814197 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ピカチュウ♪のアニメ・特撮系のブログNEWGENERATION

PR

Profile


ピカチュウ♪025

Calendar

Category

日記・ブログ関係

(17)

スーパー戦隊関係

(10)

騎士竜戦隊リュウソウジャー

(43)

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー

(51)

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー ルパンコレクション

(45)

宇宙戦隊キュウレンジャー

(49)

動物戦隊ジュウオウジャー

(51)

手裏剣戦隊ニンニンジャー(2015年作品)

(48)

烈車戦隊トッキュウジャー(2014年作品)

(48)

獣電戦隊キョウリュウジャー(2013年作品)

(48)

光戦隊マスクマン(1987年作品)

(24)

スーパー戦隊オフィシャルムック

(42)

仮面ライダーシリーズ

(17)

仮面ライダーゼロワン

(20)

仮面ライダージオウ

(49)

仮面ライダーアマゾンズ 感想【再投稿】

(27)

うたう!大竜宮城(1992年作品)

(22)

ゲゲゲの鬼太郎(第6期)感想

(90)

ゲゲゲの鬼太郎(第5期)感想

(100)

ゲゲゲの鬼太郎(第4期)感想

(114)

ゲゲゲの鬼太郎(第3期)感想

(115)

ゲゲゲの鬼太郎(第2期)感想

(45)

ゲゲゲの鬼太郎(第1期)感想

(65)

ゲゲゲの鬼太郎(劇場版など)感想

(8)

ゲゲゲの鬼太郎

(19)

美少女戦士セーラームーン セーラースターズ 感想(第5期)

(34)

美少女戦士セーラームーンSuperS 感想(第4期)

(44)

美少女戦士セーラームーンS 感想(第3期)

(39)

美少女戦士セーラームーンR 感想(第2期)

(45)

美少女戦士セーラームーン 感想

(46)

八十亀ちゃんかんさつにっき

(16)

HUGっと!プリキュア 感想

(49)

新世紀エヴァンゲリオン 感想

(10)

未来少年コナン 感想

(12)

ルパン三世

(11)

アニメ全般

(10)

ポケモンソング

(56)

スーパー戦隊ソング

(116)

仮面ライダーソング

(43)

特撮ソング

(61)

プリキュアソング

(20)

ドラえもんソング

(43)

名探偵コナンソング

(40)

ガンダムソング

(10)

アニメソング(2010年代後半)

(108)

アニメソング(2010年代前半)

(42)

アニメソング(2000年代)

(88)

アニメソング(1990年代)

(118)

アニメソング(1980年代)

(85)

アニメソング(1970年代)

(48)

アニメソング(1960年代)

(15)

ジブリソング

(9)

ゲームソング

(9)

漫画・書籍

(6)

ゲーム関係・プレイ日記

(49)

ポケットモンスターサン&ムーン アニメ感想

(142)

ポケットモンスターXY&Z アニメ感想

(48)

ミュウツーの逆襲EVOLUTION公開記念!ポケットモンスター再放送

(13)

「ポケットモンスター」プレミア10感想【再投稿】

(10)

ポケモン グッズ関係

(11)

ポケットモンスターSPECIAL

(25)

訃報・お悔やみ

(10)

Favorite Blog

初音ライダー剣(ブレ… New! RGM-122Rさん

仮面ライダーゼロワ… スリッパ8343さん

今日の思い出 NEO-ねお-さん

Comments

Keyword Search

▼キーワード検索

Archives

2019.12.13
XML
☆ゲゲゲの鬼太郎(第3期)の感想記事です(*´∇`*)




第115話(地獄編 第7話)『鬼太郎 最後の出会い!!』
脚本:武上純希
演出:葛西治
1988.3.21
登場妖怪:閻魔大王(声:郷里大輔)、地獄童子(声:堀川亮)、ヌルリ坊(声:塩屋浩三)、朱の盆(声:小林通孝)、ぬらりひょん(声:青野武)



