804894 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ピカチュウ♪のアニメ・特撮系のブログNEWGENERATION

PR

Profile


ピカチュウ♪025

Calendar

Category

日記・ブログ関係

(17)

スーパー戦隊関係

(10)

騎士竜戦隊リュウソウジャー

(42)

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー

(51)

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー ルパンコレクション

(45)

宇宙戦隊キュウレンジャー

(49)

動物戦隊ジュウオウジャー

(51)

手裏剣戦隊ニンニンジャー(2015年作品)

(48)

烈車戦隊トッキュウジャー(2014年作品)

(48)

獣電戦隊キョウリュウジャー(2013年作品)

(48)

光戦隊マスクマン(1987年作品)

(24)

スーパー戦隊オフィシャルムック

(42)

仮面ライダーシリーズ

(17)

仮面ライダーゼロワン

(19)

仮面ライダージオウ

(49)

仮面ライダーアマゾンズ 感想【再投稿】

(27)

うたう!大竜宮城(1992年作品)

(22)

ゲゲゲの鬼太郎(第6期)感想

(89)

ゲゲゲの鬼太郎(第5期)感想

(100)

ゲゲゲの鬼太郎(第4期)感想

(114)

ゲゲゲの鬼太郎(第3期)感想

(115)

ゲゲゲの鬼太郎(第2期)感想

(45)

ゲゲゲの鬼太郎(第1期)感想

(65)

ゲゲゲの鬼太郎(劇場版など)感想

(8)

ゲゲゲの鬼太郎

(18)

美少女戦士セーラームーン セーラースターズ 感想(第5期)

(34)

美少女戦士セーラームーンSuperS 感想(第4期)

(44)

美少女戦士セーラームーンS 感想(第3期)

(39)

美少女戦士セーラームーンR 感想(第2期)

(45)

美少女戦士セーラームーン 感想

(46)

八十亀ちゃんかんさつにっき

(15)

HUGっと!プリキュア 感想

(49)

新世紀エヴァンゲリオン 感想

(10)

未来少年コナン 感想

(11)

ルパン三世

(11)

アニメ全般

(10)

ポケモンソング

(56)

スーパー戦隊ソング

(116)

仮面ライダーソング

(43)

特撮ソング

(61)

プリキュアソング

(20)

ドラえもんソング

(43)

名探偵コナンソング

(40)

ガンダムソング

(10)

アニメソング(2010年代後半)

(108)

アニメソング(2010年代前半)

(42)

アニメソング(2000年代)

(88)

アニメソング(1990年代)

(118)

アニメソング(1980年代)

(84)

アニメソング(1970年代)

(48)

アニメソング(1960年代)

(15)

ジブリソング

(9)

ゲームソング

(9)

漫画・書籍

(6)

ゲーム関係・プレイ日記

(49)

ポケットモンスターサン&ムーン アニメ感想

(142)

ポケットモンスターXY&Z アニメ感想

(48)

ミュウツーの逆襲EVOLUTION公開記念!ポケットモンスター再放送

(13)

「ポケットモンスター」プレミア10感想【再投稿】

(10)

ポケモン グッズ関係

(11)

ポケットモンスターSPECIAL

(25)

訃報・お悔やみ

(10)

Favorite Blog

仮面ライダー色紙ART… New! RGM-122Rさん

【SHODO-X】仮面ライ… スリッパ8343さん

今日の思い出 NEO-ねお-さん

Comments

Keyword Search

▼キーワード検索

Archives

2019.12.11
XML
☆テレビアニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の感想記事です(๑╹ω╹๑ )






第六話 決戦、第3新東京市
EPISODE:6 Rei II
脚本:薩川昭夫、庵野秀明
絵コンテ:摩砂雪
作画監督:細井信宏
演出:石堂宏之
1995.11.8



★あらすじ★
ネルフ本部へ掘削攻撃をしかける第5使徒。ミサトは、日本中の電力を動員した陽電子砲(ポジトロンライフル)による狙撃、"ヤシマ作戦"を提案する。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
1995年10月4日から1996年3月27日にかけて全26話がテレビ放送された『新世紀エヴァンゲリオン』
最近再放送で観ているのでこの機会に感想記事を更新したいと思います!
ということで今回は第6話になります(*´∇`*)



