816347 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ピカチュウ♪のアニメ・特撮系のブログNEWGENERATION

PR

Profile


ピカチュウ♪025

Calendar

Category

日記・ブログ関係

(17)

スーパー戦隊関係

(10)

騎士竜戦隊リュウソウジャー

(43)

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー

(51)

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー ルパンコレクション

(45)

宇宙戦隊キュウレンジャー

(49)

動物戦隊ジュウオウジャー

(51)

手裏剣戦隊ニンニンジャー(2015年作品)

(48)

烈車戦隊トッキュウジャー(2014年作品)

(48)

獣電戦隊キョウリュウジャー(2013年作品)

(48)

光戦隊マスクマン(1987年作品)

(24)

スーパー戦隊オフィシャルムック

(42)

仮面ライダーシリーズ

(17)

仮面ライダーゼロワン

(20)

仮面ライダージオウ

(49)

仮面ライダーアマゾンズ 感想【再投稿】

(27)

うたう!大竜宮城(1992年作品)

(24)

ゲゲゲの鬼太郎(第6期)感想

(90)

ゲゲゲの鬼太郎(第5期)感想

(100)

ゲゲゲの鬼太郎(第4期)感想

(114)

ゲゲゲの鬼太郎(第3期)感想

(115)

ゲゲゲの鬼太郎(第2期)感想

(45)

ゲゲゲの鬼太郎(第1期)感想

(65)

ゲゲゲの鬼太郎(劇場版など)感想

(8)

ゲゲゲの鬼太郎

(19)

美少女戦士セーラームーン セーラースターズ 感想(第5期)

(34)

美少女戦士セーラームーンSuperS 感想(第4期)

(44)

美少女戦士セーラームーンS 感想(第3期)

(39)

美少女戦士セーラームーンR 感想(第2期)

(45)

美少女戦士セーラームーン 感想

(46)

八十亀ちゃんかんさつにっき

(16)

HUGっと!プリキュア 感想

(49)

新世紀エヴァンゲリオン 感想

(10)

未来少年コナン 感想

(12)

ルパン三世

(11)

アニメ全般

(10)

ポケモンソング

(56)

スーパー戦隊ソング

(116)

仮面ライダーソング

(43)

特撮ソング

(61)

プリキュアソング

(20)

ドラえもんソング

(43)

名探偵コナンソング

(40)

ガンダムソング

(10)

アニメソング(2010年代後半)

(108)

アニメソング(2010年代前半)

(42)

アニメソング(2000年代)

(88)

アニメソング(1990年代)

(118)

アニメソング(1980年代)

(86)

アニメソング(1970年代)

(48)

アニメソング(1960年代)

(15)

ジブリソング

(9)

ゲームソング

(9)

漫画・書籍

(6)

ゲーム関係・プレイ日記

(49)

ポケットモンスターサン&ムーン アニメ感想

(142)

ポケットモンスターXY&Z アニメ感想

(48)

ミュウツーの逆襲EVOLUTION公開記念!ポケットモンスター再放送

(13)

「ポケットモンスター」プレミア10感想【再投稿】

(10)

ポケモン グッズ関係

(11)

ポケットモンスターSPECIAL

(25)

訃報・お悔やみ

(10)

Favorite Blog

仮面ライダー色紙ART… New! RGM-122Rさん

仮面ライダーゼロワ… スリッパ8343さん

今日の思い出 NEO-ねお-さん

Comments

Keyword Search

▼キーワード検索

Archives

2019.12.09
XML
☆ゲゲゲの鬼太郎(第3期)の感想記事です(*´∇`*)




第109話(地獄編 第1話)『母を求めて地獄旅』
脚本:武上純希
演出:芝田浩樹
1988.2.8
登場妖怪:サソリ女(声:上村典子)、クモ男(声:屋良有作)、ミミズ男(声:田中康郎)、ぬらりひょん(声:青野武)、朱の盆(声:小林通孝)





【古道具屋で買った『ねずみ男一族の秘法』という怪しい本を手がかりに枕石を見つけたねずみ男。
さっそくユメコに使ってもらうと彼女の姿が消え、続いて使ったねずみ男も消えてしまった。
この謎の石が地獄へと続いていると知り、ユメコたちを救うために石を使って地獄へ向かう鬼太郎。
だが着いた場所は地獄と現世の中間にある、ねずみ男一族の村。
そこで母と再会して幸せそうなねずみ男を見て、鬼太郎の胸に母への想いが甦ってきた…。】



古代より天叢雲剣(あめのむらくものつるぎ)を岩より抜き去る者、地獄界、地上界、天上界の3界を支配できると伝えられている。
ぬらりひょんと朱の盆はその剣を狙って地獄の奥へ。
閻魔様に見つかったらお仕置きされないかなと心配する朱の盆を尻目にだまらっしゃいと言うぬらりひょん。
風が吹き、隠し通路の外に出て扉を抜けると目の間には天叢雲剣が。
ぬらりひょんは剣を抜こうとすると門番が現れて止めに入るが、噴火が起きて剣が抜け落ち、剣を手にするぬらりひょん。
その輝きと共に3界を支配する者になると誓うのだった…。