【ぬらりひょんの持つ天叢雲剣(アメノムラクモノツルギ)の威力の前に倒れる鬼太郎。
しかし地獄ゼミから聞こえる母の声に励まされ、仲間の妖力波を吸収した力で天叢雲剣を粉砕、ついにぬらりひょんを奈落の底へと突き落とした。
これにより元に戻ったエンマ大王に教えられ、鬼太郎は地上へと続く道である胎内道へと向かう。
そこで鬼太郎はようやく本物の母と再会することができた。
だが、天叢雲剣の影響で地獄は不安定になっており…。】



ついにぬらりひょんとの戦いとなる鬼太郎。
だが、ぬらりひょんの持つ叢雲の剣の前に妖怪剣は跳ね飛ばされてしまう。
そんや鬼太郎に寄り添うユメコ。
すると、ぬらりひょんは二人一緒に片付けようとする。
そこに地獄童子が助けに入ると、三人まとめて退治しようとするぬらりひょん。
そんななか、『やめてくださいぬらりひょん様、もうこれ以上なさらなくても勝負はぬらりひょん様の勝ちだ』と朱の盆が止めに入る。
けれどもぬらりひょんは朱の盆を投げ飛ばす。
その後、雷を呼ぶと地獄童子とユメコを吹き飛ばすぬらりひょん。
苦しむ鬼太郎は絶体絶命の大ピンチかと思ったその時、子泣き爺、シーサー、ねずみ男、油すまし、砂かけ婆、ねこ娘、一反もめん、目玉おやじ、ぬりかべが助けに現れる!
それでもぬらりひょんはいくら集まってもたかが雑魚妖怪よと言いまとめて面倒をみることにすると叢雲の剣を盛大に一振り。
助けに来た仲間たちも一瞬のうちに吹き飛ばされると全員捕まってしまうのだった。
そしてとうとう、ぬらりひょんは地獄界、地上界、天上界の王になると宣告すると叢雲の剣から盛大に光が…。
そんななか、鬼太郎の前には地獄ゼミが現れ『戦いなさい鬼太郎』と声をかける。
だが、鬼太郎は僕にはもう力がありませんと嘆く。
すると地獄ゼミは今までの戦いを思い出すのです、そうすれば戦う力が湧いてきますと言い、『鬼太郎、あなたは一人で戦ってきたわけではありません。みんなの協力が、みんなの想いがあったからこそ戦い抜いてこられたのですよ。みんなの想いを信じるのです。』と言う。
それを聞き鬼太郎はみんなに力を貸してくれと頼む。
そして、仲間たちの僅かな妖力が鬼太郎に分け与えられると『たとえどんなに強い力を持ったとしても、みんなの心まで支配することはできないぞ!ぬらりひょん!』と言って鎖を破壊し自由になる鬼太郎。
リモコン下駄で叢雲の剣の力をも跳ね返すと一騎打ちに!!
戦いの中、鬼太郎の妖怪剣がぬらりひょんの叢雲の剣を折ると、地面が裂けぬらりひょんは地の底へと落ちていくのであった!
それと同時に鎖は消滅するとみんな助かることに。
鬼太郎はみんなのおかげで勝てたと感謝すると、目玉おやじは次は地上への脱出だと言う。
地上に戻ったらラーメンをたらふく食べると言うねずみ男を尻目に残っていた朱の盆が笑っていると懲らしめようとするためユメコが止めに入ると、心を入れ替えればみんな同じ仲間じゃないのと救うのでユメコちゃんはやっぱり天使だと思う朱の盆であった。

その後、目玉おやじの合図をキッカケに出発し洞窟の外に出るがそこには地獄の鬼たちがおり、すっかり囲まれてしまう。
鬼太郎はぬらりひょんとの戦いで妖力を使い果たしてしまったため再びピンチになるかと思いきや、笑い声と共に閻魔大王が姿を見せる。
『鬼太郎、礼を言うぞ。お前のおかげで地獄に平和が戻った。』と閻魔大王が話すともとに戻った様子でホッとする。
さらに閻魔大王は、地獄ゼミに地上への道を案内させると話す。
しかし急がないと出口が閉じてしまうほど地獄界は不安定な状態なのだった。
そんななか、閻魔大王に感謝する鬼太郎は、だけど一つだけお願いがありますと言うと『鬼太郎、お前の母は胎内道で待っている』と閻魔大王は答えます。
さらに、地獄童子には幽子の迎えが来て、地獄に残り閻魔大王と地獄の平和を守るというため別れを告げる事に。
そして出口となる胎内道に急ぐ鬼太郎たちだった。

