802173 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ピカチュウ♪のアニメ・特撮系のブログNEWGENERATION

PR

Profile


ピカチュウ♪025

Calendar

Category

日記・ブログ関係

(17)

スーパー戦隊関係

(10)

騎士竜戦隊リュウソウジャー

(42)

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー

(51)

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー ルパンコレクション

(45)

宇宙戦隊キュウレンジャー

(49)

動物戦隊ジュウオウジャー

(51)

手裏剣戦隊ニンニンジャー(2015年作品)

(48)

烈車戦隊トッキュウジャー(2014年作品)

(48)

獣電戦隊キョウリュウジャー(2013年作品)

(48)

光戦隊マスクマン(1987年作品)

(24)

スーパー戦隊オフィシャルムック

(42)

仮面ライダーシリーズ

(16)

仮面ライダーゼロワン

(19)

仮面ライダージオウ

(49)

仮面ライダーアマゾンズ 感想【再投稿】

(27)

うたう!大竜宮城(1992年作品)

(22)

ゲゲゲの鬼太郎(第6期)感想

(89)

ゲゲゲの鬼太郎(第5期)感想

(100)

ゲゲゲの鬼太郎(第4期)感想

(114)

ゲゲゲの鬼太郎(第3期)感想

(115)

ゲゲゲの鬼太郎(第2期)感想

(45)

ゲゲゲの鬼太郎(第1期)感想

(65)

ゲゲゲの鬼太郎(劇場版など)感想

(8)

ゲゲゲの鬼太郎

(18)

美少女戦士セーラームーン セーラースターズ 感想(第5期)

(34)

美少女戦士セーラームーンSuperS 感想(第4期)

(44)

美少女戦士セーラームーンS 感想(第3期)

(39)

美少女戦士セーラームーンR 感想(第2期)

(45)

美少女戦士セーラームーン 感想

(46)

八十亀ちゃんかんさつにっき

(15)

HUGっと!プリキュア 感想

(49)

新世紀エヴァンゲリオン 感想

(10)

未来少年コナン 感想

(11)

ルパン三世

(11)

アニメ全般

(10)

ポケモンソング

(56)

スーパー戦隊ソング

(116)

仮面ライダーソング

(43)

特撮ソング

(61)

プリキュアソング

(20)

ドラえもんソング

(43)

名探偵コナンソング

(40)

ガンダムソング

(10)

アニメソング(2010年代後半)

(108)

アニメソング(2010年代前半)

(42)

アニメソング(2000年代)

(88)

アニメソング(1990年代)

(118)

アニメソング(1980年代)

(84)

アニメソング(1970年代)

(47)

アニメソング(1960年代)

(15)

ジブリソング

(9)

ゲームソング

(9)

漫画・書籍

(6)

ゲーム関係・プレイ日記

(49)

ポケットモンスターサン&ムーン アニメ感想

(142)

ポケットモンスターXY&Z アニメ感想

(48)

ミュウツーの逆襲EVOLUTION公開記念!ポケットモンスター再放送

(13)

「ポケットモンスター」プレミア10感想【再投稿】

(10)

ポケモン グッズ関係

(11)

ポケットモンスターSPECIAL

(25)

訃報・お悔やみ

(10)

Favorite Blog

初音ライダー剣(ブレ… New! RGM-122Rさん

【SHODO-X】仮面ライ… スリッパ8343さん

今日の思い出 NEO-ねお-さん

Comments

Keyword Search

▼キーワード検索

Archives

2019.12.14
XML
☆獣電戦隊キョウリュウジャーの感想記事です(๑╹ω╹๑ )



ブレイブ46「だいけっとう!アイとなみだのいちげき」
脚本:三条陸
監督:加藤弘之
登場した敵:哀しみの戦騎アイガロン(声:水島裕)、新・哀しみの戦騎アイスロンド(声:竹内良太)、魔剣神官マッドトリン(声:森川智之)
2014.1.26



★あらすじ★
ダンテツの裏切りを目の当たりにしたキョウリュウジャーたちは、心の行き場を無くしていた。なぜ父親があんな行動に出たのか? ダイゴは、その真意を確かめるため、氷結城に向かう。その前に再び立ちはだかるダンテツ。2人の間には、言葉ではなく拳と拳でしか語り合えない親と子だけが理解できる空気が広がっていた。ダイゴは拳を交わしながら、次第に父親が受け取った真の地球のメロディの意味を理解して―――。
(東映公式参照)





☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2013年から2014年に放送されたスーパー戦隊シリーズ第37作目「獣電戦隊キョウリュウジャー」の感想記事になります!
と言いつつも公式ページを参照にしたちょっとしたまとめメモくらいとして残すものですが。
ということで今回は第46話になります(*´∇`*)