ねずみ男はユメコの学校の教材の手伝いをしており、古道具屋で見つけた古文書をもとに遺跡とは言い難い場所で地面を掘って発掘作業。
シーサーも手伝い穴をほると、手には枕に丁度良さげな石を持っている。
それを見てねずみ男は枕石に違いないと言うとねずみ男の家に帰宅。
ねずみ男一族伝来の安眠枕石だと説明するとユメコが試しに眠ってみることに。
そして、なんだかとってもいい気持ちだと言うと、ユメコの体が透明になって消えてしまう。
驚いたねずみ男も倒れ込んで消えてしまうのだった。

急いでシーサーは鬼太郎たちに知らせると、鬼太郎は石にユメコとねずみ男が吸い込まれたと聞く。
目玉おやじも検討がつかなければ、砂かけ婆にも子泣き爺にも分からない。
すると油すましが顔を見せ、『地獄じゃ…地獄の匂いがする』と言って石を指差し地獄の風が吹いてきておると話す。
それは、地獄と地上を繋ぐ地獄石で、恐らく地獄に行ったと言うが地獄と言っても広いためどこに行ったのかは使ってみないと分からない。
ねずみ男は兎も角、ユメコが地獄から帰れないかもしれないと言う目玉おやじの話を聞き、鬼太郎試しに使おうとする。
そして『行かせてください!妖怪の名誉にかけてユメコちゃんを犠牲にできない』と言うと消えてしまう鬼太郎だった。
すぐに地獄に到着すると、ユメコとねずみ男の名前を呼んでみる事に。
すると足元からねずみ男にそっくりな者たちが現れ聞きたいことがあると言う鬼太郎だが、ねずみ男と同じような臭さの息をかけられる。
そこにねずみ男が現れると『者共ヤメーイ!!』と止める。
ねずみ男はねずみ男王国の王様ペケペケだと名乗ると、この世と地獄の真ん中に位置する村こそねずみ男一族の幻のルーツだと説明。
ねずみ男は300年前に行方不明になったこの国の王子ペケペケなのだと、村で話を聞く鬼太郎。
そこにはユメコも無事な姿で居た。
鬼太郎は誰かに騙されてるんだと疑うと、ペケペケの母親が何を言うんだいと鬼太郎を叩く。
やむなくねずみ男が止めると、ねずみ男も最初は信じられなかったが、『こんな幸せ……なんせ不幸が身に沁みてるからな…』と言うと母親の膝枕を堪能する。
子守唄を聞いた時、間違いないと思ったと言うねずみ男は涙を溢れさせ母親の温もりを堪能するのだった。

鬼太郎は良かったなとつぶやくと、自分の母さんが今どこにいるのかと一人涙する。
そこで、ユメコが声をかけると、鬼太郎は涙を拭き地獄に夕陽って珍しいと話す。
するとユメコが、アレは地獄の炎が空に写っているんですってと答える。
そんなユメコに、鬼太郎はここまで追いかけて来たもののどうやって地上に帰るのか手がかりがなく謝る。
するとユメコは『鬼太郎さんと一緒なら、いつかきっと地上に帰れる。そんな気がするの』の言う。
その時、鬼太郎は殺気を感じるとねずみ男の母親が現れ、鬼太郎に母親を探しているのかと聞く。
そこで、指差した先にもう一つ村があると話すと、そこに妖怪と結婚した罪で地獄に送り込まれた可哀想な母親がいると話す。
その子供の名前は鬼太郎と言うとかと呟くと、ユメコは鬼太郎に行ってみましょうよと言う。
鬼太郎は先ずはユメコちゃんを地獄から出してあげないとと躊躇うも、何行ってるのよこんなチャンス二度とないかもとユメコが応える。
そして『鬼太郎さんは今までいろんな人の幸せのために働いてきたわ、だから一度くらい自分の幸せを考えても良いと思うの』と言うと、鬼太郎はいつも何処か寂しそうだった、鬼太郎が心から笑う姿を見てみたいと涙を流すユメコだった。
それを聞き、ありがとうと感謝して村に向かう事にする鬼太郎だが、見送るねずみ男の母親は不敵に笑うのだった。

それから、村に着いた鬼太郎とユメコは女性の悲鳴を聞くと直ぐに向かう事に。
一方、ねずみ男は酔って寝ていたが目を覚ますと母親が何者かと話をしているのを目撃。
更に母親はさそり女の正体を明かしねずみ男に襲いかかるため逃げ出すことに。
実は、ねずみ男一族も地獄の亡者たちが化けた姿で、子守唄も全部嘘だった。
それを知り涙を流すねずみ男に、全ては鬼太郎を誘き出すための作戦だったと話すさそり女が攻撃。
そんな絶体絶命のねずみ男の前に、ぬりかべが姿を現わすとねずみ男を助ける。
さらに一反もめんに乗って、砂かけ婆、子泣き爺、油すましもやってきて、砂かけ婆と子泣き爺がさそり女に攻撃。
ねこ娘とシーサーは亡者たちに襲いかかり追い払います。
そこで、目玉おやじは鬼太郎とユメコがどこにいるかさそり女に聞くと、今頃は首と胴体がバラバラになっている頃だと話すさそり女。
すると鬼太郎は母親を探しに行ったと言い、それが我らの狙いと言い残してさそり女は消えてしまう。
目玉おやじは鬼太郎が心の何処かで母親を慕う気持ちがあるのだと気付くのだった。