それから、胎内道を通る鬼太郎たち。
鬼太郎は仲間たちに施しを受け恥ずかしげに『母さーん』と声に出して呼ぶと奥から人の気配が…。
それは鬼太郎の本当の母で、ようやく感動の再会を果たすことができたのだった。
母が『鬼太郎…、地獄の底からずっとあなたのことを案じていました』と言うと抱きしめ合う二人。
『母さん…僕は母さんに会える日を今日までずっと夢見ていました』と鬼太郎が涙を流しながら話すと、『私も、お前をこの腕でどんなにか抱きしめたかったか』と母も言葉を返し、涙を流しながら抱きしめ合う二人だった。
鬼太郎は母の温かみを味わいながら母を感じると、『聴いたことないないはずの母の子守唄に、抱かれたことのないはずの母さんの胸、僕は心の中でずっとこの幸せを夢見ていたんだ…』と母の温かさを感じる。
そんな感動の再会に涙ぐむ鬼太郎の仲間たちだが、胎内道が崩れ始めると、一刻も早く出発しなくてはいけないということで母も共について行く。

ところがそこに、ぬらりひょんが辻神に残って現れる。
『どうせ妖怪王の夢破れたいま、お前ら全員みちづれだ』と怒りを露わにするぬらりひょんはヌルリ坊を呼び出す。
そんななか、先を急ぐ鬼太郎たちだが道が入り組んでいて迷ってしまう。
すると朱の盆は親分の始末はわしに任せろと言って一反もめんに手伝ってもらいぬらりひょんのもとに。
ぬらりひょんに飛び掛かり共にマグマだまりに落ちて行くと、辻神はヌルリ坊が投げた岩の下敷きに。
大崩壊が進む中出口へ急ぐ一行とは別に鬼太郎はヌルリ坊と戦うことにすると髪の毛針や体内電気で攻撃!
だが効かず、妖力を使い果たし大ピンチで追い詰められる鬼太郎。
そこで妖怪ムチを使い鍾乳洞を落下させヌルリ坊の頭に刺さると大爆発させて退治するのでした!

それから急いで脱出する鬼太郎たち。
ようやく地上界の灯りが見えてくる…と、その時、ユメコに向かって落石が…。
鬼太郎が助けに行くが間に合わずあと一歩で地上界というところで息を引き取ってしまうユメコ!!
すると、みんなが悲しみに暮れるなか、鬼太郎の母が鬼太郎に閻魔大王から戴いた自身の命を渡す。
母は、自分の代わりにユメコを生き返らせるように言うと、『ユメコさんのご両親の悲しみを考えなさい、私はこうやってお前に会えただけでも幸せです。きっとまたいつか会える時がくるでしょう。』と言うため涙を流す鬼太郎。
『いつか、妖怪と人間が一緒に楽しく暮らせる世界、鬼太郎…お前はそんな世界を作るためにみんなと力を合わせて頑張るのです。』と言って地獄からいつまでもお前を見ていますよと言うと、鬼太郎の派の姿は消えて行くのだった…。
そう、鬼太郎の母は最初から地獄を出るつもりはなかったのかもしれない、みんなを無事に見送るつもりだったのだ。
そしてユメコを助け地上界に戻っていく鬼太郎たちだった…。


それから…
花に囲まれながら目を覚ますユメコ。
だが目の前にあるはずの鬼太郎の家が無い。
そんな状況に、ユメコは夢を見ていたのかもと思う。
『子供の優しい心だけが見られる夢、大人になったら忘れなくちゃいけない夢…。さようなら私の夢。』と思いその場を立ち去ろうとするユメコ。
だが足の怪我に痛みと鬼太郎の母に手当てしてもらった跡を見ると夢じゃ無いんだと気付く。
そして…、『私は嫌!あんな素晴らしいみんなを忘れるなんてできない!!』と叫ぶと聞き覚えのある下駄の音が響きわたる。
目の前に鬼太郎の家が姿を見せると同時にユメコを呼ぶ鬼太郎たちの声が聞こえると、ユメコは鬼太郎たちのもとに駆け寄るのでしたとさ…。

