アートのこと、今回の放送で
初めて知ったがすでにご存じの方も
いらっしゃるでしょう

◆興味があればご覧ください
リトさんの紹介サイト(→

◆作品集(→






Last updated  2022/06/26 04:22:57 PM
コメント(10) | コメントを書く
2022/05/20
いい言葉に出会いました

有名な孔子の言葉なので
知っている人から見れば

そんなこと知らなかったの
と言われるかもしれない

0513書1

0513書1-2

これは孔子の言葉なのですねえ

上記に意味の説明もありますが
もう少し詳しい説明を探しました

和而不同の意味
「和而不同」の意味は以下の通りです。
・人と協力をしても意見や態度は同じにしない。
・人とは仲良くするが、闇雲に同調をする事はない。
・人は人で自分は自分として、自らの立場を大事にして
相手と矢鱈に同意をしない。
・諺「和して同せず」(わしてどうぜず)も同義。

”和而”は「親しむ」「他人と調子を合わせる」
”不同”は「同じではない」「同じにしない」となり
人とは仲良くするが全てが同じではないとして
要するに、協調はするが他人の意見には簡単に
同調しない事です。

そこから、己の考えをしっかり持っているや
他人に同調しないで自分の考えを持つべきという
教えでもあります。端的に言うなら
人とは主体的に付き合うべきなのです。

元とされる孔子の「論語」には、人格者である君子は
主体性を持ちつつ人と協調するが、地位が低い小人は
矢鱈と同調や妥協するが真の協調性はないと
断定しています。そこからも、自分の考えをもつ
大事さを説いているのが「和而不同」です。
以上は四字熟語のススメのサイト(→


こうして意味が分かってみると
ウンウン、ボクの生き方によく合う言葉だ!
そのように思えてくる

ちなみに木村篤太郎は下記(ウィキペディアより)
木村 篤太郎(きむら とくたろう
1886年(明治19年)2月7日 - 1982年(昭和57年)8月8日)とは、
日本の政治家、検察官、弁護士、剣道家である。

検事総長(第19代)、第一東京弁護士会会長(第16代)
法務大臣(初代)、保安庁長官(初代)、防衛庁長官(初代)
全日本剣道連盟会長(初代)等を歴任した。


そうです、先月訪ねた五條市の新町散策で
生家を訪ねた際にこの額にお目にかかりました

なかなかの傑物のようです
現代の政治家さんにはこういう人は見当たらない?






Last updated  2022/05/21 01:29:48 PM
コメント(2) | コメントを書く
2022/05/14
「日本一短い手紙 大賞」
なんてのがありますね

たまたま「54字の物語」
というのを知りました

PHPがやっていて
現在、第9回を募集中です

ここで入選作品が見られます(→






ところで、これなんぞいかがでしょう!
54文字の不思議
下向き矢印
0501名言54文字の不思議
54文字の不思議


ただの愛のメッセージではありません


左からも読んでみてくださいね


この54文字はすごいと思いました!






Last updated  2022/05/14 04:44:04 PM
コメント(6) | コメントを書く
2022/05/10
「啾啾吟」のこと、興味が湧いたので
WEBサイトでを調べてみた、有名な詩らしく
訳や詩吟などが多数見つかった

幕末の志士たちがよく歌われた詩で
自分自身を励ます内容の詩
と紹介されている

まずは元の詩
0509書5

そして詩吟、たまには気分が変わっていい



知者は惑わず仁者は憂えず

君何ぞ戚々として双眉愁うる

歩みに信せて行来すれば皆坦道

天に憑りて判下す 人謀にあらず

之を用うれば則ち行き 舎けば則ち休す

此の身浩蕩 虚舟浮かぶ

丈夫落々 天地を欣ぐ

豈に顧みて束縛 窮囚の如くならんや

千金の珠 鳥雀を弾じ

土を掘るに何ぞ属鏤を用うるを煩わさん

君みずや 東家の老翁 虎患を防ぐを

虎 夜 室に入って其の頭をふくむ

西家の児童 虎を識らず

竿を執って虎を駆ること牛を駆るが如し

痴人 噎に懲りて遂に食を廃し

愚者 溺に畏れて先ず自ら投ず

人生 命に達すれば自ら灑落

憂讒避毀 徒に啾々たらんや


啾啾吟 ( 王陽明 )の訳
下矢印
智者は思い迷わない
仁者は心配しないというのに、

君はどうして悲しげに
眉をひそめてくよくよしているのか

安心して足にまかせて歩いて行くときは
みな平らな道なのに・・・

天より審判が下るのだ
人が下すのではない

天に使われるのであれば行き
天の用事がなければ休もう

この身は果てもない海に浮かぶ
無人の船にたとえよう

男子たるもの堂々と
両手で大地をさし挙げる心づもり

どうして(私利だとか功名心だとかの)

