3621078 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

歩人のたわごと

全806件 (806件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 81 >

日常生活

2021/09/10
XML
カテゴリ:日常生活
来年1月の82歳の誕生日で
運転免許証の更新時期を迎える

認知機能検査を済ませ
高齢者講習の予約をして
更新の準備に供えている

次は85歳で更新を迎えることになる
その時はたしてどのような健康状態か
想像もできないが、出来ればもう一度
更新できたらなあという思いである

ところで現在の車は20年になる
あと3年、何とか走るだけなら
大丈夫だろうと思う

しかし機能に関しては問題がある
高齢者対応の設備などは何もない

車に詳しいムコドノなど何人かに
意見を聞いたが結論を出すまでが
実に悩ましかった

最終的には思い切って買い替えた

ダイハツの軽自動車ネイキッドから
同じダイハツのタフトという車へ






Last updated  2021/09/10 06:06:08 PM
コメント(8) | コメントを書く


2021/09/01
カテゴリ:日常生活
月が替わって九月になった

先日来、ツクツク法師が鳴き
夜はコオロギも鳴き始めた

コロナの感染は収まる気配もなく
大阪府も緊急事態宣言の中にある

今夜は月に一度の自治会役員の定例会

コロナ発生以来、各種の会合や旅行などは
ずっと控えているので人との交流が少ない

地元のみなさんとの楽歩会も7、8月は休み

そんな訳で先日のエッセーサークルの月例会も
そうだったが、今夜の自治会の会合も
人と会えるというだけでうれしい!






Last updated  2021/09/01 04:34:07 PM
コメント(9) | コメントを書く
2021/08/31
カテゴリ:日常生活
パラリンピックのサッカーを
二試合、テレビで観戦した

日本が勝ったフランス戦と、逆に
負けたブラジル戦の二試合を観た

転がると音が出るボールを使って
競技をすることは話に聞いていた

実際の競技を観るのは初めてのこと

誰が考えたのか、ゲームそのものが
実にうまく考えられているのに感心

特にブラジルの左右のサイドを使って
攻める巧みな試合運びは圧巻であった

日本も頑張っていたが力の違いは歴然
ただただ感心するばかりである






Last updated  2021/08/31 09:15:36 PM
コメント(2) | コメントを書く
2021/08/30
カテゴリ:日常生活
「終活」という言葉がある

80歳を超えたボクにも他人事ではない

その終活の一部に母の荷物の処分がある

母の死後七年、やらねばと思いながら

一年、また一年、時が経過してゆく

昨日、思い立って食器棚の処分をする

市の粗大ゴミに出すために箱詰めにして

ゴミを出す日を予約した

作業中、誤って網戸を一枚破ってしまい

よけいな仕事を作ってしまった!

今日、ホームセンターで新しい網を買って

破れた網戸一枚を張り替えた!



この分では終活などマダマダ先のことだ!






Last updated  2021/08/30 08:25:07 PM
コメント(5) | コメントを書く
2021/08/28
カテゴリ:日常生活
星墓地の清掃

7か月に一度、回ってくる共同墓地の清掃

主な作業は1か月分の供花を焼却すること
今月はお盆もあって量が多い

他に周辺の草刈りや通路の清掃など

この作業、焼却炉が壊れるまでという期限付き
おんぼろの焼却炉は壊れそうで今だに壊れない

それより我々高齢者の寿命の方が早いかも(笑)

星買い物のアッシー

スーパーで一週間分の買い物のついでに
義妹か送ってくれた梨を娘夫婦に届ける

娘のマンション近くのシャトレーゼで
アイスクリームとキャンデーのまとめ買い
暑いときには冷たいものも貴重である

星昼寝

午後からは休息でゴロゴロ、そして昼寝
久しぶりに戻ってきた暑さにまいっている

読みかけの本を横に置いたが
最後まで目を通すことはなかった

星畑仕事

このところ、畑仕事は日陰になる午後から出勤
我が家の畑は西側にある小高い竹やぶのせいで
午後三時以降は完全な日陰になる
下向き矢印

畑、西側の竹やぶ

星アブ

手の甲がかゆくてかつ痛い
ムヒを塗っておいたが意外と気になる

そう言えば昨日、畑仕事の途中アブに刺された
どうやらかゆみはその後遺症らしい

アブは三度出現、その度にたたいてやっつけた
三度とも命中で、意外とどんくさいと感じた

アブに出会うのはホントに久しぶりだった






Last updated  2021/08/28 09:54:28 PM
コメント(7) | コメントを書く
2021/08/20
カテゴリ:日常生活
運転免許更新のための
認知機能検査を受けた

75歳以上になると免許更新には
次の三段階の手続きが必要になる

・認知機能検査を受ける 
・次に高齢者講習を受ける
・免許証更新手続きをする

面倒だけれど決まりだから仕方がない
費用が750円というのが救いである

ボクの場合は今回で三度目
76歳、79歳、82歳(来年1月の更新)
三年間なんてあっという間ですねえ

検査の結果は以下の三段階に分類される

◇(第1分類)総合点が49点未満    
記憶力・判断力が低くなっている者  

◇(第2分類)総合点が49点以上76点未満
記憶力・判断力が少し低くなっている者

◇(第3分類)総合点が76点以上    
又は記憶力・判断力に心配のない者   


この結果により、次のステップの
講習時間などが決まるらしい

結果は一週間程度で郵送されてくるウィンク






Last updated  2021/08/20 07:50:24 PM
コメント(6) | コメントを書く
2021/08/17
カテゴリ:日常生活
月に一度のエッセーサークルの集まりに
作品を1点書いて提出する