おしまい。





























ということで今回はゲゲゲの鬼太郎第3期通算115話目、地獄編第7話となる「鬼太郎 最後の出会い!!」
原作は「鬼太郎地獄編」の「最後の出会い」
そしてゲゲゲの鬼太郎第3期の名実共に本当の最終回となります。
原作ではいよいよ母親との再会。ちなみに鬼太郎の母親はお岩さんの親類で普通の人間よりは妖怪に近いはずという。
地獄に落とされ虫の番をする罰を与えられてました。
そして地獄の入り口まで鬼太郎たちを見送るとうっかり現世に出てしまい現世の空気に触れた瞬間灰になってしまうという。
灰をつぼに入れると共に帰るという結末です。

対してアニメでは、ぬらりひょんとのの最終決戦があり、鬼太郎は仲間たちの力を借りてなんとか退治。だが、諦めきれないぬらりひょんが再び現れると朱の盆が共にマグマに落ちて散るという。
前回登場したヌルリ坊とも決着をつけていよいよ脱出という展開ですが、まさかのユメコちゃんが絶命。
そこで鬼太郎の母親が自分の命を差し出してユメコちゃんを助けます。
そんな優しい母親と感動の再会を果たした鬼太郎には涙溢れる感動シーンでもありました。
最後に助かったユメコちゃんは鬼太郎たちのことを夢の出来事だと思いますが、すぐに夢じゃないと気付くともとの生活に元どおりという大団円となったのでした!
ここの雰囲気とか演出もたまらなく好きですね!

そんな感じで、第3シリーズの最終回であり地獄編に幕を下ろしたエピソード。
7回に渡る大長編で見応えも抜群でシリーズの集大成として大満足に終わるエピソードでした!!

なお、本当の鬼太郎の母の声優は坪井章子さんで、地獄編のナレーションを務めていたのは子泣き爺でもお馴染みの永井一郎さんでした。





【送料無料】「ゲゲゲの鬼太郎」80's BD-BOX 上巻/アニメーション[Blu-ray]【返品種別A】

【送料無料】「ゲゲゲの鬼太郎」80's BD-BOX 下巻/アニメーション[Blu-ray]【返品種別A】



水木しげるコレクション I 鬼太郎の地獄めぐり【電子書籍】[ 水木 しげる ]


【送料無料】 ゲゲゲの鬼太郎 15 水木しげる漫画大全集 / 水木しげる ミズキシゲル 【コミック】
⬆︎原作「鬼太郎地獄編」が収録されています。



さて、今回でゲゲゲの鬼太郎第3期の感想記事もラストとなりました!
シリーズ中最多(2019年現在)となった第3期ですが、私個人としては一番推しの大好きなシリーズです!
物語、人間関係、鬼太郎たち妖怪の活躍はもちろん、音楽や主題歌などどれをとってもイチオシのシリーズ!!
幼少期に見ていた思い出があるというのもありますが、それまでの1期、2期に増してヒロイックになった鬼太郎で対象年齢も少し低めではありつつ話の奥には大人も楽しめる点があるのはやはり鬼太郎の面白いところ。
たしかに、話によっては首をひねるものや少し物足りないもの、殆ど原作と変わらないものや逆にオリジナルになりすぎているなど賛否両論があるシリーズでもありますが、ユメコちゃんの出演や地獄編をアニメ化したり中には新編や最新版をもとにして3期でしか見れない話もあったりとこのシリーズだからこそ楽しむ事ができる話もあるので個人的に大満足となりました。
現在ではBlu-rayBOXの発売もありますし、場所によってはDVDのレンタルや動画配信サイトでもレンタルしたり、中には無料で見られるものもあると思いますので興味のある方は是非ご覧ください。

ということで、6期放送開始に合わせて4期再放送があり以前のブログから感想記事を更新していましたゲゲゲの鬼太郎ですが、これにて1期〜5期、一部劇場版などの感想記事を網羅することができました!
語彙力やその時の忙しさで温度差が激しかったりもしますが他シリーズも興味を持っていただけると幸いです。
今後は残りわずかと噂ですが、第6期の感想記事の更新を頑張らせていただきます(๑╹ω╹๑ )













Last updated  2019.12.13 21:41:21
コメント(2) | コメントを書く



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.