その頃、鬼太郎とユメコは岩山の頂上に捕まっている女性を助ける。
女性は鬼太郎に感謝すると、鬼太郎は名乗りひょっとして自分の母親ではないかと聞く。
と、そこでユメコが首狩り三人衆の一人・クモ男に捕まってしまう。
さらに鬼太郎を捕まえる女性によってクモ男の糸が鬼太郎を捕まえる。
クモ男は鬼太郎とユメコを頭領と呼ぶミミズ男のもとに運ぶのでした。
すると、ミミズ男は二人を処刑しようとする。
そこで女性が、約束が違いますと言い、二人を捕まえるだけだったと抗議。
だがミミズ男は女性の胸ぐらを掴み、言う通りにしていればお前の赤ん坊が待つ世界に戻れるのだぞと言う。
女性は赤ん坊を残して死にかけている母親で、言いなりになれば地上に戻れると聞いて協力していたのだった。
そんな事情を聞いた鬼太郎は我が子を思う母親の気持ちを踏みにじるなんて許さないと怒る。
だが捕らわれているため攻撃できない。
と、そこに目玉おやじたちが助けに来る!
けれどもミミズ男は首を操り助けに来た鬼太郎の仲間に襲いかかるように仕向ける。
目玉おやじはみんなに任せるように指示をする中、ミミズ男の刀が鬼太郎に迫る……!!

無情にも振り下ろされた首狩り刀、果たして鬼太郎の運命は!?
ぬらりひょんは本当に3界を支配する王となるのか…!?
とナレーションが入ると次回へ続きとなります。
























ということで今回はゲゲゲの鬼太郎第3期通算109話目、地獄編第1話となる「母を求めて地獄旅」
原作は「鬼太郎地獄編」の同名「母を求めて地獄旅」
原作では涙のさかずき大会で優勝した鬼太郎が母親の事を思っているのを目玉おやじが知るところから始まりますが、アニメではねずみ男とシーサーが枕石を掘り起こすところから開始。
ちなみにユメコちゃんが出るのは勿論アニメオリジナルです。
原作ではねずみ男に続いてシーサーが居なくなりますが、アニメでは最初にユメコちゃんが一緒にねずみ男が消えるのに変更。
原作ではペケペケ事ねずみ男の母親は本当に母親として登場しますが、アニメだとサソリ女の変装の為ねずみ男が悲しい思いをするのが辛いところ。
また、鬼太郎の仲間たちが地獄に来るのも早く、ペケペケの集落に着いてから合流。
ちなみに原作では牛鬼と呼子も着いてきます。
女性が襲われている場所も原作では沼地で水浴びをしているところを空とぶ魚に襲われていますが、アニメでは岩山に変更。
また、原作では13歳の少女でしたがアニメでは赤ちゃんを産んだ母親になっています。ちなみに女性の名前は原作でも花子になっています。今回のアニメでの声優は片石千春さん。
それから、原作では食事をして眠りについた後に花子に本当の事を明かされ逃げ出す際に首狩り三人と戦う流れでこの時点では鬼太郎は捕まっていません。
といった感じに細かいところは原作との違いはありますが大まかな流れは原作に沿ったもの。
原作の途中までなので、次回も引き続き首狩り三人との戦いが続きます。

それよりも、なんといっても大きな特徴は、ぬらりひょんと朱の盆が出ている点。
これはまさにアニメ第3期だからこそといったところ。
ユメコちゃんも登場し、ところどころで従来と設定が異なる事もあり賛否が別れる地獄編ですが楽しみたいと思います(*゚∀゚*)






こちらは地獄編のアイキャッチになります。



次回は『血戦三途の川』


「扉の向こうで何かが起こる」





【送料無料】「ゲゲゲの鬼太郎」80's BD-BOX 上巻/アニメーション[Blu-ray]【返品種別A】

【送料無料】「ゲゲゲの鬼太郎」80's BD-BOX 下巻/アニメーション[Blu-ray]【返品種別A】



水木しげるコレクション I 鬼太郎の地獄めぐり【電子書籍】[ 水木 しげる ]



【送料無料】 ゲゲゲの鬼太郎 15 水木しげる漫画大全集 / 水木しげる ミズキシゲル 【コミック】
⬆︎原作「鬼太郎地獄編」が収録されています。






Last updated  2019.12.09 22:56:52
コメント(0) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.