1074514 ランダム
 HOME | DIARY | PROFILE 【フォローする】 【ログイン】

ピカチュウ♪のアニメ・特撮系のブログNEWGENERATION

PR

Profile


ピカチュウ♪025

Calendar

Category

日記・ブログ関係

(19)

スーパー戦隊関係

(17)

魔進戦隊キラメイジャー(2020年作品)

(6)

騎士竜戦隊リュウソウジャー(2019年作品)

(48)

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー(2018年作品)

(51)

快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー ルパンコレクション

(45)

宇宙戦隊キュウレンジャー(2017年作品)

(49)

動物戦隊ジュウオウジャー(2016年作品)

(51)

手裏剣戦隊ニンニンジャー(2015年作品)

(48)

烈車戦隊トッキュウジャー(2014年作品)

(48)

獣電戦隊キョウリュウジャー(2013年作品)

(48)

激走戦隊カーレンジャー(1996年作品)

(14)

光戦隊マスクマン(1987年作品)

(44)

スーパー戦隊オフィシャルムック

(42)

仮面ライダーシリーズ

(30)

仮面ライダーゼロワン

(30)

仮面ライダージオウ

(49)

仮面ライダーアマゾンズ 感想【再投稿】

(27)

うたう!大竜宮城(1992年作品)

(42)

ゲゲゲの鬼太郎(第6期)感想

(97)

ゲゲゲの鬼太郎(第5期)感想

(100)

ゲゲゲの鬼太郎(第4期)感想

(114)

ゲゲゲの鬼太郎(第3期)感想

(115)

ゲゲゲの鬼太郎(第2期)感想

(45)

ゲゲゲの鬼太郎(第1期)感想

(65)

ゲゲゲの鬼太郎(劇場版など)感想

(8)

ゲゲゲの鬼太郎ほか 水木しげる作品

(24)

美少女戦士セーラームーン セーラースターズ 感想(第5期)

(34)

美少女戦士セーラームーンSuperS 感想(第4期)

(44)

美少女戦士セーラームーンS 感想(第3期)

(39)

美少女戦士セーラームーンR 感想(第2期)

(45)

美少女戦士セーラームーン 感想

(46)

八十亀ちゃんかんさつにっき

(24)

HUGっと!プリキュア 感想

(49)

未来少年コナン 感想

(20)

新世紀エヴァンゲリオン 感想

(26)

ルパン三世

(11)

アニメ・特撮 全般

(11)

ポケモンソング

(56)

スーパー戦隊ソング

(124)

仮面ライダーソング

(43)

特撮ソング

(64)

プリキュアソング

(20)

ドラえもんソング

(43)

名探偵コナンソング

(40)

ガンダムソング

(10)

アニメソング(2020年代前期)

(6)

アニメソング(2010年代後半)

(108)

アニメソング(2010年代前半)

(42)

アニメソング(2000年代)

(88)

アニメソング(1990年代)

(118)

アニメソング(1980年代)

(86)

アニメソング(1970年代)

(48)

アニメソング(1960年代)

(15)

ジブリソング

(9)

ゲームソング

(9)

漫画・書籍

(15)

ゲーム関係・プレイ日記

(49)

ポケットモンスターサン&ムーン アニメ感想

(142)

ポケットモンスターXY&Z アニメ感想

(48)

ミュウツーの逆襲EVOLUTION公開記念!ポケットモンスター再放送

(13)

「ポケットモンスター」プレミア10感想【再投稿】

(10)

ポケモン グッズ関係

(11)

ポケットモンスターSPECIAL

(26)

訃報・お悔やみ

(14)

Favorite Blog

ピリオド4-5:想いの… New! スリッパ8343さん

カプキャラ ポケッ… New! RGM-122Rさん

色と欲とが絡み合い…… New! モイラ2007さん

今日の思い出 NEO-ねお-さん

Comments

Keyword Search

▼キーワード検索

Archives

2020.02.21
XML
☆光戦隊マスクマンの感想記事です(๑╹ω╹๑ )



第31話「出現!守護神イガム竜」
脚本:曽田博久
監督:長石多可男
アクション監督:竹田道弘
登場した敵:ラゴンドグラー
1987.9.26



★あらすじ★
バラバの大地帝剣に対抗するため、イガムはイガム家の守護神イガム竜を呼び出す。



☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
1987年から1988年に放送されたスーパー戦隊シリーズ第11作目「光戦隊マスクマン」の感想記事になります!
東映特撮YouTubeを観ながら簡易的ではありますが記事にしていきたいと思い!!
ということで今回は第31話になります(*´∇`*)



