2021/02/12

次の滝(和歌山県有田川市)

(6)
カテゴリ:ドライブ
0211-3次の滝1
「次の滝」・(2021年2月11日訪問)
和歌山県有田郡有田川町延坂、高さ約46メートル
県下一の那智の滝に次ぐ落差であることからこの名が付いた

0211-3次の滝2
県道183から分岐、標識に従って細い道を進むと
滝の案内看板と、三台ほどの駐車スペースがある

0211-3次の滝3
駐車場から桧林の坂道を十分ほど登ると
前が開けて「次の滝」の展望所に出る

0211-3次の滝4
谷を隔てて滝の全貌を見ることが出来る

0211-3次の滝4-2
同上

しかしこの眺めではいま一つたよりない
滝の音、水しぶきを身近に感じないと
滝に来たという感じが湧いてこない

0211-3次の滝4-3
同上
でも大丈夫、滝壺までの道があるようだ

0211-3次の滝5-1
やや危なっかしい道であったが、滝壺に到着
来たぞ! 滝の全景を拝む場所までやって来た

出っ張った岩に一度当たって滝壺に落ちる
いわゆる二段の段瀑である
渇水期のせいだろう、やや水量が少ないようだ

0211-3次の滝5-2
滝壺の様子、深い緑色をした神秘的な水の色
水は下流の早月谷川から有田川へと流れている

0211-3次の滝5-3うらみ
滝の中央よりやや上、赤丸のところは滝の裏側に
入れるくぼみがる、俗にいう裏見の滝である

0211-3次の滝6-1
岩の窪みに入って裏から見る、こういうのってうれしい!
我ながらいいショットが撮れたと自慢の一枚

以前にニュージーランドのミルフォードトラックで
落差570メートルの滝の裏側に入ったことを今も忘れない
滝の名は「サザーランドの滝」で、落差は世界5番目と聞いた

0211-3次の滝6-2
同じ場所から足元に注意しながら裏見の滝をもう一枚

足元注意は正月に川に落ちた記憶がよみがえるからで
水難はもう勘弁してほしい(笑)





TWITTER

Last updated  2021/02/12 08:56:57 PM
コメント(6) | コメントを書く