1084758 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ピカチュウ♪のアニメ・特撮系のブログNEWGENERATION

PR

Profile


ピカチュウ♪025

Calendar

Category

日記・ブログ関係

(19)

スーパー戦隊関係

(17)

魔進戦隊キラメイジャー(2020年作品)

(6)

騎士竜戦隊リュウソウジャー(2019年作品)

(48)

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー(2018年作品)

(51)

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー ルパンコレクション

(45)

宇宙戦隊キュウレンジャー(2017年作品)

(49)

動物戦隊ジュウオウジャー(2016年作品)

(51)

手裏剣戦隊ニンニンジャー(2015年作品)

(48)

烈車戦隊トッキュウジャー(2014年作品)

(48)

獣電戦隊キョウリュウジャー(2013年作品)

(48)

激走戦隊カーレンジャー(1996年作品)

(14)

光戦隊マスクマン(1987年作品)

(44)

スーパー戦隊オフィシャルムック

(42)

仮面ライダーシリーズ

(30)

仮面ライダーゼロワン

(30)

仮面ライダージオウ

(49)

仮面ライダーアマゾンズ 感想【再投稿】

(27)

うたう!大竜宮城(1992年作品)

(44)

ゲゲゲの鬼太郎(第6期)感想

(97)

ゲゲゲの鬼太郎(第5期)感想

(100)

ゲゲゲの鬼太郎(第4期)感想

(114)

ゲゲゲの鬼太郎(第3期)感想

(115)

ゲゲゲの鬼太郎(第2期)感想

(45)

ゲゲゲの鬼太郎(第1期)感想

(65)

ゲゲゲの鬼太郎(劇場版など)感想

(8)

ゲゲゲの鬼太郎ほか 水木しげる作品

(24)

美少女戦士セーラームーン セーラースターズ 感想(第5期)

(34)

美少女戦士セーラームーンSuperS 感想(第4期)

(44)

美少女戦士セーラームーンS 感想(第3期)

(39)

美少女戦士セーラームーンR 感想(第2期)

(45)

美少女戦士セーラームーン 感想

(46)

八十亀ちゃんかんさつにっき

(24)

HUGっと!プリキュア 感想

(49)

未来少年コナン 感想

(21)

新世紀エヴァンゲリオン 感想

(26)

ルパン三世

(11)

アニメ・特撮 全般

(11)

ポケモンソング

(56)

スーパー戦隊ソング

(125)

仮面ライダーソング

(43)

特撮ソング

(64)

プリキュアソング

(20)

ドラえもんソング

(43)

名探偵コナンソング

(40)

ガンダムソング

(10)

アニメソング(2020年代前期)

(6)

アニメソング(2010年代後半)

(108)

アニメソング(2010年代前半)

(42)

アニメソング(2000年代)

(88)

アニメソング(1990年代)

(118)

アニメソング(1980年代)

(86)

アニメソング(1970年代)

(48)

アニメソング(1960年代)

(15)

ジブリソング

(9)

ゲームソング

(9)

漫画・書籍

(15)

ゲーム関係・プレイ日記

(49)

ポケットモンスターサン&ムーン アニメ感想

(142)

ポケットモンスターXY&Z アニメ感想

(48)

ミュウツーの逆襲EVOLUTION公開記念!ポケットモンスター再放送

(13)

「ポケットモンスター」プレミア10感想【再投稿】

(10)

ポケモン グッズ関係

(11)

ポケットモンスターSPECIAL

(26)

訃報・お悔やみ

(14)

Favorite Blog

自作小説『ピリオド… New! スリッパ8343さん

モイラも大好き!★映… New! モイラ2007さん

ねんどろいど と庭園 New! RGM-122Rさん

今日の思い出 NEO-ねお-さん

Comments

Keyword Search

▼キーワード検索

Archives

2020.01.24
XML
☆光戦隊マスクマンの感想記事です(๑╹ω╹๑ )



第23話「悪魔になった美緒」
脚本:曽田博久
監督:東條昭平
アクション監督:竹田道弘
登場した敵:マジンドグラー(声:丸山詠二)
1987.8.1



★あらすじ★
マジンドグラーは美緒に化けて、光戦隊のひみつ通路を探り出そうとしていた。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
1987年から1988年に放送されたスーパー戦隊シリーズ第11作目「光戦隊マスクマン」の感想記事になります!
東映特撮YouTubeを観ながら簡易的ではありますが記事にしていきたいと思い!!
ということで今回は第23話になります(*´∇`*)