バラバが大地帝剣をゼーバに見せていた。
イガムなど最早用がないと言うバラバは、イガムを追放し今後の作戦はバラバにと申し出るため、イガムが反論するがバラバの力を前に対抗できずにいた。
《その頃、タケル達は新しい技の特訓に励んでいた。》
マスクマンも敵のパワーアップに対抗する為に新技を編み出すことにしており、メンバーはフォーメーションを組んでいた。
『ハルカ。俺たちがついてるから、安心してやれ』と言うタケル。
この新技はハルカが鍵を握っているのだ。
ハルカはアキラとモモコが組んだ腕を足場にジャンプし、タケルとケンタの組んだ腕を土台にジャンプをするのだが失敗。
『集中力が足りないぞ、ハルカ』と言うケンタに『そんな…頑張ってるわ』と答えるハルカ。
だがタケルも『いや、足りない。お前の力はこんなものじゃないはずだ』と言うのだった。

一方でイガムもこのままではいけない、バラバに思い知らせようと薄暗い洞窟に入っていく。
地帝の精霊、八百万の神々に願い奉るイガム。
その行動に目をつけたのはアナグマス。
『イガムめ!イガム竜を呼び出す気じゃ』と言うアナグマス。
イガム竜とは、イガム家の守護神といわれる恐ろしいドラゴンでイガム家の王子だけが操れる。
イガムとは一心同体無敵のコンビになると言われているドラゴンです。
この竜を呼び出すのはイガムにとっては最終手段でもあったのだ。
そんなイガムの『地帝獣ラゴンドグラー。我を聖なる火で清めよ』という言葉に反応して祭壇の傍にいた地帝獣ラゴンドグラーが姿を見せては赤い煙を吐き出します。
そしてイガムの祈りが終わるまで、フーミンは何人たりとも立ち入らせないようにするのでした。

一方で訓練を終えたタケルたちが基地に戻ると成果を尋ねる姿長官に『あと一歩です』とタケルは答える。けれどもハルカだけは顔を背けてしまう。
そんなハルカの様子を気にする長官だが、基地の装置が異常反応を感知すると5人は休む間も無くパトロールに向かう事に。
その間もイガムはイガム竜を目覚めさせるのに真剣であった…。

《マスクマンは手分けして調査にあたった》
そんななか、夜の町を跳び回るハルカはフーミンと遭遇。
いつものように戦うハルカだが、いつも以上に苦戦。
フーミンに『それで忍びとは聞いて呆れるわ』と言われるハルカはフーミンにやられる一方。
さらに、プールに落とされてしまうと『どうしてフーミンなんかに』と考えるハルカ。
そこに駆けつけたタケル達にハルカは忍びの腕が落ちていると伝えると驚くアキラ。
そんなハルカは一心不乱にプールサイドのシャワーを浴びて悲痛な叫びを漏らすのだった。
そして、イガムの儀式は続いていた…。

《奇怪な地響きは一晩中続いた》
翌日、長官は謎の震動のエリアを特定すると直ぐに現場に向かうマスクマンのメンバー。
そこにフーミン、ラゴンドグラー、アングラー兵が現れると『ここからは一歩も通さん』とフーミンが言うと攻撃をしかけハルカに襲いかかる。
さらに『会いたかったぜぇ』とキロスも現れると、冷たい氷の中に閉じ込められたイアル姫のことを思うと胸が痛むと話し、一刻も早くマスクマンを倒し地獄の底から救いたいと叫ぶ。
これには勝手なことばかりほざくな!とアキラが怒ると、レッドマスク、ブラックマスク、ブルーマスク、ピンクマスクに変身して戦う。
一方でフーミンと戦うハルカもイエローマスクに変身し、影分身を繰り出すがすぐに消えてしまう。
変身しても能力が落ちたままでフーミンとラゴンドグラーの相手に苦戦を強いられるイエローマスク。
離れた場所にいる仲間たちに助けを求めるがレッド達もキロスの相手で精一杯で誰も助けに行けない。
『どうして…どうしてみんな来てくれないの』と変身が解けたハルカに長官は『タケルたちはキロスの攻撃を受けてるんだ。ひとりで頑張るんだ。自分の力を信じるんだ。頑張れ!ハルカ』とメッセージを送る。
そんな長官の言葉に、タケルの「俺たちがついてる」という言葉も思い出したハルカは何かに思い当たったような表情をし『わかったわ、忍の腕が落ちたワケが』と気付く。
そしてハルカは、誰も頼れない自分ひとりでやるしかないと覚悟を決めたのだった。