いろいろなことで自分を縛り
とらわれ人のようになるんだろう。

(つまらないことで自分を犠牲にするのは)
千金の弾丸でスズメを打つようなものだ

土を掘る鍬に
誰も金をちりばめることはない

虎が出るというので
東の老翁は恐れて家の中

虎は闇夜に室に入り
翁の頭を食いちぎってしまった

ところが
西の子供は虎を見たことがなかった

虎を見て
虎とも知らないで竿を振って

牛を追うかのように
虎を駆り立てて追い払った

馬鹿は、のどに食物をつかえさせ
それに懲りて食を断ったという

愚か者は、溺死を恐れるあまりに
自分から溺れてしまった

人の生死は天命と知ってこだわる心はない

非難影口を気にして
くよくよすることなどない


幕末の若者たちは将来の夢を見ながら
この詩を吟じていたのだろうか






Last updated  2022/05/10 06:03:33 PM
コメント(2) | コメントを書く
2022/05/09
0509書1
屏風の書、王陽明「啾啾吟」

0509書3
同上、部分

流れるような筆跡、いい字だなあ!
ほれぼれとして見とれてしまった

0509書2
書の訳文(クリックで拡大)

0509書4-2
落款の部分



奈良県五條市の大和五條 新町通り
散策した(4/30)時に見かけた書である

「まちや館」という名前で公開されている
吉田茂内閣の司法大臣・法務大臣などを
歴任したの木村篤太郎の生家である

木村篤太郎さんのことは知らなかったが
政治家、検察官、弁護士、そして剣道家
であるというから大した人物のようだ


娘夫婦は先を歩いていたので
ボクも入館する気はなかったが

何かに誘われるように覗いたのは
この書に呼ばれたのかもしれない(笑)

開館時間にまだ間があったが、年配の
愛想の良い女性が、まあいいでしょうと
説明をしながら内部を案内してくれた

この屏風について尋ねると
この家に逗留した人が宿泊代の代わりに
この書をお礼に置いていったもので
作者は不明だと教えてくれた

話を聞いて真っ先に頭に浮かんだのが
以前に当ブログで紹介した横井金谷さん

昔は、「芸はあるが金はない」という
坊さんや画家など芸術家が放浪する例や
逆にそういう人たちの面倒を見る側の人
もいた良き時代であったのだろう

横井金谷のことを書いたブログ(→

字に魅せられて、意味などを考えることなく
ただただ一心に屏風の書を眺めていた

明日のブログでは漢詩の意味なども
よく鑑賞してみたいと思う






Last updated  2022/05/09 05:38:30 PM
コメント(2) | コメントを書く
2022/05/05
火柱のロシアの戦車に溜飲が下がる
そこにも人がいるのに
(観音寺市)篠原 俊則


日本にいるロシア人やロシヤ料理店などに
嫌がらせの行為があると聞いた時

「それは違うでしょ」という気がした

しかしロシヤの軍艦が沈没したと聞けば
「やったー」という思いが心の中に広がる

「そこにも人がいるのに」

ホントだ! こういうボクもまた
ロシヤ人に嫌がらせをする人達とかわらない
そういう自分にいや気がさす

戦っている一人一人の兵士には罪はない
彼らはただ命令に従っているだけなのだ
我々と同じように家族がいる一市民である

戦争という行為は愚かでむなしい
平和ボケとまで言われる日本人のボクに

この短歌はそんな当たり前のことを
今、改めて思い起こさせてくれた!






Last updated  2022/05/05 05:16:19 PM
コメント(2) | コメントを書く
2022/04/14
朝日花壇もしばらく続いた
コロナ関連の歌に変わって
ウクライナ関連の歌が増えた

何もないこの一日が大切な
日々であるのを知るウクライナ
(筑紫野市)二宮 正博


何もない日が大切で有難い日なのだ
そんなことをつくづくと思うこの頃

侵略のニュースの解説専門家は
「落としどころ」と幾度も言えり
(観音寺市)篠原 俊則


わからないでもないが、解説者であり
評論家はこのよう言葉を気にしないで使う

当事者にとっては「落としどころ」
なんて嫌な響きの言葉だろう

一方的な侵略に落としどころとは!

思い出す他国をせめて祝った国
祝賀提灯八十年前
(西宮市)中村 満子


さすがに八十年前の記憶はないが
書物などでそういう事実は知っている

ロシヤ国内ではプーチンの支持率が
落ちないでむしろ上がっているとか

国家と人民の乖離、かつての日本も
そうであったらしい

戻る人戻らない人判断が
まだつかぬ人これが福島
(南相馬市)佐藤 隆貴


平和な日本にだってこのような当事者が
まだ数多くおられるというのが事実

怒ったり嘆いたりしているだけのボク!






Last updated  2022/04/14 08:07:00 PM
コメント(5) | コメントを書く
2022/03/24
洋服を着て抱っこされ散歩する
犬の哀しさ人の幸せ
(熊谷市)飯島 悟


日常、よく見かける光景

「犬の哀しさ人の幸せ」
作者の感想なのだろう

ボクにも何となく違和感がある

でも人それぞれ
アッシには関係がない
と横目で見ている


「あなた」「パパ」「じいじ」と
妻が変えてきた私の呼び名出世魚のごと
(茨城県)樫村 好則


このケース、世間には多いのではないかな

ボクの場合はパパはなかった
パパと呼ばれるのを拒否したから

それにしても出世魚のようとは
面白い発想ですね


古典より数学が楽数学は
「別腹」だからと理数科生徒
(岐阜県)勝野 美佳


こんなところに「別腹」を使った
生徒のやわらかい頭に脱帽

作者は高校の先生でしょうか






Last updated  2022/03/24 09:51:53 PM
コメント(5) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全163件 (163件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 17 >

PR


© Rakuten Group, Inc.