ゼーバが怒り狂っている。
それはマスクマンがギャラクシーロボを手に入れグレートファイブも奪還されてしまったから。
そんな時、マスクマンに対抗するためアナグマスがマスクマンがパワーアップしたならこちらも強力な戦士を送り出せばいいと言って不気味な棺桶を呼び出す。
『地底地獄より掘り出してまいりました』と言うアナグマスが掘り起こしたもので、操る魔術があまりにも危険すぎて地底地獄に葬られていた地帝獣マジンドグラーであった。
早速、魔術の恐ろしさをとくとお見せするというアナグマス。
その夜、道を歩く女性を真っ赤な靴と真っ赤な帽子と真っ黒なドレスだけが追いかけてくる。
するとマジンドグラーが女性を襲いそれらを着せると別人に変えてしまう。
そしてマジンドグラーは『地上にいた時は美緒と名乗っていた。お前は美緒だ。悪魔の美緒になるのだ』と女性を洗脳するのだった。
その頃、タケルは夢にうなされていた。
それは美緒と引き裂かれたあの日の夢…。
タケルは『美緒!』と叫びながら起き上がるが、美緒の姿はどこにもない。
すると、引き出しにしまっておいたペンダントを握り『これまであんな夢を見たことはなかったのに。なぜ……なぜ、あんな夢を…』と言うタケルだった。

翌日。
仲間たちに見守られながら赤いスポーツカーでサーキットを周回するタケル。
『俺がグランプリで優勝したら、美緒は花束をプレゼントしてくれると約束してくれた』と思い出しながらその瞬間のことを思い描くタケル。
花束を渡し頬にキスする美緒の姿を頭に思い描きながら『グランプリも美緒も夢なのか?みんな、遠い夢なのか?』と考えるタケル。
すると目の前にうつる影にハッとする…。
なんとタケルの目の前に、美緒が走ってくるのだった。
これにはアキラたちも慌てて身を乗り出し『美緒さんだ』『美緒さんが生きていたなんて!』と口々にする。
そんななか、タケルは車から飛び出すと美緒に駆け寄る。
お互いに名前を呼び合いながら美緒をを抱きしめるタケルは『美緒、生きてたのか……』と喜び、美緒も涙を流して喜びケンタ達4人の仲間も美緒の無事に安堵するのだった。
だがそこにイガム率いるチューブの一味が現れる。
すると『タケル、ここは俺たちに任せろ』とケンタが言うので戦いは仲間に任せて美緒を車に乗せて逃げ出すタケル。
『夢みたいだ…まるで夢を見ているようだ』とタケルが言い『私もどんなに会いたかったことか……』と美緒が言う中、アングラモン戦闘機が追いかけてきて車めがけて攻撃。
助けてと悲鳴をあげる美緒に、やっと会えたんだ…やられてたまるか!と意気込むタケルはトンネルを通って逃げる。
けれどもその先ではマジンドグラーが待ち受けていた。
『この棺桶はお前たちを葬る為のものだ』と襲いかかるマジンドグラーに対してタケルはレッドマスクに変身すると戦うことに。
そこで棺桶に入れようとするマジンドグラーにより体の自由が効かず吸い込まれそうになるレッドマスク。
なんとか踏ん張るが棺桶が目の前に…。
それをレーザーマグナムで攻撃し振り切るもマジンドグラーが追いかけてくる為、美緒と逃げ続けるタケル。
その途中、マスキングブレスからオーラを放つと抜け道が開きそこに逃げ込むタケルと美緒。
そこは光戦隊基地の地下で移動用マシンのシューターに乗り込むと秘密シューター305に避難。
その様子を見ていた東博士と姿長官の事は気に留めずにほっと息をつくタケルと美緒。
だが美緒のイヤリングの発信機が秘密通路の在り処をチューブに知らせる。
すると素晴らしいと賞賛するゼーバは『これで光戦隊の秘密基地を暴くことができる。一挙に総攻撃をかけるのだ』と追い込もうとするのだった。
一方でタケルは美緒に聞きたいことがあるんだと言い、どうしてあの時、地底帝国が攻めてくる事を知っていたのか聞くも、何も答えない美緒。
そんな時、光戦隊基地のモニターにはマジンドグラーの姿が映り秘密通路に侵入しようとしているのを目撃。
姿長官は『タケル、敵の狙いはシューターだ。5秒後にシューター305を爆破する。早く脱出するんだ』と言うとカウントダウンが開始、瞬く間に0になり爆発するとタケルと美緒は有無を言わさず脱出しマジンドグラー達は吹き飛ばされるのだった。