その頃、なんとかキロスから逃れたタケル達がハルカを探すと通信が。
ハルカに助けに行くぞとタケルが言うなか、ハルカは『もう私のことは心配しないで』と答えるのでなんだってと驚くタケル。
ハルカは分かっていたのだ、忍びの腕が落ちたわけが。
ハルカは『私たち、いつも5人一緒に戦ってきた。心も体も、それに慣れきっていたの。5人で戦っていれば、誰かが助ける。誰かがカバーしてくれる。知らず知らずのうちに私の力は落ちていたのよ。』と言いながらフーミンとラゴンドグラーと戦い。
それを聞いた長官は『ハルカ。よく気付いてくれた。1人1人が優れた戦士でこそ5人の力が活かされるんだ。今こそ戦士の真価を試されている』と言うのでハルカはその言葉に強く頷くと一人で立ち向かう事にする。
とこれがそんな時、地響きと共にハルカの足元に亀裂が入るとハルカは地割れに飲み込まれてしまう。
落ちた先にはイガムがおり、イガムの祈祷から発生したエネルギーで、地面が裂けたのだった。
ハルカは、よくはわからないが危険だと察知するやイガムに立ち向かいハルカとイガムの戦いになる。
すると更に地響きは起こり祭壇からイガム竜が目覚める。
イガムが『イガム竜!』と叫ぶと、イガム竜の攻撃にハルカは地上へ放り出される。
そこに駆けつけた仲間たちとハルカが合流すると目の前に現れるのはイガム竜を体に巻きつけ宙を漂うイガムだった。
イガムは『我に守護神イガム竜が現れたからには、地帝王子イガムは無敵!』と叫ぶとマスクマンのメンバーも対抗して変身する。
けれどもイガム竜は光線を放ちイガムから離れてはマスクマンに襲いかかりなかなかの強敵に大苦戦。
そこに『ハルカ!キミは誰に頼ることもなく、ひとりで戦い抜いてきた。人に頼る気持ちを吹っ切ったきみなら、できる。今こそできる、あの技が!』と長官のメッセージが入ると『やってみせます』と答えるイエローマスク。
みんなは成功したことのない新技に挑戦しようとオーラパワーを高めると「ファイブアタック」に挑戦する。
イエローマスクの『行くわよ!』の合図と共にピンクマスクとブルーマスクを足場にジャンプすると、レッドマスクとブラックマスクの組んだ腕から肩を足場に更にジャンプ!
そしてマスキーローターで攻撃するとレッドとブラックもレーザーマグナムで攻撃。
そしてピンクとブルーを反動にしてイエローがパンチを繰り出すとファイブアタックは見事成功するのだった!
これでラゴンドグラーを押し倒すとトドメにジェットカノン。
ラゴンドグラーをターゲットしてメディテーションすると、ラゴンドグラーを撃破。
そんななか、イガム竜はどこかへ去っていくも、エネルギー獣オケランパによって巨大化復活するラゴンドグラーに対してマスクマンはターボランジャーを発進。
ランドギャラクシーからギャラクシーロボになり、格闘戦やギャラクシーアンカーわランドバルカンで攻めて最後はオーラロードスパートからの鉄拳オーラギャラクシーで撃破するのでした。

それから今回の戦い終わり、ランニングをするハルカ。
《頼れるのは己一人。この体だけ。確かめるように走るハルカであった。戦う時は5人一緒でも、1人1人は優れた戦士でなければならない。バラバとイガムは恐ろしい敵となり、キロスも虎視眈々とマスクマンを狙っている。頑張れハルカ!素晴らしい仲間と共に》とナレーションが入るなか、ずっと走り続けるハルカであった。




















ということで、今回は前回のバラバのパワーアップに続くイガムのパワーアップ回!!
といってもイガム竜はどっかにいってしまったけど!?
今回登場した地帝獣は、ラゴンドグラー。
イガム家の守護神である、イガム竜の祭壇を守る地帝獣でリングビームと光弾が戦力。
イガム竜との連携攻撃をしたが、合体は直前でマスクマンに阻止されてしまう。

また、マスクマンに新たな新技も登場!その名もファイブアタック。
仲間が組んだやぐらからイエローマスクが跳躍しマスキーローターとパンチで敵を攻撃する戦法です。

というわけで、バラバに負けまいとイガムのパワーアップをするけどイガム竜はどこかに行っちゃうから本当に強くなったのか感じるのが難しい中、ハルカのスランプも描かれて仲間に頼るのも大事だが一人一人の力も大事なんだと改めて自覚するストーリーになっていました。
ハルカメインでもあるのでフーミンとの戦闘シーンも多めという、地味にフーミン好きにも嬉しいエピソードだったりもするというね(*´∀`*)
イエローマスク達のファイブアタックをはじめとするアクションシーンも魅力満載でした!!





次回は『オヨブー必殺走り』






光戦隊マスクマン VOL.4 [DVD]


スーパー戦隊シリーズ::光戦隊マスクマン VOL.4 [ 海津亮介 ]







Last updated  2020.02.21 19:20:55
コメント(0) | コメントを書く


■コメント

お名前
タイトル
メッセージ
画像認証
別の画像を表示
上の画像で表示されている数字を入力して下さい。


利用規約に同意してコメントを
※コメントに関するよくある質問は、こちらをご確認ください。



Copyright (c) 1997-2020 Rakuten, Inc. All Rights Reserved.