802190 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ピカチュウ♪のアニメ・特撮系のブログNEWGENERATION

PR

Profile


ピカチュウ♪025

Calendar

Category

日記・ブログ関係

(17)

スーパー戦隊関係

(10)

騎士竜戦隊リュウソウジャー

(42)

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー

(51)

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー ルパンコレクション

(45)

宇宙戦隊キュウレンジャー

(49)

動物戦隊ジュウオウジャー

(51)

手裏剣戦隊ニンニンジャー(2015年作品)

(48)

烈車戦隊トッキュウジャー(2014年作品)

(48)

獣電戦隊キョウリュウジャー(2013年作品)

(48)

光戦隊マスクマン(1987年作品)

(24)

スーパー戦隊オフィシャルムック

(42)

仮面ライダーシリーズ

(16)

仮面ライダーゼロワン

(19)

仮面ライダージオウ

(49)

仮面ライダーアマゾンズ 感想【再投稿】

(27)

うたう!大竜宮城(1992年作品)

(22)

ゲゲゲの鬼太郎(第6期)感想

(89)

ゲゲゲの鬼太郎(第5期)感想

(100)

ゲゲゲの鬼太郎(第4期)感想

(114)

ゲゲゲの鬼太郎(第3期)感想

(115)

ゲゲゲの鬼太郎(第2期)感想

(45)

ゲゲゲの鬼太郎(第1期)感想

(65)

ゲゲゲの鬼太郎(劇場版など)感想

(8)

ゲゲゲの鬼太郎

(18)

美少女戦士セーラームーン セーラースターズ 感想(第5期)

(34)

美少女戦士セーラームーンSuperS 感想(第4期)

(44)

美少女戦士セーラームーンS 感想(第3期)

(39)

美少女戦士セーラームーンR 感想(第2期)

(45)

美少女戦士セーラームーン 感想

(46)

八十亀ちゃんかんさつにっき

(15)

HUGっと!プリキュア 感想

(49)

新世紀エヴァンゲリオン 感想

(10)

未来少年コナン 感想

(11)

ルパン三世

(11)

アニメ全般

(10)

ポケモンソング

(56)

スーパー戦隊ソング

(116)

仮面ライダーソング

(43)

特撮ソング

(61)

プリキュアソング

(20)

ドラえもんソング

(43)

名探偵コナンソング

(40)

ガンダムソング

(10)

アニメソング(2010年代後半)

(108)

アニメソング(2010年代前半)

(42)

アニメソング(2000年代)

(88)

アニメソング(1990年代)

(118)

アニメソング(1980年代)

(84)

アニメソング(1970年代)

(47)

アニメソング(1960年代)

(15)

ジブリソング

(9)

ゲームソング

(9)

漫画・書籍

(6)

ゲーム関係・プレイ日記

(49)

ポケットモンスターサン&ムーン アニメ感想

(142)

ポケットモンスターXY&Z アニメ感想

(48)

ミュウツーの逆襲EVOLUTION公開記念!ポケットモンスター再放送

(13)

「ポケットモンスター」プレミア10感想【再投稿】

(10)

ポケモン グッズ関係

(11)

ポケットモンスターSPECIAL

(25)

訃報・お悔やみ

(10)

Favorite Blog

初音ライダー剣(ブレ… New! RGM-122Rさん

【SHODO-X】仮面ライ… スリッパ8343さん

今日の思い出 NEO-ねお-さん

Comments

Keyword Search

▼キーワード検索

Archives

2019.12.15
XML
☆烈車戦隊トッキュウジャーの感想記事です(๑╹ω╹๑ )




第8駅『レインボーライン大爆破』
脚本:小林靖子
監督:加藤弘之
登場した敵:バクダンシャドー(声:伊丸岡篤)
2014.4.13



★あらすじ★
サポート烈車の信号をキャッチしたライトたち。
 しかし、そのサポート烈車は長い年月レインボーラインから離れていたため、かなり深刻な状態らしい(果たして動くのか?)。一刻も早く見つけなければ。ライトたちは急ぎ、烈車探しに。
 一方、シャドーラインでは、ネロ男爵がある作戦を企てていた。それはこれまでと違い、レインボーラインそれ自体を標的にしたもの。
 何も知らないライトたち。その前に現れるバクダンシャドー。
 レインボーラインを未曾有の危機が襲う!
(東映公式参照)