その後、傷を負い歩くこともままならないタケルだが、美緒と荒れる海上にかかる吊り橋まで逃げていく。
けれども傷を負ったタケルはその場に座り込んでしまう。
そんなタケルを心配するかのような美緒だったが、とうとう先に歩き出してしまう。
そんな美緒に、キミは美緒ではないと言うタケル。
何を言い出すの?と美緒が聞き返すと『美緒は、命がけで地底帝国チューブが攻めてくることを教えてくれた。どんなにケガをし、どんなに苦しくても、自分だけ逃げるような人じゃない』とタケルが力説する。
一方で物陰からイガム、フーミン、マジンドグラーがタケルを狙っている。
そこで操られた美緒は、隠し持っていた拳銃を放つと凶弾に倒れるタケル。
その場に倒れこんでしまうと、仲間たちが駆けつけタケルを心配する。
ケンタが『美緒さん、なんてことを』と心配すると『そいつは美緒じゃない』と言うタケルは、ここにいると言い美緒のペンダントを取り出す。
そしてペンダントがタケルを銃弾から守っており『俺を守ってくれたんだ』と言うタケルは美緒を攻撃。
正体を現すとアキラが『何者だ!?』と問い出すも、一体どうしたの私!?と、理解に苦しみ女性…。
すると今度はマジンドグラーの棺桶が海岸から姿を見せると『よくぞ我が魔術を見破ったな、だがこの棺桶をからにして戻るわけにはいかん』と言うマジンドグラー。
マジンドグラーによる不思議な空間に入り込むと『よくも美緒の面影を踏みにじってくれたな!許さんぞ!』と、怒りのタケル。
みんなもマスクマンに変身すると戦うことになり個々の武器を駆使する。
そんななか、マジンドグラーはブルーマスクを棺桶に入れようとすると、捕まりかけるブルーマスクをイエローマスクがマスキーローターで助ける。
レッドマスクはマスキーブレードで立ち向かうとレーザーマグナムも使い一騎打ちに。
しかし再びレッドマスクを棺桶に入れようとするマジンドグラー。
負けるものかとレッドマスクが立ち向かうと、捕らわれているのをかわして自由になり、レーザーアローで隙をつき蹴り飛ばすとマジンドグラーが棺桶の中に。
マスクマンのレーザーマグナムによってもとの海岸に戻ると、レッドマスクは棺桶を鎖で縛り上げショットボンバーで撃破するのだった!
その後、エネルギー獣オケランパによって巨大化復活するマジンドグラーだが、ターボランジャーが発進してランドギャラクシーが現れてギャラクシーロボに変形するとマジンドグラーを軽々避けてギャラクシーアンカーで捕らえギャラクシーバズーカで攻撃!
トドメはオーラロードスパートからの鉄拳オーラギャラクシーで撃破するのだった!!

そして戦い終わり、美緒のペンダントを握りしめて美緒は生きていると思いふけるタケル。
『美緒は重い秘密を独りで背負っていながら、決してそれを表には出そうとせず、いつも笑顔でいた』とタケルは美緒と過ごした日々を思い出し美緒がどこかで生きていることを確信すると、美緒の名前を叫びながら海へと向かう。

タケルはいつの日か必ず、美緒に会えるような気がした。だが、その前にはチューブの恐ろしい敵が次々と立ちはだかるような予感もしたのであった。






















ということで、今回は偽の美緒の登場により美緒への想いを一層熱くするタケルの物語!
久しぶりの再会となる美緒ですが、それはマジンドグラーによって用意された偽物。
初めこそイチャイチャしたりしてましたが、怪我を負ったタケルを見捨てようとしたり挙げ句の果てには拳銃を向けるという何ともハードな美緒さんでした!!
そんな美緒役の浅見美那さんですが、今回のオープニングクレジットでは美緒として名前があがっていました!

それから今回登場したマジンドグラーは、棺に入った状態で地底地獄に封印されていた、地底の魔術師で、異空間にマスクマンを引き込みました。
声優は丸山詠二さんで『仮面ライダー』ではショッカー科学者として出演されたり俳優業もされており声優としても多数の作品に出演。
個人的には『美少女戦士セーラームーンR』のワイズマン〈デスファントム〉の印象が強いお人です(*´∀`*)





次回は『鍾乳洞の少年怪獣』






光戦隊マスクマン VOL.3 [DVD]


【送料無料】光戦隊マスクマン Vol.3/特撮(映像)[DVD]【返品種別A】







Last updated  2020.01.24 19:17:49
コメント(0) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.