かすかに地球のメロディを聞いたダイゴは、ダンテツの真意を知りたいと考える。
しかし、イアンたちはまだ気持ちの整理がつかない。
ダイゴは、真実を掴むため一人でダンテツと戦うことを決意する。
レッドとシルバーに変身した父子は本気の戦いを。
真の地球のメロディを知るため、レッドは強拳に打たれながらもシルバーに食らいつく。
シルバーの最後の一撃“空烈パンチ”を“岩烈パンチ”で止めたレッドは、ダンテツのメロディを全て受け止める。
地球の本当の気持ちが分かったのだ。ところが、そこにデーボス軍が出現。
闇時計が再び動き始め、人類滅亡まであと5時間だと告げる。
エンドルフたちの猛攻が始まるが、力を使い切ったレッドとシルバーは戦うことができない。
その頃、アミィは、真実を確かめるためイアンたちを説得していた。
そんな中、ソウジに託されたトリンの剣から遺言が。
ここまで信じてきたものを、もう一度信じろというトリンの言葉に、イアンたちも決意を。
ダイゴの元に向かうイアンたちの前に、アイスロンドに追われるアイガロンたちが現れる。
アイガロンはキャンデリラたちを助けて欲しいと懇願。
アイスロンドは、アイガロンがカオスにより再利用された死者兵士だと告げる。
真実を知ったアイガロンは、キャンデリラたちを身を挺して守りボロボロになってしまう。
アイガロンはイアンにとっては憎い仇。
しかし、イアンは憎しみを乗り越え、アイガロンの魂を開放。
そしてアイガロンの斧でアイスロンドを撃破したのだった。
一方、ついに変身解除してしまったダイゴとダンテツの前には、地獄の穴からマッドトリンが出現。
このままでは続々とデーボモンスターが出現してしまう。
と、突然、マッドトリンが苦しみ始める。トリンが大地の闇を破壊しているのだ。
ダンテツの一撃は、トリンを正義の魂のまま地獄に送るためのものだった。
真実を知ったキョウリュウジャーの大反撃が始まる!



今回登場した敵は哀しみの戦騎アイガロン
哀しみの感情を司るデーボス軍の戦騎である。氷結したデーボスの復活に必要な、人間の「哀しみ」の感情を集めるために、カオスの手によって誕生した。常に泣き言ばかりのマイナス思考で、「しみるわ~」と嘆いてばかりの悲観的な性格。左胸には「大粒の涙で号泣する表情」のシンボルを持つのが特徴である。
哀しみの感情を源として、「嫌だ」「つらい」とネガティブな発言を繰り返しながら敵に立ち向かい、泣けば泣くほど強さを増す泣き虫バトルスタイルで敵をとまどわせる、涙のパワーファイターである。
必殺技は、片手斧トホホークによる嘆きの猛ラッシュと、泣きっ面投げっぱなしの「トホホークブーメラン」である。
宝物を集めることを好み、故意に他人から奪うことで、同時に哀しみの感情も集めようとする。かつて、秘石をめぐって、イアンの親友である御船士郎の命を奪ったことから、イアンの因縁の相手となる。その後、キョウリュウブラックを道連れにしようと、感情を爆発させるままに自爆したが、ほどなく復活する。しかし実は、装甲が固すぎたために魂が体内にとどまっていただけで、アイガロンはこの時既に命を落としていた。その後は、カオスの闇の魔力によって、ダークな気持ちで黒い涙を流しながら訳も分からず戦闘する、不気味な死者兵士へと変えられてしまっていた。最期は愛しいキャンデリラを守る盾となり、イアンの手でボディを砕かれると、哀しくも魂を昇華させた。


それから、新・哀しみの戦騎アイスロンド
デーボス軍の新たな哀しみの戦騎である。既にアイガロンを用済みと判断したカオスの手によって、人間の「哀しみ」の感情をより濃く集めきるために、生み出された。冷静に他人の哀しみを分析して行動する、冷酷な性格である。左胸にはアイガロンと同じ「大粒の涙で号泣する表情」のシンボルを持つのが特徴である。
濃い哀しみの感情を源として、最新鋭の戦闘マシンのようなメタルボディに、アイガロンを上回る数々の武装を収納し、ガクブル楽譜とぜつぼうしきぼうで作曲した悪のメロディを操る、地獄のコンダクター(指揮者)である。
初めは、哀しみの仮面を付けた黒マントに正体を隠し、喜びの仮面の白マント(新たな喜びの戦騎キルボレロ)とコンビを組んで、濃い哀しみを吸収するために暗躍していた。そして、邪悪なレコードプレイヤーに人々を閉じ込めて、哀しみと喜びの感情を吸収し、デーボス復活に必要な感情を全て満たすことに成功した。
仮面を取って真の姿を現すと、アイガロンとキャンデリラ・ラッキューロの粛正を命じられる。必殺攻撃「爆音符」によって、キャンデリラを庇ったアイガロンを倒すことに成功するが、重い哀しみを受け取ったキョウリュウブラックによって倒された。



今回はイアンとアイガロンの因縁に遂にケリがつきます!
かつてイアンの親友の命を奪ったアイガロンですが、今は逆に自分の仲間であるキャンデリラの命がデーボス軍自身に狙われていることを知り、キャンデリラを追うアイガロン。
それを追う新しい哀しみの戦騎・アイスロンド。
そんなところにイアン率いるキョウリュウジャーが遭遇。
傷ついたアイガロンを目撃したイアンのとった意外な行動に大注目です。





次回は『だいはんげき!さいだいさいごのブレイブ』






Last updated  2019.12.14 00:40:52
コメント(0) | コメントを書く
[獣電戦隊キョウリュウジャー(2013年作品)] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.