いつも締め切り間際まで悪戦苦闘をする
しかし今月は一週間も前に出来上がった

タイトルは『豆腐を作る』



 今年のお盆は、前後も含めてほとんど雨ばかり。それも各地で水害や土砂崩れが発生するような豪雨である。前線が日本列島上に東西に延びて停滞、その影響による豪雨らしい。これは梅雨の末期とよく似た現象だという。
 そんな雨の1日、カミさんが言った。
「豆腐でも作ってみる?」
「えっ、豆腐?」
 突然何のことかと思った。前置きなしで言葉の省略の多い会話はカミさんの専売特許である。
「なっちゃんが私の誕生祝に送ってくれたセットがあるでしょう」
 そう言われてもまだピンとこない。
「あなた、そのことをブログにも書いたじゃない」
 ここでやっと記憶がつながった。孫の奈津希がカミさんの誕生プレゼントに〈お豆腐手作りキット〉を送ってきたのは今年の2月、そのことをブログに書いたことを思い出した。
 箱の中には〈かわしま屋 手作り(発酵)レシピ集〉が入っていた。米麹から始まって味噌、納豆、チーズ、梅干しなど12種類のレシピが冊子にまとめてある。
 孫はこれらの中から豆腐を選んだものとみえる。豆腐の項を見るとそれほど難しそうではない。これならボクにもできそうだと思ったので
「よし、やってみよう」
と即答した。
 作業手順は次の七工程である。大豆の浸潤→大豆の粉砕→大豆の汁を絞る→煮込む→ニガリを加える→箱に流し込む→箱に重しを載せる→アク抜き→完成。このうち、最初の大豆の浸潤というのが、夏季なら8~9時間となっているので、翌日の朝から始めて一日で作り終えることにした。
 作業にとりかかって一番驚いたのは、原料が大豆とニガリと水だけということである。なんとシンプルではないか。280グラムの大豆と20ミリリットルのニガリから豆腐一丁とおからが出来た。
 自分の手で豆腐を作れたことに感動し大いなる満足感を覚えた。しかしすべてがうまくいったわけではない。大豆のしぼり汁を煮込む段階で、少し焦がしてしまったので、豆腐もおからも焦げ臭くなってしまった。レシピには「焦げ付かない様に柄の長いしゃもじで静かにかき混ぜ……」と書いてあったので注意をしたつもりだったが、気がついたら焦げていた。もう一点、煮汁を濾し布袋で絞る時、要領がわからなかったので最初はしゃもじで抑えて絞ったが、うまくいかない。そこで両手を使って絞ったのだが熱くてヤケドしそうだった。次回はこの絞り方を工夫しないといけない。
 しかし、それより焦げた匂いのしない豆腐を作らねばならない。材料の大豆はまだ半分残っている。いや大豆などその気になれば簡単に手に入る。今度は焦げの匂いのしない豆腐を作らないと!






Last updated  2021/08/17 03:18:09 PM
コメント(4) | コメントを書く
2021/08/13
カテゴリ:日常生活
昨日は一日雨
豆腐作りを楽しんだ


手作り豆腐の出来上がり!
280グラムの大豆から出来た豆腐とおから


元はこれ、お豆腐手作りキット
今年二月、カミさんの誕生日に
孫のナツキからのプレゼント


箱の中身

使った材料は大豆280グラムと
にがり20ml、あとは水だけ

豆腐作りはもちろん初体験だけれど
添付の説明書に従ってやれば問題なし

困ったのは、絞った大豆の汁を煮る時
へらでかき回したが鍋の底にくっつくこと

焦げたところは除けたが
おからは少し焦げた匂いがする(笑)

豆腐の味? 絶妙なり!






Last updated  2021/08/13 03:14:58 PM
コメント(3) | コメントを書く
2021/08/09
カテゴリ:日常生活
昨夜の間に相当の雨が降った
畑の野菜も庭の植木も喜んでいる

これぞまさに旱(干)天の慈雨である

干天の「かん」の字に自信がなかったので
国語辞典で調べた

「干」、「旱」のどちらでも良いらしい

ところで、この熟語の本来の意味は

非常に困ったときに、もたらされる
救いの手のたとえ、または

長い間待ち望んでいた物事が
実現することのたとえ

ということなので
ズバリ雨ではなく上記のような場合の
たとえとして使うのが正しいらしい

辞書にあった用例
今度の税制改革が、今の不況に対する
早天慈雨となるのだろうか

熟語は知っていたが、正しい使い方までは
知らなかった!!!!!






Last updated  2021/08/09 04:14:52 PM
コメント(5) | コメントを書く
2021/07/26
カテゴリ:日常生活


すれ違い、筋違い、食い違い

たしかに世の中には間尺に合わないことが多すぎる

観点を変えれば悩むほどのことではない

そんな意味なのだろうか・・・・。

(7/21朝日新聞「折々のことば」から)






Last updated  2021/07/26 08:31:26 PM
コメント(5) | コメントを書く
このブログでよく読まれている記事

全806件 (806件中 1-10件目)

1 2 3 4 5 6 ... 81 >

PR

X

© Rakuten Group, Inc.