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
2014年から2015年に放送されたスーパー戦隊シリーズ第38作目「烈車戦隊トッキュウジャー」の感想記事になります!
と言いつつも公式ページを参照にしたちょっとしたまとめメモくらいとして残すものですが。
ということで今回は第8話になります(*´∇`*)



次の駅で、行方不明になっているサポート烈車“ディーゼルレッシャー”の信号をキャッチ。かなりパワーのある烈車だが、レインボーラインから長く離れていたためかなり弱っているようで、見つけても動くかどうか分からない。しかし、トッキュウジャーが乗り込めば、中でも特にイマジネーションの強いライトなら、ディーゼルのパワーが戻る可能性がある。
ライトたちは、ディーゼルの情報を集めるため子どもたちに聞き込みを開始。しかし、なかなか情報は得られない。そんな中、バクダンシャドーが出現し、ゲームをしようと誘ってくる。トッキュウ1号の攻撃により、バクダンシャドーはあっけなく爆発し黒い煙に。巨大化に備えトッキュウジャーは烈車を呼ぶが、バクダンシャドーは巨大化しない。
烈車に黒い煙が飛び込んできたため車内点検をすることに。何事もなく一安心したところで異常事態が発生。黒い煙はバクダンシャドーの分身で、烈車に潜り込みブレーキを破壊したのだ。さらに、ミニバクダンとなったバクダンシャドーはトカッチの首元に分身の爆弾を取り付ける。助ける方法はミニバクダンを捕まえてスイッチを押すしかない。
一方、子どもたちからディーゼル情報を得たライトは博物館へ。ディーゼルを見つけるが、廃車同然に汚れていた。ライトはディーゼルに乗り込み車内を磨いてみるが、全く反応がない。それでもライトはディーゼルに話しかける。その頃、ヒカリたちはミニバクダンを捕まえトカッチの爆弾を外すことに成功。ミニバクダンと爆弾を車外に放り投げ、爆発を回避する。
仲間のピンチを知ったライトは、ディーゼルが走り出す姿をイメージ。すると、ディーゼルが動き出し、暴走する烈車を停止させる。そこに巨大化したバクダンシャドーが出現。トッキュウジャーは、ディーゼルが連結した烈車でバクダンシャドーを取り囲み爆破。サポート烈車の中で最も古い“ディーゼルレッシャー”が、新たな仲間となったのだった。



今回登場した敵はバクダンシャドー

自由自在に分裂して爆発する能力を持つ、爆弾系シャドー怪人。この能力で黒煙にカモフラージュしてトッキュウレッシャーに潜入すると、小さな分身をいくつも生み出して、レインボーラインを大爆破する作戦を運行しようとした。
分身系ミニ爆弾でブレーキを破壊し、さらにトカッチを人質にすると、自分もミニ爆弾態となって車内を逃げ回り、その解除を「ゲーム」と称してトッキュウジャーに強制した、卑怯な性格である。



・キャスト紹介・
【シュバルツ将軍(声:壤晴彦)】
シャドーラインの将軍・シュバルツを演じて頂くのは、様々な分野で活躍されている壤晴彦さん。なんといってもその声はシブい!重い!強そう!……グリッタでなくてもちょっとドキッとしちゃいますね。いざ戦いに赴いた時の声も気になるところ。トッキュウジャーと対峙する日が楽しみです。


【グリッタ嬢(声:日高のり子)】
ノア夫人の娘・グリッタを演じるのは、なんと日高のり子さん! スタッフ渾身のキャスティングです。敵側のキャラクターを演じることに興味があったという日高さん、快くオファーを受けて頂きました。キャラクターデザインと声とのギャップ、スタッフにも予想できなかったその奇跡の化学反応は一見の価値ありです!





次回は『思いは片道切符』






Last updated  2019.12.15 00:43:57
コメント(0) | コメントを書く
[烈車戦隊トッキュウジャー(2014年作品)] カテゴリの最新記事

Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.