出撃と同時に第5使徒=ラミエルの放った荷電粒子砲により攻撃を受けるエヴァ初号機。
破損したエヴァ初号機は、戦う間もなく回収。
意識を失ったシンジは心臓マッサージを受けつつ、高温のエントリープラグから救出され病院へと運ばれる。
第5使徒の特性を探っていたNERVは対策を練ることにする。
初号機のダミーバルーン、独12式自走臼砲を使用すると攻撃で消滅。
今のところは攻守共に完璧な第5使徒。
目標は一定距離内の外敵を自動排除する能力があり対策を練るNERV。
『攻守共にほぼパーペキ、まさに空中要塞ね』とミサトが言う矢先、目標は第3新東京市ゼロエリアを目指す。
相手の目的はジオフロント内NERV本部への侵入することなのだ。
制限時間は約10時間たらず…初号機は機能通数をやられなかったのは不幸中の幸いとのことで3時間後には換装作業完了とのこと。
零号機の実戦は厳しいため、初号機に頼るしかない。
シンジの容体は身体には異常なしで、許容範囲内だが状況は芳しくない…。
白旗を上げるかと言われるなか、ミサトは『その前にちょっちやってみたい事があるの』と言ってネルフ総司令官公務室に向かう。
ミサトは、その条件下で有効な作戦をゲンドウらに提案。
そのために、「EVA専用陽電子砲(円環加速式試作20型)」=ポジトロン・ライフルではなく戦自研のプロトタイプ「試作自走陽電子砲」を借りるミサト。
可能な限り原型をとどめて返却すると約束するが、ATフィールドを貫く質力算出量は最低1億8000万キロワット。
そのため日本全国の電力を集中させて、午後11時30分から明日未明にかけて全国で大規模な停電となることに。
超長距離からの狙撃で一転突破を図るものこれこそが通称「ヤシマ作戦」なのであった。
一刻の猶予を許さないNERVは、早速作戦準備を開始。
勝算8.7%に賭けることとなるが、あとはパイロットの問題が…。
その頃、初号機パイロット=シンジの意識が戻る。
そんな病院で目を覚ましたシンジの元へレイがヤシマ作戦のスケジュールを伝えに来る。
『明日午前0時より発動されるヤシマ作戦のスケジュールを伝えます。
碇綾波の両パイロットは本日1730ケージに集合、1800初号機及び零号機起動、1805発進。同30二子山仮設基地到着、以降は別命あるまで待機。明朝日付け変更と共に作戦行動開始』と淡々と説明する。
だが、シンジは『僕は嫌だ』とエヴァに乗ることを拒もうとする。
すると、それなら自分が初号機に乗るわというレイは病室を後にするため、そんなレイの冷静な態度に心を動かされるシンジであった。

ケンスケとトウジたちはケンスケの調べでエヴァの出動時間を調べ学校の屋上から頑張れやーと見送る。
「EVA専用改造陽電子砲(ネルフ仕様・もと戦自研自走陽電子砲)」=ポジトロンスナイパーライフルが用意され、ヤシマ作戦の作戦内容を聞かされて怖気づくシンジ。
レイは『私は初号機を守ればいいのね』と確認すると、怖気付くシンジに対してレイは「あなたは死なないわ、私が守るもの」と伝える。
それから作戦決行前、ついに日本全国の停電が実施される。
日本中から電気が消えるなか、作戦時間を迎えることを待つシンジはレイに対して、『綾波は何故これに乗るの?』と、なぜエヴァに乗るのかと理由を尋ねる。
するとレイは「絆だから」と答える。
父さんとの絆かとシンジが言うと『みんなとの』と答えるレイ。
『強いんだな綾波は…』とシンジが話すと綾波は『私には他になにもないもの』と言うため、他に何も無いってと聞き返すシンジだったが作戦開始の時が来る。
時間が来るとレイは『じゃ…さよなら』と無感情な言葉をシンジに投げかけて立ち去っていくのだった。
そしていよいよヤシマ作戦が開始…。
全ての電力が初号機の陽電子砲へ集められると、全エネルギーが収束し発射までのカウントダウンが開始。
その時、目標に高エネルギー反応を確認。
初号機の陽電子砲発射と同時に、使徒も荷電粒子砲を照射する。
電磁波同士が交わると最初の放射は失敗に終わってしまう。
そんななか敵シールドはジオフロントに侵入。
再び電力を充電する前に使徒が第2波を照射してくると、攻撃に対して零号機が盾で初号機を守る。
だが零号機の盾の耐久力に限界が…。
そんなギリギリのなか、陽電子砲の充電が完了。
シンジはすかさず第2波を放つと目標のコアを貫くのだった。
これにより、無事に使徒をせん滅し、作戦は成功。
すると『綾波っ!』と、シンジは叫び高熱で融解しかかった零号機の元に向かう。
シンジはレイの安否を確かめるために高熱のエントリープラグのハッチをこじ開けるのだった。
そしてハッチを開け綾波の姿を見て『綾波っ!大丈夫か!綾波っ!』とシンジが確認すると無事に目を覚ますレイ。
そんなレイにシンジは、『自分には…自分には他に何もないって、そんなこと言うなよ。別れ際にさよならなんて、悲しいこと言うなよ』と伝え涙を溢れさす。
するとレイは泣いているシンジに『何泣いてるの?』と聞くと、泣き続けるシンジに『ごめんなさい、こんなときどんな顔すればいいのか分からないの』と戸惑いの言葉をかける。
そんなレイにシンジが『笑えばいいと思うよ』と言うと、レイはシンジの顔にゲンドウの面影を重ねるのだった。
そしてその暖かな記憶に、自然と柔らかな笑顔がこぼれたのだった…。



ということで、今回は第6話!!
エヴァと言ったらのヤシマ作戦!
レイとシンジの名シーンに名セリフも登場!!
初号機と零号機の力を合わせた作戦に、ミサトさんのとんでもない作戦は見どころ満載!!
これが後の「シン・ゴジラ」にも影響を与えているのだろうと思うと面白いというかドキドキさせてくれます。
あちらはあちらで庵野秀明総監督の作品に込めた力が凄いので(*´∇`*)
ちなみに今回もエンディングは林原めぐみさんが歌うバージョンの「FLY ME TO THE MOON」でした!






















・予告・
迫り来る使徒に対し民間の開発した人形兵器が制御不能に陥る。
果たしてミサトは炉心融解を止められるのか?
次回『人の造りしもの』
お楽しみに!






新世紀エヴァンゲリオン Blu-ray BOX STANDARD EDITION【Blu-ray】 [ 緒方恵美 ]



【送料無料】[枚数限定][限定版]新世紀エヴァンゲリオン TV放映版 DVD BOX ARCHIVES OF EVANGELION/アニメーション[DVD]【返品種別A】







Last updated  2019.12.11 19:33:15
コメント(0) | コメントを書く

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.